また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1322187 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走中央アルプス

越百山を目指して新雪ラッセル三昧♪[敗退 (;^_^A ]

日程 2017年11月24日(金) 〜 2017年11月25日(土)
メンバー
 uzt
天候24日:雪
25日:雪のち時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今朝沢橋登山口(伊奈川ダム)
 駐車場までの林道は終点近くまでアスファルト舗装されており日中の融雪が早い様で、今回の時点では往復とも夏タイヤのチェーン無しで問題ありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間42分
休憩
15分
合計
6時間57分
S今朝沢橋分岐(二合目)08:3309:22福栃平(南駒-越百分岐)09:2310:19下のコル(四合目)10:2010:48上のコル10:4912:40上の水場12:5215:30越百小屋
2日目
山行
4時間44分
休憩
3分
合計
4時間47分
越百小屋08:2010:02上の水場11:13上のコル11:1411:41下のコル(四合目)12:21福栃平(南駒-越百分岐)12:2212:58今朝沢橋分岐(二合目)12:5913:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 登山道自体は特に危険と思われる個所は有りませんでしたが、今後は積雪状況次第と思われます。
その他周辺情報下山後の温泉は、桟温泉(600円)を利用

装備

個人装備 12本爪アイゼン チェーンスパイク ダブルストック ピッケル スコップ テント シェラフ 等の雪山完全装備

写真

 朝8:30の出発時点で駐車場の利用者は私以外は、関電のお仕事の方々とお猿さん達だけでした。
 登山口でも時々小雪の舞うあいにくの天候で、当然目指す方角に山容は全く望めず。
2017年11月24日 08:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 朝8:30の出発時点で駐車場の利用者は私以外は、関電のお仕事の方々とお猿さん達だけでした。
 登山口でも時々小雪の舞うあいにくの天候で、当然目指す方角に山容は全く望めず。
 ゲートを抜けて直ぐに右手の越百山方面に今朝沢林道をしばらく歩きます。
2017年11月24日 08:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ゲートを抜けて直ぐに右手の越百山方面に今朝沢林道をしばらく歩きます。
 小一時間歩いて、福栃橋を渡って遠見尾根と北沢尾根の分岐に到着。
2017年11月24日 09:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 小一時間歩いて、福栃橋を渡って遠見尾根と北沢尾根の分岐に到着。
 「KOSMO」の指導標に従い右手直ぐが登山道の始まり。
2017年11月24日 09:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 「KOSMO」の指導標に従い右手直ぐが登山道の始まり。
 程無くして下の水場。
 問題無く湧いていました。
2017年11月24日 10:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 程無くして下の水場。
 問題無く湧いていました。
 時間的に上のコルかと思いきや、割れた看板ではどうやら下のコルの様です?!
2017年11月24日 10:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 時間的に上のコルかと思いきや、割れた看板ではどうやら下のコルの様です?!
 展望台からは当然なにも望めず。
 この辺りから積雪も増え以前のトレースも消えて、雪も降り始めました。
2017年11月24日 11:45撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 展望台からは当然なにも望めず。
 この辺りから積雪も増え以前のトレースも消えて、雪も降り始めました。
 上の水場の分岐。
 有るのはアニマルトラックのみ。
2017年11月24日 12:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 上の水場の分岐。
 有るのはアニマルトラックのみ。
 上の水場も凍結していませんでした。
2017年11月24日 12:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 上の水場も凍結していませんでした。
 雪を解かすのも面倒なので少し汲んで行くことにしました。
2017年11月24日 12:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 雪を解かすのも面倒なので少し汲んで行くことにしました。
 雪も本格的に降り出しトレースも消え、ツボ足ラッセルで地形を読みながら確実に進みます。
2017年11月24日 13:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 雪も本格的に降り出しトレースも消え、ツボ足ラッセルで地形を読みながら確実に進みます。
 幸い風が強くならなかったので、凍えることも無く冷静に夏道を追って行くことが出来ました。
2017年11月24日 13:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 幸い風が強くならなかったので、凍えることも無く冷静に夏道を追って行くことが出来ました。
 やっと樹林の間に越百小屋が見えて来ました!
 トレードマークの赤い屋根が積雪で見えないので、「あれっ?」て感じでした。
2017年11月24日 15:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 やっと樹林の間に越百小屋が見えて来ました!
 トレードマークの赤い屋根が積雪で見えないので、「あれっ?」て感じでした。
 一応テントは担いで来ましたが、迷わず冬季解放小屋を利用させて頂きます。
2017年11月24日 15:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 一応テントは担いで来ましたが、迷わず冬季解放小屋を利用させて頂きます。
 随分と快適で明るい造りですね。
 入って直ぐの土間で煮炊きをさせて頂きました。
2017年11月24日 15:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 随分と快適で明るい造りですね。
 入って直ぐの土間で煮炊きをさせて頂きました。
 寝るのは奥のゴザ敷の部屋。
 自分の息が写ってしまって何やら怪しい写真になってしまいましたが、こちらも快適でした。
2017年11月24日 15:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 寝るのは奥のゴザ敷の部屋。
 自分の息が写ってしまって何やら怪しい写真になってしまいましたが、こちらも快適でした。
 夕飯はキムチ鍋にマルチョウを追加して毎度のモツ鍋と黒ビール&赤ワイン♪
2017年11月24日 17:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 夕飯はキムチ鍋にマルチョウを追加して毎度のモツ鍋と黒ビール&赤ワイン♪
 明けて翌朝。
 一晩中しんしんと降り続いて明るくなっても未だ降りやまず、昨日下りて来た自分のトレースが完全に消えて無くなっています!
2017年11月25日 07:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 明けて翌朝。
 一晩中しんしんと降り続いて明るくなっても未だ降りやまず、昨日下りて来た自分のトレースが完全に消えて無くなっています!
1
 越百山への登山道もこの有様!
 一晩でスノーモンスターの出来上がり?!
 視界が悪く山頂も見通せない上に、これを一人でラッセルして山頂から戻って来るだけで軽く半日仕事にはなるでしょうから、潔く下山することにします。
2017年11月25日 08:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 越百山への登山道もこの有様!
 一晩でスノーモンスターの出来上がり?!
 視界が悪く山頂も見通せない上に、これを一人でラッセルして山頂から戻って来るだけで軽く半日仕事にはなるでしょうから、潔く下山することにします。
3
 昨日空けたトレースをここまで綺麗に消し去られると笑うしかありません?!
 フカフカの粉雪なので、最初からワカンを装着していてもヒザ上ラッセルでした!
 小屋の周りが一番の積雪で、しかも出だがコルからの登り返しなので、十分に雪との格闘を楽しませてもらいました♪
2017年11月25日 08:23撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 昨日空けたトレースをここまで綺麗に消し去られると笑うしかありません?!
 フカフカの粉雪なので、最初からワカンを装着していてもヒザ上ラッセルでした!
 小屋の周りが一番の積雪で、しかも出だがコルからの登り返しなので、十分に雪との格闘を楽しませてもらいました♪
1
 雪が止み始めたと思ったら西の方から急に青空が見えだして、対岸の尾根も望めるようになってきました。
2017年11月25日 08:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 雪が止み始めたと思ったら西の方から急に青空が見えだして、対岸の尾根も望めるようになってきました。
 陽の光が当たっている辺りが糸瀬山でしょうか?
 木曽谷の方まで見えるようになって来ました!
2017年11月25日 09:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 陽の光が当たっている辺りが糸瀬山でしょうか?
 木曽谷の方まで見えるようになって来ました!
1
 トラバースの最後にもしやと振り返ると、越百山の山頂が樹林越しに薄っすらと望めました。今回の山行ではこれが最初で最後でした。
2017年11月25日 09:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 トラバースの最後にもしやと振り返ると、越百山の山頂が樹林越しに薄っすらと望めました。今回の山行ではこれが最初で最後でした。
 無事に福栃橋まで降りてきました。
 登山道の最後の30分位は殆ど雪が溶けかかっていましたが、それまではシッカリ雪道でした。
2017年11月25日 12:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 無事に福栃橋まで降りてきました。
 登山道の最後の30分位は殆ど雪が溶けかかっていましたが、それまではシッカリ雪道でした。
 振り返り見上げると、再び山の上の方は雲に覆われている様ですね。
2017年11月25日 12:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 振り返り見上げると、再び山の上の方は雲に覆われている様ですね。
 林道に入ってもずっと雪が残っていました。
 昨日とは景色が一変です!
2017年11月25日 12:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 林道に入ってもずっと雪が残っていました。
 昨日とは景色が一変です!
 無事下山。
 駐車場前のゲートまでしっかり雪が残っていました。
2017年11月25日 12:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 無事下山。
 駐車場前のゲートまでしっかり雪が残っていました。
 帰路の19号線に出る前に今回初めて綺麗な雪山が望めました。
 空木岳?それとも木曽駒ヶ岳?
2017年11月25日 13:59撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 帰路の19号線に出る前に今回初めて綺麗な雪山が望めました。
 空木岳?それとも木曽駒ヶ岳?
撮影機材:

感想/記録
by uzt

 当初は23日−24日で今回のコースで越百小屋に一泊して南駒ケ岳を周回して北沢尾根から下山の予定でしたが23日の天候が思わしくないので、24日−25日に1日スライドして望んだのですが、結果的に天候の回復はもう一日遅かった様で、両日とも雪の中の山行となりました。
 初日は飛び石連休とは言え、あくまでも平日なので当日の登山者は私だけの様で、雪の降りそぼる中を静かな山行となり、冬季解放小屋も貸切りとさせて頂きました。 深々と降り積もる雪の中を快適な小屋で一人鍋をつつきながら、最初はこの雪で稜線のハイマツ帯も埋まって随分歩き易くなっているだろうから、明日の朝の天候次第では早出をして予定通り南駒ケ岳までの周回で行こうかとも考えつつ、一方ではこの粉雪ではかえって脚を取られて尾根の突破だけで一日仕事になるだろうから明日の朝に少しは視界が効く様になっていれば、朝一で越百山を軽荷でピストンしてから下山しよう等と色々な想定をしながらシュラフに潜り込み眠りにつきました。
 風も無く文字通り深々と降り積もる静かな夜を過ごした夜明け前に本日の行動を決定すべく未だ真暗な小屋の外に出てみると、残念なことに降りしきる雪の勢いが衰えることも無く、昨日付けた自身のトレースが全てかき消される程の積雪状況を目の当たりにし、予備日を使ってもう一泊して越百山のピークだけは踏んでから下山するかとも考えましたが、携帯圏外のため家族に予定変更を伝えられないため、止む無く下山することを決め、明るくなってからの行動開始としました。
 下山開始の時点では降雪の勢いは衰えず視界も悪く自身のトレースも完全にかき消された状況とは言え、昨日辿った道を下り基調で帰るだけで時間的にもかなり余裕が有ったので、新雪の中を最初からワカンを装着して今シーズン初の真剣なパウパウのラッセル三昧を堪能しました♪ なので敗退の割には心も軽く純粋に静かな雪山歩きを楽しめました。その後の下山途中では勢いの有りそうな3組の登山者とお会いしたので、少なくとも越百山まではトレースを伸ばしてくれていることでしょう。
 下山後は帰路上で最寄と思われる桟温泉で汗を流してから一息ついた後は、一日の山行時間より長い7時間程掛けて下道で休み休み横浜まで帰宅しました。実はこれが今回の最大の核心部だったりするかもね?!
訪問者数:193人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ