また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1366844 全員に公開 雪山ハイキング関東

入笠山スノーハイキング

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 ケーブルカー等
川崎から富士見パノラマスキー場への直通往復バスを購入しました。オリオンツアーにて検索してください。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間7分
休憩
11分
合計
1時間18分
Sマナスル山荘11:2911:57入笠山12:0712:33山彦荘12:3412:47富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSを開始するのを忘れてたのでStartはマナスル山荘近くの斜面からです
コース状況/
危険箇所等
危ない部分は全くなし。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ネックウォーマー 毛帽子 サブザック スノーシュー 行動食 飲料 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 携帯 サングラス ストック

写真

ロープウェイ山頂駅でスタート前
2018年01月20日 11:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅でスタート前
1
山頂に到着
2018年01月20日 11:58撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着
1
山頂からのパノラマ
2018年01月20日 12:01撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からのパノラマ
1
ロープウェイ山頂駅で昼飯
2018年01月20日 12:59撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅で昼飯
1
八ヶ岳が綺麗
2018年01月20日 13:15撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳が綺麗
2
カミさんのスノーシューが加水分解
2018年01月22日 09:26撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カミさんのスノーシューが加水分解
1
私のスノーシューは全然平気
2018年01月22日 09:30撮影 by iPhone SE, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私のスノーシューは全然平気
1
Ikanikeisaiganaibaai ってなんじゃらほい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Ikanikeisaiganaibaai ってなんじゃらほい。
1
撮影機材:

感想/記録



久しぶりにカミさんと雪山ハイキングに出かけました。
いつもなら奥日光に行くのですが今年は(も)雪が少なくてあまり楽しめないと思ったので入笠山にしました。
川崎から富士見パノラマスキー場への往復バスを申し込んでらくらく山行でした。
3時間で着くんですから近いもんです。ツアー代もバーゲンしてたのを買ったので電車で行くより安い。しかもリフト代込み。これはありですよ。スキーを再開してもいいぐらい(元スキーヤーなんです)
んで現地に着いてロープウェイで一気に高度を稼いでからスノーシューの準備。
ん?カミさんのスノーシューが壊れたっぽい。どうやら加水分解して靴を固定するデッキ部分がバラバラに。。。(笑)
こりゃあかんということで私のスノーシューをカミさんに貸して自分は登山靴だけで登り始めました。チェーンスパイクも持って行ってたのですが使わないだろうということでロッカーに置いてきてしまったのでした。
まぁでも多少凍っているところはありましたが登山靴で全然いけましたね。斜度も大したことないし。
頂上は360度いい眺めでした。もうちょっと雪深いときにもう一度来てみたい。
下りはわざと足跡のないところをラッセルして降りたりして結構楽しめました。
次はスキーをやりに来るかなあ。

ところでカミさんのスノーシューが加水分解したことについて書いておきます。
山道具は過酷な環境で使われるので壊れるのが前提なのですが、今回壊れたスノーシューに関しては設計上の短所が如実に現れてます。先に言っておきますがこの製品は耐久性がありません。長持ちさせたければ買うべきではないでしょう。
写真を御覧ください。
加水分解したのはMSRのデナリアッセントEVOです。デッキのゴム部分が完全にもげています。年に2,3回の山行に使用して乾かして涼しいところに保管というのを20年ぐらい行っています。まぁ20年も経つと壊れるのかなと思っていましたが、次の写真を御覧ください。
私が使っているMSRのデナリアッセントです。
こちらは少し設計が古いものなのですが全く壊れることもなく使用できています。左のEVOと同じ時期にIBSで購入したのでそろそろ20年ぐらいになるでしょうか。
さすがにストラップは交換しましたが靴を固定するデッキ部分は加水分解する様子もありません。まだまだ使えます。
やはり山で使う道具は単純で壊れないものが一番いいというのがよくわかりました。
カミさん用にMSRのクラシックデナリを発注しました。コレが一番いい。
訪問者数:361人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ