また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1376056 全員に公開 雪山ハイキング中国山地西部

力強いトレースに導かれて吉和冠山

日程 2018年02月08日(木) [日帰り]
メンバー
天候雪のち曇り時々太陽
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ちょっとくすんでいますが、色とりどりのリボンが案内してくれます。
但し、寂地山との別れ近辺は、少しリボンが分かりにくくなっています。
先行の方が、力強いトレースをはっきりと残してくれています。
週末まで残っているのではないでしょうか?
雪がさらさらな分、非常にすべりやすいので、最初からスノーシュー装着です。
その他周辺情報道の駅スパ羅漢
第1,第3水曜日はお休み
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

さぁ、スタートです。
2018年02月08日 09:00撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、スタートです。
団体さんのトレース。
これがやがてお一人だけのスノーシューのトレースに変わります。
大股で、休むことなくズンズン進んでいます。大柄の30台くらいのマッチョマンをイメージしていましたが…
2018年02月08日 09:07撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
団体さんのトレース。
これがやがてお一人だけのスノーシューのトレースに変わります。
大股で、休むことなくズンズン進んでいます。大柄の30台くらいのマッチョマンをイメージしていましたが…
1
右は自然林の広島県。左は植林の山口県。右足は広島県で、左足は山口県です(笑)
2018年02月08日 09:36撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は自然林の広島県。左は植林の山口県。右足は広島県で、左足は山口県です(笑)
Oh!international.
こういうのいいですね。
2018年02月08日 09:48撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oh!international.
こういうのいいですね。
1
大きなブナ。根本から枝分かれしてる分、大峯山の峯太郎より太いかな?
2018年02月08日 10:15撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなブナ。根本から枝分かれしてる分、大峯山の峯太郎より太いかな?
2
左側は。山口県です。針葉樹の植林地帯は、ちょっと暗いですね。
2018年02月08日 10:23撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側は。山口県です。針葉樹の植林地帯は、ちょっと暗いですね。
1
自然林は、右側の広島県。葉っぱが落ちて、明るいですね。
2018年02月08日 10:23撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林は、右側の広島県。葉っぱが落ちて、明るいですね。
2
少し雪深くなってきました。
雪景色も少しだけ変化してきました。風が巻きながら吹いたのでしょうか、木が南側も真っ白。
2018年02月08日 10:37撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雪深くなってきました。
雪景色も少しだけ変化してきました。風が巻きながら吹いたのでしょうか、木が南側も真っ白。
1
1164ピーク。残念ながら眺望なし。
2018年02月08日 11:02撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1164ピーク。残念ながら眺望なし。
雪庇。
どこまでが地面なんだろ?
確かめられないのが悔しい!
2018年02月08日 11:14撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇。
どこまでが地面なんだろ?
確かめられないのが悔しい!
土滝山手前の1226小ピーク。
ここで先行者に追い付きました。
お会いしてみると、なんと!私より、多分年上で、ほんの少し私より身長は高いと思いますが、決してマッチョマンではありません!
すごいパワーです。
先行の方は、もうヘロヘロとのことで、ここで引き返そうと思っていたところ。
そこへ、私の登場。一目で初心者とわかってしまったんでしょうね。迷いやすい寂地山との別れまで案内しましょうと、力強いラッセル。
さらには、山頂手前の鞍部まで延長して頂き、感謝、感謝。
2018年02月08日 14:36撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土滝山手前の1226小ピーク。
ここで先行者に追い付きました。
お会いしてみると、なんと!私より、多分年上で、ほんの少し私より身長は高いと思いますが、決してマッチョマンではありません!
すごいパワーです。
先行の方は、もうヘロヘロとのことで、ここで引き返そうと思っていたところ。
そこへ、私の登場。一目で初心者とわかってしまったんでしょうね。迷いやすい寂地山との別れまで案内しましょうと、力強いラッセル。
さらには、山頂手前の鞍部まで延長して頂き、感謝、感謝。
5
一旦夏道から逸れて、再び夏道に合流。
先行者とここでお別れ。
ヘロヘロだと言いながら、迷いやすいからと、ここまで案内して頂きました。本当にありがとうございます。
あなたがいなければ、とっくに諦めて、引き返していたでしょう。
また、どこかでお会いできたらいいですね。
2018年02月08日 13:57撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦夏道から逸れて、再び夏道に合流。
先行者とここでお別れ。
ヘロヘロだと言いながら、迷いやすいからと、ここまで案内して頂きました。本当にありがとうございます。
あなたがいなければ、とっくに諦めて、引き返していたでしょう。
また、どこかでお会いできたらいいですね。
1
最後の急斜面の手前。1300mを越えてきました。
低木が多くなってきました。
2018年02月08日 12:53撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急斜面の手前。1300mを越えてきました。
低木が多くなってきました。
頂上だ!
石碑か何かかと思ったら、モンスター。
2018年02月08日 13:11撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上だ!
石碑か何かかと思ったら、モンスター。
3
冠山の立て札が奥に見えます!
この雪のモフモフ感、伝わるでしょうか?結構きついですよ。
2018年02月08日 13:13撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠山の立て札が奥に見えます!
この雪のモフモフ感、伝わるでしょうか?結構きついですよ。
1
ついにたどり着きました!4時間超。
ゆっくり休憩できないのが、つらいところ。
2018年02月08日 13:16撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにたどり着きました!4時間超。
ゆっくり休憩できないのが、つらいところ。
2
飯山貯水地かな?真っ白なのは。
2018年02月08日 13:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯山貯水地かな?真っ白なのは。
1
ちょっとガスってきました。
頑張って下山しよう。正味10分程度のランチ休憩。きびし〜い!
2018年02月08日 13:27撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとガスってきました。
頑張って下山しよう。正味10分程度のランチ休憩。きびし〜い!
モンスター一家の集合写真。「お父さん、早く、早く」
2018年02月08日 14:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスター一家の集合写真。「お父さん、早く、早く」
4
「ほーい。今行くよ。」
2018年02月08日 14:24撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ほーい。今行くよ。」
2
西側にゲレンデ?
2018年02月08日 14:36撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側にゲレンデ?
2
お日さんが、少し西に傾いてきました。
2018年02月08日 15:18撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お日さんが、少し西に傾いてきました。
戻って来ました。4時ちょっとすぎ。
ヘロヘロ😵🌀
昔の冠山のゲレンデです。
1回だけ子どもを連れて来たことがありました。
2018年02月08日 16:04撮影 by SC-04J, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って来ました。4時ちょっとすぎ。
ヘロヘロ😵🌀
昔の冠山のゲレンデです。
1回だけ子どもを連れて来たことがありました。
2

感想/記録

果たして頂上までたどり着けるか?
積雪量、トレースの有無が明暗を分けると思ってました。

登山道は北進から最後東進と単純ですが、寂地山との別れ付近は、地図上でも不安材料でした。
実際、現地を見ても一人なら確実に迷っていた可能性はあります。起伏のない地形はやはりわかりずらいですね。

積雪量は、思っていたより少なかったです(下手すれば膝上以上のラッセルかと思っていましたので)。トレースがあったので、なおさら楽に進むことができました。ただ、さらさらの雪なので、非常によく滑ります。なので、最初から最後までスノーシュー装着。

トレースは、すぐにお一人だけのスノーシューのものになりました。それも今日スタートしたもの。
このトレースのおかげで、ルートをチェックすることもなく、ラッセルすることもなく、撤退することもなく進むことができました。
トレースからはスノーシュー装着時の足の運び方なども勉強させられました。トレースで熟練した方だと、私でもわかるくらいです。

最終的には、その方に頂上手前の鞍部まで案内して頂き、不安な部分も問題なくやり過ごすことができ、登頂に至ることができました。改めてお礼申し上げます。

鞍部から頂上までは、一気に膝ラッセルでかなりヘロヘロになってしまいました。
ここまで連れて来てもらって、時間切れタイムアップはさすがにないやろ、その一心で登頂しました。
結果オーライですが、際どいところだと思います。

それはともかく、松ノ木峠からのコースは、縦走気分で歩くことができて、非常に楽しいコースですね。何回もあがる山になりそうです。


頂上手前の鞍部までのトレースは、往復二人分のスノーシューですから、週末ぐらいまでは十分持つと思います。雪次第ではありますが。
そこから山頂へのトレースは無視して頂いても(笑)

いやーっ、でも私としては非常によく歩きました。これなら夏場に10km超のコースもチャレンジできそうです。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ