また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1317060 全員に公開 ハイキング丹沢

塩水橋〜丹沢山(蛭ヶ岳は撤退)

日程 2017年11月20日(月) [日帰り]
メンバー
天候麓は曇り、上の方は雪ふってた
アクセス
利用交通機関
車・バイク
塩水橋の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間29分
休憩
51分
合計
5時間20分
S塩水橋07:5708:53雨量計08:5509:45天王寺尾根分岐09:51大崩ノタツマ(大クドレ)10:25丹沢山10:2910:29みやま山荘11:0011:22大崩ノタツマ(大クドレ)11:28天王寺尾根分岐11:36檜ノタツマ12:00モチゴヤノ頭(蜘蛛ヶ淵ノ頭)12:0412:31天王寺峠12:3312:50天王寺橋12:5313:12塩水橋13:1713:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪の時のウッドデッキ調の小道は滑りやすいっす

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 サブザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 保険証 携帯 ストック コート
備考 かなりの疑問があったがコート有ってよかった

写真

悩みぬいた結果、このコートを着て出発。山ではあまり見かけないスタイルになってしまったが、寒さには勝てん!
(前回の金峰山が寒すぎたので)
2017年11月20日 07:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悩みぬいた結果、このコートを着て出発。山ではあまり見かけないスタイルになってしまったが、寒さには勝てん!
(前回の金峰山が寒すぎたので)
2
ゲート越えてすぐに本谷林道との分岐、塩水林道を行くので右折〜
コートのおかげでゼンゼン寒くねーぜ!
2017年11月20日 08:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲート越えてすぐに本谷林道との分岐、塩水林道を行くので右折〜
コートのおかげでゼンゼン寒くねーぜ!
で、10数分後
暑い・・・・、1回目の転生でコートを腰に巻き、下半身の防御力をUPさせます。(まだクルマ近いからコートを置きにいこううかとも思ったが、やはり戻る気にはなれず)
2017年11月20日 08:07撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、10数分後
暑い・・・・、1回目の転生でコートを腰に巻き、下半身の防御力をUPさせます。(まだクルマ近いからコートを置きにいこううかとも思ったが、やはり戻る気にはなれず)
1
今日唯一の破線ルート(つーか破線区間)への入口、林道のショートカット道です。
2017年11月20日 08:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日唯一の破線ルート(つーか破線区間)への入口、林道のショートカット道です。
ここで迷わず左折することだけが、この破線のたった一つの要注意ポイントのようです。(入口から1、2分のとこだがw)
2017年11月20日 08:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで迷わず左折することだけが、この破線のたった一つの要注意ポイントのようです。(入口から1、2分のとこだがw)
破線クリア〜
急斜面を登って雨量計小屋の向かって右側から出てきました。
2017年11月20日 08:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線クリア〜
急斜面を登って雨量計小屋の向かって右側から出てきました。
1
急斜面を通過したので更に暑い・・・
登山口に入る前に2回目の転生で長袖Tシャツに。
パーカーで更に下半身の防御力UP、ズボンの上にコート、パーカーと盤石な腰回りっす!
(路面に見えるナイキの巾着ザックにコートは入らないことはお判り頂けるかと思います)
2017年11月20日 08:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を通過したので更に暑い・・・
登山口に入る前に2回目の転生で長袖Tシャツに。
パーカーで更に下半身の防御力UP、ズボンの上にコート、パーカーと盤石な腰回りっす!
(路面に見えるナイキの巾着ザックにコートは入らないことはお判り頂けるかと思います)
腰に分厚い毛皮を巻いた江戸時代の盗賊のようなスタイルで進んで行くと間近にヘリが!
オトコのコなんでこーゆーの釘付けでガン見です。
2017年11月20日 09:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腰に分厚い毛皮を巻いた江戸時代の盗賊のようなスタイルで進んで行くと間近にヘリが!
オトコのコなんでこーゆーの釘付けでガン見です。
1
荷物を吊って運んできてました。ウッドデッキ調小道の部材のようです。こーやって小道作ってたのね
2017年11月20日 09:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を吊って運んできてました。ウッドデッキ調小道の部材のようです。こーやって小道作ってたのね
1
けっこー登ってきたと思うんだが、まだか?
基本的にペース配分とか考えられない脳筋プレイなので、ガシガシ登ってすぐ止まってハァハァしてまた歩くの繰り返しです。
2017年11月20日 10:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこー登ってきたと思うんだが、まだか?
基本的にペース配分とか考えられない脳筋プレイなので、ガシガシ登ってすぐ止まってハァハァしてまた歩くの繰り返しです。
1
で、丹沢山頂着きました。
ちょっと霧とゆーか、雪空に近い空気が・・・
2017年11月20日 10:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、丹沢山頂着きました。
ちょっと霧とゆーか、雪空に近い空気が・・・
4
ここから足を伸ばすことも考えていた蛭ヶ岳方向に少し歩いて様子を見てみたら、こんなカンジっす。
むこう雪ふってるよね?
2017年11月20日 10:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから足を伸ばすことも考えていた蛭ヶ岳方向に少し歩いて様子を見てみたら、こんなカンジっす。
むこう雪ふってるよね?
5
つーかここも雪ふってね?
2017年11月20日 10:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つーかここも雪ふってね?
2
山小屋でコーヒー飲んで出てきたら完全に雪ふってましたわ
はい、ムリムリってことで、あわよくばと思っていた蛭ヶ岳を切り捨てます。
そしてもちろんコートも着込みます。
2017年11月20日 10:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山小屋でコーヒー飲んで出てきたら完全に雪ふってましたわ
はい、ムリムリってことで、あわよくばと思っていた蛭ヶ岳を切り捨てます。
そしてもちろんコートも着込みます。
2
さて、下り始めるが・・・
この後しばらく「蛭ヶ岳、行けばよかったかな・・・」とゆー淡い後悔の感情にチクチク刺されます。
2017年11月20日 11:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下り始めるが・・・
この後しばらく「蛭ヶ岳、行けばよかったかな・・・」とゆー淡い後悔の感情にチクチク刺されます。
そんな負の感情を払拭するステキな思いつきが!
この雪に似合うアレがあるだろw
で、山頂でOFFにしてた鈴を鳴らして歩きだします。
ジングルベル気分で雪景色を満喫♪
2017年11月20日 11:18撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな負の感情を払拭するステキな思いつきが!
この雪に似合うアレがあるだろw
で、山頂でOFFにしてた鈴を鳴らして歩きだします。
ジングルベル気分で雪景色を満喫♪
4
やっぱり高度が下がると雪って少ないんだなと実感
2017年11月20日 11:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり高度が下がると雪って少ないんだなと実感
さて、もう雪も止んだしコートを脱ぐかと。
フードのファーが雪まみれでしたわ
2017年11月20日 11:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、もう雪も止んだしコートを脱ぐかと。
フードのファーが雪まみれでしたわ
1
帰りは天王寺尾根を進みましたが、この道は長い直線の後に右折するカンジの地図だったはずだが、左折の指示が・・・
地図とコンパスで確認して、ここの僅かな左カーブのことか?と目星をつけます。
で、山と高原アプリのGPSで答え合わせを・・・
ハズレです。思ったより進んでいました。
2017年11月20日 12:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは天王寺尾根を進みましたが、この道は長い直線の後に右折するカンジの地図だったはずだが、左折の指示が・・・
地図とコンパスで確認して、ここの僅かな左カーブのことか?と目星をつけます。
で、山と高原アプリのGPSで答え合わせを・・・
ハズレです。思ったより進んでいました。
1
突如現れる異次元への入口?
ひとり歩きなんで割とマジに不安を感じて入口を通ります。
で、この後がやや暗めな森になるので、イヤなカンジのまま進んだが
2017年11月20日 12:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如現れる異次元への入口?
ひとり歩きなんで割とマジに不安を感じて入口を通ります。
で、この後がやや暗めな森になるので、イヤなカンジのまま進んだが
おお、ちゃんと出口もあった!
この出口を抜けてしばらく進んだらちゃんと現世の林道に出れましたわ
2017年11月20日 12:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、ちゃんと出口もあった!
この出口を抜けてしばらく進んだらちゃんと現世の林道に出れましたわ
2
撮影機材:

感想/記録
by joe1

デビュ5戦目、どこに行こうかと考えていたが、先々週の乾徳山、先週のアコウ平からの金峰山が楽しすぎて、それを超えるとこなんて見つかるのかと。
で、更なるモンダイとして11月中旬に入りすげー寒い、金峰山も五丈岩に出た瞬間、風ビュービューで恐ろしく寒かった。
そんなこともあり、実は前日に雨具兼防寒着となる服を探しに行ったんだが結局買えずじまい、手持ちの服でそれなりに使えそーな服を使うことに。(それが画像のフードファー付き膝丈アーミー調コート)
ちょっと2000m超は寒そうだし、山ビルが怖くて夏場は行けねーなと思っていた丹沢周辺が候補となった。
一応、山行計画には丹沢山→蛭ヶ岳と書いたものの、正直、家を出た時から今日は丹沢までだなーと。稜線歩くにはやっぱ寒くなくて暑くないゴアッテクスみたいな服が欲しいだろと。
で、塩水橋からコート着用で出発したワケだが、僅か10数分で脱ぐことになるとはw いや、判ってましたよ?これでも過去4回、息切らしながら山登ったことあるんで。ただ、せめて登山口までは着てるんじゃないかなと。
そしてその後、登山口手前で薄手のパーカーも脱ぐことになり2枚の服を腰に巻く下半身防御特化型スタイルで登っていったんだが、まあ重心が低く保ててそれはそれでいいやw
そして丹沢山頂で想定外の雪、蛭ヶ岳から逃げる絶好の口実が!
だって、このコートで3〜4時間も雪の中を歩くわけにいかないでしょ?
そして意気揚々と昼過ぎに下山し、来週は行かなきゃなと思っていた美容院に「今日の予約空いてます?」と電話。
山に登って美容院に行くとゆー非常に充実した休日となりました。
訪問者数:437人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ