ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 1350338
全員に公開
ハイキング
近畿

生駒の古道(生駒大社ー宝山寺ー庄兵ヱ道ー千光寺)

2018年01月04日(木) [日帰り]
 - 拍手
GPS
05:07
距離
12.0km
登り
452m
下り
496m

コースタイム

日帰り
山行
4:42
休憩
0:25
合計
5:07
9:53
65
スタート地点
10:58
11:16
37
11:53
11:56
108
13:44
13:45
21
14:06
14:06
36
14:42
14:42
13
14:55
14:58
2
15:00
ゴール地点
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図
アクセス
コース状況/
危険箇所等
通常のハイキング地図にない道を主に歩いてきました。教弘寺を出て、道路を2本わたってから鶴林寺までわかりにくくなっていました。その他は有志の方のマーキングのおかげでわかりやすくなっています。
生駒大社からのスタート
2
生駒大社からのスタート
すぐに古い道しるべ発見
左ほうざんじと書かれているので左に曲がります。
すぐに古い道しるべ発見
左ほうざんじと書かれているので左に曲がります。
左に曲がると西菜畑薬師堂ですがまっすぐ宝山寺に向かいます。
1
左に曲がると西菜畑薬師堂ですがまっすぐ宝山寺に向かいます。
川沿いにすすめそうですが今回はやめて、右の坂に進みます。
川沿いにすすめそうですが今回はやめて、右の坂に進みます。
先月イノシシに遭遇したあたりを通過
先月イノシシに遭遇したあたりを通過
作業道分岐を右へ進みます。
作業道分岐を右へ進みます。
まっすぐ進むと作業道なので右寄りにコースを取ります。
まっすぐ進むと作業道なので右寄りにコースを取ります。
古道っぽい雰囲気になってきました。
古道っぽい雰囲気になってきました。
軽井沢地区の住宅が見えてきました。
1
軽井沢地区の住宅が見えてきました。
壁の左に進めば、すぐに階段があるのですが通り過ぎてしまいました。
壁の左に進めば、すぐに階段があるのですが通り過ぎてしまいました。
引き返して階段を上ります。
引き返して階段を上ります。
橋から振り返ったところ
橋から振り返ったところ
橋を渡ります。
菜畑からの参道に合流
菜畑からの参道に合流
すぐに三丁石
正面の家を左から迂回
正面の家を左から迂回
こどもたちが受験なので文殊堂に参拝
10周参りからお札奉納
こどもたちが受験なので文殊堂に参拝
10周参りからお札奉納
ここから庄兵ヱ道が始まります。
ここから庄兵ヱ道が始まります。
地車六神ってだんじりの神かな?
地車六神ってだんじりの神かな?
岩谷の滝
分岐を左に進みます。
分岐を左に進みます。
ここから山道
マムシ注意の表示があります。
ここから山道
マムシ注意の表示があります。
意外と歩きやすい道が続きます。
意外と歩きやすい道が続きます。
マーキングもたくさんあり道はわかりやすいです。
マーキングもたくさんあり道はわかりやすいです。
この分岐は来たことある感じがするなぁ。
この分岐は来たことある感じがするなぁ。
やっぱりこの辺来たことある。
やっぱりこの辺来たことある。
教弘寺到着
振り返ったところ
振り返ったところ
当の奥に道が続いています。
当の奥に道が続いています。
道に出ました。
先の階段を登り進みます。
道に出ました。
先の階段を登り進みます。
道は続くが私有地につき右に迂回
道は続くが私有地につき右に迂回
さらに道を横切り山道に進む。
さらに道を横切り山道に進む。
イノシシの罠があります。
イノシシの罠があります。
その先、鶴林寺までルートがわかりにくいです。
GPSないと無理かもしれません。
その先、鶴林寺までルートがわかりにくいです。
GPSないと無理かもしれません。
鶴林寺到着
ここで昼食、千とせの肉うどん
ここで昼食、千とせの肉うどん
鶴林寺前の道しるべ
左 闇街道?
鶴林寺前の道しるべ
左 闇街道?
鶴林寺前の道しるべ
右 宝山寺
鶴林寺前の道しるべ
右 宝山寺
ラッキーガーデンの先通行止めになっていたが徒歩は大丈夫でした。電柱が倒れていました。
もちろん触ってはいけません。
ラッキーガーデンの先通行止めになっていたが徒歩は大丈夫でした。電柱が倒れていました。
もちろん触ってはいけません。
R308を右折
ここから再び山道に突入
R308を右折
ここから再び山道に突入
こちらも整備されて、マーキングもしっかりされています。
こちらも整備されて、マーキングもしっかりされています。
アップダウンはありますが危険ではありません。
アップダウンはありますが危険ではありません。
川を渡ります。
しばらく倒木など危険が多い区間がありましたが
古道ぽい雰囲気が出てきて、歩きやすくなります。
しばらく倒木など危険が多い区間がありましたが
古道ぽい雰囲気が出てきて、歩きやすくなります。
マーキングに助けられます。
マーキングに助けられます。
道しるべあります。
道しるべあります。
道しるべあります。
道しるべあります。
この辺りで2匹のイノシシに遭遇
この辺りで2匹のイノシシに遭遇
分岐を右に進みます。
分岐を右に進みます。
沢を渡ったところ、石垣があります。
沢を渡ったところ、石垣があります。
倒木が処理されています。
倒木が処理されています。
古道の雰囲気満喫
古道の雰囲気満喫
縦走道に出ました。道しるべもあります。
縦走道に出ました。道しるべもあります。
少し寄り道、立派な石碑があります。
少し寄り道、立派な石碑があります。
三角点があります。ここで引き返し庄兵ヱ道に戻ります。
三角点があります。ここで引き返し庄兵ヱ道に戻ります。
分岐があります。どちらでも次の道しるべにはたどり着きそうですが、直進の道は倒木が進路をふさいでいます。
分岐があります。どちらでも次の道しるべにはたどり着きそうですが、直進の道は倒木が進路をふさいでいます。
倒木を撤去しておきました。
倒木を撤去しておきました。
道しるべ発見
さらに竹藪を抜け、道しるべ発見
さらに竹藪を抜け、道しるべ発見
里に出たところで振り返る。
この雰囲気知らないと突入できそうにありません。
里に出たところで振り返る。
この雰囲気知らないと突入できそうにありません。
道しるべ
左 宝山寺
道しるべ
左 宝山寺
道しるべ
右 宝山寺
道しるべ
右 宝山寺
千光寺につきました。
右 宝山寺の道しるべあります。
千光寺につきました。
右 宝山寺の道しるべあります。
元山上口まで続くハイキング道の道しるべ
さらに左行場の道しるべ
行場の入り口がこんなところにあるのは知らなかった。
今日は無理だけど今度来たいと思います。
元山上口まで続くハイキング道の道しるべ
さらに左行場の道しるべ
行場の入り口がこんなところにあるのは知らなかった。
今日は無理だけど今度来たいと思います。
ゆるぎ地蔵
広域農道の橋があります。
広域農道の橋があります。

感想

菜畑からの参拝道は一部古道を歩きつつ宝山寺に参拝
宝山寺からは庄兵ヱ道をコンプリートしつつ千光寺へたどり着きました。
ここからハイキング道で近鉄元山上口駅に下山しました。
有志の方のおかげで非常に歩きやすくなっていますが
普通の道ではないのでGPS必須です。
けが、道迷いに十分注意して歩いて欲しいです。

「生駒の古道」という本が品切れになっており
早く入荷して参照したいです。

Juantontoさん2014年12月23日のログを参照しながら歩きました。
ありがとうございます!!

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:1612人

コメント

再発見の道標を見て下さい
以前の記録に(2017/7/16)にゴロ寝地蔵という言葉が使ってあったので、気にかかっていたのですが、私のサイトにお越しいただいた方なのでしょうか。それとも、うれしくもゴロ寝地蔵という名称が普及しているのでしょうか。
ところで二度とも再発見の道標を見ていただけなかったのが大変残念です。軌跡ログを拝見すると、再発見道標への道を少し進んで、引き返し、ロープの所から降っておられるようです。もう少し進んでいただいておればと残念がっております。
よろしければ以下サイトを参考に生駒の古道を歩いてみて下さい。書籍「生駒の古道」についてもトップページに入手方法を掲載しております。
http://www1.kcn.ne.jp/~fmikami/
2018/1/29 11:07
Re: 再発見の道標を見て下さい
コメントありがとうございます。
ホームページ何度も見させていただいているので感激です。古道の整備、情報の公開には感謝しております。
2017/7/16の山行ではホームページにUPされているPDFを参考に歩きましたので前者の方になります。道標Xまでもう少しのところで引き返していたとはご指摘いただくまで気づきませんでした。また行ってみたいと思います。
書籍「生駒の古道」については昨年5月にふるさとミュージアムにて問い合わせて以来品切れが続いているようです。
2018/1/29 16:00
Re[2]: 再発見の道標を見て下さい
あれ、ふるさとミュージアムで品切れでしたか。それは気付きませんでした。好評につき、第2刷の発行を働きかけてみます。見通しは暗いですが・・・
2018/1/29 16:58
Re[3]: 再発見の道標を見て下さい
重版の話もあるようで入ったら連絡いただけるようお願いしつつ、何度か立ち寄っているのですがなかなか進んでないようです。プッシュできるならお願いします。
2018/1/29 17:50
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 近畿 [日帰り]
庄兵ヱ道
利用交通機関:
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら