また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1375576 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

富士山満喫・雪の三国山稜(鉄砲木ノ頭、三国山、大洞山)

日程 2018年02月06日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
入山; 御殿場→山中湖・旭丘→平野(富士急山梨バス、1,530円)
下山; 篭坂峠→御殿場(富士急山梨バス、910円)


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
歩いたルートは三国山ハイキングコースと呼ばれ、道標やテープが完備している。コースの積雪は20〜60Cm程度。三国山ハイキングコース入口から三国山までとアザミ平から篭坂峠まではっしかり踏み固められているが、三国山からアザミ平は吹き溜まりや新雪でトレースが消えているところがある。アイゼンは使わなかったが、スパッツは必携である。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

山中湖畔から見た月明かりに浮かぶ富士山。
2018年02月06日 05:04撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中湖畔から見た月明かりに浮かぶ富士山。
6
夜明け前にパノラマ台に到着し、日の出を待った。
2018年02月06日 06:27撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前にパノラマ台に到着し、日の出を待った。
2
山頂に陽が当たり始めた。
2018年02月06日 06:36撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に陽が当たり始めた。
4
雪の山肌が美しく染まった紅富士。
2018年02月06日 06:40撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の山肌が美しく染まった紅富士。
13
上空には下弦の月が浮かんでいた。
2018年02月06日 06:41撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空には下弦の月が浮かんでいた。
6
パノラマ台から見た鉄砲木ノ頭。
2018年02月06日 06:44撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ台から見た鉄砲木ノ頭。
1
鉄砲木ノ頭を目指してカヤトの道を登る。
2018年02月06日 06:49撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄砲木ノ頭を目指してカヤトの道を登る。
御正体山(右)をはじめ、道志の山々にも陽が差してきた。
2018年02月06日 06:56撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山(右)をはじめ、道志の山々にも陽が差してきた。
6
鉄砲木ノ頭の山頂は広く開け、山中諏訪神社の奥宮がある。
2018年02月06日 07:15撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄砲木ノ頭の山頂は広く開け、山中諏訪神社の奥宮がある。
1
山頂からは富士山と山中湖の素晴らしい展望が広がる。
2018年02月06日 07:24撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは富士山と山中湖の素晴らしい展望が広がる。
12
御正体山(右)や石割山(中央)などの道志山塊の奥に三ッ峠山も見える。
2018年02月06日 07:17撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山(右)や石割山(中央)などの道志山塊の奥に三ッ峠山も見える。
1
黒岳(左)、御坂山、そして三ッ峠山(右)。
2018年02月06日 07:18撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳(左)、御坂山、そして三ッ峠山(右)。
王岳、鬼ヶ岳、十二ヶ岳、節刀ヶ岳(左から)などの御坂山塊の山々。
2018年02月06日 07:19撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
王岳、鬼ヶ岳、十二ヶ岳、節刀ヶ岳(左から)などの御坂山塊の山々。
1
御正体山(左)と甲相国境尾根の先には大室山(右)。
2018年02月06日 07:21撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山(左)と甲相国境尾根の先には大室山(右)。
甲相国境の山、菰釣山、加入道山、大室山(左から)。
2018年02月06日 07:22撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲相国境の山、菰釣山、加入道山、大室山(左から)。
1
南には明神ヶ岳、金時山、神山(左から)の箱根の山々が見える。
2018年02月06日 07:29撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には明神ヶ岳、金時山、神山(左から)の箱根の山々が見える。
三国山(左)を目指して三国峠へと下る。右は大洞山。
2018年02月06日 07:29撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山(左)を目指して三国峠へと下る。右は大洞山。
カヤトごしの富士山と月。
2018年02月06日 07:35撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトごしの富士山と月。
2
県道の三国峠を渡り、三国山へ。
2018年02月06日 07:39撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道の三国峠を渡り、三国山へ。
カヤトの鉄砲木ノ頭から一変、自然林の中を登る。
2018年02月06日 07:47撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カヤトの鉄砲木ノ頭から一変、自然林の中を登る。
神奈川、山梨、静岡の県境の三国山。樹木に囲まれ展望はあまりない。
2018年02月06日 08:05撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神奈川、山梨、静岡の県境の三国山。樹木に囲まれ展望はあまりない。
木々の間から見えた富士山。
2018年02月06日 08:08撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から見えた富士山。
富士山の南には愛鷹山が見えた。
2018年02月06日 08:07撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の南には愛鷹山が見えた。
なだらかな尾根道を歩く。雪質がよくクロスカントリースキーができそうだ。
2018年02月06日 08:24撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな尾根道を歩く。雪質がよくクロスカントリースキーができそうだ。
1
三等三角点のある大洞山。殆ど展望がなく、富士山がわずかに見えた。
2018年02月06日 09:54撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点のある大洞山。殆ど展望がなく、富士山がわずかに見えた。
大洞山の下りで真正面に見えた富士山。
2018年02月06日 10:16撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山の下りで真正面に見えた富士山。
大洞山は新雪と吹き溜まりでトレースがほとんど消えたところがあり、ラッセルを強いられた。
2018年02月06日 10:25撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山は新雪と吹き溜まりでトレースがほとんど消えたところがあり、ラッセルを強いられた。
南アルプスには雲がかかり、残念ながら見えなかった。
2018年02月06日 10:36撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスには雲がかかり、残念ながら見えなかった。
富士山にそろそろ雲が湧く時間になってきた。
2018年02月06日 10:40撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山にそろそろ雲が湧く時間になってきた。
2
愛鷹山が間近に見える。
2018年02月06日 10:40撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛鷹山が間近に見える。
遠く南には伊豆の山々。
2018年02月06日 10:40撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く南には伊豆の山々。
アザミ平から眺めた御坂山塊の山々。
2018年02月06日 10:48撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ平から眺めた御坂山塊の山々。
鬼ヶ岳、十二ヶ岳、節刀ヶ岳(左から)。
2018年02月06日 10:49撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岳、十二ヶ岳、節刀ヶ岳(左から)。
破風山(左)と黒岳。
2018年02月06日 10:49撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山(左)と黒岳。
三ッ峠山。
2018年02月06日 10:49撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峠山。
3
遥か北に甲武信ヶ岳。手前のハゲ山は高座山、右は杓子山。
2018年02月06日 10:50撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か北に甲武信ヶ岳。手前のハゲ山は高座山、右は杓子山。
1
アザミ平から見た富士山。
2018年02月06日 10:50撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ平から見た富士山。
アザミ平からの箱根の山々。明神ヶ岳、金時山、神山(左から)。大涌谷の噴煙も見える。
2018年02月06日 11:00撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ平からの箱根の山々。明神ヶ岳、金時山、神山(左から)。大涌谷の噴煙も見える。
大洞山(左)を振り返って見る。
2018年02月06日 11:05撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山(左)を振り返って見る。
篭坂峠から見た富士山の山頂部はほとんど雲に覆われていた。
2018年02月06日 11:50撮影 by Canon EOS M5, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭坂峠から見た富士山の山頂部はほとんど雲に覆われていた。
撮影機材:

感想/記録
by ayanao

富士山の展望が優れている三国山稜を歩いた。
夜明け前にパノラマ台に登り、くれない色に染まる美しい紅富士を見ることができた。その先の鉄砲木ノ頭やアザミ平などでも純白の富士山の眺めを満喫した。
コースはカヤトの鉄砲木ノ頭や自然林の三国山、大洞山、そして明るく開けたアザミ平と変化に富んだコースだった。
また、大洞山からアザミ平は風や新雪でトレースが消えかかった所があり、ラッセルを楽しめ、雪山気分を味わうこともできた。

訪問者数:411人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 三角点 スパッツ 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ