また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370038 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走オセアニア

Cascade Saddle / New Zealand

日程 2018年01月27日(土) 〜 2018年01月29日(月)
メンバー
天候快晴
※ワナカはこの時期でも平均最高気温が24度ほどの比較的涼しいイメージだったが、旅行中の最高気温は30度超えて、紫外線の強さもあってかなり体力を消耗した。今年は厳しい夏のようだ。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 飛行機
空港から登山口(Raspberry Creek Car park)までの往復はレンタカー。
登山口手前が30km以上の未舗装なのが結構堪える。またワナカ-クイーンズタウン間もつづら折りの坂道になっていて神経を使う。

レンタカー以外のアクセス手段として、シャトルバス(クイーンズタウン-ワナカ間、ワナカ-登山口間)もあるので、時間に余裕があるならシャトルバスを利用する方が気楽(要事前予約)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間27分
休憩
2分
合計
8時間29分
Sラズベリー・クリーク・カーパーク12:0012:13ロブ・ロイ・トラック分岐14:20Aspiring Hut14:2220:29Cascade Saddle Campsite
2日目
山行
7時間34分
休憩
27分
合計
8時間1分
Cascade Saddle Campsite08:2609:15Cascade Saddle09:2411:02Cascade Saddle Campsite11:2016:27Aspiring Hut
3日目
山行
2時間14分
休憩
0分
合計
2時間14分
Aspiring Hut09:0211:02ロブ・ロイ・トラック分岐11:15ラズベリー・クリーク・カーパーク11:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目のCascade Saddleではざっくり2往復してます。
コース状況/
危険箇所等
Cascade Saddle Trackは12月だと雪がまだ残っている可能性があり、アイゼン、ピッケルが必要となる可能性がある。その時期に訪問する場合は、直前のコンディションをDOCで十分に確認した方が良い(また、アイゼン・ピッケルを使用する登山は、一般的な海外保険の適用範囲外になるので、そこも含めて確認が必要)。

アスパイアリング小屋からパイロン(1800m)まで急登。特に森林限界を越えた後は、高度感もあり手も使いながら登り降りする箇所もある。鎖は無いので、岩稜歩きに慣れていることが望ましい。
その他周辺情報・ガス缶
→ワナカのアウトドアショップで調達。近くのスーパー(NewWorld)でミネラルウォーターも購入。ガス缶は復路に飛行機を利用するので、最終日にアスパイアリング小屋のフリーフード棚に放出。230g缶で半分も使わなかったので、小型缶にすればよかった。

・テン場
→Cascade Saddleのテント場はトイレが1基のみで看板等は何も無い(Dart Track側から来た場合にはCascade Saddle 手間の道標にキャンプサイトの記載があったはず)。氷河が源流とおもわれる青白色をした川の側にあり、水は現地調達可能(浄水器は必要)。また周囲を稜線が囲んでいるので、風は穏やか。広いテン場で自然を満喫出来た。
→2泊目のアスパイアリング小屋のテン場代は5ドル。小屋常駐のワーデンさんに支払う。いずれもサンドフライ生息地で日中はハエやサンドフライが襲ってくるし、晴れている中では遮るもものが無いと非常に強い日差しの直撃に晒されるので、バグネット付きのテントじゃないと日中はつらいかもしれない(自分は木陰に逃げた)。

・レンタカー
→クイーンズタウン空港では大手、中小様々選択できけど到着時に営業していて以前にも利用したAVISを利用。日本ではあまり見かけないオーストラリア車だった。坂道でもよく走ってくれたけど疲れた。

<DOC>
・West Matukituki Track
http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/places-to-go/otago/places/mount-aspiring-national-park/things-to-do/tracks/west-matukituki-track/
・Cascade Saddle Route
http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/places-to-go/otago/places/mount-aspiring-national-park/things-to-do/tracks/cascade-saddle-route/
<地形図>
https://goo.gl/bQZs9g
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 バックパック スリーピングバック スリーピングマット アルミシート レインウェア ダウンジャケット 着替え グローブ クッカー・コッヘル・カトラリー ウォーターフィルタ ウォーターキャリア 緊急セット 携帯電話&携帯用品 サングラス 食料 燃料 その他消耗品 ストック シェルター サンダル
備考 ・浄水器
Cascade Saddle Campsite には氷河が源流とおもわれる河の側にあるが、現地で水を調達するのには浄水器はあったほうがいい。
・サンダル
Cascade Saddle Campsite前の渡渉は登山靴だと浸水する可能性が高い。
・日傘&日焼け止め
今年はかなり熱く半裸になってる男性多数。水着姿の女性もいた。
日傘があれば多少楽。日焼け止めは当然必須。

写真

アスパイアリング小屋までは谷沿いを歩く。
2018年01月27日 13:11撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスパイアリング小屋までは谷沿いを歩く。
1
牛や羊が放し飼いにされている。
2018年01月27日 13:41撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛や羊が放し飼いにされている。
2
アスパイアリング小屋が見えた。ここから樹林帯に入る。
2018年01月27日 14:17撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アスパイアリング小屋が見えた。ここから樹林帯に入る。
1
小屋前の分岐点。ここから4kmで4時間1400mのハイクアップ。
ちなみに現時点でパイロンは無い(跡はある)。
2018年01月27日 14:22撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前の分岐点。ここから4kmで4時間1400mのハイクアップ。
ちなみに現時点でパイロンは無い(跡はある)。
日差しがきつかったので、ありがたい日陰。
2018年01月27日 17:10撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しがきつかったので、ありがたい日陰。
標高1200m付近で樹林帯は終わり。
2018年01月27日 17:28撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1200m付近で樹林帯は終わり。
樹林帯を超えたご褒美。正面はアスパイアリング山(3033m)。
2018年01月27日 19:02撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を超えたご褒美。正面はアスパイアリング山(3033m)。
2
頂上直下の急傾斜。前回は降りで高度感があった場所だけど、登りではそこまで厳しくはなかった。
2018年01月27日 19:37撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下の急傾斜。前回は降りで高度感があった場所だけど、登りではそこまで厳しくはなかった。
標高1800m地点まで上がると展望が広がる。このちょっと先にパイロンの残骸があった。
2018年01月27日 19:58撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1800m地点まで上がると展望が広がる。このちょっと先にパイロンの残骸があった。
再び高度を下げて、テント場に到着。人工物はトイレくらい。
2018年01月27日 20:29撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び高度を下げて、テント場に到着。人工物はトイレくらい。
ストックをポールにするミニマリストな仕様で寝る。
2018年01月27日 20:50撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストックをポールにするミニマリストな仕様で寝る。
1
月の入り前。明るい。
2018年01月27日 22:25撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
月の入り前。明るい。
この日の夜は暖かく、テント全開にして天の河を見ながら寝た。
2018年01月28日 02:39撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す|▶ 360度パノラマ
この日の夜は暖かく、テント全開にして天の河を見ながら寝た。
1
何も無い。っていうか俺、山にいる!って強烈に感じる幕営地だった。自然との一体感がたまらん。
2018年01月28日 06:50撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何も無い。っていうか俺、山にいる!って強烈に感じる幕営地だった。自然との一体感がたまらん。
2
Cascade Saddleを目指して渡渉。往路はギリギリ登山靴で渡れたが、復路は増水でサンダルに変更。
2018年01月28日 08:25撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cascade Saddleを目指して渡渉。往路はギリギリ登山靴で渡れたが、復路は増水でサンダルに変更。
鏡のような池に映るダート氷河。とても穏やかな朝。
2018年01月28日 08:39撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡のような池に映るダート氷河。とても穏やかな朝。
3
至る所に湿地ができている。
2018年01月28日 08:41撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至る所に湿地ができている。
2
氷河や残雪を抱く岩峰を背景になだらかな道を歩く。
2018年01月28日 08:44撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷河や残雪を抱く岩峰を背景になだらかな道を歩く。
1
風はなかったけど、西側の峰からは滝や小川が無数にあり、沢音を聞きながら歩く。
2018年01月28日 08:49撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風はなかったけど、西側の峰からは滝や小川が無数にあり、沢音を聞きながら歩く。
横に広くて入りきらないダート氷河。
2018年01月28日 09:02撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横に広くて入りきらないダート氷河。
1
左端の最高峰はエドワード山(2620m)。氷河を眺めていると崩落音が聞こえた。この氷河も後退しているのだろうか。
2018年01月28日 09:20撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端の最高峰はエドワード山(2620m)。氷河を眺めていると崩落音が聞こえた。この氷河も後退しているのだろうか。
2
ダートトラック側の谷。前回はこちら側からの峠越えだった。
2018年01月28日 09:20撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダートトラック側の谷。前回はこちら側からの峠越えだった。
2
CascadeSaddleからは、朝イチで渡渉した川が滝になっているのが見えた。
2018年01月28日 09:20撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
CascadeSaddleからは、朝イチで渡渉した川が滝になっているのが見えた。
テン場付近には4歳児並みの知性があり(笑)、いたずら大好きな鳥"ケア"の生息域だったので、テント等すべて担いでここまで来た。
2018年01月28日 09:27撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場付近には4歳児並みの知性があり(笑)、いたずら大好きな鳥"ケア"の生息域だったので、テント等すべて担いでここまで来た。
テント場まで戻って来た。中央あたりにトイレが見える。
2018年01月28日 10:52撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場まで戻って来た。中央あたりにトイレが見える。
2
今回の山行で一番高い場所からの眺め。フレンチリッジ・ハットや、リバプール・ハットも見える。
2018年01月28日 12:03撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行で一番高い場所からの眺め。フレンチリッジ・ハットや、リバプール・ハットも見える。
1
急傾斜を下って、アスパイアリング小屋を目指す。
2018年01月28日 13:23撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急傾斜を下って、アスパイアリング小屋を目指す。
1
3日目。Raspberry Creek Car Parkまでゆっくり歩いて戻って終了。
2018年01月29日 11:17撮影 by NIKON 1 AW1, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目。Raspberry Creek Car Parkまでゆっくり歩いて戻って終了。
1

感想/記録

Cascade Saddle は谷底まで1000m以上切れ落ちていて、迫力あるダート氷河や美しいアスパイアリング山(3033m)も眺められる場所だけど、同時に北アの高天原のような箱庭的な秘境感もある。前回歩いた時にテント場があることを知り、是非ここで泊まりたいと計画した。

踏破済みのルートなので結果を最小限。
メインとなる2日目は、当初の計画では朝早く起きてサドルまでピストン。2泊目をアスパイアリング小屋より奥にあるリバプールハットに宿泊する計画だったけど、谷間のルートのため朝は日陰となり景色が堪能できないことがわかり、早朝スタートを断念。その後も景色に見ながらの移動は、ペースが上がらずリバプールハット泊は諦め、手前のアスパイアリング小屋のテン場で幕営とし、最終日は登山口への移動のみという結果になった。

今回選んだCascade Saddle Trackは、NZのハイキングの中で一番感動したトラックだったので再訪したんだけど、Cascade Saddleのテント場にあった4幕で眠った人しか見られない景色で、テントから頭を出して天の河を眺めながら眠った一夜は、忘れられない思い出になった。

<Rees Dart Track - Cascade Saddle - French Ridge Track / New Zealand>
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1080630.html
※前回の記録。アクセスはシャトルバスを使用。
訪問者数:190人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ