また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363407 全員に公開 ハイキング甲信越

要害山 淡雪山 興因寺山 金子峠 武田神社 周回

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武田神社近郊の有料駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
14分
合計
4時間10分
Sスタート地点10:4410:50武田神社11:27金子峠口11:46金子峠11:4911:54淡雪山12:16興因寺山12:1912:29穴口峠12:3012:38見越沢12:4013:00古湯坊温泉13:0313:08天神山園地13:20天神遊歩道入口13:46要害山13:4713:52要害山13:5314:27積翠寺バス停14:47竜華池登山口14:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
10:50 武田神社
11:26 金子峠口
11:47 金子峠
11:49 淡雪山
12:18 興因寺山
12:29 穴口峠
12:39 見越沢
13:00 古湯坊温泉
13:08 天神山園地
13:20 天神遊歩道入口
13:46 要害山
14:27 積翠寺バス停
14:47 竜華池登山口
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない
その他周辺情報遊亀温泉 回数券で1回おまけ。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

武田神社から歩き、ここを右折して金子峠をめざす。
2018年01月20日 10:56撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武田神社から歩き、ここを右折して金子峠をめざす。
途中の分岐。迷うことはないと思う。
2018年01月20日 11:18撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の分岐。迷うことはないと思う。
盆地から建物見えるので何かと思ったが、どうやら宗教施設のようだ。
2018年01月20日 11:47撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盆地から建物見えるので何かと思ったが、どうやら宗教施設のようだ。
興因寺山山頂。見晴らしはそれほどよくない。淡雪山の写真は撮り忘れた。
2018年01月20日 12:17撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
興因寺山山頂。見晴らしはそれほどよくない。淡雪山の写真は撮り忘れた。
ここから、遊歩道へと下っていく。
枯草で道はすべるが問題ない。
2018年01月20日 12:29撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから、遊歩道へと下っていく。
枯草で道はすべるが問題ない。
遊歩道との合流。今日は一日誰とも会わなかった。いつもでも数人にしか会わないが、特に珍しくない。
2018年01月20日 12:41撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道との合流。今日は一日誰とも会わなかった。いつもでも数人にしか会わないが、特に珍しくない。
要害山。次回は深草観音に行こうと計画中。
要害山。今回予定になかったが、来週以降の下見を兼ねてよった。
2018年01月20日 13:53撮影 by WAS-LX2J, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要害山。次回は深草観音に行こうと計画中。
要害山。今回予定になかったが、来週以降の下見を兼ねてよった。

感想/記録

武田神社からの周回コース。天気も良く、近場で、お気に入り。
休日は寝坊することが頻繁で、いつも後悔する。武田神社からの周回コースが複数あることを知ってからは、週末が楽しみになった。特に冬のこの時期はおすすめ。まだ道が雪で覆われるまで楽しく歩けそうだ。
次回も武田神社からのコースにしよう!
武田神社は、甲斐武田氏3代、信虎公・信玄公・勝頼公が60年余りに亘って国政を執った、「躑躅ケ崎館跡(武田氏館跡)」に、大正8年(1919年)に御創建されたそうです。境内には当時からの堀、土塁、石垣、古井戸等が残り、信玄公を始め一族の遺香を現在まで伝えると共に、神社創建の折、県内各地の崇敬者より寄進された数百種類の樹木があって、訪れる人を楽しませてます。
訪問者数:367人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ