また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 131886 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 押ン出シ沢(二俣まで)

日程 2011年09月12日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ(暑い!)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
箒沢公園駐車場
 ・身障者用含め9台駐車可
 ・トイレあり
 ・計画書届ポストはなしなので西丹沢自然教室へ提出のこと
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

箒沢公園駐車場12:25-
中川川を徒渉し押ン出シ沢へ入渓-
12:40標高500m二俣-
3段8m滝の水量多く少々悩む(結局登る)-
13:40標高570m二俣(右俣・左俣合流点)14:15-
左岸径路にて下降-
14:30押ン出シ沢出合-
14:40箒沢公園駐車場
コース状況/
危険箇所等
■押ン出シ沢(オンダシサワ)

  中川川/箒杉のある箒沢公園の対岸やや上流に流れ込む沢で
  前半からナメ滝が連続している。
  核心は標高570m二俣から左俣にある連続する滝群だが
  今回はスタートが遅かったこと、水量が多かったことから
  二俣までの遡行となった。

  (二俣までの)遡行グレード:平水時1級 増水時1級上

  その後9/18に最後まで遡行しました。
  http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-134228.html

  ‘渓は箒沢公園駐車場の北にある「西丹沢コテージキャンプ場」案内板
   で中川川の方に向かい舗装路を進むと道はコンクリ道のまま対岸に
   渉っている。
   過日の台風12号豪雨の影響が未だにあり、山は相当の保水をしている
   ようで、今回はこの舗装路が流れの中に水没中。膝下程度の深さで渉り、
   あとは気持ちのよい岩床を100mほど上流へ行けば、右から5:1の
   水量比で合わさるのが押ン出シ沢。
   すぐに堰堤を架けている。

  大小堰堤を4つ右から巻いて沢床に降りると、標高500m二俣がある。
   水量比は1:5で左の支流には5×10mナメ滝を架けている。
   ここから右の本流はゴルジュとなり、ナメ滝が続いている。

  1Δ2条L3m、1.5×3m、L2m、L3m、そして3段8×15mと
   これらが一流になっている。
   3段8×15mは流芯沿い左を登る。基部の足元にはゆるいハーケン。
   平水時ならそれほどプレッシャーを感じないであろうが、今日は結構
   ヒョングリしていて水量、水圧もあったのでちょっと躊躇してしまった。
   左からの高巻きも上が悪いので結局水流左を登ってみたが、思ったほど
   シャワーにもならず卦-といったところか。
   途中唯一のハーケンがあった。(二俣まで残置はこの滝だけだ)

  ご嵌影れずに左にカーブしている半円状の滝を含め8段15×25m
   となる。ここも概ね流芯左を卦-程度で登れる。
   もっと滑るかなと思ったが、ステルスラバー底はよく利いた。

  イ垢阿防弦540mで水量比2:3二俣。支流の左には石積みがある。
   これがワサビ田跡であろう。
   本流の右はすぐに2段8m滝(7+1)。ここは流芯右から浅いカンテ状
   を登れる。(卦-)
   続いて2m(左、卦-)、4m(左、卦-)、6m堰堤(左角、卦-)。
   堰堤を越すと小規模な河原となり、左から枝沢が20m以上のナメ滝を
   落としている。標高570m二俣はこの枝沢のすぐ上で、水量比3:2で
   合わさっている。この二俣が左俣と右俣の合流。
   水量の多い左俣は2段5m滝で立ち木に赤テープが巻いてある。
   右俣は堰堤でたしかにその先は平凡になりそうだ。
   見た感じでも左俣の方が滝が続いていておもしろそう。
   右壁が一部銅色になっておりその上にはなぜかパイプ管から水。
   あとで見たらその上に古い取水設備がありパイプが径路沿いに伸びていた。
   
  今日はここまでで、この二俣の左岸に何となく径路が残っている。
   少し踏み跡沿いに登れば取水設備。そしてそのままレベル径となって
   山腹を下流に向かい付けられている。
   少しで植林帯に入る。なるべく沢を右に見ながら尾根筋を降りれば
   押ン出シ沢の出合近くに降りられる。
ファイル 20110912ondashisawa.xls (更新時刻:2011/09/12 10:18)
過去天気図(気象庁) 2011年09月の天気図 [pdf]

写真

箒沢公園の駐車場
奥がトイレ
2011年09月12日 12:10撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒沢公園の駐車場
奥がトイレ
西丹沢コテージキャンプ場入口から中川川へ
2011年09月12日 12:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢コテージキャンプ場入口から中川川へ
キャンプ場へ渉る舗装路は水没中
膝下程度で徒渉
2011年09月12日 12:13撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場へ渉る舗装路は水没中
膝下程度で徒渉
中川川を100mほど上流へ行く
2011年09月12日 12:18撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川川を100mほど上流へ行く
堰堤が架かっている押ン出シ沢
2011年09月12日 12:21撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤が架かっている押ン出シ沢
堰堤を4つ巻き沢床へ
ちょうど標高500m二俣下部
2011年09月12日 12:26撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を4つ巻き沢床へ
ちょうど標高500m二俣下部
本流の右へ行く
2011年09月12日 12:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流の右へ行く
3段8×15mナメ滝
やはり今日は水量が多い
水流左から登る
2011年09月12日 12:39撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段8×15mナメ滝
やはり今日は水量が多い
水流左から登る
8×15m基部の足元には緩んだハーケン
2011年09月12日 12:49撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8×15m基部の足元には緩んだハーケン
8×15m滝を登る
2011年09月12日 12:53撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8×15m滝を登る
2段目と3段目
2011年09月12日 12:57撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目と3段目
1
振り返ればこんな感じ
2011年09月12日 12:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ればこんな感じ
間髪入れずに8段15×25mナメ滝
2011年09月12日 13:01撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間髪入れずに8段15×25mナメ滝
1
途中から下を振り返る
2011年09月12日 13:03撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中から下を振り返る
標高540m二俣
2011年09月12日 13:07撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高540m二俣
本流である右には2段8m滝
流芯右のカンテ状を登れる
2011年09月12日 13:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流である右には2段8m滝
流芯右のカンテ状を登れる
その上の2m滝と奥には堰堤が見える
2011年09月12日 13:18撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その上の2m滝と奥には堰堤が見える
1
4m滝と6m堰堤
2011年09月12日 13:19撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4m滝と6m堰堤
6m堰堤は左コーナーを登る
2011年09月12日 13:22撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6m堰堤は左コーナーを登る
堰堤の上は再び河原
ここが右俣と左俣を合わせる570m二俣
2011年09月12日 13:25撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の上は再び河原
ここが右俣と左俣を合わせる570m二俣
水量の多い左俣は早速2段5m滝
2011年09月12日 13:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量の多い左俣は早速2段5m滝
時間もないので今日はここまで。
左岸の径路を使って下山する。
2011年09月12日 14:02撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もないので今日はここまで。
左岸の径路を使って下山する。
左岸径路にある取水設備を振り返る
2011年09月12日 14:05撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸径路にある取水設備を振り返る
植林帯に入れば出合はもうすぐ
2011年09月12日 14:10撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯に入れば出合はもうすぐ
出合に戻る
2011年09月12日 14:19撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合に戻る
中川川を下降
2011年09月12日 14:24撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川川を下降
箒沢公園へ
2011年09月12日 14:26撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箒沢公園へ

感想/記録
by kamog

昨夜は山岳連盟総会にて帰宅は午前様。
帰ってからも何だかんだとやっていたら3時寝になってしまい
起きたら10時近く(涙)。
大幅に予定が遅れたがこんなに晴れているので
押ン出シ沢へ行ってみる。
車から見える酒匂川は白濁で水量もまだ相当多い。
過日の台風豪雨により山は相当量の保水をしている。
押ン出シ沢は初見参なのでやや不安。
丹沢湖まで白濁であったが中川川はいつも通りブルーな水。
濁りは玄倉川方面からかな。

気持ちのよい中川川の岩床を伝い
押ン出シ沢へ入渓する。
最初の二俣を右に進み小滝を越せば
どこまでを「段」「滝」と区切ればよいのかわからないくらい
狭い沢床を竜のように流れが落ちている。
3段8×15m滝もどう見たって未だに水量が多いと思う。
「水圧凄そう・・・かなり濡れそう・・・」

一瞬巻こうかな・・と右岸を登ってはみるがグズグズだし
どうもトラバースかけても後が悪そうな感じ。
しばらく躊躇したが、コンセントレーションも高まってきたので
威圧的な流れの左を攀じってみる。
見た目よりあっけなく登れるのでいよいよ戦闘モード。
そして愉悦がひしひしと湧いてくる。
右半身かかるシャワーも今日の気温なら「超気持ちいい〜」。
つづく滝もどんどん連続している。
「いいじゃん!この沢!」

今日の課題はスタート時に「二俣まで」と決めていたので
多少の時間的余裕があったが深追いはしなかった。
こんな時、突っ込むといいことないからね。

過去の記録本に掲載されていた仕事径を探る。
二俣の左岸にそれは伸びていた。
一段上がると古い取水設備とパイプあり
快適に出合まで戻る。

昔の書籍、吉田喜久治さんの『丹沢記』には
この押ン出シ沢の発見に驚きと喜びが独特な文調で書かれている。
それはおそらく左俣の核心部だと思うが。

個人的には・・・この沢、お気に入りの一流れになる。
近いうちに再訪しようっと。
訪問者数:1674人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ