また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368173 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

分水嶺 白河高原スキー場跡〜赤面山東1540m地点

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車で白河高原スキー場跡に行き道路脇に駐車.
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
29分
合計
4時間12分
S白河高原スキー場跡08:0509:33リフト終点(約1320m)09:4210:26リフト終点(約1490m)10:3310:531540m地点11:0611:31リフト終点(約1490m)11:45リフト終点(約1320m)12:17白河高原スキー場跡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 今季最強の寒波の後なのでスタート地点から新雪のラッセルとなる.スノーシューでも膝ぐらいまで潜る場所もあり結構辛い.
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

9:42 最初のリフト終点.約1320m地点.
2018年01月27日 09:42撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:42 最初のリフト終点.約1320m地点.
9:42 新雪はスノーシューでももぐる.
2018年01月27日 09:42撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:42 新雪はスノーシューでももぐる.
1
10:33 上のリフト終点.約1490m地点.座席がそのままになっている.
2018年01月27日 10:33撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:33 上のリフト終点.約1490m地点.座席がそのままになっている.
11:34 分水嶺は樹林の中.新雪でもぐり地吹雪がひどい.とにかく寒い.
2018年01月27日 11:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:34 分水嶺は樹林の中.新雪でもぐり地吹雪がひどい.とにかく寒い.
1
11:34 嫌になり歩いた跡を引き返す.
2018年01月27日 11:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:34 嫌になり歩いた跡を引き返す.
1
12:01 スキーやスノボードの跡を利用する.
2018年01月27日 12:01撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:01 スキーやスノボードの跡を利用する.
12:12 白河高原スキー場の廃墟化した建物.
2018年01月27日 12:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:12 白河高原スキー場の廃墟化した建物.
12:12 駐車場跡は広大な雪原.
2018年01月27日 12:12撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:12 駐車場跡は広大な雪原.
1

感想/記録

 今年は自宅から近くて冬でも気楽に行ける阿武隈山地につながる分水嶺も歩くことにした.ルートはいくつかあるが雪が少なそうな阿武隈川と那珂川,久慈川の分水嶺にした.昨年のみそかに白河高原スキー場跡から赤面山を通り中央分水嶺につながる三本槍岳を往復をしようとしたが新雪と強風で諦めた.その時はせっかく来たのでスキー場跡から東の分水嶺を下って国道4号線の稗返交差点まで歩いた.
 今日も同様のコースを試みたが新雪と悪天候で大敗した.出発地点からスノーシューでも膝ぐらいまでもぐる場所がありゆっくりしか進めないので中止しようと思ったが,スキーとスノーボードの先行者がつけたトレースと出会い登ることにした.スキーのトレースとスノーシューの幅が合わず歩きにくいがラッセルよりはかなり楽でありがたい.トレースから外れて樹林の中に入るとラッセルがひどく風も時々強い.都心で48年ぶりの寒さとなった今季最強の寒波がまだ居座っている影響だ.麓の那須町では今朝の最低気温が氷点下9℃とのことで山はかなり冷え込んだようだ.雪は大したことはないが時折吹き荒れる地吹雪のため体感気温はかなり低く手足はかじかんだ.赤面山までなんとか登ろうとしたが危険を感じ途中で断念し引き返した.
 
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ