また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1366362 全員に公開 ハイキング東海

石仏山〜夏焼山(大嵐駅から往復)

日程 2018年01月23日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

06:40 大嵐駅
07:15 石仏山(5分休憩)
07:50 大嵐駅
09:00 夏焼山(5分休憩)
10:05 大嵐駅
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

JR佐久間駅までやって参りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR佐久間駅までやって参りました。
1
駅のとなりに浜松市の公共駐車場がありますが、まだ6時前なのにかなり埋まっております。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅のとなりに浜松市の公共駐車場がありますが、まだ6時前なのにかなり埋まっております。
6:17の始発に乗って、大嵐駅まで移動します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:17の始発に乗って、大嵐駅まで移動します。
20分ほどで大嵐駅に到着。車で来るよりも早くてラクチン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほどで大嵐駅に到着。車で来るよりも早くてラクチン。
駅舎は東京駅を模して建てられたそうな。小ぎれいで雰囲気の良い静かな駅であります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅舎は東京駅を模して建てられたそうな。小ぎれいで雰囲気の良い静かな駅であります。
1
帰りの電車は10:17発。距離からしてたぶん行けると思いますが、もし乗り遅れた場合、次の電車まで3時間30分も待たなくてはならないため、今回はオシリに火が付いた登山になりそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの電車は10:17発。距離からしてたぶん行けると思いますが、もし乗り遅れた場合、次の電車まで3時間30分も待たなくてはならないため、今回はオシリに火が付いた登山になりそうです。
2
駅のすぐ目の前にまといリス君。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅のすぐ目の前にまといリス君。
1
まといリス君のいるこっからも石仏山にアクセスできそうですが、時間がかかりそうなので今回はパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まといリス君のいるこっからも石仏山にアクセスできそうですが、時間がかかりそうなので今回はパス。
まずは林道西山線を北上します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは林道西山線を北上します。
大嵐峡だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嵐峡だそうです。
1
雪の付いた山と霧が幻想的な雰囲気を醸し出しているが、あまり気分はノッていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の付いた山と霧が幻想的な雰囲気を醸し出しているが、あまり気分はノッていない。
1
道中、ちょいちょい脇道を見かけましたが、たぶん飯田線の作業用脇道だと思われます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中、ちょいちょい脇道を見かけましたが、たぶん飯田線の作業用脇道だと思われます。
栗代集落に入り左右に住宅が現れましたが、どうも廃屋のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗代集落に入り左右に住宅が現れましたが、どうも廃屋のようです。
1
地図を見るとここから破線が伸びていて、どうやら目の前の住宅の敷地内を通過しなくてはならなさそうな感じ。しかし、入り口に黒いバリケードがしてあって通過は面倒そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図を見るとここから破線が伸びていて、どうやら目の前の住宅の敷地内を通過しなくてはならなさそうな感じ。しかし、入り口に黒いバリケードがしてあって通過は面倒そう。
少し先に進むと、墓地に通じる階段が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先に進むと、墓地に通じる階段が。
この墓地の裏手から登山道の方向へ取り付いてみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この墓地の裏手から登山道の方向へ取り付いてみます。
直登なのでかなり急。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登なのでかなり急。
1
しかも、昨夜まで降り続けた雨の影響で地面がズルズルにスベる(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも、昨夜まで降り続けた雨の影響で地面がズルズルにスベる(汗)
なんとか急斜面を登りきってヤレヤレ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか急斜面を登りきってヤレヤレ。
登山道に取り付いてホッとひと安心。こっから歩きやすくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に取り付いてホッとひと安心。こっから歩きやすくなります。
登山道の途中にいきなり石仏さまが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の途中にいきなり石仏さまが。
どうやらここが石仏山(470m)っぽいです。登りの通過点になるので、ホゲーとしてると見落としそうな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやらここが石仏山(470m)っぽいです。登りの通過点になるので、ホゲーとしてると見落としそうな感じ。
1
三等三角点「石佛」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「石佛」
山に生きる会の標識を探してウロウロするが、どうにも見つからず。あまりノンビリしている時間もないので下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に生きる会の標識を探してウロウロするが、どうにも見つからず。あまりノンビリしている時間もないので下山します。
帰りは登山道に沿って行けるところまで歩いてみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは登山道に沿って行けるところまで歩いてみます。
やはり、踏み跡をそのまま辿っていくと、どうしても農家の敷地に入っていかなくてはならない雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、踏み跡をそのまま辿っていくと、どうしても農家の敷地に入っていかなくてはならない雰囲気。
さっきのバリケードのところしか出る場所がないと厄介なので、確実に下山できそうなルートを選ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきのバリケードのところしか出る場所がないと厄介なので、確実に下山できそうなルートを選ぶ。
ぜんぜんルートじゃないが(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぜんぜんルートじゃないが(汗)
1
無事、墓地のところまで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、墓地のところまで戻ってきました。
うっ、雨降ってきた・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっ、雨降ってきた・・・。
小雨とはいえ雨は想定外だったので、かなり凹みながらトボトボ歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雨とはいえ雨は想定外だったので、かなり凹みながらトボトボ歩く。
大嵐駅前の吊り橋まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嵐駅前の吊り橋まで戻ってきました。
んじゃ、吊り橋を渡って夏焼山へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んじゃ、吊り橋を渡って夏焼山へと向かいます。
天気が良ければ、今回のコースに加えて正面の奥にうっすら見える八嶽山まで歩くつもりでしたが、このコンディションなので中止です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良ければ、今回のコースに加えて正面の奥にうっすら見える八嶽山まで歩くつもりでしたが、このコンディションなので中止です。
よく考えたら、夏焼山へ行くのに橋を渡ってはいけないことに気づいてあわてて戻る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく考えたら、夏焼山へ行くのに橋を渡ってはいけないことに気づいてあわてて戻る。
大嵐駅。このまま帰りたくなってきたが、どちらにせよ電車が来ないのであきらめて夏焼山へ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大嵐駅。このまま帰りたくなってきたが、どちらにせよ電車が来ないのであきらめて夏焼山へ行きます。
おっ、行くときは気づかなかったけど無料のレンタルサイクルがあるのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ、行くときは気づかなかったけど無料のレンタルサイクルがあるのね。
1
ほほぅ、これで八嶽山登山口までアクセスするのも手だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほほぅ、これで八嶽山登山口までアクセスするのも手だな。
2
あったかな出合いどころか、人っ子一人おりませんよっ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あったかな出合いどころか、人っ子一人おりませんよっ。
2
んじゃ、夏焼山へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んじゃ、夏焼山へと向かいます。
いよいよ夏焼隧道へと突入しますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ夏焼隧道へと突入しますよ。
マジで真っ暗(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジで真っ暗(汗)
トンネル自体は一直線なのだが、ゆる〜い傾斜が付いているため、前方の出口が見えないという心細さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル自体は一直線なのだが、ゆる〜い傾斜が付いているため、前方の出口が見えないという心細さ。
いくつか蛍光灯が設置されているが、そのほとんどが寿命で切れかけており、屁のつっぱりにもなっていない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつか蛍光灯が設置されているが、そのほとんどが寿命で切れかけており、屁のつっぱりにもなっていない。
昼間でこの寂しさだけに、もし深夜にこんなところを歩かされたら、マジで泡吹いて卒倒しますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼間でこの寂しさだけに、もし深夜にこんなところを歩かされたら、マジで泡吹いて卒倒しますよ。
1
約1.2kmのトンネルがようやく終了。長さの問題というより、明るさの問題のような気がするが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約1.2kmのトンネルがようやく終了。長さの問題というより、明るさの問題のような気がするが。
1
トンネルを出たら右折。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを出たら右折。
おいおい、TE71なんてひさしぶりに見たぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいおい、TE71なんてひさしぶりに見たぞ。
3
右側に止まれの標識が無造作に落ちている。どっから持ってきたんだ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に止まれの標識が無造作に落ちている。どっから持ってきたんだ?
キレイに根元のあたりだけ樹皮がむけてるけど、野生動物の仕業でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイに根元のあたりだけ樹皮がむけてるけど、野生動物の仕業でしょうか。
里山ではおなじみモノラック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山ではおなじみモノラック。
おいっ、カレンなんて何十年ぶりで見たぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おいっ、カレンなんて何十年ぶりで見たぞ。
2
石の階段をテクテク登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石の階段をテクテク登る。
謎の箱が3つほど置いてありました。全部モリモトさん家の箱のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の箱が3つほど置いてありました。全部モリモトさん家の箱のようです。
1
幻想的で美しい雰囲気だが、小雨のせいでムスッとしている大人げないオッサンであった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幻想的で美しい雰囲気だが、小雨のせいでムスッとしている大人げないオッサンであった。
住宅が見えてきましたが、誰か住んでいるようです。ここまでアクセスするのも大変ですな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅が見えてきましたが、誰か住んでいるようです。ここまでアクセスするのも大変ですな。
1
ゴチャゴチャしていてどこから登山道に取り付けばいいのかわかりづらいので、とにかく家の裏手に出るように、敷地内を抜けさせてもらうことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴチャゴチャしていてどこから登山道に取り付けばいいのかわかりづらいので、とにかく家の裏手に出るように、敷地内を抜けさせてもらうことにする。
1
神社があって民家が一軒しかないので、昔はもっとたくさんの住宅が建っていたのかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社があって民家が一軒しかないので、昔はもっとたくさんの住宅が建っていたのかもしれません。
神社の裏手から取り付く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏手から取り付く。
明らかに登山道ではないが、とにかく迷ったら直登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明らかに登山道ではないが、とにかく迷ったら直登。
ということで登山道に無事合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで登山道に無事合流。
水窪の山ではおなじみ火の用心プレート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水窪の山ではおなじみ火の用心プレート。
1
雪で道がわかんなくなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪で道がわかんなくなってきた。
小屋が見えてきたので、とりあえず大丈夫っぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきたので、とりあえず大丈夫っぽい。
一斗缶を叩いて助けを呼ぼうと思ったが、電車に間に合わなくなりそうなのでやめておく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一斗缶を叩いて助けを呼ぼうと思ったが、電車に間に合わなくなりそうなのでやめておく。
1
毎度お約束、ビミョーな高さの倒木。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎度お約束、ビミョーな高さの倒木。
ちょっとわかりづらいけど、こっから尾根筋に上がるっぽい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとわかりづらいけど、こっから尾根筋に上がるっぽい。
けっこう雪が付いておりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう雪が付いておりますね。
1
ゆる〜いアップダウンを繰り返しながら尾根を歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆる〜いアップダウンを繰り返しながら尾根を歩く。
カモシカの足あとが大量。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカの足あとが大量。
2
夏焼山、無事に到着いたしました。時間的にもなかなかいい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏焼山、無事に到着いたしました。時間的にもなかなかいい感じ。
2
地理院地図では651.8m、カシミールでは651.3m、表示は651.6m、そもそも山に生きる会のホームページで651.3mって書いてあるのに、なんでここの表示は651.6mなのだろうか・・・などと、くだらないことをあれこれ考えながら座り込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地理院地図では651.8m、カシミールでは651.3m、表示は651.6m、そもそも山に生きる会のホームページで651.3mって書いてあるのに、なんでここの表示は651.6mなのだろうか・・・などと、くだらないことをあれこれ考えながら座り込む。
2
三等三角点「夏焼」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点「夏焼」
水窪の山ではおなじみの赤プレート。これ好きなんだよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水窪の山ではおなじみの赤プレート。これ好きなんだよね。
2
気温は0度ながら、風もなく小雨が降っているせいか、そんなにサブくないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は0度ながら、風もなく小雨が降っているせいか、そんなにサブくないです。
ああ、雪景色が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああ、雪景色が美しい。
1
帰りの時間の目処も付いたので、そろそろ帰ることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの時間の目処も付いたので、そろそろ帰ることにします。
何度か雪で転びそうになったが、ボディバランスがいいので転ぶこともなかった(ウソつけ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か雪で転びそうになったが、ボディバランスがいいので転ぶこともなかった(ウソつけ)
1
民家のあるところまで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家のあるところまで戻ってきました。
もうじゅうぶん雨に打たれたっつーの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうじゅうぶん雨に打たれたっつーの。
1
人が住んでる気配あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が住んでる気配あり。
キレイなスイセンのお花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレイなスイセンのお花。
1
すげぇスベる(というかスベってオシリを強打した)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すげぇスベる(というかスベってオシリを強打した)
転んだことを悟られないように、シレッとしながら景色を堪能してるフリ(誰もいないけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転んだことを悟られないように、シレッとしながら景色を堪能してるフリ(誰もいないけど)
オシリをさすりながらヒタヒタと歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オシリをさすりながらヒタヒタと歩く。
オシリの痛みを癒やすために、ボートに乗って佐久間ダム湖に繰り出そうかと思ったが、よけい痛くなりそうなのでヤメておく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オシリの痛みを癒やすために、ボートに乗って佐久間ダム湖に繰り出そうかと思ったが、よけい痛くなりそうなのでヤメておく。
また夏焼隧道を通るのか・・・凹むな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また夏焼隧道を通るのか・・・凹むな。
誰だよこんなん捨てたの。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰だよこんなん捨てたの。
1
水滴がポチョポチョ落ちてる部分が鍾乳洞みたいになっとる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水滴がポチョポチョ落ちてる部分が鍾乳洞みたいになっとる。
夏焼隧道七不思議のひとつ、謎のホイールキャップ(ふたつめはないけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏焼隧道七不思議のひとつ、謎のホイールキャップ(ふたつめはないけど)
1
あまりに寂しい夏焼隧道がようやく終わってホッとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりに寂しい夏焼隧道がようやく終わってホッとする。
無事、大嵐駅まで戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、大嵐駅まで戻ってきました。
時間もドンピシャ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間もドンピシャ。
サブイので待合室で休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サブイので待合室で休憩。
そんな音、聞こえません(意味を履き違えている)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな音、聞こえません(意味を履き違えている)
1
こういうのは書かない主義なのだが、ちょっと気が向いたので書いてみた。しかし、手がかじかんで文字がうまく書けない(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのは書かない主義なのだが、ちょっと気が向いたので書いてみた。しかし、手がかじかんで文字がうまく書けない(汗)
2
電車がやってまいりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電車がやってまいりました。
駅に着いても自分でボタンを押さないかぎり、いつまでもドアは開きません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅に着いても自分でボタンを押さないかぎり、いつまでもドアは開きません。
佐久間駅まで無事戻ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久間駅まで無事戻ってきました。
こんな日にムリして山歩きすることもなかったのですが、まあまあ楽しかったです。オシリ痛ぇけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな日にムリして山歩きすることもなかったのですが、まあまあ楽しかったです。オシリ痛ぇけど。
1

感想/記録
by bk138

<コース>

・大嵐駅〜石仏山
 大嵐駅から舗装路(林道西山線)を北上。
 地理院地図の破線通り進もうとすると
 空き家になっている農家の敷地を
 抜けなければならないっぽいのですが、
 入り口にバリケードがされていて、
 ムリヤリ侵入するのもちょっと…という感じ。
 そこから少し進むと一段高くなった場所に墓地があり、
 今回はその裏手から取り付いてみました。
 前日の雨の影響で地面がズルズルで
 かなり手こずってしまいましたが、
 乾いていればそれほど問題もなさそうです。
 しばし斜面を直登すれば
 破線の登山道と合流するので歩きやすくなります。
 三角点のある石仏山は登りの通過地点にあるので、
 通り過ぎてしまう可能性があります。

・大嵐駅〜夏焼山
 大嵐駅から南へ、長〜くてコワ〜イ夏焼隧道を抜け、
 右に曲がるとちょっとした集落があります。
 その集落の裏手から取り付きますが、
 住宅やら神社やらゴチャゴチャしていて、
 ドコを行けばいいのかちょっと迷います。
 とは言うものの、住宅の裏手(北側)に回れば、
 あとは踏み跡のハッキリした登山道になり、
 あちこち赤テープも付いてるので大丈夫。


<感想>

 前日、全国で大雪の影響が出ましたが、
 雪の降らない静岡県西部地区では雨のみ。
 本日もあまり良い天気ではなさそうですし、
 そもそも、前日の夜まで雨が降っていたので、
 登山道のコンディションはかなり悪そう。

 そんなこんなであまり気は進まなかったのですが、
 前回のお休みも雨で山に行けなかったので、
 いろいろと案を練りまくって山歩きを決行。

 未踏の水窪の百山でどこか手頃な場所はないかな〜と
 地図とにらめっこすること数分(早っ)
 大嵐駅を起点とする石仏山と夏焼山の二山を
 歩くことに決定しました。

 当初は大嵐駅まで車で行くつもりでしたが、
 道路情報をチェックしたところ、
 水窪側、愛知側、どちらから行っても
 通行止めの可能性があるため、
 JR飯田線を利用することにしました。

 JR佐久間駅から始発電車にゆられること20分、
 誰もいない静かな大嵐駅は霧が立ち込める
 天竜峡の幻想的な風景がすばらしく、
 山歩きとしては条件が悪かったものの、
 悪天候ながらそれなりに楽しめました。

 このあたりは、八嶽山や日本ヶ塚山など
 東三河の名山が多い地域でもあるので、
 また交通規制が解除されたらぜひとも
 訪れたい地域であります。

 また、今回は時間の都合で寄ることができなかった
 全国秘境駅ランキングにもベスト3に入る
 おとなりの小和田駅にも足を伸ばしてみたいなと。


 おわり
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ