また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1371732 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳 石尊稜 厳冬期登攀

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

日帰りの予定で入山するも、石尊稜取り付きまでのアプローチが長くまた分岐を間違えて戻ったりしたため、時間のロス、ラッセルで体力のロス、1Pの核心が終わった時点で既に14時、7時にバームクーヘンとコーヒーを補給してから飲まず食わず、相方は、まだ12時だと思っていた様子。14時になっていた事に驚き食べずに登るぞとはりきり出す。1箇所ロープがくちゃくちゃに手渡され、繰り出せない、ビレイを外してくれとの事。仕方なく外す。石尊峰に着いたら、もう日暮れ。何とか登攀は、無事やりきれた。素晴らしい夕焼けと焼けだったけれど、1枚も写真撮れずゆっくり景色がみてられなかった。行者小屋に着いた時には、低体温で暫くストーブにへばり暖をとり、体温を回復する。美濃戸に着く頃には23時。この日の活動時間は、19時間でした。無理な計画でしたね。ただ、天気が味方してくれたため無事であった。石尊稜のエスケープルートは、何処にもなかったようです。間違いがあれば、ヘリの要請しかないですね。
コース状況/
危険箇所等
厳冬期の八ヶ岳
その他周辺情報八ヶ岳山荘に前日仮眠室にて仮眠する
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

赤岳鉱泉のアイスキャンディ
ロープは、9.5ミリ以上のシングルロープで、ダブルロープは、禁止。防寒テムレスは、登攀は、使用可、ビレイは、禁止です。
道具無しでも小屋で借りてアイスクライミングが出来ます。ビレイも小屋に頼めばやって貰えるとの事。一度、チャレンジしてみてください。
2018年01月27日 06:58撮影 by TONE m15, FreeBit
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディ
ロープは、9.5ミリ以上のシングルロープで、ダブルロープは、禁止。防寒テムレスは、登攀は、使用可、ビレイは、禁止です。
道具無しでも小屋で借りてアイスクライミングが出来ます。ビレイも小屋に頼めばやって貰えるとの事。一度、チャレンジしてみてください。
1
厳冬期の森は、雪が凄いです。寒さも凄いです。
2018年01月27日 08:27撮影 by TONE m15, FreeBit
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期の森は、雪が凄いです。寒さも凄いです。
石尊稜の取り付きのアプローチ、気持ち3mは、あろうかと思える雪です。ソロの人が前を行く。ラッセル大変😰そう。お陰様で私は、助けられました。このアプローチに時間を凄く取られました。後で偉い事になろうとは、、、なんとなくそんな気が、、、引き返すのも、もう大変な位置にいます。
2018年01月27日 09:40撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尊稜の取り付きのアプローチ、気持ち3mは、あろうかと思える雪です。ソロの人が前を行く。ラッセル大変😰そう。お陰様で私は、助けられました。このアプローチに時間を凄く取られました。後で偉い事になろうとは、、、なんとなくそんな気が、、、引き返すのも、もう大変な位置にいます。
大同心と横岳
2018年01月27日 09:42撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心と横岳
中央が石尊稜に続く石尊峰、目指すものが見えてきました。
2018年01月27日 09:49撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が石尊稜に続く石尊峰、目指すものが見えてきました。
これ以上、カメラは、無理です。寒さ故に手袋から手を出したくないのと登攀中、ロープを持ったら手が離せません。
以後は、割愛させていただきます。
2018年01月27日 10:14撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以上、カメラは、無理です。寒さ故に手袋から手を出したくないのと登攀中、ロープを持ったら手が離せません。
以後は、割愛させていただきます。
1

感想/記録

石尊稜の登攀を振り返る。
1P 45m 前爪とアックスを効かせます。何と
か出来ますね。ここが越せないと
石尊稜に乗れません。
相方が岩を落す。私に直撃。頼み
ますわ〜落とさず登ってください
ね!
2P 45m 痩せ尾根 まぁスムーズにこなす。
3P 45m 草付き直登 スリング落としたり。
ロープが絡まったりして、、、
4P 45m 雪稜、雪庇の上をコンテで進む。
5P 300m 岩場を攀じる、焼けと夕日が綺麗
後少しで日没だ。焦る焦る。
6P 300m 正面凹角直登し、リッジに抜けバ
ンドを右に巻いて終了。石尊稜に
到着。
*初心者コースなので、それ程難しいコースではなく、 6Pあるのでそれなりに楽しめるコースです。1泊2日にすれば、ゆとりある登攀ができること、間違いないでしょう!
訪問者数:340人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ