また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1361671 全員に公開 山滑走蔵王・面白山・船形山

刈田岳(すみかわスノーパークから)

日程 2018年01月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
すみかわスノーパークの駐車場に駐車。
すみかわスノーパークまでの蔵王エコーライン(宮城県道・山形県道12号白石上山線)は全面圧雪アイスバーンで、登るときに途中で止まると、再発進が難しそうな状況でした。雪道に不慣れな方は同じ刈田岳に行くにも、蔵王ライザワールドスキー場から行くほうが安心だと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
44分
合計
3時間52分
Sスタート地点09:4010:19大黒天登山口11:20刈田峠路側帯駐車場11:2111:56刈田岳12:3612:41蔵王レストハウス内避難小屋12:4413:26聖山平13:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すみかわスノーパーク第三リフト〜刈田岳駐車場手前まで:圧雪車がおそらく毎日?圧雪してくれるため、林道歩きのような感覚で登れます。ただし、圧雪車が来たら端によけてください。
刈田岳駐車場手前〜レストハウス:トレースは消えているものの、クラストした雪面で難なく歩けます。所々ふきだまりがありますが問題ではないと思います。
レストハウス〜刈田岳:この時期は遊歩道は雪の下です。しかし、歩かれているところは一目瞭然で、歩きやすい雪面で特に問題ありません。アイゼンも不要だと思います。
刈田岳〜井戸沢:上部はクラストした状況。井戸沢もウィンドクラストしている場所は雪崩も考えられそうです。私は安全を取って、スキーヤーズライトから回り込み、下部で井戸沢に合流しました。
その他周辺情報山景の宿 流辿:大人中学生以上:650円
HP:http://www.aoneonsen.com/ryusen/index.php
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ スノーシュー

写真

すみかわスノーパークのリフトを乗り継ぎます。
この時点では好天(風もあまりない)でしたが…
2018年01月14日 09:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すみかわスノーパークのリフトを乗り継ぎます。
この時点では好天(風もあまりない)でしたが…
すみかわスノーパーク第三リフト降り場からスノーシューをつけてスタートです。
2018年01月14日 09:32撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すみかわスノーパーク第三リフト降り場からスノーシューをつけてスタートです。
圧雪車でしっかり整備されております。
2018年01月14日 09:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧雪車でしっかり整備されております。
エコーラインと交差します。
このあたりで既に爆風の状況…ボードを背負うとまともに歩行できません…
正直帰りたいと思いましたが、歩く雪面は踏み固められており、危険もないので、続行します。
2018年01月14日 10:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインと交差します。
このあたりで既に爆風の状況…ボードを背負うとまともに歩行できません…
正直帰りたいと思いましたが、歩く雪面は踏み固められており、危険もないので、続行します。
1
井戸沢付近で圧雪車と行き違います。
2018年01月14日 11:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢付近で圧雪車と行き違います。
蔵王ハイラインの料金所を通過します。
しっかり冬支度されておりました。もちろん無料です…
2018年01月14日 11:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王ハイラインの料金所を通過します。
しっかり冬支度されておりました。もちろん無料です…
このあたりの樹氷はしっかり育っています。
2018年01月14日 11:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりの樹氷はしっかり育っています。
1
やっと晴れ間が出てきました。
2018年01月14日 11:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと晴れ間が出てきました。
誘導ポールが凍てついています。
2018年01月14日 11:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誘導ポールが凍てついています。
このあたりは道路横のポールが目印になります。
2018年01月14日 11:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは道路横のポールが目印になります。
あと少しのところで圧雪車は折り返しとなるようです。
ここからはハイライン沿いに登ります。
2018年01月14日 11:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しのところで圧雪車は折り返しとなるようです。
ここからはハイライン沿いに登ります。
レストハウスまで来ました。
夏には車で来れましたが、冬はここまで2時間半かかりました。。
2018年01月14日 12:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウスまで来ました。
夏には車で来れましたが、冬はここまで2時間半かかりました。。
1
レストハウス裏で小休止。
2018年01月14日 12:11撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レストハウス裏で小休止。
2
刈田岳を見上げます。このあたりは風がなかなか収まりません。。
2018年01月14日 12:18撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳を見上げます。このあたりは風がなかなか収まりません。。
チラチラ熊野岳も姿を現します。
熊野岳まで行く気はあったのですが、風もあるのでパスしました…
2018年01月14日 12:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チラチラ熊野岳も姿を現します。
熊野岳まで行く気はあったのですが、風もあるのでパスしました…
1
頂上の苅田嶺神社の奥宮。凍てついています。
2018年01月14日 12:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の苅田嶺神社の奥宮。凍てついています。
1
太平洋がバッチリ。
2018年01月14日 12:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋がバッチリ。
奥には井戸沢にエントリーされようとしている方もいらっしゃいました。
2018年01月14日 12:23撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には井戸沢にエントリーされようとしている方もいらっしゃいました。
1
井戸沢源頭部付近の斜面上部から宮城県方全景。
2018年01月14日 12:25撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢源頭部付近の斜面上部から宮城県方全景。
頂上の標柱。
2018年01月14日 12:30撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の標柱。
井戸沢のスキーヤーズライトを滑ります。井戸沢中央部は、この日の雪の状況だと、ウインドスラブが破断する恐れがあったので避けました。(手前の斜面で15冂度のところで割れるところが見受けられたので)
2018年01月14日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢のスキーヤーズライトを滑ります。井戸沢中央部は、この日の雪の状況だと、ウインドスラブが破断する恐れがあったので避けました。(手前の斜面で15冂度のところで割れるところが見受けられたので)
井戸沢スキーヤーズライトはパック気味ですがまずまず。
2018年01月14日 12:53撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢スキーヤーズライトはパック気味ですがまずまず。
井戸沢下部、上部を。
2018年01月14日 12:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢下部、上部を。
あとは戻るだけです。
2018年01月14日 12:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは戻るだけです。
圧雪されているので、所々ストックボードで行けばそれほど苦労しない感じです。
2018年01月14日 13:03撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧雪されているので、所々ストックボードで行けばそれほど苦労しない感じです。
ショートカット出来る場所はショートカットします。
よさげですが雪は重いです…
2018年01月14日 13:05撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカット出来る場所はショートカットします。
よさげですが雪は重いです…
ここも同じく。。かなりよさそうに見えますがそれほどでもありません。。
2018年01月14日 13:08撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも同じく。。かなりよさそうに見えますがそれほどでもありません。。
振り返ると絶景です。最初から風が弱ければよいのですが。
2018年01月14日 13:09撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景です。最初から風が弱ければよいのですが。
エコーラインから林道に折れ、スキー場へ向かいます。もう少し斜度がほしい…
2018年01月14日 13:10撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインから林道に折れ、スキー場へ向かいます。もう少し斜度がほしい…
圧雪車のコースは斜度が緩く、普通にコースを滑る方が良いかもしれません。
2018年01月14日 13:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧雪車のコースは斜度が緩く、普通にコースを滑る方が良いかもしれません。
スキー場に無事戻りました。
2018年01月14日 13:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場に無事戻りました。
1

感想/記録
by posurf

今回は、直近の降雪状況も踏まえ、吾妻連峰は下りラッセルになりそうだったので、宮城方から蔵王に上るご安全ルートへ行くことにしました。
当初の計画では蔵王レストハウスまで登り、荷物をデポし、熊野岳をピストンしようと思ったのですが、思ったよりも風が収まるのが遅く、熊野岳頂上付近はガスもかかっていたので、取りやめました。また、前山方向に行き、澄川の源頭を落とすことも考えましたが、この時期の雪はまだ深く、登り返しに苦戦しそうだったので、そのままスキー場へ戻りました。
圧雪車が常に入っているエコーラインを使うこのルートは、風さえなければ快適な山行になることは間違いありませんが、登ったという達成感はそれほど高くないかもしれません。
訪問者数:288人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ