また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1327046 全員に公開 ハイキング甲信越

角蔵山:初、信州の低山・・リハビリ具合をチェック

日程 2017年12月03日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
住吉神社奥社拝登口駐車場:5台程駐車可

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間2分
休憩
0分
合計
3時間2分
Sスタート地点07:4108:36角蔵山09:14東峠10:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高
( 7:12(8:00) 自宅 )
7:34-41(8:20-25) 住吉神社奥社拝登口(865m)に駐車
8:04(8:55) 住吉神社奥社(1,085m)
8:37(9:25-30(5")) 角蔵山(1,164m)
藪漕ぎで道失う
8:56 登山道(1,140m)に
8:57 寺沢境(1,135m) ここから車通れる林道
9:14(9:55) 東峠(1,145m)
前半:1'33"(1'30") 延標高差:538(582)m 速度:347(388)m/h 
距離:3.5(3.3)km 歩行速度:2.3(2.2)km/h
9:26(10:15) 1,231mポイント
9:39 寺沢境(1,135m)
10:05 寺沢から林道(765m)
10:08 ショートカットするため林道(745m)から山に
10:18 ショートカットし再度林道(780m)に
( 10:35 角蔵山(1,164m) )
10:42-44(11:15-20) 住吉神社奥社拝登口(865m)
後半:1'28"(1'20") 延標高差:852(721)m 速度:581(541)m/h 
距離:4.7(2.9)km 歩行速度:3.7(2.2)km/h
山行:3'01"(2'50") 延標高差:1,390(1,303)m 速度:491(460)m/h
距離:8.2(6.2)km 歩行速度:2.7(2.2)km/h
( 10:51(11:35-12:10) ほりでーゆ〜 着替えタオル忘れUターン)
( 11:18(12:30) 自宅 )
Door to Door:4'06"(4'30")
no rest, no food, no drink
コース状況/
危険箇所等
登山ポストなし
角蔵山前後は笹藪漕ぎ:角蔵山までは何とか登山道あり(最後の登りで道ロスト)
角蔵山の下りで左に行きすぎ、完全に道ロストし背丈の藪漕ぎ、1,140mPで登山道に出る
帰り角蔵山手前丸沢境(1,135m)で予定のコース(ピストン)を離れ茸山の道を下る
その他周辺情報「ほりでーゆ〜」で温泉に行く予定だったが、着替え、タオルを忘れUターン

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー
ズボン
靴下(ロング) 1対
手拭 1対
指なし手袋 1対
登山靴(三季用) 1対
ストック 2本
ザック(25L) 1
アウター上下 1対
防寒具(フリース)
行動食 各種
非常食 各種
飲料 1本
地図 各種
個人装備品
数量
備考
コンパス
計画書 1通
ヘッドランプ
予備電池 各種
GPS
筆記用具
ロールペーパー
保険証
財布
携帯(au)
補修具
ファーストエイドキット
カメラ

写真

住吉神社奥社拝登口から駐車場を撮る
2017年12月03日 07:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉神社奥社拝登口から駐車場を撮る
1
住吉神社奥社拝登口:右の急登を行く
2017年12月03日 07:45撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉神社奥社拝登口:右の急登を行く
登ってすぐに鳥居
2017年12月03日 07:46撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってすぐに鳥居
住吉神社奥社
2017年12月03日 08:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉神社奥社
稜線は笹藪:これからどんどん茂みがきつくなる
2017年12月03日 08:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は笹藪:これからどんどん茂みがきつくなる
木々の間に冠雪の常念岳が見える
2017年12月03日 08:31撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間に冠雪の常念岳が見える
角蔵山の山頂か?
2017年12月03日 08:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角蔵山の山頂か?
1
その5-10m先に角蔵山の道標
2017年12月03日 08:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その5-10m先に角蔵山の道標
1
6年前に登った鍋冠山
2017年12月03日 09:10撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6年前に登った鍋冠山
1
角蔵山からの下りでもこのような雪の笹を掻き分け藪漕ぎだった
2017年12月03日 09:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角蔵山からの下りでもこのような雪の笹を掻き分け藪漕ぎだった
1
東峠:正面の道を歩いてきた
2017年12月03日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峠:正面の道を歩いてきた
1
急登から東峠を見下ろす
2017年12月03日 09:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から東峠を見下ろす
そびえる白樺@1,231mポイント
2017年12月03日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そびえる白樺@1,231mポイント
1
1,231mポイントからの下り:正面に常念岳
2017年12月03日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1,231mポイントからの下り:正面に常念岳
常念岳をアップ
2017年12月03日 09:29撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳をアップ
1
鍋冠山をアップ
2017年12月03日 09:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋冠山をアップ
寺沢境:ここから左の角蔵山への藪漕ぎを避け、右の寺沢(茸山なのでシーズンは入山禁止)へ
2017年12月03日 09:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺沢境:ここから左の角蔵山への藪漕ぎを避け、右の寺沢(茸山なのでシーズンは入山禁止)へ
1

感想/記録

11/21立山(室堂)に向かう黒部ダムで右腸骨筋を痛める。その後温泉療法(12日で5回、しゃくなげの湯2回、常念坊、ファインビュー室山、湯多里山の神)でかなり回復する(歩く度にピリッと痛むが支障はない)。
山歩きで痛むかチェックするため近隣の山を登ることにした。
裏山(光城山)は最近よく登っているので、初めての山、角蔵山を登ることに。
一昨日林道をチェック。初めは今日の逆回り(但し、寺沢ではなく直接1,231mポイントに登る)を考えていたが、林道をチェックすると今日のショートカットは急で難しく里(699m)まで下る必要がありそうだ。
そのため東峠までのピストンに切り替えた。
今回の山行で唯一の心配は藪漕ぎ。
確かに凄かった。まずは角蔵山手前で道をロスト。それまでは目の高さまで笹が覆い被さっても何とか道は分かった。山頂が目の前なので強引に進む。何とか山頂には到達した。
下りは地図にはないが、右よりに下れば山道に出ると分かっていながら尾根を真っすぐ下る。笹は背の丈を越え、笹の葉の上には雪が。その上時にツルが引っかかる。余程、引き返そうかと思ったが、鞍部まで行こうと。右寄りに進めば山道に出るかもしれないと思い藪を漕ぐと道に出る。
すぐに鞍部(寺沢境)に。そこからが車が通れるような林道。
東峠まで右に冠雪の常念岳を木々の間に望み晩秋の雰囲気を味わう。
東峠で車道に出るが既に鍋冠山への道は通行止めになっている。
ここから急登してこの辺りで一番高い1,231mポイントに向かう。
この辺りはよく笹が刈られている。
1,231mポイントも木々で眺望が遮られている。
往きに気になった寺沢境に到着。往きの藪漕ぎと当初計画の周回、寺沢への道はよさそうということで計画に反して右に下る(但し、ここからは茸山でシーズンは入山はできない(禁止))。
歩き易い道。寺沢に出てしばらく行くと林道に出る。
現在地を地図で確認し、再度山に入りショートカットにトライ。
思っていた通りヘアピンカーブの林道に出る。
ここからの林道は多少登り距離があるが今日の余韻を楽しむ。
今日は日曜日のためか駐車場に車が2台駐車、帰りも新たな車が1台駐車。
やはり、登る人がいるようだ。
腸骨筋は登る前より今も多少痛みが増したようだが通常生活に支障はない。
雪が増えたらいよいよスキーだ。
訪問者数:50人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ