また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1358298 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

奥武蔵全山縦走コース(一部)を行く!

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☀
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
往路:自宅=🚙⇒高麗駅=🚋移動⇒西吾野駅
復路:高麗駅⇒🚙⇒自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間44分
休憩
1時間14分
合計
8時間58分
S西吾野駅07:0707:40天寺十二丁目石07:4208:15子の権現駐車場08:1808:37スルギ08:4408:49久々戸山08:5008:54スルギ08:5509:09六ツ石ノ頭09:1009:43板谷の頭09:4610:15前坂10:1710:47大高山10:4911:08吾野ノ頭11:0911:51天覚山12:3412:52東峠13:33かまど山入口13:3413:57久須美坂14:12久須美ケルン14:1414:36飯能アルプス永田入口15:22多峯主山15:2716:05高麗駅16:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険を感じる箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

6:10日の出前の高麗駅です。
6:11の電車に乗りそびれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:10日の出前の高麗駅です。
6:11の電車に乗りそびれました。
1
6:59西吾野駅
いよいよスタートですが既に30分押しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:59西吾野駅
いよいよスタートですが既に30分押しです。
1
西吾野駅から舗装路の終点まで走りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西吾野駅から舗装路の終点まで走りました。
イモリ山への分岐通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリ山への分岐通過
本日の赤線繋ぎ起点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の赤線繋ぎ起点
早朝なので人影はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝なので人影はありません。
子ノ権現🅿を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ権現🅿を目指します。
駐車場の奥、策の切れ目から登山道が始まります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場の奥、策の切れ目から登山道が始まります。
登山道脇の木に短冊がぶら下がっていたので、何かあるのかなと横を見たら大きな岩がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の木に短冊がぶら下がっていたので、何かあるのかなと横を見たら大きな岩がありました。
ここがスルギだそうです。卍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがスルギだそうです。卍
ここは岩の方に進むのは×です。
右のほうに進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは岩の方に進むのは×です。
右のほうに進みます。
少し進むと木にペットボトルがぶら下がっていました。
よく見たら久久戸山の登口を案内していたんです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと木にペットボトルがぶら下がっていました。
よく見たら久久戸山の登口を案内していたんです。
2
踏み跡はあまりはっきりしていませんが上り詰めるとこんな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡はあまりはっきりしていませんが上り詰めるとこんな感じ。
1
ココにもペットボトルがぶら下がっています。
ココが久久戸山山頂のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココにもペットボトルがぶら下がっています。
ココが久久戸山山頂のようです。
2
また木に何か結んであるぞ?
「六ツ石の頭」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また木に何か結んであるぞ?
「六ツ石の頭」
3
反対を向いたらちゃんとした木の板に表示がされていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対を向いたらちゃんとした木の板に表示がされていました。
2
おー 立派なコブ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー 立派なコブ
2
この辺は飯能アルプスなんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は飯能アルプスなんですね。
1
向こうの山の上に見えるのは子ノ権現かしら?
方角的にはたぶんそうだとは思うのですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうの山の上に見えるのは子ノ権現かしら?
方角的にはたぶんそうだとは思うのですが。
1
採石場が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石場が見えます。
「栃屋の頭」うっかりしていたら見過ごしそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「栃屋の頭」うっかりしていたら見過ごしそう。
2
おっと、カーブに差し掛かるところで再び山に入ります。
ちっちゃな目立たない案内表示あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと、カーブに差し掛かるところで再び山に入ります。
ちっちゃな目立たない案内表示あり。
1
以前、吾野駅から竹寺に向かうときに通ったことのある「前坂」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、吾野駅から竹寺に向かうときに通ったことのある「前坂」
再び道路を横切ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び道路を横切ります。
大高山の山頂表示は立派でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山の山頂表示は立派でした。
3
この大岩は左側に巻きます。右側へは「プロ」でなければ行ってはいけないそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大岩は左側に巻きます。右側へは「プロ」でなければ行ってはいけないそうです。
2
天覚山到着。
多くの方が休憩されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山到着。
多くの方が休憩されていました。
3
本日の昼食は「おでん&餅」餅はおでんと一緒に煮込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の昼食は「おでん&餅」餅はおでんと一緒に煮込みます。
4
地図には分かり難いと書かれていた釜戸山入口の分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図には分かり難いと書かれていた釜戸山入口の分岐
1
公園ヶあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園ヶあります。
そろそろ階段がしんどく感じ始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ階段がしんどく感じ始めます。
住宅地の外れ、大きな通りに出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅地の外れ、大きな通りに出ます。
奇麗なバイオトイレが設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奇麗なバイオトイレが設置されています。
2
多峯主山山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山山頂に到着。
4
山道はここまで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道はここまで。
暗くなる前に戻ってこられました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗くなる前に戻ってこられました。

感想/記録
by ozawa

1月2日に正丸駅から伊豆ヶ岳を経由して子ノ権現へ、
そしてゴールは西吾野駅。
飯能アルプスを歩きたい、赤線繋ぎを進めたい!
そんな理由で今回は前回のゴール地点の西吾野駅スタート
繋ぐ線の起点を子ノ権現にしているのでまずは起点まで。
高麗駅前の🅿で駐車料金の両替をしているうちに
乗る予定だった電車が通過😢
次の電車に乗って西吾野へ。
西吾野駅6:59着 6:25スタートを予定していたので
この時点で30分押しです。子ノ権現を8:00に出発しないと
下山途中で暗くなり始める状況があるため
朝っぱらから走ったり早歩きで頑張って子ノ権現へ。

子ノ権現の駐車場より本編のスタート。
案内標識はありませんが、明らかに登山道入口
迷わず進入!正解でした。

子ノ権現をスタートにしたので、行程全般下りなのですが
結構な数の小ピークの上り下りを繰り返します。
初っ端から飛ばしたので久須美山辺りから少々足に疲れが・・・
とどめは最後の多峯主山に向かう住宅地の裏山の下り階段、
そろそろ疲れが出てきたところに意地悪にも現れる
この階段は全行程の中で一番つらかった😥
お日様が傾き始めようとする中、最後の多峯主山山頂に到着。
無事に日が暮れる前に全行程を歩き終えました。

気温は低かったものの風がなかったのでとても歩きやすく
久しぶりのロングコースを楽しめました。
コース全体を見るととても歩きやすいコースでした。



訪問者数:297人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

霜柱 ロング 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ