また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1327574 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
唐沢鉱泉前に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間33分
休憩
53分
合計
5時間26分
S唐沢鉱泉07:0707:44唐沢鉱泉分岐07:4708:35第一展望台08:52第二展望台09:24天狗岳09:4710:02東天狗岳10:0810:10天狗の鼻10:1310:19天狗岳分岐11:01天狗の奥庭11:0511:20黒百合ヒュッテ11:3411:53渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐12:33唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
唐沢鉱泉近くの樹林帯は溶けた雪が凍っているのでお気をつけて。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス ストック カメラ

写真

朝7時前に到着。天気が良いので満車覚悟でしたが、停まっていた車は少なく拍子抜け。
2017年12月02日 07:04撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝7時前に到着。天気が良いので満車覚悟でしたが、停まっていた車は少なく拍子抜け。
1
一年前とは逆回りでスタート。
2017年12月02日 07:06撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一年前とは逆回りでスタート。
尾根まででると風が冷たい。
2017年12月02日 08:21撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根まででると風が冷たい。
良いお天気で御嶽山も良く見えます。
2017年12月02日 08:22撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良いお天気で御嶽山も良く見えます。
1
何処までも青い空に雪の白が映えますね。
2017年12月02日 08:28撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処までも青い空に雪の白が映えますね。
さて西天狗岳に向かいますか。
2017年12月02日 08:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて西天狗岳に向かいますか。
見事な霧氷です。
2017年12月02日 08:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な霧氷です。
2
ここのトラバースは慎重に。
2017年12月02日 08:51撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのトラバースは慎重に。
スキー場に行けば手軽に見れる霧氷ですが、歩いて登って見るとまた違った印象です。
2017年12月02日 08:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場に行けば手軽に見れる霧氷ですが、歩いて登って見るとまた違った印象です。
1
西天狗岳最後の登り。
2017年12月02日 09:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳最後の登り。
蓼科方面を振り返ると後方に後立山連峰の白いラインが目につきます。
2017年12月02日 09:18撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科方面を振り返ると後方に後立山連峰の白いラインが目につきます。
1
西天狗岳登頂。結局ここまでノーアイゼンで来ましたが、ここから先は下りなのでアイゼンを装着。
2017年12月02日 09:26撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳登頂。結局ここまでノーアイゼンで来ましたが、ここから先は下りなのでアイゼンを装着。
3
東天狗へ向かいます。
2017年12月02日 09:47撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗へ向かいます。
2
東天狗岳から南八ヶ岳と南アルプス。
2017年12月02日 10:05撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳から南八ヶ岳と南アルプス。
1
天狗の奥庭方面へ下ります。
2017年12月02日 10:13撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭方面へ下ります。
トレースが不明瞭。こっちを通る人は少ないのでしょうか。
2017年12月02日 10:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースが不明瞭。こっちを通る人は少ないのでしょうか。
1
東天狗から降りてきた斜面を振り返る。
2017年12月02日 10:35撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗から降りてきた斜面を振り返る。
すりばち池からみた天狗岳が私は好きです。
2017年12月02日 11:11撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すりばち池からみた天狗岳が私は好きです。
2
見下ろすと黒百合ヒュッテ。テントも見えますね。
2017年12月02日 11:17撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見下ろすと黒百合ヒュッテ。テントも見えますね。
黒百合ヒュッテ前で一服。ここでアイゼンを外します。
2017年12月02日 11:33撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ前で一服。ここでアイゼンを外します。
後は樹林帯を下るのみ。最後の方はやっぱり凍っていて気を使いました。
2017年12月02日 11:59撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は樹林帯を下るのみ。最後の方はやっぱり凍っていて気を使いました。
無事下山。唐沢鉱泉であったまって帰りました。
2017年12月02日 12:32撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。唐沢鉱泉であったまって帰りました。
撮影機材:

感想/記録
by VOL7

一年ぶりに天狗岳に登りました。出発時の気温は-7℃ほど。ベースレイヤーと長袖シャツの上にソフトシェルでしたが、登っていると寒くなくなります。稜線にでると風が当たるので少し寒いですが、ハードシェルを羽織るほどでもありませんでした。一応化繊のインサレーションも持ってましたが使わず。チェーンスパイクと12本爪アイゼン、ストックとピッケルを持っていきましたが、西天狗までは結局何も使わず仕舞い。西天狗から黒百合ヒュッテまでの間はアイゼンとピッケルを使いました。晴天だったので人が多いかと思いましたが、全然少なくて静かな山行を楽しめました。天狗の奥庭はあまり歩いている人が居ないのかトレースも少なかったです。良いお天気のもと、今シーズン最初の雪山を満喫出来ました。
訪問者数:301人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ