また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326285 全員に公開 ハイキング石鎚山

弥山

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・面河渓谷登山ルート
・国道33号で久万高原町入りし、県道12号で面河方面を目指し石鎚スカイライン分岐(石の
 鳥居が目印)を曲がらずに直進すると間もなく面河渓谷です。
 →駐車場は何箇所かあり、この時期全く問題なく駐車できますが、公衆トイレは冬季使用
  できませんのでご注意ください。
 →かの深田久弥氏はこのルートで本座を登頂(西条方面へ下山)し、数年前NHKで放送され
  ていた「四国百名山:石鎚山」の回(山頂泊)でもこのルートが紹介されていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間26分
休憩
1時間19分
合計
7時間45分
S面河渓駐車場07:5108:10面河登山口08:1409:38面河山09:4109:57愛媛大学山岳会石鎚小屋11:25面河分岐11:3211:39二ノ森・面河渓方面分岐11:4311:43三ノ鎖(下)11:4811:48石鎚山・弥山12:3812:38三ノ鎖(下)12:3912:45面河分岐12:4613:40愛媛大学山岳会石鎚小屋13:55面河山13:5815:12面河登山口15:35面河渓駐車場15:3615:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:23面河渓谷トイレ前駐車場〜準備
07:47移動開始
07:50面河茶屋(登山届ポスト)
07:52鶴ヶ背橋
07:53面河山の家〜面河第一野営場〜紅葉河原
07:56パノラマ台分岐
08:01面河第二野営場
08:05下熊渕
08:09上熊渕
08:10登山口〜登山開始
08:22山頂6,750m道標
08:57水場:山頂5,400m道標
09:17山頂4,850m道標
09:36山頂4,050m道標
10:13渡渉点(水場)
10:17愛媛大学山岳会石鎚小屋
10:25渡渉点
10:31渡渉点
10:38渡渉点
10:41小渡渉点
10:42小渡渉点
10:53小渡渉点
10:58小渡渉点
11:13水場
11:29二ノ森(縦走路)分岐(石鎚山頂0.6km道標)
11:40石鎚登山道合流
11:48弥山ピーク〜昼食
12:35下山開始
12:40二ノ森(縦走路)分岐
12:45面河渓分岐(7.8km道標)
12:53水場
13:26愛媛大学山岳会石鎚小屋
13:28渡渉点(水場)
13:59登山口3,100m道標
14:30水場:登山口1,750m道標
15:02登山口400m道標
15:12登山口(下山)〜移動
15:15上熊渕
15:19下熊渕
15:22面河第二野営場
15:29パノラマ台分岐
15:31面河第一野営場
15:32面河山の家
15:33鶴ヶ背橋
15:34面河茶屋
15:35車戻〜片付
コース状況/
危険箇所等
・先の台風の影響と思われる倒木により登山道が塞がれているポイントが3箇所程
 ありましたし、渡渉の際にも「凍結」が気になりましたが、新しくロープも張ら
 れていたりと処置が施されていましたので気をつけて通過すれば問題ないです。
 →登山ポストが登山口横から面河茶屋入口に移動していました。
その他周辺情報・駐車場横で面河茶屋渓泉亭があり、うどんやぜんざい等食事がとれます。
 →早朝登山時は当然開いてませんでしたが、下山時に「まさか」と思いながらも
  営業しているのを見て・・・いやはや失礼ながら大びっくりぽん!
・渓谷手前5km程の場所に「おもごふるさとの駅」があります。
 →食事や特産品販売がありますがやってませんでした(今期終了??)

装備

個人装備 登山靴(H) ザック(M) GPS 気温計 デジカメ 小型三脚 筆記具 腕時計 スマホ 双眼鏡 ヘッドライト 単三電池 ファーストエイドキット ホイッスル ポケットティッシュ ウェットティッシュ トイレットペーパー(芯抜) ウインドブレーカー(厚) ダウンジャケット(インナー) スパッツ(L) ニット帽 ポール(D) アイゼン 軽アイゼン ネックウォーマー インナー手袋 グローブ(厚) グローブ(薄) 使捨カイロ 包装米飯 インスタント味噌汁 生卵 レトルト食品 飲料 ナルゲン1L 行動食 アミノバイタル シングルバーナー ボンベ(S) ボンベ(B) ライター ウインドスクリーン アウトドア鍋 コンパクト鍋 コップ ミニクッション タオル 替靴紐 携帯トイレ エマージェンシーブランケット サポーター

写真

このルートで最初に目にするのは南尖峰の際立つ石鎚
2017年12月02日 09:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートで最初に目にするのは南尖峰の際立つ石鎚
4
登山道より見上げる西面の全景(雪は皆無)
2017年12月02日 10:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道より見上げる西面の全景(雪は皆無)
4
二ノ森縦走路合流点直前から見られる険しい山容
2017年12月02日 11:22撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ森縦走路合流点直前から見られる険しい山容
2
ピーク直前では日陰部分にわずかの残雪
2017年12月02日 11:44撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク直前では日陰部分にわずかの残雪
3
弥山より天狗岳を望む(木々には微かに残る霧氷)
2017年12月02日 12:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山より天狗岳を望む(木々には微かに残る霧氷)
10
訪問者数:129人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 倒木 霧氷 登山ポスト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ