また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379409 全員に公開 ハイキング東海

猿投山(猿投神社側から)

日程 2018年02月12日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿投山麓駐車場
https://goo.gl/maps/E3HMJAbQKD62
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
1時間58分
合計
5時間4分
S猿投山麓駐車場09:4110:00登山口10:24東海自然歩道休憩所10:2610:30武田道分岐10:3410:40大岩展望台10:4110:44猿投山公衆トイレ10:5511:09東の宮11:1911:25カエル石11:2611:36猿投山11:5712:02陽だまりの休憩所12:0812:15猿投山12:1812:30東の宮12:42猿投山公衆トイレ12:4612:57西の宮13:4013:59大岩展望台14:0614:06武田道分岐14:0914:11東海自然歩道休憩所14:27登山口14:2914:45猿投山麓駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報最寄りのコンビニ
ファミリーマート豊田深見店
https://goo.gl/maps/1BjsGnM7NRs
セブン-イレブン 豊田市中山インター店
https://goo.gl/maps/JrhpmenxU5G2
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

yuzuru99 重量:5.34kg

写真

駐車場から舗装路をけっこう登ってきて、ようやく登山口に到着。
2018年02月12日 10:01撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から舗装路をけっこう登ってきて、ようやく登山口に到着。
1
途中に「大岩展望台」という展望台がありました。
岩場で視界が開けておりなかなかのパノラマ感で気持ち良かったですよ。
登山を終えて分かりましたが、猿投山の一番の絶景ポイントはここからの景色でした。
■パノラマ写真
http://pnr.ma/acxQrk
http://pnr.ma/eaukWj
2018年02月12日 10:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に「大岩展望台」という展望台がありました。
岩場で視界が開けておりなかなかのパノラマ感で気持ち良かったですよ。
登山を終えて分かりましたが、猿投山の一番の絶景ポイントはここからの景色でした。
■パノラマ写真
http://pnr.ma/acxQrk
http://pnr.ma/eaukWj
1
猿投神社の東の宮の参道(普通に登山道ですが)入口です。
2018年02月12日 10:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投神社の東の宮の参道(普通に登山道ですが)入口です。
1
猿投神社の東の宮に到着。
猿投山山頂まではもうしばらくありますが、この先はあまり登りはなく気持ちよく歩けます。
2018年02月12日 11:13撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投神社の東の宮に到着。
猿投山山頂まではもうしばらくありますが、この先はあまり登りはなく気持ちよく歩けます。
1
カエル石だそうです。目と口が書いてありました(笑)
2018年02月12日 11:27撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエル石だそうです。目と口が書いてありました(笑)
1
猿投山山頂に到着です。
ちょうど曇り初めて、太陽も雲で隠れてしまい景色は微妙。
天気が良いと白山と御嶽山が見えるらしい。
ここに来るまでの道中は残雪も凍ったところも無かったですが、山頂だけは吹きざらしだからか地面がカッチカチに凍っていました。
2018年02月12日 11:37撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投山山頂に到着です。
ちょうど曇り初めて、太陽も雲で隠れてしまい景色は微妙。
天気が良いと白山と御嶽山が見えるらしい。
ここに来るまでの道中は残雪も凍ったところも無かったですが、山頂だけは吹きざらしだからか地面がカッチカチに凍っていました。
1
山頂にある温度計では氷点下3°でした。山頂は風も強く体感温度はかなり寒く、手袋をしていても手の指先が痛いくらいでした。懸念された薄手の登山パンツはタイツを履いていればへっちゃらでしたが・・・
あと、寒さからかiPhoneのバッテリーが急激に減っており、モバイルバッテリーをつなげました。登り始めるときはフル充電状態だったのですがね。やっぱWEBに繋いだり、内蔵カメラ使ったりしていると減りも早いですね。
ヤマレコアプリでGPSのログも取っていたし山登りにはモバイルバッテリーは必須っぽいですね。
2018年02月12日 11:39撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にある温度計では氷点下3°でした。山頂は風も強く体感温度はかなり寒く、手袋をしていても手の指先が痛いくらいでした。懸念された薄手の登山パンツはタイツを履いていればへっちゃらでしたが・・・
あと、寒さからかiPhoneのバッテリーが急激に減っており、モバイルバッテリーをつなげました。登り始めるときはフル充電状態だったのですがね。やっぱWEBに繋いだり、内蔵カメラ使ったりしていると減りも早いですね。
ヤマレコアプリでGPSのログも取っていたし山登りにはモバイルバッテリーは必須っぽいですね。
2
山頂からちょっと先に下ったところに休憩場があるようだったので行ってみました。
ここで昼ごはんにしても良かったがあまりにも寒いので、おやつで持ってきていたおかしを摘んでエネルギー補給してすぐに来た道を戻りました。
2018年02月12日 12:07撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からちょっと先に下ったところに休憩場があるようだったので行ってみました。
ここで昼ごはんにしても良かったがあまりにも寒いので、おやつで持ってきていたおかしを摘んでエネルギー補給してすぐに来た道を戻りました。
1
案内表示の看板を見ていたら猿投神社には西の宮もあるということがわかり寄ってみました。
本当は違う道で下って来れば来られたのですが、再びすごい急な階段で登って来ました。
2018年02月12日 13:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内表示の看板を見ていたら猿投神社には西の宮もあるということがわかり寄ってみました。
本当は違う道で下って来れば来られたのですが、再びすごい急な階段で登って来ました。
1
ここはメインの登山道から外れているのもあって人が全然来ないし、ちょうど休憩用のテーブルもあったのでここで昼食と食後のコーヒーを摂りました。午後からは下ってきても結構寒かったので熱々のカップラーメンとコーヒーがめちゃくちゃおいしかったです。
2018年02月12日 13:09撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはメインの登山道から外れているのもあって人が全然来ないし、ちょうど休憩用のテーブルもあったのでここで昼食と食後のコーヒーを摂りました。午後からは下ってきても結構寒かったので熱々のカップラーメンとコーヒーがめちゃくちゃおいしかったです。
1
撮影機材:

感想/記録

今回は一人での山登りだったのでiPhoneのチェックインアプリでうだうだ文章を打ったり、SNSの投稿を確認したり、道中でもデジカメでパシャパシャ写真を撮ったりでかなりマイペースで登りました(^_^;)
なので、振り返ると思ったよりは歩いた距離があったのにぜんぜん疲れなかったです。(帰宅してから気だるさは出てきましたが・・・)
今回、初めて伸縮性もある登山パンツを試したのですがなかなか良いもんですね。段差が大きい階段でも足が上げやすく、先回の綿のチノパンに比べかなり楽に感じました。やはり道具は重要ですね。
猿投山の登山道は綺麗に整備されていて歩きやすかったのもあってトレッキングポールは試さなかったです・・・また今度で(^_^;)

■写真( Google フォト)
https://photos.app.goo.gl/y3k9woywC06q3NAn2
訪問者数:319人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

GPS
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ