また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1306910 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

【越後湯沢】清津川渓谷・栄太郎峠 鹿飛橋まで

日程 2017年11月06日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●関越自動車道・湯沢ICより八木沢駐車場まで、車でおよそ15分。
●砂利の敷かれた駐車スペースはおよそ30台。トイレ&登山ポストあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間14分
休憩
44分
合計
5時間58分
S清津峡八木沢口、トレッキング湯沢07:4409:08フィトンチッド広場09:13栄太郎登り口09:37鹿飛橋09:4210:06栄太郎登り口11:00栄太郎峠11:3912:29栄太郎登り口12:33フィトンチッド広場13:38清津峡八木沢口、トレッキング湯沢13:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●「八木沢駐車場→栄太郎登り口」区間、小さな沢の渡渉がいくつかありますが、特に危険はありません。ぬかるみが数か所アリ。
●「栄太郎登り口→鹿飛橋」区間、急斜面の高巻き道アリ。十数メートル下の清津川まで足元が切れ落ちた区間もありますが、ロープなど設置され危険度は常識の範囲内だと思います。
●「栄太郎登り口→栄太郎峠」区間、急登が連続しスリップも注意。意外に時間がかかります。渡渉も2ヶ所あり。峠の手前ですばらしいブナ林に出会えます。
●水場…メインとなるのは「大峰の原水」ですが、あちこちで沢が流れているためいくらでも水は手に入ります。
その他周辺情報●セブンイレブン・中越湯沢神立店
 http://www.sej.co.jp/shop/index.html

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 熊鈴

写真

旧塩沢町付近、国道17号線を南下して湯沢町へ向かいます。湯沢高原アルプの里が見えてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧塩沢町付近、国道17号線を南下して湯沢町へ向かいます。湯沢高原アルプの里が見えてきます。
12
【トレッキング湯沢駐車場】
7時35分、八木沢「トレッキング湯沢」駐車場に到着。駐車スペースは30台。仮設トイレ&登山ポストあり。
2017年11月06日 07:40撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トレッキング湯沢駐車場】
7時35分、八木沢「トレッキング湯沢」駐車場に到着。駐車スペースは30台。仮設トイレ&登山ポストあり。
7
【トレッキング湯沢機
清津川に沿った「八木沢→鹿飛橋」区間、そして湯沢高原アルプの里周辺の道は、「トレッキング湯沢機廚噺討个譴討い泙后
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トレッキング湯沢機
清津川に沿った「八木沢→鹿飛橋」区間、そして湯沢高原アルプの里周辺の道は、「トレッキング湯沢機廚噺討个譴討い泙后
5
7時41分、登山カードを投函して歩き始めます。「ク〜っ、寒いね!もっと厚着してくればよかった…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7時41分、登山カードを投函して歩き始めます。「ク〜っ、寒いね!もっと厚着してくればよかった…」
3
まずは八木沢から鹿飛橋へと向かいます。落ち葉が積もる広い登山道を進みます。
2017年11月06日 07:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは八木沢から鹿飛橋へと向かいます。落ち葉が積もる広い登山道を進みます。
18
左手側は切れ落ちており、まだ日の差さない遠い眼下には清津川が静かに流れます。
2017年11月06日 07:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手側は切れ落ちており、まだ日の差さない遠い眼下には清津川が静かに流れます。
13
その清津川から視線を上へ移すと、紅葉の奥には「金の塔」が確認できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その清津川から視線を上へ移すと、紅葉の奥には「金の塔」が確認できます。
15
【大峰の原水】
8時07分、「大峰の原水」を通過。水場となっていますが、この先でも水は豊富に手に入ります。
2017年11月06日 08:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大峰の原水】
8時07分、「大峰の原水」を通過。水場となっていますが、この先でも水は豊富に手に入ります。
18
「大峰の源水」付近から一気に高度を下げ、清津川の流れを近くに眺めながら歩き続けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「大峰の源水」付近から一気に高度を下げ、清津川の流れを近くに眺めながら歩き続けます。
5
【見晴らし岩を通過】
8時17分、「見晴らし岩」を通過。「う〜ん、ココからはさほど見晴らしがいいとは思えませんが…」
2017年11月06日 08:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【見晴らし岩を通過】
8時17分、「見晴らし岩」を通過。「う〜ん、ココからはさほど見晴らしがいいとは思えませんが…」
3
「八木沢→栄太郎登り口」区間、2ヶ所ほど枝沢の渡渉アリ。共に沢幅が狭く、難しくはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「八木沢→栄太郎登り口」区間、2ヶ所ほど枝沢の渡渉アリ。共に沢幅が狭く、難しくはありません。
9
枝沢の流れ
2017年11月06日 08:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝沢の流れ
18
8時30分、稜線の奥から太陽が昇り、ようやく渓谷にも光が差し込み始めます。「暖かくなってきましたね…」
2017年11月06日 08:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時30分、稜線の奥から太陽が昇り、ようやく渓谷にも光が差し込み始めます。「暖かくなってきましたね…」
5
「岩廊下」を歩きます。太陽の光が届き始めると、清津川も次第にその美しさを増してきます。
2017年11月06日 08:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「岩廊下」を歩きます。太陽の光が届き始めると、清津川も次第にその美しさを増してきます。
14
足を止め、コバルトブルーとなった清津川の流れをしばらく眺めました。
2017年11月06日 08:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足を止め、コバルトブルーとなった清津川の流れをしばらく眺めました。
12
【猿飛岩を通過】
8時37分、「猿飛岩」を通過。その奥でステキな紅葉に出会います♪
2017年11月06日 08:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【猿飛岩を通過】
8時37分、「猿飛岩」を通過。その奥でステキな紅葉に出会います♪
9
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真1
2017年11月06日 08:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真1
15
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真2
2017年11月06日 08:46撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真2
25
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真3
2017年11月06日 08:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真3
30
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真4
2017年11月06日 08:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛岩・見返り岩 周辺
紅葉写真4
20
「猿飛岩→見返り岩」区間、明るいブナ林を歩きます。秋のヒンヤリとした空気が美味しいです♪
2017年11月06日 08:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「猿飛岩→見返り岩」区間、明るいブナ林を歩きます。秋のヒンヤリとした空気が美味しいです♪
4
8時58分、「見返り岩」にやって来ました。ここで後方を振り返ると、清津川の美しい風景に出会えるのです。
2017年11月06日 08:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時58分、「見返り岩」にやって来ました。ここで後方を振り返ると、清津川の美しい風景に出会えるのです。
2
【コバルト・紅葉と調和 
後方を振り返ったその風景。こちらは上流側。紅葉と調和したコバルトブルーが美しいです。
2017年11月06日 08:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コバルト・紅葉と調和 
後方を振り返ったその風景。こちらは上流側。紅葉と調和したコバルトブルーが美しいです。
38
【コバルト・紅葉と調和◆
ただ清津川はちょっぴり日陰。この時間よりも午後のほうが、より鮮やかなコバルト色に出会えます。
2017年11月06日 08:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コバルト・紅葉と調和◆
ただ清津川はちょっぴり日陰。この時間よりも午後のほうが、より鮮やかなコバルト色に出会えます。
11
青い清津川に沿って、ますます冴えわたる紅葉の奥へと進みます。
2017年11月06日 09:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い清津川に沿って、ますます冴えわたる紅葉の奥へと進みます。
25
【見返り岩を通過】
9時01分、「見返り岩」を通過。遊歩道の道幅は広いながらも、上からの落石に注意しながら進みます。
2017年11月06日 09:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【見返り岩を通過】
9時01分、「見返り岩」を通過。遊歩道の道幅は広いながらも、上からの落石に注意しながら進みます。
6
すぐそばではタプタプと、そして時にはザバザバと音を立てて、清津川が流れます。
2017年11月06日 09:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそばではタプタプと、そして時にはザバザバと音を立てて、清津川が流れます。
14
その正面では、黒い背景に紅葉のイエローが浮かび上がります。
2017年11月06日 09:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その正面では、黒い背景に紅葉のイエローが浮かび上がります。
5
「今日はいい日だね…」
そんなことを話しながら、シーズン最後の紅葉を存分に楽しみます。
2017年11月06日 09:03撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「今日はいい日だね…」
そんなことを話しながら、シーズン最後の紅葉を存分に楽しみます。
24
【フィトンチッド広場】
9時07分、フィトンチッド広場を通過。なんとも言えぬ優しい雰囲気。癒しのブナの森林です。
2017年11月06日 09:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【フィトンチッド広場】
9時07分、フィトンチッド広場を通過。なんとも言えぬ優しい雰囲気。癒しのブナの森林です。
21
【栄太郎登り口をスルー】
9時13分、木の橋を渡り「栄太郎登り口」をスルー。直進して鹿飛橋へ向かいます。後ほどココに戻ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【栄太郎登り口をスルー】
9時13分、木の橋を渡り「栄太郎登り口」をスルー。直進して鹿飛橋へ向かいます。後ほどココに戻ってきます。
4
木の橋から眺めた枝沢の流れ
2017年11月06日 09:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の橋から眺めた枝沢の流れ
8
「栄太郎登り口→鹿飛橋」区間、清津川より高度を上げ、道はやや険しくなります。
2017年11月06日 09:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「栄太郎登り口→鹿飛橋」区間、清津川より高度を上げ、道はやや険しくなります。
5
進行方向の左手には清津川と高石沢に挟まれた枝尾根が、色づいて見えます。「アッチは紅葉してるよ!」
2017年11月06日 09:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向の左手には清津川と高石沢に挟まれた枝尾根が、色づいて見えます。「アッチは紅葉してるよ!」
5
道幅は広いながらもトラバースの道が続きます。切れ落ちた足元の奥には青白い清津川が不気味です。
2017年11月06日 09:18撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅は広いながらもトラバースの道が続きます。切れ落ちた足元の奥には青白い清津川が不気味です。
2
【迂回路・急斜面 
9時21分、迂回路に入り、枕木の階段を登ります。かつての旧道はロープが張られ、進入禁止となります。
2017年11月06日 09:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【迂回路・急斜面 
9時21分、迂回路に入り、枕木の階段を登ります。かつての旧道はロープが張られ、進入禁止となります。
1
【迂回路・急斜面◆
階段の後、急斜面の登りで危険個所を高巻き続けます。ただし5分ほどで登りは終わります。
2017年11月06日 09:25撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【迂回路・急斜面◆
階段の後、急斜面の登りで危険個所を高巻き続けます。ただし5分ほどで登りは終わります。
8
急斜面を登りきると、次はロープを手掛かりにした下りに転じます。つづら折りで高度を下げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登りきると、次はロープを手掛かりにした下りに転じます。つづら折りで高度を下げます。
3
高度を下げると、清津川の流れが眼前に迫ってきます。ゴルジュの中を激流が流れ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げると、清津川の流れが眼前に迫ってきます。ゴルジュの中を激流が流れ下ります。
7
【ダブルキャニオンロック】
切れ落ちた足元を眺めると、岩の間をゴウゴウと青白い清津川が轟きます。大迫力のダブルキャニオンロックです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ダブルキャニオンロック】
切れ落ちた足元を眺めると、岩の間をゴウゴウと青白い清津川が轟きます。大迫力のダブルキャニオンロックです!
23
【鹿飛橋に到着】
9時38分、「鹿飛橋」に到着。本日はここで引き返し、栄太郎峠へ向かいます。
2017年11月06日 09:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鹿飛橋に到着】
9時38分、「鹿飛橋」に到着。本日はここで引き返し、栄太郎峠へ向かいます。
1
鹿飛橋からの風景
写真1・下流側全景
2017年11月06日 09:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真1・下流側全景
13
鹿飛橋からの風景
写真2・飛沫を上げる激流
2017年11月06日 09:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真2・飛沫を上げる激流
9
鹿飛橋からの風景
写真3・下流側の眼下
2017年11月06日 09:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真3・下流側の眼下
16
鹿飛橋からの風景
写真4・下流側の奥
2017年11月06日 09:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真4・下流側の奥
8
鹿飛橋からの風景
写真5・白煙のような流れ
2017年11月06日 09:40撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真5・白煙のような流れ
14
鹿飛橋からの風景
写真6・上流側全景
2017年11月06日 09:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真6・上流側全景
25
鹿飛橋からの風景
写真7・紅葉と滝壺
2017年11月06日 09:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿飛橋からの風景
写真7・紅葉と滝壺
5
【鹿飛橋から栄太郎峠へ】
鹿飛橋から先はハードなルート。この日はここで来た道を引き返し、栄太郎登り口へと戻ります。
2017年11月06日 09:46撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鹿飛橋から栄太郎峠へ】
鹿飛橋から先はハードなルート。この日はここで来た道を引き返し、栄太郎登り口へと戻ります。
11
【栄太郎登り口を通過】
10時06分、「栄太郎登り口」まで戻りました。分岐点からコースを変えて、栄太郎峠へ向かいます。
2017年11月06日 10:06撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【栄太郎登り口を通過】
10時06分、「栄太郎登り口」まで戻りました。分岐点からコースを変えて、栄太郎峠へ向かいます。
3
まずはまあまあの急斜面を登ります。日当たりもよく、軽く汗をかきます。
2017年11月06日 10:06撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはまあまあの急斜面を登ります。日当たりもよく、軽く汗をかきます。
4
【湿った枝沢沿いの道】
枝沢の右岸沿いを歩きます。この先で渡渉して左岸へ移動。そこからしばらく展望の利かない山腹を登る。
2017年11月06日 10:11撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【湿った枝沢沿いの道】
枝沢の右岸沿いを歩きます。この先で渡渉して左岸へ移動。そこからしばらく展望の利かない山腹を登る。
4
【大沢渡りを通過 
10時23分、「大沢渡り」にて渡渉し、ふたたび左岸から右岸へ移動。「いや〜、渡渉の多いコースだよ…」
2017年11月06日 10:23撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大沢渡りを通過 
10時23分、「大沢渡り」にて渡渉し、ふたたび左岸から右岸へ移動。「いや〜、渡渉の多いコースだよ…」
2
【大沢渡りを通過◆
渡渉途中で枝沢を撮影。沢幅は狭く、渡渉に問題はありません。
2017年11月06日 10:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大沢渡りを通過◆
渡渉途中で枝沢を撮影。沢幅は狭く、渡渉に問題はありません。
10
【急斜面のブナ林】
「大沢渡り→ブナ姫」区間、急斜面の登りが続きますが、徐々に視界も開けてきます。
2017年11月06日 10:27撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【急斜面のブナ林】
「大沢渡り→ブナ姫」区間、急斜面の登りが続きますが、徐々に視界も開けてきます。
3
この「大沢渡り→ブナ姫」区間にも、終盤を迎えた紅葉に出会えました。
2017年11月06日 10:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この「大沢渡り→ブナ姫」区間にも、終盤を迎えた紅葉に出会えました。
23
【ブナ姫を通過 
10時37分、傾斜が緩んだところで「ブナ姫」を通過。ブナの巨木がひっそりと立っています。
2017年11月06日 10:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ブナ姫を通過 
10時37分、傾斜が緩んだところで「ブナ姫」を通過。ブナの巨木がひっそりと立っています。
8
【ブナ姫を通過◆
ブナ「姫」と名付けられているだけに、どことなく優しげな雰囲気を感じました。
2017年11月06日 10:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ブナ姫を通過◆
ブナ「姫」と名付けられているだけに、どことなく優しげな雰囲気を感じました。
7
【最後の水場】
10時41分、ブナ姫から少し先で小さな沢を渡渉。ここが「ブナ姫→栄太郎峠」区間、最後の水場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【最後の水場】
10時41分、ブナ姫から少し先で小さな沢を渡渉。ここが「ブナ姫→栄太郎峠」区間、最後の水場です。
6
水場を過ぎると沢から離れ、これまでずっと耳にしてきた「せせらぎの音」が遠ざかっていきます。
2017年11月06日 10:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場を過ぎると沢から離れ、これまでずっと耳にしてきた「せせらぎの音」が遠ざかっていきます。
10
「最後の水場→栄太郎峠」区間、ブナ林の急斜面に変わります。「もう葉はすっかり落ちてしまいましたね…」
2017年11月06日 10:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「最後の水場→栄太郎峠」区間、ブナ林の急斜面に変わります。「もう葉はすっかり落ちてしまいましたね…」
4
【美しいブナ林】
見事なブナ林が続きます。スッキリ伸びた白い樹幹が、秋の青空のブルーに映え、実に爽やかです。
2017年11月06日 10:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【美しいブナ林】
見事なブナ林が続きます。スッキリ伸びた白い樹幹が、秋の青空のブルーに映え、実に爽やかです。
18
【栄太郎峠に到着 
11時00分、この日の最終目的地「栄太郎峠」に到着。道標が1つポツンとあるだけで、実にシンプルです。
2017年11月06日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【栄太郎峠に到着 
11時00分、この日の最終目的地「栄太郎峠」に到着。道標が1つポツンとあるだけで、実にシンプルです。
5
【栄太郎峠に到着◆
栄太郎峠に立つと、正面の飯士山をはじめ、巻機山や八海山など越後の山々が実よく見えました。
2017年11月06日 11:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【栄太郎峠に到着◆
栄太郎峠に立つと、正面の飯士山をはじめ、巻機山や八海山など越後の山々が実よく見えました。
28
●*栄太郎峠からの展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*栄太郎峠からの展望
10
●●*守門岳・越後駒ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*守門岳・越後駒ケ岳
18
●●●*飯士山・巻機山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*飯士山・巻機山
23
●●●●*柄沢山・大源太山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*柄沢山・大源太山
12
栄太郎峠の様子はこんな感じ。矢印のようにブナ林を登ってきました。奥には高津倉山が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栄太郎峠の様子はこんな感じ。矢印のようにブナ林を登ってきました。奥には高津倉山が見えます。
6
栄太郎峠に立つ道標。ここからは車道を歩いて「湯沢高原アルプの里」まで下りることもできます。
2017年11月06日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栄太郎峠に立つ道標。ここからは車道を歩いて「湯沢高原アルプの里」まで下りることもできます。
3
【湯沢高原アルプの里】
その「湯沢高原アルプの里」がこちら。車2台でしたら、あそこからロープウェイで下って周回するのもアリ。
2017年11月06日 11:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【湯沢高原アルプの里】
その「湯沢高原アルプの里」がこちら。車2台でしたら、あそこからロープウェイで下って周回するのもアリ。
8
この日は風もなく、穏やかな天気。栄太郎峠にて山座同定しながらランチを楽しみました。
2017年11月06日 11:23撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日は風もなく、穏やかな天気。栄太郎峠にて山座同定しながらランチを楽しみました。
24
【栄太郎峠・下山開始】
11時39分、栄太郎峠より下山開始。急斜面となったブナの美林、スリップに注意しながら下ります。
2017年11月06日 11:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【栄太郎峠・下山開始】
11時39分、栄太郎峠より下山開始。急斜面となったブナの美林、スリップに注意しながら下ります。
8
奥に苗場山塊北側の山々を眺めながら急斜面を下り、「大沢渡り」を通過。さらに12時28分に「栄太郎登り口」を通過。
2017年11月06日 12:25撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に苗場山塊北側の山々を眺めながら急斜面を下り、「大沢渡り」を通過。さらに12時28分に「栄太郎登り口」を通過。
9
12時32分、下山「フィトンチッド広場」を通過。ブナの黄葉を透かして差し込む淡い光が印象的でした。
2017年11月06日 12:32撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時32分、下山「フィトンチッド広場」を通過。ブナの黄葉を透かして差し込む淡い光が印象的でした。
31
猿飛岩付近を歩きます。右手側には清津川が再び接近してきました。
2017年11月06日 12:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿飛岩付近を歩きます。右手側には清津川が再び接近してきました。
10
【下山・見返り岩にて】
12時41分、下山「見返り岩」を通過。陽光を受けた美しい清津川の風景に出会います。
2017年11月06日 12:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・見返り岩にて】
12時41分、下山「見返り岩」を通過。陽光を受けた美しい清津川の風景に出会います。
16
【鮮やかなコバルトブルー】
白砂山や苗場山の水を集めて流れる清津川。まさしく「コバルトブルーキャニオン」と呼ぶにふさわしい姿でした。
2017年11月06日 12:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鮮やかなコバルトブルー】
白砂山や苗場山の水を集めて流れる清津川。まさしく「コバルトブルーキャニオン」と呼ぶにふさわしい姿でした。
26
そのコバルトブルーを横目に、枝沢を渡渉しながら下山し続けます。
2017年11月06日 13:04撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのコバルトブルーを横目に、枝沢を渡渉しながら下山し続けます。
2
岩廊下を過ぎると次第に高度が上がり、清津川が右下へと離れていきます。
2017年11月06日 13:05撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩廊下を過ぎると次第に高度が上がり、清津川が右下へと離れていきます。
12
清津川の流れ・写真1
岩を噛む激流
2017年11月06日 13:06撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清津川の流れ・写真1
岩を噛む激流
10
清津川の流れ・写真2
ディープブルー&レッド
2017年11月06日 12:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清津川の流れ・写真2
ディープブルー&レッド
21
清津川の流れ・写真3
渦巻く
2017年11月06日 12:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清津川の流れ・写真3
渦巻く
10
清津川の流れ・写真4
グリーン&オレンジ
2017年11月06日 08:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清津川の流れ・写真4
グリーン&オレンジ
27
13時14分、「大峰の原水」を通過すると、清津川は遥か眼下へ。「あぁ、もう終わり…」
2017年11月06日 13:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時14分、「大峰の原水」を通過すると、清津川は遥か眼下へ。「あぁ、もう終わり…」
12
清津川は見えなくなりましたが、それでも最後の紅葉を楽しみながら歩き続けます。
2017年11月06日 13:29撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清津川は見えなくなりましたが、それでも最後の紅葉を楽しみながら歩き続けます。
25
13時30分、杉林に入る手前からは「1192m」「金の塔」がよく見えました。「駐車場方面も見えてきましたね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時30分、杉林に入る手前からは「1192m」「金の塔」がよく見えました。「駐車場方面も見えてきましたね…」
7
【八木沢・駐車場】
13時42分、八木沢の駐車場に到着。栄太郎峠からはゆっくりと、およそ2時間で下山終了でした。
2017年11月06日 13:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【八木沢・駐車場】
13時42分、八木沢の駐車場に到着。栄太郎峠からはゆっくりと、およそ2時間で下山終了でした。
6
撮影機材:

感想/記録

白砂山や苗場山に端を発する清津川は、その水を集めて信濃川へと注ぐ。
コバルトブルーをしたその流れは清冽そのものだ。

今回は遊歩道の敷かれた八木沢から鹿飛橋まで歩き、
シーズン最後の秋を楽しんだ。

機会があれば、次はハードコースとされる旧中里村まで抜ける
渓谷に沿った断崖の道を歩いてみたいと思う。



(参考文献・その他)
・ブルーガイドハイカー『妙高・戸隠と越後の山々』 実業之日本社
・『新潟・滝と渓谷を行く』伊東敬一著 新潟日報事業社
・山と高原地図『谷川岳・苗場山・武尊山』 昭文社
・カシミール3D
訪問者数:419人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ