また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373402 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

【浅間嶺】払沢の滝入口 IN 浅間尾根登山口 OUT

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
■武蔵五日市駅駐車場へマイカー駐車
 西東京バス 武蔵五日市〜払沢の滝入口 約23分 470円
 西東京バス 浅間尾根登山口〜武蔵五日市 約50分 900円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間55分
休憩
7分
合計
4時間2分
S払沢の滝入口バス停07:4307:54払沢の滝07:5808:10払沢の滝駐車場08:44時坂峠08:4509:56浅間嶺展望台09:5810:01浅間尾根休憩所10:17人里峠10:47一本松10:53猿石10:59数馬分岐11:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

武蔵五日市駅 7:10分発のバス、予想以上の混雑で座れず。まずは登山前に払沢の滝を拝みに行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武蔵五日市駅 7:10分発のバス、予想以上の混雑で座れず。まずは登山前に払沢の滝を拝みに行く。
1
滝の道中途中にある氷のオブジェ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の道中途中にある氷のオブジェ。
滝へ到着。前日3日は氷結度90%との事。概ね凍っているが水の流れもまぁまぁあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝へ到着。前日3日は氷結度90%との事。概ね凍っているが水の流れもまぁまぁあった。
2
滝壺の辺りは大体凍っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝壺の辺りは大体凍っている。
1
引き気味のアングルで滝の全体像を捉える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き気味のアングルで滝の全体像を捉える。
滝見学を終え、登山へシフト。滝の駐車場は満車状態だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝見学を終え、登山へシフト。滝の駐車場は満車状態だった。
時坂峠から進行方向を間違え暫し進んでしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時坂峠から進行方向を間違え暫し進んでしまった。
引き返して峠の茶屋へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
引き返して峠の茶屋へ。
浅間尾根へ突入。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根へ突入。
営業はしていないが風情ある佇まいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
営業はしていないが風情ある佇まいだ。
この辺りでチェーンスパイク装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでチェーンスパイク装着。
完全な雪山である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全な雪山である。
1
左側が三頭山だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側が三頭山だろうか。
1
左へ進めば上川乗バス停だが、雪歩きをもう少し楽しみたいので、浅間尾根をゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左へ進めば上川乗バス停だが、雪歩きをもう少し楽しみたいので、浅間尾根をゆく。
静寂の中、雪山ハイク。最高である。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静寂の中、雪山ハイク。最高である。
進行方向右手には奥多摩三山が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向右手には奥多摩三山が見える。
ここを左にいくと人里バス停。直進する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左にいくと人里バス停。直進する。
藤倉バス停の分岐。ここが山と高原地図で一本杉と記された箇所だろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤倉バス停の分岐。ここが山と高原地図で一本杉と記された箇所だろうか。
数馬分岐。右へ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬分岐。右へ進む。
ここを直進すれば恐らく数馬峠だったと思うが、バス停の表記につられて林道を左に進んでしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを直進すれば恐らく数馬峠だったと思うが、バス停の表記につられて林道を左に進んでしまった。
ノートレースの林道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノートレースの林道。
1
除雪されているエリアへ辿り着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪されているエリアへ辿り着いた。
浅間尾根登山口バス停へ到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根登山口バス停へ到着。

感想/記録

昨年、一昨年は暖冬傾向だった為、さほど話題にもならなかった払沢の滝だが、
寒波が続く今年は、氷結しているとの事でヤマレコにも記録が多数アップされている。
東京都内に在住なので、せっかくなので行ってみる事にした。
まず驚くべきは武蔵五日市駅のバスだ。2ヵ月前に戸倉三山へ登る際、同経路のバスへ
乗車した際は、数名しか乗客がいなかったのだが、この日はバス待ちの長蛇の列。
まさか、バスに座る事ができない事態に陥るとは予想だにしていなかった。
そして、滝へ到着。概ね氷結していたが、期待していたほど感動はなかった…。
昨年は雲竜渓谷も見ているし、まぁこんなもんだろう、と気を取り直し登山へ向かった。
登山自体は、天気もよく、風も穏やかで静寂且つ快適な雪山ハイクとなった。
浅間尾根は比較的フラットな斜面なので、グリーンシーズンにはトレランスタイルで
再度山行してみても面白そうだと感じた。今回も成功。
訪問者数:354人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 高原 山行 東屋 渓谷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ