また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311501 全員に公開 ハイキング奥秩父

両神山

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
36分
合計
4時間51分
S八丁トンネル登山口08:0008:33八丁峠08:3409:04行蔵峠09:0509:09西岳09:1009:26龍頭神社奥宮09:2709:44東岳09:4509:57前東岳の岩場10:11両神山10:3710:52前東岳の岩場10:5311:05東岳11:24龍頭神社奥宮11:2611:38西岳11:3911:43行蔵峠11:4412:24八丁峠12:51八丁トンネル登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

八丁峠を越えると最高の青空(k)
2017年11月12日 08:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁峠を越えると最高の青空(k)
4
八ヶ岳かなー(a)
2017年11月12日 09:05撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳かなー(a)
2
クライマーはクサリを使わない(k)
2017年11月12日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマーはクサリを使わない(k)
5
もうちょっと体の重心を落とした方が(k)
2017年11月12日 09:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっと体の重心を落とした方が(k)
7
後光が差していた(k)
2017年11月12日 09:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後光が差していた(k)
3
山頂から富士山(k)
2017年11月12日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から富士山(k)
5
日本百名山(k)
2017年11月12日 10:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本百名山(k)
3
下りも早い早い(k)
2017年11月12日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りも早い早い(k)
5
駐車場から二子山(k)
2017年11月12日 13:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から二子山(k)
3
ようかみ食堂のわらじカツ丼でお疲れ様(k)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようかみ食堂のわらじカツ丼でお疲れ様(k)
7

感想/記録

yagyuちゃんつながりでクライマーのお二人と両神山へ。
岩場になると二人とも早い早い。クサリを使わない方が楽だというのはわかるけど、私はついていくのに必死で一手一手判断している余裕は無く、力ずくでクサリを引っ張りました。
kaakakaさんの体験談はとても刺激的だったし、お二人の岩に対する情熱を肌で感じることもできて、私もなまった体を鍛えなおさねばと元気をもらいました。

感想/記録

遅ればせながら。

両神山へと言われた時に、二子山まで来て山登るんですか?
と本当に言ってしまった。

しかし行ってみれば紅葉は少し過ぎたくらいではあるものの、快晴も快晴であり、
登山道は程よく険しく短く、充実した登山でした。

考えて見れば、人とのんびり山を歩いたのも始めてだったかも。

思ったより足が動いてくれて腰も痛くなくて快適でした。

おつきあいありがとうございました。

感想/記録

肩やら腰やら痛いけど晴れた休日に岩に行かない罪悪感に耐えられない
ワイルドボアはおろか河又のアプローチでゼーハーするレベル

そんな人の(私ですけど)アクティブ・レストにオススメしたいのがこちらのコース。

・稜線伝いで景色最高!
・岩登り風味で背徳感をごまかせる
・上半身や手指の疲労皆無
・なまった下半身の遅筋に刺激を

山歩きはひさびさすぎて、前日kaakaka君から「登山ってなに持ってくんでしたっけ」ときかれたときは「うーん、バナナ?」しか思いつかないレベルでしたが、いざ歩いてみると、ひねくれた動きばかりさせている体幹が補正されるような感じがして気持ちいい。繰り返されるアップダウンに足がパンプ状態なのもたまらない。

クサリを使わなかったのはクライマー風を吹かせているわけではなくw使わないほうが楽というのはここだけの秘密です。

距離も半日登山にほどよく、これで近所だったら通いたいなあと思いました。

考えてみればkusaki916さんともkaakaka君とも、岩やアイスやアルパインは行ったことがあるけど、長いお付き合いながら山登りはこれが初めてかも。ありがとうございましたー!
訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ