また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1362139 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

倉岳山・高畑山(梁川駅〜鳥沢駅)

日程 2018年01月18日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:梁川駅 府中5:37−6:08高尾6:14−6:40梁川 688円
帰り:鳥沢駅 鳥沢12:16−13:18府中 774円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間39分
休憩
43分
合計
5時間22分
S梁川駅06:5107:08倉岳山登山口07:1608:18水場08:35立野峠09:12倉岳山09:3309:50穴路峠09:55天神山10:25雛鶴分岐10:2610:28高畑山(楢山)10:4110:55仙人小屋跡地11:17穴路峠分岐11:36小篠貯水池11:39ゲート12:13鳥沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
樹林の中を歩くため、眺望は倉岳山、天神山、高畑山に限られており、黙々と歩くコース。

1)梁川駅〜倉岳山
・駅から下って20号に出合って右折、直ぐに左折して梁川大橋を渡り、道なりに緩やかに登っていくと登山口がある。
・登山口からは概ね緩やかな登りで、沢沿いに、何度か渡渉を繰り返して水場へ。
・水場からは、急斜面を九十九折にやや急登して尾根に出る。
・その後は緩やかに登って立野峠へ。
・峠からは、やや急登のピーク越えを3回繰り返した後、やや急登して倉岳山に至る。

2)倉岳山〜高畑山
・平坦・緩やかな下りの後やや急降を繰り返して、穴路峠に。
・峠からは短くやや急登すれば、天神山。ここでは、北側の眺望が広がる。
・その後、緩やかなアップダウンしながら、最後にやや急登して高畑山に至る。

3)高畑山〜鳥沢駅
・やや急降と緩やかな下りを繰り返す。
・尾根から外れると、概ね緩やかな下りで穴路峠分岐へ。
・分岐からは、平坦・なだらかに下って小篠貯水池へ。
・貯水池からは林道を下り、ゲートを越えると一般道になり、標識に従って鳥沢駅へ。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 非常食 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 防寒着

写真

折り返し気味に右折、直ぐに左折して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返し気味に右折、直ぐに左折して、
梁川大橋を渡る。倉岳山は中央ピークの後。中央ピークの右を巻いて沢沿いに登る。霧が発生している。今日は晴れの予報だったが・・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梁川大橋を渡る。倉岳山は中央ピークの後。中央ピークの右を巻いて沢沿いに登る。霧が発生している。今日は晴れの予報だったが・・・・。
行く手を横切った鳥。初めて見ました。3〜4羽いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手を横切った鳥。初めて見ました。3〜4羽いました。
2
07:08-16倉岳山登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:08-16倉岳山登山口
(振り返って)渡渉を何度か繰り返しながら、沢沿いに緩やかに登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)渡渉を何度か繰り返しながら、沢沿いに緩やかに登る。
踏み跡が2つあり。左側を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が2つあり。左側を進む。
繰り返す、渡渉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繰り返す、渡渉。
涸れていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れていました。
水場を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場を振り返る。
九十九折に登り、尾根へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折に登り、尾根へ。
(振り返って)尾根を緩やかに登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)尾根を緩やかに登る。
稜線が、立野峠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線が、立野峠。
2
ピーク越(1回目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク越(1回目)
木々越しに、富士が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、富士が現れる。
ピーク越(2回目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク越(2回目)
木々越しに、これから向かう天神山、高畑山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、これから向かう天神山、高畑山。
ピーク越(3回目)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピーク越(3回目)
やっと倉岳山山頂部が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと倉岳山山頂部が現れる。
木々越しに、これから向かう天神山、高畑山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、これから向かう天神山、高畑山。
倉岳山に向けて、やや急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉岳山に向けて、やや急登。
木々越しに、蛭ヶ岳、大室山か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々越しに、蛭ヶ岳、大室山か。
赤鞍ヶ岳〜朝日山〜今倉山、富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤鞍ヶ岳〜朝日山〜今倉山、富士山。
2
滝子山〜白谷丸・黒岳、大菩薩嶺、雁ヶ原摺山、権現山。手前に、岩殿山、百蔵山、扇山。中央奥には、木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山〜白谷丸・黒岳、大菩薩嶺、雁ヶ原摺山、権現山。手前に、岩殿山、百蔵山、扇山。中央奥には、木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
2
(拡大)木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山か、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山か、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
1
(拡大2)木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大2)木賊山・甲武信ヶ岳、破風山、雁坂嶺・水晶山か。
1
大月市街と岩殿山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大月市街と岩殿山
1
やや急降後、緩やかに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや急降後、緩やかに。
再び、やや急降。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、やや急降。
平坦を繰り返して、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦を繰り返して、
中央奥に、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥に、笠取山・唐松尾山、飛龍山、雲取山。
1
(拡大)雲取山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)雲取山。
1
(拡大)笠取山・唐松尾山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)笠取山・唐松尾山
1
(振り返って)平坦
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)平坦
(振り返って)倉岳山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)倉岳山。
登り終えて、平坦に少し進めば、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り終えて、平坦に少し進めば、
10:28-41高畑山(楢山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:28-41高畑山(楢山)
(拡大)右手前に、杓子山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大)右手前に、杓子山。
3
(振り返って)下り始めはやや急降
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)下り始めはやや急降
やや急降を繰り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや急降を繰り返す。
前方の峰は、倉岳山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方の峰は、倉岳山。
1
尾根から、斜面へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根から、斜面へ。
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を九十九折に緩やかに下る。
(振り返って)10:55仙人小屋跡地。左から下って来た。直進の踏み跡はどこへ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)10:55仙人小屋跡地。左から下って来た。直進の踏み跡はどこへ?
沢に出合うと、沢沿いになだらかに下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に出合うと、沢沿いになだらかに下る。
林道に変わると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に変わると、
11:36小篠貯水池。奥の山影は、扇山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:36小篠貯水池。奥の山影は、扇山。
1
(振り返って)小篠貯水池の堤の麓を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)小篠貯水池の堤の麓を通過。
白谷丸・黒岳、雁ヶ原摺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷丸・黒岳、雁ヶ原摺山。
3
(振り返って)倉岳山、天神山、高畑山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(振り返って)倉岳山、天神山、高畑山。
1
20号に出合い、左折。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20号に出合い、左折。
20号を道なりに進んで左折すれば、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20号を道なりに進んで左折すれば、

感想/記録

・秀麗富嶽十二景の9番である倉岳山と高畑山ですが、共に富士山の眺望は似たようなものだが、北側の眺望は倉岳山のみでした。

・晴れとの予報で出かけたが、朝もやが広がっており、薄い雲があって青空が見えず、晴れてくれと祈りながら登った所、空の青さはイマイチだったが、まずまずの富士山を見ることができた。
訪問者数:756人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ