また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1355892 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ嶺 一応登りと下りはバリルート

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯の無料駐車場利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
1時間6分
合計
5時間22分
Sさわらびの湯バス停09:4610:04白谷沢登山口11:19棒八の頭11:2512:12棒ノ嶺12:1812:27権次入峠12:42黒山13:3613:45馬乗馬場14:46名栗川橋15:08さわらびの湯バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
黒山でスマホのバッテリー切れの為ログ終了。以降は手打ちした。大体は合ってると思うが、正確ではないので悪しからず。
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特に無し。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

さわらびの湯の駐車場はほぼ満車状態。
2018年01月07日 09:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯の駐車場はほぼ満車状態。
11
ここ通る時いつも思うが、この穴怖い。
2018年01月07日 10:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ通る時いつも思うが、この穴怖い。
16
ここは素通りして
2018年01月07日 10:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは素通りして
ここから取り付く。
2018年01月07日 10:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから取り付く。
26
そうそう、初めて棒ノ嶺に登った(白谷沢ピストン)頃の地形図には、このルート記されていた。
2018年01月08日 12:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、初めて棒ノ嶺に登った(白谷沢ピストン)頃の地形図には、このルート記されていた。
18
だから踏み跡バッチリ。
2018年01月07日 10:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だから踏み跡バッチリ。
6
撮られたかな? 二箇所に設置されてた。
2018年01月07日 10:21撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮られたかな? 二箇所に設置されてた。
6
苔ゾーン良い感じ。だが正月明けの鈍った体が重い。
2018年01月07日 10:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔ゾーン良い感じ。だが正月明けの鈍った体が重い。
16
片側自然林で良い感じ。だが歩き出しの辛い時間帯に一度休んでしまうと休み癖が。
2018年01月07日 11:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
片側自然林で良い感じ。だが歩き出しの辛い時間帯に一度休んでしまうと休み癖が。
2
明るい伐採地に出る。P706か…まだ半分だな。ここまでに下って来る人4人とすれ違い。結構使われているね。
2018年01月07日 11:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい伐採地に出る。P706か…まだ半分だな。ここまでに下って来る人4人とすれ違い。結構使われているね。
14
さんざん休みながら来たが、ここでも休憩する。へー、こんな名前あったんだ。
2018年01月07日 11:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さんざん休みながら来たが、ここでも休憩する。へー、こんな名前あったんだ。
30
ここから暫く鹿柵沿いに歩く。踏み跡は微妙になるが、柵から離れなければ良いんで間違え様がない。
2018年01月07日 11:25撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから暫く鹿柵沿いに歩く。踏み跡は微妙になるが、柵から離れなければ良いんで間違え様がない。
2
林道で一旦尾根切れる。
2018年01月07日 11:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道で一旦尾根切れる。
4
この先で柵が離れて行くけど、変わって確りした踏み跡が復活する。
2018年01月07日 11:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先で柵が離れて行くけど、変わって確りした踏み跡が復活する。
1
あの平らな所が山頂だな。
2018年01月07日 11:57撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの平らな所が山頂だな。
もうすぐ。
2018年01月07日 12:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ。
2
着いたー。満員御礼状態で、ここ以外のベンチが全て塞がってる。
2018年01月07日 12:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたー。満員御礼状態で、ここ以外のベンチが全て塞がってる。
38
日光連山くっきり。
2018年01月07日 12:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光連山くっきり。
28
写真撮りまくってるうちに、座るベンチが無くなってしまったので先へ進む。
2018年01月07日 12:19撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮りまくってるうちに、座るベンチが無くなってしまったので先へ進む。
6
権次入峠を右へ。
2018年01月07日 12:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権次入峠を右へ。
5
黒山到着。やっぱりこっちは静かだ。ここも何だかんだで4度目か。結構来てるな。
2018年01月07日 12:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山到着。やっぱりこっちは静かだ。ここも何だかんだで4度目か。結構来てるな。
19
今度こそ大松閣へ下ってやる。
2018年01月07日 13:51撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度こそ大松閣へ下ってやる。
4
白地平が見える。
2018年01月07日 13:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白地平が見える。
3
首無し地蔵。後ピン(-_-;)
2018年01月07日 14:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
首無し地蔵。後ピン(-_-;)
8
大松閣への尾根を歩いた結果、ここはやっぱり右の巻き道を歩いて、中西・皿方へ下るのが安全と結論付ける。今回は直進。
2018年01月07日 14:17撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大松閣への尾根を歩いた結果、ここはやっぱり右の巻き道を歩いて、中西・皿方へ下るのが安全と結論付ける。今回は直進。
3
写真だと伝わり辛いが、滑落しそうな急斜面箇所。
2018年01月07日 14:20撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だと伝わり辛いが、滑落しそうな急斜面箇所。
6
自然にこうなるとは思えないので、誰かが通せん棒として置いたのだろう。
2018年01月07日 14:26撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然にこうなるとは思えないので、誰かが通せん棒として置いたのだろう。
5
一応古い道型が通っている。
2018年01月07日 14:27撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応古い道型が通っている。
3
が、ここで消滅。尾根を外さないよう気を付けるが、どこが尾根筋か見分けられん。
2018年01月07日 14:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、ここで消滅。尾根を外さないよう気を付けるが、どこが尾根筋か見分けられん。
4
湯基入へどん突きになり、右へ下ったら踏み跡っぽいのが。
2018年01月07日 14:39撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯基入へどん突きになり、右へ下ったら踏み跡っぽいのが。
3
左手は下の湯基入まで4階分以上の断崖。この後、山の茶屋の隣に下り立った。
2018年01月07日 14:40撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手は下の湯基入まで4階分以上の断崖。この後、山の茶屋の隣に下り立った。
6
車で何度も通ってるのに、こんなレトロ建物在るの気付かなかった。たまには歩いてみるもんだ。
2018年01月07日 14:54撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車で何度も通ってるのに、こんなレトロ建物在るの気付かなかった。たまには歩いてみるもんだ。
15
戦前の建造じゃなかろうか。(調べたら昭和4年だって)
2018年01月07日 14:55撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦前の建造じゃなかろうか。(調べたら昭和4年だって)
10
窓がアルミサッシに変わってるのが残念。
2018年01月07日 14:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓がアルミサッシに変わってるのが残念。
4
このバスいつから置いてあるんだろ。
2018年01月07日 15:02撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このバスいつから置いてあるんだろ。
4
冬桜ポツリポツリ
2018年01月07日 15:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬桜ポツリポツリ
25
撮影機材:

感想/記録

白谷沢左岸尾根(棒の嶺北東尾根)を歩いてみようと思い立った。ここは一昨年だったか、その前の年だったかの盆休みに一度登ろうとしたのだが、取り付きの草藪を見てその気が失せ、涼しそうな白谷沢に変更した思い出がある。(レコには残してない)登るなら冬しかないと思いつつ、ずっと放置していたのを漸く片付ける気になった。

下りをどうするか考えた時、思い出したのがあの大松閣へ下るルート。正解ルートを見付けられないままなのが心残り、と言う程でもないが、喉につかえた骨状態なので、ついでにこいつも片付けてしまおうという事になった。結局のところ、正解ルートは無いというのが結論。無理に大松閣へ下るより、中西・皿方の方へ下るのが安全と思う。

関連記録
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-679759.html
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-711249.html

訪問者数:812人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 左岸 滑落 巻き道 ピストン 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ