また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378622 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

厳冬期谷川岳、ゆるキャン△雪洞泊(行こう!歯科健診登山部)

日程 2018年02月11日(日) 〜 2018年02月12日(月)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間5分
休憩
1分
合計
1時間6分
S天神平10:1710:55天神平・天神峠分岐点10:5611:23熊穴沢避難小屋
2日目
山行
1時間46分
休憩
2分
合計
1時間48分
熊穴沢避難小屋07:5509:08天神平・天神峠分岐点09:40天神平09:4209:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

雪洞泊用にスコップ有り、テント無し。食料と水込みで12.9キロ。
荷物の重さで腰痛が出て敗退した八ヶ岳は、16.1キロでした。今回は大丈夫かな?
2018年02月10日 14:14撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞泊用にスコップ有り、テント無し。食料と水込みで12.9キロ。
荷物の重さで腰痛が出て敗退した八ヶ岳は、16.1キロでした。今回は大丈夫かな?
上毛高原駅到着。
2018年02月11日 07:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上毛高原駅到着。
バスで谷川岳ロープウェイ駅へ。
2018年02月11日 07:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで谷川岳ロープウェイ駅へ。
黄色が滑走許可、赤が禁止区域。
2018年02月11日 08:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色が滑走許可、赤が禁止区域。
本日の天神平の天気。
2018年02月11日 08:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の天神平の天気。
家でお湯を入れてくるのを忘れたので、自販機でお茶を購入。テルモスと山専ボトルに入れます。
2018年02月11日 09:14撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家でお湯を入れてくるのを忘れたので、自販機でお茶を購入。テルモスと山専ボトルに入れます。
田尻沢下山コースは閉鎖中。
2018年02月11日 09:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田尻沢下山コースは閉鎖中。
天候は曇り。
2018年02月11日 09:36撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候は曇り。
天神平到着。ガスとやや雪。
天神平から登るのは1年ぶりです。
2018年02月11日 10:12撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平到着。ガスとやや雪。
天神平から登るのは1年ぶりです。
出発します。
2018年02月11日 10:15撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発します。
積雪量は260センチ。
2018年02月11日 10:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪量は260センチ。
登山口へ。
2018年02月11日 10:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口へ。
スキー場脇の急登を登ります。
2018年02月11日 10:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場脇の急登を登ります。
急登を上がった所にテント村が。
ここで雪洞泊もいいかな?と思いましたが、まだ10時半と時間も早いし、いざという時に逃げ込める熊穴沢避難小屋まで進むことに。
2018年02月11日 10:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を上がった所にテント村が。
ここで雪洞泊もいいかな?と思いましたが、まだ10時半と時間も早いし、いざという時に逃げ込める熊穴沢避難小屋まで進むことに。
BCスキー、スノボへの注意喚起。
2018年02月11日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BCスキー、スノボへの注意喚起。
かなり強い文言で注意しています。事故が多いんでしょうね。
2018年02月11日 10:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり強い文言で注意しています。事故が多いんでしょうね。
雪でトレースが消えかけている箇所も。
2018年02月11日 10:53撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪でトレースが消えかけている箇所も。
途中で(多分)雪洞泊の準備をしていた先行者2人を追い越しました。
2018年02月11日 11:03撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で(多分)雪洞泊の準備をしていた先行者2人を追い越しました。
気温は−5℃。
2018年02月11日 11:04撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は−5℃。
稜線の西側には雪庇が。
トマの耳とオキの耳の間の雪庇は東側に伸びていますが、場所によって風向きが違うのでしょうか?地形も関係するのかな?
2018年02月11日 11:07撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の西側には雪庇が。
トマの耳とオキの耳の間の雪庇は東側に伸びていますが、場所によって風向きが違うのでしょうか?地形も関係するのかな?
木道のとトラバース道。
翌日は雪で踏み跡が埋もれて恐怖のトラバース道に。
2018年02月11日 11:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道のとトラバース道。
翌日は雪で踏み跡が埋もれて恐怖のトラバース道に。
熊穴沢避難小屋到着。
2018年02月11日 11:24撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋到着。
入口は掘り出された後、また埋まっている模様。
中を見てみたかったのですが、入った後もふもふの雪を登るのが大変そうなのでやめておきました。
2018年02月11日 11:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口は掘り出された後、また埋まっている模様。
中を見てみたかったのですが、入った後もふもふの雪を登るのが大変そうなのでやめておきました。
先住者の跡。
2018年02月11日 11:26撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先住者の跡。
避難小屋の10m程西側に、丁度いい傾斜と降雪の雪洞適地がありました。
2018年02月11日 11:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の10m程西側に、丁度いい傾斜と降雪の雪洞適地がありました。
スコップとテムレスを装備。
2018年02月11日 11:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スコップとテムレスを装備。
垂直に2m程掘り、その後90センチ程掘り進め、更にそこからT時型に横穴を掘ります。
2018年02月11日 12:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂直に2m程掘り、その後90センチ程掘り進め、更にそこからT時型に横穴を掘ります。
雪を掘った穴からかき出すのに、手だけでなく足も使います。全身雪まみれ。
2018年02月11日 12:45撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪を掘った穴からかき出すのに、手だけでなく足も使います。全身雪まみれ。
雪洞を掘っている間、雪が降り続いていました。荷物は雪まみれに。
2018年02月11日 13:19撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞を掘っている間、雪が降り続いていました。荷物は雪まみれに。
2時間で概形が出来ました。内部の仕上げに更に1時間。
慣れればもっと早くなるのかな?
2018年02月11日 13:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時間で概形が出来ました。内部の仕上げに更に1時間。
慣れればもっと早くなるのかな?
出入り口はツェルトで塞ぎます。酸欠防止に、多少の隙間は残しておきます。
2018年02月11日 13:31撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入り口はツェルトで塞ぎます。酸欠防止に、多少の隙間は残しておきます。
この時点で外は➖7℃。
2018年02月11日 13:50撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点で外は➖7℃。
壁に棚も作りました。
画像が赤っぽいのは、オレンジのツェルト越しの明かりだからです。
2018年02月11日 14:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁に棚も作りました。
画像が赤っぽいのは、オレンジのツェルト越しの明かりだからです。
出入り口は一段低く掘り、靴の脱ぎ履きがしやすくしています。
ツェルトはスコップで抑えています。
2018年02月11日 14:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出入り口は一段低く掘り、靴の脱ぎ履きがしやすくしています。
ツェルトはスコップで抑えています。
雪洞の足側。
シュラフカバーは持ってきましたが、それでもシュラフは湿気でびっしょりでした。もう少し広く掘って、シュラフが壁に接触しないようにした方が良かったようです。
2018年02月11日 14:57撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞の足側。
シュラフカバーは持ってきましたが、それでもシュラフは湿気でびっしょりでした。もう少し広く掘って、シュラフが壁に接触しないようにした方が良かったようです。
ツエルトを抑えるのに、端っこのループをピッケルで固定したら、うっかり天井を突き破ってしまいました。天井全体が崩落しなくてよかった。
2018年02月11日 15:23撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツエルトを抑えるのに、端っこのループをピッケルで固定したら、うっかり天井を突き破ってしまいました。天井全体が崩落しなくてよかった。
遅い昼食、蒙古タンメン中本。
2018年02月11日 15:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅い昼食、蒙古タンメン中本。
軽量化の為にゾウ足も省いたので、足先が冷たくて堪りません。仕方ないので、登山靴を履いたままシュラフに入ります。シュラフを破かないように、ゴミ袋を足先にかぶせます。

それなりに暖かったですが、登山靴を履きっぱなしになるので、1泊以上は足先が蒸れてくると思われます。
2018年02月11日 17:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽量化の為にゾウ足も省いたので、足先が冷たくて堪りません。仕方ないので、登山靴を履いたままシュラフに入ります。シュラフを破かないように、ゴミ袋を足先にかぶせます。

それなりに暖かったですが、登山靴を履きっぱなしになるので、1泊以上は足先が蒸れてくると思われます。
男おいどん的、縞のサルマタ…ではなくトランクスが写っています。下山後の着替えを枕代わりにしています。
2018年02月11日 17:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男おいどん的、縞のサルマタ…ではなくトランクスが写っています。下山後の着替えを枕代わりにしています。
雪洞内の温度は、概ね−5℃。
雪洞を掘った昼間〜翌朝の明け方までほぼ変わらず。
雪洞の教本には「雪洞内はほぼ0℃」とあるものが多いですが、酸欠を恐れてツェルトの隙間を開けすぎたかな?
2018年02月11日 18:06撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞内の温度は、概ね−5℃。
雪洞を掘った昼間〜翌朝の明け方までほぼ変わらず。
雪洞の教本には「雪洞内はほぼ0℃」とあるものが多いですが、酸欠を恐れてツェルトの隙間を開けすぎたかな?
1
手持ちの衣服、シュラフ(アルパインダウンハガー#1、SOLエスケープビビィ)、マット(ネオエアーXサーモ)でも寒い!マットはもう一枚クローズドセルのものを持ってくるべきでした。

ロープウェイ駅で買ったお茶を沸かしてプラティパスに注ぎ、アイゼンケースに入れて湯たんぽに。股の間に挟むと2時間は暖かく眠れました。湯たんぽが冷めると、寒さで目も覚めてしまい、沸かし直さなければならないのが欠点ですが…
2018年02月11日 17:43撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ちの衣服、シュラフ(アルパインダウンハガー#1、SOLエスケープビビィ)、マット(ネオエアーXサーモ)でも寒い!マットはもう一枚クローズドセルのものを持ってくるべきでした。

ロープウェイ駅で買ったお茶を沸かしてプラティパスに注ぎ、アイゼンケースに入れて湯たんぽに。股の間に挟むと2時間は暖かく眠れました。湯たんぽが冷めると、寒さで目も覚めてしまい、沸かし直さなければならないのが欠点ですが…
雪洞の壁を削って、飲む用のお湯を作ります。
2018年02月11日 17:49撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪洞の壁を削って、飲む用のお湯を作ります。
ダウンジャケットは、湿気を含んでペチャンコに。何かやり方がまずかったのか、雪洞泊なら仕方ないのか…
2018年02月11日 20:35撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダウンジャケットは、湿気を含んでペチャンコに。何かやり方がまずかったのか、雪洞泊なら仕方ないのか…
明け方の外気温は−14℃。
2018年02月12日 04:38撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方の外気温は−14℃。
寒いので、寝袋に足を入れたままで朝食その他雪洞内の撤収。
2018年02月12日 04:52撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒いので、寝袋に足を入れたままで朝食その他雪洞内の撤収。
使用済みの雪洞は、踏み抜かぬようにちゃんと破壊します。
2018年02月12日 07:16撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使用済みの雪洞は、踏み抜かぬようにちゃんと破壊します。
朝日が昇ります。
昨日のトレースは、夜中に降り続いた雪ですっかり消えてしまいました。
2018年02月12日 07:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が昇ります。
昨日のトレースは、夜中に降り続いた雪ですっかり消えてしまいました。
ヤマテンでは、朝早くは晴れるものの、それ以降は断続的に降雪があるとのこと。
避難小屋からトマ〜オキの耳まで難所があるわけではないですが、トレースがすっかり消えた状態でガスに巻かれるリスクがあります。
今回の参考の目的は雪洞泊なので、下山することにしました。
2018年02月12日 07:17撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマテンでは、朝早くは晴れるものの、それ以降は断続的に降雪があるとのこと。
避難小屋からトマ〜オキの耳まで難所があるわけではないですが、トレースがすっかり消えた状態でガスに巻かれるリスクがあります。
今回の参考の目的は雪洞泊なので、下山することにしました。
作業中にかいた汗が凍り、ドラクエのマドハンド的オブジェと化したテムレス。
2018年02月12日 07:25撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
作業中にかいた汗が凍り、ドラクエのマドハンド的オブジェと化したテムレス。
木道のトラバース、そのちょい先の急登があるので、スノーシューではなくアイゼンを装備。
2018年02月12日 07:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道のトラバース、そのちょい先の急登があるので、スノーシューではなくアイゼンを装備。
朝日が登っても、やはり気温は−14℃。
2018年02月12日 07:40撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が登っても、やはり気温は−14℃。
谷川岳を振り返ります。
山頂はまた今度。
2018年02月12日 07:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳を振り返ります。
山頂はまた今度。
避難小屋から天神平へ向けて出発します。真っさらな雪面に自分がトレースを付けます。気持ちいい!
2018年02月12日 07:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から天神平へ向けて出発します。真っさらな雪面に自分がトレースを付けます。気持ちいい!
自撮り。
2018年02月12日 07:56撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り。
右側は(多分)雪庇です。踏み抜かないよう、立木寄りのコースを取ります。
2018年02月12日 08:00撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側は(多分)雪庇です。踏み抜かないよう、立木寄りのコースを取ります。
木道のトラバース通過後。
トレースが昨夜の雪ですっかり埋もれていました。
2018年02月12日 08:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道のトラバース通過後。
トレースが昨夜の雪ですっかり埋もれていました。
ピッケルを深く差し込み、アイゼンの前爪を雪面に蹴り込んでカニ歩きで慎重に進みます。
2018年02月12日 08:32撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッケルを深く差し込み、アイゼンの前爪を雪面に蹴り込んでカニ歩きで慎重に進みます。
トラバース間もなく終了。こーゆう緊張が緩む時が一番危ないので、慎重に慎重に…
後から写真を見ると、大した傾斜では無いことがわかるのですが、現場ではかなりきつい傾斜に感じました。もっと経験を積まねば。
2018年02月12日 08:28撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース間もなく終了。こーゆう緊張が緩む時が一番危ないので、慎重に慎重に…
後から写真を見ると、大した傾斜では無いことがわかるのですが、現場ではかなりきつい傾斜に感じました。もっと経験を積まねば。
冬の天神尾根唯一の難所(?)となっている急登。
これもステップが雪で埋もれていたので、やはりピッケルと前爪を使ってカニ歩きで通過します。直登してもよかったのかな?
2018年02月12日 08:48撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の天神尾根唯一の難所(?)となっている急登。
これもステップが雪で埋もれていたので、やはりピッケルと前爪を使ってカニ歩きで通過します。直登してもよかったのかな?
膝下ラッセル多し。行きはほぼトレースを追えばよかったので、一晩でこれだけ積もったということ?
2018年02月12日 08:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝下ラッセル多し。行きはほぼトレースを追えばよかったので、一晩でこれだけ積もったということ?
天神平に戻りました。
ロープウェイ始発組の方々とスレ違いましたが、山頂まで行けたのかな?
2018年02月12日 09:41撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平に戻りました。
ロープウェイ始発組の方々とスレ違いましたが、山頂まで行けたのかな?
無事下山。けがなくてよかったね!
2018年02月12日 09:51撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。けがなくてよかったね!
寝る前に靴下に貼った靴用ホッカイロは、山中では全く暖かくならず、下山してから発熱しました。氷点下では発熱しないのかな?
2018年02月12日 10:20撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝る前に靴下に貼った靴用ホッカイロは、山中では全く暖かくならず、下山してから発熱しました。氷点下では発熱しないのかな?
1

感想/記録

ずっとやってみたかった雪洞泊。
熊穴沢避難小屋そばでやってみました。

最初に小さく作りすぎて、壁に接触したシュラフを濡らしたり、厳冬期では防寒用にマットや衣類を工夫しなければならないことがわかったりと、反省点は多いものの、楽しかったです。またやろうっと。

年末山行で、16キロの荷を担いで腰痛が出たのですが、今回は12.9キロで腰痛は出ませんでした。ただ、軽量化を意識して防寒グッズを省いたせいか、寒かった…
訪問者数:534人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ