また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1358929 全員に公開 雪山ハイキング六甲・摩耶・有馬

御影〜五助山〜有馬

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
 powerful(記録)
, その他メンバー15人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
阪急御影9:00集合
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間27分
休憩
1時間15分
合計
7時間42分
S阪急電車御影駅09:1109:26白鶴美術館10:23石切道 分岐10:29五助ダム10:3111:42五助山11:4313:12岩塔状バットレス13:19極楽茶屋跡14:0914:49百間滝15:0115:04似位滝15:40炭屋道下15:5016:09炭屋道上16:43かんぽの宿 有馬16:53有馬バスターミナル(阪急バス)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
最高地点の極楽茶屋跡まで登る途中で昼食を摂る場所がなかった。
最後の登り(炭屋道)20分は噂通りきつかった。
コース状況/
危険箇所等
五助山手前の500m位以上は雪一色。
六甲北側(裏側)は凍っている箇所あり、アイゼン必要
その他周辺情報有馬温泉(金の湯)は、17時と遅かったからかそれほどは混んでいなかった。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー 毛帽子 ザック サブザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ライト 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 温泉道具
備考 敷物、アイゼン12本爪

写真

久々のアイゼン(4本爪)拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す久々のアイゼン(4本爪)
紅葉谷ルートの下山拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す紅葉谷ルートの下山
紅葉谷ルートから外れ、二つの滝を見に行く。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す紅葉谷ルートから外れ、二つの滝を見に行く。
ほぼ全員で集合写真
2018年01月15日 03:39撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ全員で集合写真
3
通行止めのため、ここから迂回ルート(急登)を登る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す通行止めのため、ここから迂回ルート(急登)を登る。
やはり、最後は温泉で身体を温めるのが一番。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探すやはり、最後は温泉で身体を温めるのが一番。
1
撮影機材:

感想/記録

風もなく、快晴に恵まれ、変化があって全体的に楽しいルート。
ただし人通りは少ない登山道だった。
標高500m位からは雪道。五助山前後はいくつかアップダウン有り。
大人数のため昼食摂られる場所がなく、かなり遅めの昼食となった。
メンバが温かい甘酒を準備していただき、感謝。
下山ルートはずっと雪道でアイゼン必須。ただし4本爪でもOK。
6割ほど凍った綺麗な百間滝と似位滝を見に寄り道し、その後の川沿いルートも楽しめた。
最後は、やはり温泉で締めくくるのが気持ち良かった。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン 急登 紅葉 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ