また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1358769 全員に公開 ハイキング関東

雁ヶ腹摺山と姥子山

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金山鉱泉の先に数台のスペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間28分
休憩
1時間27分
合計
7時間55分
Sスタート地点08:5610:34金山峠10:3510:39百間干場10:49雁ヶ腹摺山取り付き点11:0211:56奈良子林道分岐11:5712:13白樺平(石ノネカ)12:54雁ヶ腹摺山13:5014:13白樺平(石ノネカ)14:1414:25姥子山西峰14:2614:33姥子山東峰14:4314:52姥子山西峰15:00奈良子林道分岐15:0115:27雁ヶ腹摺山取り付き点15:35百間干場15:3615:44金山峠15:4516:44金山鉱泉16:4516:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
さすがにこの寒い時期、金山峠までの沢沿いの道は危険。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

林道の先は凍結
2018年01月13日 09:09撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の先は凍結
沢沿いの道はこのところの寒波によりきれいなツララがたくさんあります。下が太い形になっています。
2018年01月13日 09:29撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの道はこのところの寒波によりきれいなツララがたくさんあります。下が太い形になっています。
1
こういうのもあります。
2018年01月13日 09:34撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのもあります。
1
いろんな形、でも行程が長いのでゆっくりと写真を撮っていられません。
2018年01月13日 09:57撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろんな形、でも行程が長いのでゆっくりと写真を撮っていられません。
1
金山峠に到着。
2018年01月13日 10:29撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山峠に到着。
いったん林道に出ます。百間干場とはいったいどんな意味?林業関係者の命名でしょうか。
2018年01月13日 10:41撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん林道に出ます。百間干場とはいったいどんな意味?林業関係者の命名でしょうか。
林道から登山道への登り口。実は指導票が落ちていたため、見過ごして通過してしまいました。同じく通り過ぎて戻って降りてくる方に会って間違いに気づきました。感謝。
2018年01月13日 11:01撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道への登り口。実は指導票が落ちていたため、見過ごして通過してしまいました。同じく通り過ぎて戻って降りてくる方に会って間違いに気づきました。感謝。
白樺がところどころきれいです。
2018年01月13日 11:50撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺がところどころきれいです。
1
なんと立派な林道なのでしょう。姥子山の近くにある林道を横切ります。
2018年01月13日 11:56撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと立派な林道なのでしょう。姥子山の近くにある林道を横切ります。
白樺と太陽。
2018年01月13日 12:09撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺と太陽。
1
姥子の分岐点。広々して気持ちの良い場所。
2018年01月13日 12:11撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子の分岐点。広々して気持ちの良い場所。
雁ヶ腹摺頂上です。
2018年01月13日 12:55撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺頂上です。
頂上からの富士山。この時間にはまったくの逆光でした。汚れたフィルター外すの忘れてゴミが光ってますが・・。
2018年01月13日 12:55撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上からの富士山。この時間にはまったくの逆光でした。汚れたフィルター外すの忘れてゴミが光ってますが・・。
五百円札の富士山なのでしょうが、すでに手元に500円札もなく、ただ富士山方面の展望は確かにいいですね。
2018年01月13日 12:58撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五百円札の富士山なのでしょうが、すでに手元に500円札もなく、ただ富士山方面の展望は確かにいいですね。
1
500円の世界感。
2018年01月13日 13:03撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
500円の世界感。
4
逆光富士。
2018年01月13日 13:17撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光富士。
3
山頂直下には草原になっており、気分の良いところです。
2018年01月13日 13:51撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下には草原になっており、気分の良いところです。
1
こちらは変わって姥子山からの展望。奥多摩、丹沢方面までよい展望です。
2018年01月13日 14:34撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは変わって姥子山からの展望。奥多摩、丹沢方面までよい展望です。
こっちは少し右。
2018年01月13日 14:34撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちは少し右。
富士周辺。
2018年01月13日 14:34撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士周辺。
2
だいぶ日も傾いてきてしまいました。
2018年01月13日 14:36撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ日も傾いてきてしまいました。
2
姥子山は、よい展望の山でした。
2018年01月13日 14:41撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山は、よい展望の山でした。
途中で日没だ。
2018年01月13日 16:23撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で日没だ。
なんとか川まで下りて明るいうちに駐車場に帰還できました。
2018年01月13日 16:47撮影 by NIKON D810, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか川まで下りて明るいうちに駐車場に帰還できました。
撮影機材:

感想/記録
by syabin

 雁ヶ腹摺山は大峠に車が入る時期は1時間で登れる山ですが、いまは、林道が通行止めなので、金山鉱泉からの道をたどります。
 ある意味登山者の少ない季節となります。途中で出会った人は道を間違えたときに会った1名の方以外誰にも会いませんでした。おそらく、この日山頂を踏んだのは我々のみと思われます。
 登りでは金山峠まで沢沿いの道を行きましたが、水際の石はつるつるに凍っており何回も渡渉するルートなので、上級者向けになります。右足を滑らせて少し濡らしてしまいました。致命的ではなかったので、先に進みました。
 途中に林道が出てくるのは幻滅ですが、そのほかは展望も良く、思ったより変化があって楽しいルートでした。
訪問者数:695人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 渡渉 白樺 草原
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ