また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1324196 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

爆風と蝶ラッセル⁇蝶ヶ岳!

情報量の目安: A
-拍手
日程 2017年11月26日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雪&暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
12月1日に烏川林道は冬季閉鎖です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間5分
休憩
0分
合計
10時間5分
S三股登山口06:3012:30蝶ヶ岳13:05蝶ヶ岳ヒュッテ16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
自分ら入れて10人以上入っていました。途中まではトレースバッチリですが、稜線直下からトレースは無くなっていました。
コース状況/
危険箇所等
稜線直下は積雪量多め。
その他周辺情報おすすめはしゃくなげの湯です。
過去天気図(気象庁) 2017年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゴーグルはあった方が良さげです。
共同装備 特になし。
温かいお湯があると良いです。
備考 厳冬期用の手袋が必要だと思いました。

写真

前日の硫黄岳直下。やや神々しい。
2017年11月25日 12:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日の硫黄岳直下。やや神々しい。
さあ、スタート!アフロ、温かい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、スタート!アフロ、温かい。
3
朝はいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はいい感じです。
ズーム。秋葉原にいそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズーム。秋葉原にいそう。
1
この後、ガスが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、ガスが…。
1
先頭ラッセルのまさよさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先頭ラッセルのまさよさん。
果敢に挑んで頼もしい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果敢に挑んで頼もしい!
1
フカフカで沈むー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フカフカで沈むー。
稜線、風ヤバイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線、風ヤバイ。
とにかくビュービュー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくビュービュー。
蝶ヶ岳着いたー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳着いたー!
5
樹林帯で一安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯で一安心。
下山も楽しかったー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も楽しかったー。

感想/記録

前日に北八ヶ岳の天狗〜硫黄岳まで縦走して、下山と同時に八ヶ岳はスッキリ晴れると言う山あるあるを体現し、悔しくも翌日に思いを馳せて三俣登山口に移動しそのまま車中泊。
車で寝ていたら、思い切りじゅんさんに車を揺さぶられ飛び起きます。ここで合流。
駐車場から稜線がくっきり見え、今日は良いぞ!と気合いが入ります。この日は烏川林道が閉鎖される前の今年最後の週末だったので、車は5台程ありました。じゅんさんがおもむろにアフロヘアーを取り出し、準備万端。チェーンスパイクを履いてスタートしました。林道終点から積雪があり、やっぱり今年は雪が多そうです。常念方面へのトレースもあり、やっぱり人は入ってるんだなぁと思いながら蝶ヶ岳方面へ。最初の水場までサクサク登り、熱くなってきた為、上着を脱ぎます。この後は、前を行く3人組のパーティーと抜きつ抜かれつと言った感じで進んでいきます。時折見える常念がテンションを上げてくれます。少し進むと、ソロの男性とすれ違い、上の様子を聞くと、2500m辺りから腰ラッセルで全然進まずに引き返して来たと…。しかも話を聞くと3時頃出発して、上で朝日を見る予定だったとか…。こんな手練れなお兄さんが…と思いつつも行けるとこまで行こうと先に進みます。と、またもや引き返して来る2人組みが。時間勿体無いからさっさと降りて別の山に行くとの事。恐るべしフットワークの軽さです。で、ちょっと進むと前日上で泊まったという3人組が現れました。トレースはあるから多分大丈夫ですよとの言葉で一安心。じゅんさんのアフロもしっかり突っ込んで頂きました(^^)しばらくすると先ほど見えていた常念もガスで巻かれ、更に吹き荒ぶ風の音。高度を上げ、稜線から150m下辺りからトレースがなくなり、急に雪が深くなります。深い所で腰上…中々進まない中、ラッセル隊長まさよさんが先頭切って果敢に進んでいきます。た、頼もしい…。それにしても、人より身体が重いのか、やたら雪に沈みます。少し進むとようやくハイマツ帯に。冬の折れやすいハイマツを避けながら進んでいきます。んで、ヒュッテらしきものが見えてきて元気になるまさよさん。更に上を見ると途中から先頭行ってたじゅんさんが止まってる。。どうしたのかなぁ?と横切ると仕事の電話してる!風ビュービューでラッセルしてるのに!さすがリーダーです。仕事も山も頼りになります(^^)稜線上に上がると更に強風。立ってられないー。仕事の電話終わったじゅんさんも稜線上がって来て、あとちょっと。風でまともに歩けない中、なんとか頂上へ。もう笑うしかない!3人で記念撮影してヒュッテ方面へ。好奇心旺盛なまさよさんの案で冬季避難小屋の中へ。中はトイレもあり快適です。少し休憩して下山へ。下山路をじゅんさんが慎重にルーファイしてくれて登山道へ合流します。樹林帯に入ってようやくホッとして、後はふざけた話をしながら楽しく下山。景色は見えなかったけど、良い経験出来たし凄く楽しかった。1人登山、好きなんです。好きなんですけどワイワイ登るのも好き。みんなでワイワイ登る機会があるからこそ、1人で行った時の良さが分かります。ずっと1人だと比較対象が出来ないから分からないままかもしれません。一緒に登れる仲間がいると言う事は本当に恵まれているんだなぁと思った、そんな山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:979人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ