また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355574 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

大岳山

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
武蔵五日市→千足 バス25分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間43分
休憩
19分
合計
6時間2分
S千足バス停08:0708:46天狗滝08:4709:02綾滝09:0509:44千足分岐09:4509:47葛籠岩09:4810:13富士見台(大怒田山)10:45大滝分岐10:4611:51大岳山11:5412:23鍋割山分岐12:34鍋割山13:00奥の院(甲籠山)13:0713:29長尾平分岐13:3013:36長尾平展望台13:3713:42長尾平分岐14:03御岳山駅14:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 サングラス タオル カメラ

写真

東屋商店の少し先に天狗滝の案内があります。ここを入ります。
2018年01月07日 08:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋商店の少し先に天狗滝の案内があります。ここを入ります。
1
登山道までは500mほどです。
2018年01月07日 08:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道までは500mほどです。
1
天狗滝。緩やかな滝です。
2018年01月07日 08:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗滝。緩やかな滝です。
1
馬頭刈尾根に出ると、正面に大きな岩が現れます。これがつづら岩でしょうか?
2018年01月07日 09:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬頭刈尾根に出ると、正面に大きな岩が現れます。これがつづら岩でしょうか?
左手に富士山が見えます。
2018年01月07日 10:07撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に富士山が見えます。
1
右手には、目指す大岳山が。
2018年01月07日 10:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には、目指す大岳山が。
2
富士見台から。名前に恥じない眺めです。
2018年01月07日 10:16撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台から。名前に恥じない眺めです。
5
ベンチや東屋があります。
2018年01月07日 10:24撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチや東屋があります。
1
ベンチが3つ置かれた小さなスペースがあり、そこからも富士山がよく見えました。
2018年01月07日 10:38撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチが3つ置かれた小さなスペースがあり、そこからも富士山がよく見えました。
2
さらにその少し先にて。
2018年01月07日 10:40撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにその少し先にて。
3
割ときれいな祠です。
2018年01月07日 11:02撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割ときれいな祠です。
あと一登りで山頂です。
2018年01月07日 11:11撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと一登りで山頂です。
大岳山頂は大盛況。
2018年01月07日 11:33撮影 by PENTAX K-S2 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂は大盛況。
3

感想/記録

今年も初登山は大岳山です。今回は南側の馬頭刈尾根から大岳山に登り、御岳山からケーブルカーで降りるルートにしました。御岳山から日の出山に寄ることも考えましたが、下山が遅くなってしまうのでやめました。

この日は風も穏やかで気温もちょうどよく、気持ちのいい山歩きが楽しめました。時間が許す限り、どこまででも歩いて行けそうな気分になります。いつもそれくらいの余裕があれば理想的なのですが。


武蔵五日市から藤倉行のバスに乗り、千足で降車します。大岳山を目指すなら、1つ先の白倉からでも登れます。が、途中に天狗滝や富士見台がある前者を選択。
バスを降りて少し進むと、右手に天狗滝・綾滝の案内標識があります。その先、舗装された道路を500mほど登ると、登山道の入口に着きます。ちなみに、この途中に小さな公衆トイレがあります。

登山道に入ってすぐ、天狗滝 or 綾滝の分岐が出てきます。地図にそんな分岐はなかったはずですが・・・。左(天狗滝)を選びましたが、天狗滝のすぐ先で合流します。
綾滝を過ぎてぐんぐん登っていき馬頭刈尾根に出ると、大きな岩が北側の視界を遮ります。案内板などは見当たりませんでしたが、地図にある「つづら岩」は、このあたり一帯の岩のことを指しているのかもしれません。馬頭刈尾根に出てからは登りが緩やかになり、つづら岩?地帯を抜ければ、北側の景色も見えるようになります。

途中、木々の間からしか見えなかった富士山が、突如全容を現します。なるほど、富士見台か と納得。広さは十分なので休憩するのもいいですが、日陰になっていて少し寒いです。富士見台のもう少し先に、ちょっと狭いですが南面が開けたスペースがあるので、休憩にはそちらの方がおすすめです。

あとは特に険しいところもなく、ひたすら歩くのみです。あ、大岳山頂手前は少しきついです。
大岳山頂は予想通りの混雑ぶり。後ろからもどんどん人が登ってくるので、昼食をとって、さっさと降りました。

大岳山からは、昨年と同じになってしまいますが、鍋割山、奥の院を通って御岳山へ。国土地理院の地図では、鍋割山の北側に道があるので、ちょっと行ってみようかと思っていたのですが、ロープが張ってあり「登山道ではありません」と注意書きがしてあったのでやめました。

御岳山もやはり混雑していて、ケーブルカーは、臨時便でもまだ乗り切らないくらいの人出でした。
訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

奥の院 東屋 ケーブルカー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ