また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1325703 全員に公開 ハイキング甲信越

戸谷峰へ 槍・穂高 北アルプスに感動

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ 小春日和
アクセス
利用交通機関
車・バイク
松本市から 三才山トンネル方面 三才山出合ドライブイン🅿
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間48分
休憩
1時間7分
合計
3時間55分
S三才山出合ドライブイン09:5409:59一の瀬 登山口11:45戸谷峰12:5113:43三才山出合ドライブイン13:4413:49一の瀬 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 9:00 安曇野穂高発
 9:40 三才山出合ドライブイン着
<復路>
14:00 三才山出合ドライブイン発
15:00 浅間温泉 地本屋泊  
翌日
10:00 地本屋発
11:00 自宅着
コース状況/
危険箇所等
問題ない
その他周辺情報浅間温泉など

写真

三才山出合ドライブイン前スタート
この道を渡るのが一番危険
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三才山出合ドライブイン前スタート
この道を渡るのが一番危険
戸谷峰山頂まで2.2km
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸谷峰山頂まで2.2km
1
戸谷峰 ガレ場 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸谷峰 ガレ場 
尾根に急登を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に急登を登る
山頂まで1.2km地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで1.2km地点
葉をすべて落とした木々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉をすべて落とした木々
落ち葉で靴が完全に埋まる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉で靴が完全に埋まる
尾根に出る この先が最後の急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出る この先が最後の急登
あと100m
北アルプスが樹間から見え始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと100m
北アルプスが樹間から見え始める
松本平と北アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松本平と北アルプス
奥穂・涸沢・北穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂・涸沢・北穂
2
小春日和の山頂で
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小春日和の山頂で
1
穂高連峰と槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高連峰と槍ヶ岳
甲斐駒・北岳・仙丈ケ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒・北岳・仙丈ケ岳
三才山出合ドライブインへ無事下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三才山出合ドライブインへ無事下山

感想/記録

2017年(平成29年)12月2日(土)

戸谷峰へ 白銀の北アルプス展望

「7人の 落ち葉ふみ音 戸谷峰に」

快晴の小春日和
岳友会の7人で三才山の戸谷峰に登った。

ほぼ完全に落ちた樹林帯の中
深い落ち葉をふみふみ7人で山頂を目指す。

斜めの登山道で緩やかに高度を上げていく。
その道は斜度のきつい壁に取り付けられた道。
右手は一歩誤れば下まで滑り落ちていきそうな斜面になっている。
松本と上田を結ぶ道に走る車の轟音が徐々に小さくなっていく。 

尾根から先は一端緩やかな道を進み
あとは一気に高度を上げる。
山頂へあと100m地点に出ると樹間から北アルプスが見え始める。

今日は青空が広がり展望は最高だろうと歩む。
山頂に急ぎ登ると私たち以外にも何人かのハイカーがいた。
やはり小春日和の絶好の登山日を楽しんでいるようだ。

山頂からは息をのむような北アルプスの絶景が待っていた。
雪をかぶった白銀の白い壁。
中腹には白い雲がふんわりと浮かぶ。

青空には北アルプスを代表する槍ヶ岳が聳える。
やはり目を引く特別な存在感がある。
雲の上に輝くように聳える槍の先が美しい。

乗鞍岳から穂高の峰々
前穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳そして北穂高岳
大キレットを挟み槍。
その手前に常念岳が前衛として威厳ある姿を見せる。

その先大天井岳から燕岳への稜線そして餓鬼岳。
さらに遠く鹿島槍ヶ岳の真っ白な双耳峰を見ることができた。
真珠色のような白銀の北アルプスの山並みを堪能することができた。

山頂は12月だというのに風もないためか
暖かな日差しを受けて楽しい一時を過ごすことができた。
それにしてもはじけた7人。
きっと山頂の神も驚いたことだろう。

ふるちゃん
訪問者数:79人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 キレット 双耳峰 出合 ガレ 涸沢
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ