また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1296330 全員に公開 ハイキング近畿

笠形山(グリーンエコー笠形から周回)

日程 2017年10月27日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴(16.5〜18℃、頂上16.5℃、風なし)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
播但連絡道の神崎南ランプを降りてR312を経て粟賀交差点(神崎総合病院角)で県道8号へ入り越知川沿いに加美方面へ。5キロ程度東進し「神崎いこいの村」看板を右折、1劼曚匹妊哀蝓璽鵐┘魁竺涎繊グリーンエコー笠形の総合案内所の駐車場を通り過ぎ、さらに上のオウネン平の駐車場に駐車する。グリーンエコー笠形のHPはhttp://www.green-echo.jp/
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 2.8〜2.9(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち100%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
49分
合計
4時間42分
Sスタート地点(駐車場)10:5011:28扁妙の滝11:2911:563合目(ここで食事)12:2013:00主尾根に出る13:0113:53笠形山頂上14:0914:29通常の登山道出合14:3014:445合目14:4515:023合目15:0315:08滝見台15:1215:32ゴール地点(駐車場)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
谷でGPSが不安定だったので、距離が6.6kmと少し多めになっている。前回の2017.3.29は5.9kmだった。
コース状況/
危険箇所等
バリエーションルートがあるので地図、コンパスが必携。GPSもあったほうがいいかも。

[スチール階段最上部〜3合目までの急な尾根]…標識のないルート
マーキングテープがところどころにある。

[3合目〜笠形山頂上までの北西尾根]…バリエーションルート
マーキングテープは少ない。藪は無い。

[笠形山頂上〜通常の登山道出合までの西尾根]…バリエーションルート
ピンクのマーキングテープが多く設置されていて、マーキングテープを追って行く。登山道出合が近くなるとマーキングテープがほとんど無くなるがそのまま尾根を下りていけば通常の登山道出合に達する。藪は無い。

い修梁召鷲玄韻里△訥名錣療仍各擦砲覆辰討い襦
その他周辺情報グリーンエコー笠形に響きの湯(500円)あり。
http://tabiseto.com/greenecospa.html

装備

個人装備 長袖シャツ 薄手のアンダーウェア ズボン 靴下 ソフトシェル 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料(水500mlと熱いお茶500mLと湯250mL) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ スパッツ 軍手

写真

GPSの軌跡です。図をクリックして、[元サイズ]をクリックすると拡大します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSの軌跡です。図をクリックして、[元サイズ]をクリックすると拡大します。
グリーンエコー笠形のオウネン平駐車場に駐車しました。他の車はほとんど古いログキャビン(次の写真の案内図参照)の解体業者の車です。
2017年10月27日 10:51撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンエコー笠形のオウネン平駐車場に駐車しました。他の車はほとんど古いログキャビン(次の写真の案内図参照)の解体業者の車です。
案内図を撮り忘れたので、今年の3月29日に撮ったのを流用しました。
登山される方は事前に総合案内所に登山届(用紙は総合案内所にあります)を提出するか、または次の写真にあるようにネットで登山届を提出して下さい。(途中で出合ったグリーンエコー笠形の職員の方に要請されました。)
2017年03月29日 14:13撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内図を撮り忘れたので、今年の3月29日に撮ったのを流用しました。
登山される方は事前に総合案内所に登山届(用紙は総合案内所にあります)を提出するか、または次の写真にあるようにネットで登山届を提出して下さい。(途中で出合ったグリーンエコー笠形の職員の方に要請されました。)
2
Compassでも登山届を提出できるようです。(下山時撮影)
2017年10月27日 15:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Compassでも登山届を提出できるようです。(下山時撮影)
1
子育て観音→オウネン滝→扁妙の滝を経て笠形山に登ります。滝見台は下山時に寄ります。解体業者が重機で古いログキャビンを解体しています。工事現場を少し迂回して進みます。
2017年10月27日 10:52撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子育て観音→オウネン滝→扁妙の滝を経て笠形山に登ります。滝見台は下山時に寄ります。解体業者が重機で古いログキャビンを解体しています。工事現場を少し迂回して進みます。
オウネン滝の手前は台風によって落ちた杉の葉で登山道がわかりにくくなっていた。
2017年10月27日 11:04撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オウネン滝の手前は台風によって落ちた杉の葉で登山道がわかりにくくなっていた。
オウネン滝はいつもより水量が多い。
2017年10月27日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オウネン滝はいつもより水量が多い。
1
扁妙の滝に寄ります。
2017年10月27日 11:22撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扁妙の滝に寄ります。
扁妙の滝も水量が多くいつもより迫力がある。
2017年10月27日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扁妙の滝も水量が多くいつもより迫力がある。
1
扁妙の滝の滝壺付近に壊れたドローンが落ちていた。ストックと比べると本体の長さは約12cmほどです。
2017年10月27日 11:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扁妙の滝の滝壺付近に壊れたドローンが落ちていた。ストックと比べると本体の長さは約12cmほどです。
扁妙の滝付近の道標が台風のため倒れていた。倒木が大きすぎて動かせず、道標はこのままほおっておくしかありませんでした。
2017年10月27日 11:35撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扁妙の滝付近の道標が台風のため倒れていた。倒木が大きすぎて動かせず、道標はこのままほおっておくしかありませんでした。
スチール階段の手前の坂で落ちた杉の葉の下に隠れていた尖った石につまづいて転んでしまった。膝を少し打っただけですみましたが、杉の葉で登山道が覆われているときは慎重に歩かないといけませんね。スチール階段はほとんど杉の葉が無かったので登りやすかったですが…。
2017年10月27日 11:47撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スチール階段の手前の坂で落ちた杉の葉の下に隠れていた尖った石につまづいて転んでしまった。膝を少し打っただけですみましたが、杉の葉で登山道が覆われているときは慎重に歩かないといけませんね。スチール階段はほとんど杉の葉が無かったので登りやすかったですが…。
スチール階段をのぼりきるとここから3合目(通常の登山道出合)まで矢印のように進みます。
2017年10月27日 11:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スチール階段をのぼりきるとここから3合目(通常の登山道出合)まで矢印のように進みます。
3合目(通常の登山道出合)までは少し急な上りになります。
2017年10月27日 11:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目(通常の登山道出合)までは少し急な上りになります。
1
矢印のように進んで3合目(通常の登山道出合)に到着。ここで昼食を取る。
2017年10月27日 11:55撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
矢印のように進んで3合目(通常の登山道出合)に到着。ここで昼食を取る。
1
昼食後、3合目からこの尾根(バリエーションルート)を登って行く。
2017年10月27日 12:21撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食後、3合目からこの尾根(バリエーションルート)を登って行く。
1
バリエーションルートの尾根にあった大岩。
2017年10月27日 12:24撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリエーションルートの尾根にあった大岩。
1
台風でかなりの木が倒されていた。
2017年10月27日 12:47撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風でかなりの木が倒されていた。
主尾根に出たところ。
2017年10月27日 13:01撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に出たところ。
主尾根の様子
2017年10月27日 13:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根の様子
頂上付近には紅葉している木が少し見られた。
2017年10月27日 13:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上付近には紅葉している木が少し見られた。
3
紅葉その2。
2017年10月27日 13:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉その2。
1
展望岩に到着。市川町青年団の標柱がある。
2017年10月27日 13:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩に到着。市川町青年団の標柱がある。
1
展望岩から見た笠形山の頂上。
2017年10月27日 13:48撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩から見た笠形山の頂上。
1
展望岩から北方向の展望。
2017年10月27日 13:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望岩から北方向の展望。
1
紅葉その3。
2017年10月27日 13:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉その3。
2
頂上に到着。頂上の標高939mのプレートが台風のため壊れていた。頂上では誰とも出会いませんでした。
2017年10月27日 13:53撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上に到着。頂上の標高939mのプレートが台風のため壊れていた。頂上では誰とも出会いませんでした。
3
東屋は台風による被害はありませんでした。
2017年10月27日 14:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋は台風による被害はありませんでした。
2
小さい方の東屋も台風による被害はありませんでした。
2017年10月27日 14:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さい方の東屋も台風による被害はありませんでした。
1
今日は空気が澄んでいて展望が良い。北方向の展望。
2017年10月27日 14:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は空気が澄んでいて展望が良い。北方向の展望。
千ヶ峰のアップ
2017年10月27日 14:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千ヶ峰のアップ
1
暁晴山(中央のピーク)のアップ
2017年10月27日 14:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暁晴山(中央のピーク)のアップ
1
東〜南南東方向の展望。
2017年10月27日 14:02撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東〜南南東方向の展望。
1
南南東方向の展望。
2017年10月27日 14:00撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南南東方向の展望。
1
南方向の展望。
2017年10月27日 13:58撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向の展望。
1
西方向の展望。
2017年10月27日 13:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方向の展望。
1
七種山と明神山のアップ。
写真を撮った後、西方向に伸びる尾根(バリエーションルート)から下りる。
2017年10月27日 14:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七種山と明神山のアップ。
写真を撮った後、西方向に伸びる尾根(バリエーションルート)から下りる。
2
紅葉その4。
2017年10月27日 14:13撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉その4。
1
バリエーションルートの西方向に伸びる尾根の様子。自然林の中を下りる。
2017年10月27日 14:17撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリエーションルートの西方向に伸びる尾根の様子。自然林の中を下りる。
バリエーションルートの西方向に伸びる尾根はここで通常の登山道と合流する。台風で倒れた木が通常の登山道との合流点の目印になる。
2017年10月27日 14:28撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バリエーションルートの西方向に伸びる尾根はここで通常の登山道と合流する。台風で倒れた木が通常の登山道との合流点の目印になる。
1
6合目の様子。植林の中を下りる。
2017年10月27日 14:34撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目の様子。植林の中を下りる。
5合目の水辺広場に到着。
2017年10月27日 14:42撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の水辺広場に到着。
1
5合目の水辺広場付近のナメ(滑)。
2017年10月27日 14:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の水辺広場付近のナメ(滑)。
3合目を過ぎた所で滝見台に寄った。滝見台の東屋の屋根は台風で一部壊れていた。
2017年10月27日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目を過ぎた所で滝見台に寄った。滝見台の東屋の屋根は台風で一部壊れていた。
1
滝見台から見た扁妙の滝。落差65mの段瀑。
2017年10月27日 15:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見台から見た扁妙の滝。落差65mの段瀑。
1
滝見台から西方向に暁晴山が見えた。
2017年10月27日 15:10撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見台から西方向に暁晴山が見えた。
1
登山口の手前では2箇所、登山道が倒木で塞がれていたが、倒木を迂回すれば容易に通過できます。
2017年10月27日 15:24撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の手前では2箇所、登山道が倒木で塞がれていたが、倒木を迂回すれば容易に通過できます。
1
オウネン平の登山口も倒木で塞がれていた。
2017年10月27日 15:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オウネン平の登山口も倒木で塞がれていた。
オウネン平の駐車場に到着。
2017年10月27日 15:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オウネン平の駐車場に到着。

感想/記録
by ymgoro

1.スタートが遅くなってしまったので、近くの笠形山に登ることにしました。コースは前回登った今年の3月29日のコースと同じです。3月29日のレコ→https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1095814.html

2.山行所要時間を3月29日と比べると57分(3:45→4:42)多くなっていた。バテたわけでは無いのになぜこんなに多くなってしまったのでしょうか。体力の低下でしょうか。よく分かりません。

3.山頂付近で紅葉が見られ、空気が澄んでいてかなり遠くまで山々が見えて良かった。今回は途中の登山道で二人のパーティに出合った。
訪問者数:92人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ