また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1364686 全員に公開 雪山ハイキング札幌近郊

三角山さんぽ(トレーニング)

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅から自家用車で5分で登山口。駐車場は冬は10台ほど駐められますがすでに満車。ただ、どんどん下りてきますので、ちょっと待てば空きが出ます。
バスの場合は、地下鉄琴似駅と西28丁目駅から出ています。登山口近くに山の手4条11丁目バス停(JRバス)があります。そこからは登山口までは徒歩で数分です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間41分
休憩
35分
合計
2時間16分
S山の手登山口10:3610:58三角山11:0211:20大倉山11:41奥三角山12:0912:25大倉山12:2812:51山の手登山口12:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
トレーニングで全体に早足です。
コース状況/
危険箇所等
全て雪道ですが、踏み跡バッチリ。軽アイゼン、ピン長靴でオッケーです。極低山ですがアップダウンが多いので、滑り止めは装着しましょう。
その他周辺情報周辺コンビニ多数(笑)。お風呂は入ってはいませんが、近くの温泉としてJR沿いに湯処花ゆづき(670円)があります。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター 毛帽子 ザック 軽アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

遅めの山行。-6℃。風がないため暖かく感じます。
2018年01月21日 10:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅めの山行。-6℃。風がないため暖かく感じます。
しばし待って駐めるところを確保。除雪が完全でないため10台ほどしか駐められません。
2018年01月21日 10:56撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし待って駐めるところを確保。除雪が完全でないため10台ほどしか駐められません。
いつもの登山口。さて行きますか。今日はトレーニングなので早足山行です。
2018年01月21日 10:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの登山口。さて行きますか。今日はトレーニングなので早足山行です。
あっという間に尾根に出ます。
2018年01月21日 10:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に尾根に出ます。
そうそう、今日は軽アイゼンです。
2018年01月21日 10:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうそう、今日は軽アイゼンです。
6
こぶし平到着。こんなに近かったっけ?
2018年01月21日 11:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こぶし平到着。こんなに近かったっけ?
三の坂へ向かいます。
2018年01月21日 11:04撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の坂へ向かいます。
ここから急登。ジグを切ります。なかなかキツい。
2018年01月21日 11:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから急登。ジグを切ります。なかなかキツい。
ヒーコラ登って九の坂到着。
2018年01月21日 11:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーコラ登って九の坂到着。
四阿です。休まず進み、三角山へ寄り道。
2018年01月21日 11:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿です。休まず進み、三角山へ寄り道。
1
三角山まであとちょっと。
2018年01月21日 11:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山まであとちょっと。
1
三角山登頂。小雪が舞ってて景色なし(涙)。
2018年01月21日 11:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山登頂。小雪が舞ってて景色なし(涙)。
5
これから向かう奥三角山方面も景色なし。さっさと奥三角山へ向かいます。
2018年01月21日 11:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう奥三角山方面も景色なし。さっさと奥三角山へ向かいます。
十の坂の急な下り坂。滑り止めがないと危険。
2018年01月21日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十の坂の急な下り坂。滑り止めがないと危険。
案内板┐泙罵茲泙靴拭
2018年01月21日 11:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板┐泙罵茲泙靴拭
三角山の細尾根を歩くのが好きです。
2018年01月21日 11:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角山の細尾根を歩くのが好きです。
4
三兄弟木と思っていたら四兄弟木でした。
2018年01月21日 11:33撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三兄弟木と思っていたら四兄弟木でした。
1
大倉山シャンツェが見えてきました。行きはスルー。
2018年01月21日 11:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山シャンツェが見えてきました。行きはスルー。
目立たない大倉山山頂。
2018年01月21日 11:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目立たない大倉山山頂。
4
左奥に奥三角山が見えてきました。
2018年01月21日 11:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に奥三角山が見えてきました。
1
一度高度を60mほど落とします。
2018年01月21日 11:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一度高度を60mほど落とします。
ワレ目に寄り道。
2018年01月21日 11:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワレ目に寄り道。
4
さあ100mの登り返し。本ルートで一番の急登です。右側から回りこむ遊歩道もありますが、漢なら直登!
2018年01月21日 11:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ100mの登り返し。本ルートで一番の急登です。右側から回りこむ遊歩道もありますが、漢なら直登!
1
ふいぃぃ、キツい。
2018年01月21日 11:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふいぃぃ、キツい。
1
登り切りました。もうすぐ山頂。
2018年01月21日 12:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切りました。もうすぐ山頂。
祝、奥三角山登頂!
ここまで1時間5分。1時間切りたかったなぁ。
2018年01月21日 12:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、奥三角山登頂!
ここまで1時間5分。1時間切りたかったなぁ。
10
おっ、晴れてきた!
2018年01月21日 12:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、晴れてきた!
3
さて、いつものショット!昨日ドンキ・ホーテで目に入った鶏南蛮そば。まいう〜。
2018年01月21日 12:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、いつものショット!昨日ドンキ・ホーテで目に入った鶏南蛮そば。まいう〜。
8
左を行けば遊歩道。でも右に行って一気に下ります。
2018年01月21日 12:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を行けば遊歩道。でも右に行って一気に下ります。
下りきりました。こんな大木が登山道沿いにあったんですね。
2018年01月21日 12:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきりました。こんな大木が登山道沿いにあったんですね。
2
陰自撮り。またも短足に...なかなか誤魔化せません。
2018年01月21日 12:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陰自撮り。またも短足に...なかなか誤魔化せません。
4
振り返って奥三角山。また来るね。
2018年01月21日 12:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って奥三角山。また来るね。
大倉山に登り返しました。右のピークが奥三角山。左の雲の中が藻岩山。
2018年01月21日 12:45撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山に登り返しました。右のピークが奥三角山。左の雲の中が藻岩山。
1
大倉山シャンツェに寄り道。何かの撮影中。
2018年01月21日 12:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山シャンツェに寄り道。何かの撮影中。
3
早足で下ります。右手に三角山が見えてきました。
2018年01月21日 12:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早足で下ります。右手に三角山が見えてきました。
哲学の道への分岐。左に行きます。
2018年01月21日 12:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
哲学の道への分岐。左に行きます。
途中、哲学の道の看板。
2018年01月21日 13:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、哲学の道の看板。
自然林なんですよ〜。市街地の山なのに素晴らしい。
2018年01月21日 13:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林なんですよ〜。市街地の山なのに素晴らしい。
こぶし平まで戻りました。
2018年01月21日 13:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こぶし平まで戻りました。
無事下山。下りは43分。トレーニング終了!
2018年01月21日 13:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。下りは43分。トレーニング終了!
1
あれっ?案内看板が新しい?
2018年01月21日 13:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれっ?案内看板が新しい?
【番外】帰りにセイコーマートに寄り道。暖かいホットシェフのフライドチキン購入。ホント美味しい!
2018年01月21日 14:08撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外】帰りにセイコーマートに寄り道。暖かいホットシェフのフライドチキン購入。ホント美味しい!
5
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回は久しぶりに三角山→奥三角山。札幌市街地西方にある、片道距離約3km、小さなアップダウンのある標高300m前後の稜線からなる、トレーニングにもってこいのお山です。
主なピークは三角山(311m)、大倉山(307m)、奥三角山(354m)。大倉山シャンツェのリフト(往復なんと500円!)を利用すれば簡単に稜線に上がることができます。
老若男女、広く人気のあるお山で、特に三角山は常に混んでいます。一方奥三角山は最後の急登がキツいためか、三角山に比べると空いています。でもこちらの方が景色がいいので、奥三角山ははずせません。

【地質】
産総研地質総合研究センターのHPによれば、三角山、大倉山は新第三紀鮮新世に噴出した三角山溶岩と記載があります。一方奥三角山はもう少し古く、幌見峠溶岩と記載があります。どちらも古い火山ですね。資料を更によく見ると奥三角山南西側の沢に、金、銀、銅が採取されていた鉱山があったようです。小別沢(円山)鉱山だったようで、現地に行ったHpを見つけました。
↓地質図
https://www.gsj.jp/data/50KGM/JPG/GSH_MAP_G050_04021_1954_200dpi.jpg
↓小別沢(円山)鉱山
http://hikyoutaki.blog.fc2.com/blog-entry-76.html

【移動】
車の場合、北一条通りからアクセスします。札幌駅方面から行くと、山の手に入って長く急な上り坂になります。登り切ったあたりの小さな交差点を左折。そこからは300mくらいで駐車場です。
バス(JR北海道バス)は地下鉄琴似駅と西28丁目駅から出ています。地下鉄琴似駅からは琴29系統に乗り、山の手4条11丁目で下車。地下鉄西28丁目駅からは同じJR北海道バスで、西20か西21系統に乗って、同じ山の手4条11丁目で下車。登山口までは少し登って5分程度で到着です。

【山行(トレーニング)】
さて、今回はトレーニングを兼ねた山行です。久しぶりに単独ですね。
登山道は全体に雪が良く踏まれていますが、アップダウンが多いため、軽アイゼン、ピン長靴は必須です。
最初は曇っていましたが、徐々に小雪が舞いだし、三角山頂上では景色なし。山頂標識を撮影し、さっさと奥三角山を目指します。
山行前の気温が-6℃。しかし風がなく、早歩きのため汗が噴き出す。細尾根の小さなアップダウンを越え、しばし行くと大倉山山頂。いつ来てもピークが分かりにくい(笑)。
更に少し進むと奥三角山がこんにちは。ここから標高差にして60m程度下ります。下ったところがワレ目。写真だけ撮って先を急ぎます。
奥三角山の取り付きに到着し、標高差100mを登る急登を見上げます。この急登、個人的には南白老岳に匹敵すると感じます(私だけ?)。傾斜の緩い遊歩道がありますが直登を選択。ヒーコラヒーコラ、とにかくキツい。なんとか登って稜線に出るとすぐに山頂です。1時間きれなかったぁ。
山頂に着くと青空が広がってきました。遠くまでは見えませんでしたがラッキー。で、早速お昼ご飯。昨日偶然見つけた鴨南蛮そば。これうまい!これから食べる機会が増えそうです。
食べたら下山開始。急斜面を滑り落ちるように下ります。帰りがけにジャンプ台に寄りましたが、撮影中だったこともあり、遠目に写真を撮ってすぐに登山道に戻りました。
その後はあれよあれよと下りていき、無事下山。下山にかかった時間は43分とまずまず。いいトレーニングとなりました。

やっぱり三角山から奥三角山の稜線はいいなあ。極低山だけど、変化があるので楽しいお山です。再訪はお花が咲き始める雪解け後かな。さてさて、次は何処に〜。
訪問者数:171人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/28
投稿数: 2381
2018/1/27 16:34
 トレーニング
yo-shaさん、こんにちは。
すみません。コメント遅くなりました。
秋田市は雪が積もりました。
20僉舛阿蕕い任后
秋田市の除雪車はまだ一回も来ません。
今年は除雪はお休みなんでしょう。

大都会札幌の近郊にいいお山がありますね。
手ごろな??稜線歩きや急登もあるようですし・・・
トレーニングにはもってこいですね。
次はどちらでしょうか・・・

ご苦労さまでした。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 301
2018/1/27 18:38
 Re: トレーニング
750RSさん、こんばんは。いつもコメントありがとうございます!

秋田市で積雪20cmですか。なかなか積もりましたね。除雪車が一回も来ていないんですか(驚)。ご自宅の周り、大変なことになってそうですね。実家に大丈夫か聞いてみようかな

最近仕事でイライラしてて、山でひとときを過ごしたくなってます。なので毎週山へ行ってて、それを許してくれる奥様にはもう感謝です

三角山〜奥三角山は本当にトレーニングに最適です。こんなお山が町の近くにあるなんて珍しいですよね。

次は明日にでもアップしようと思っていますが、とても眺めのいいところです(ナイショ)。さてさて、どこでしょうかね〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ