また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1381032 全員に公開 ハイキング丹沢

宮地山・シタンゴ(震旦郷)山

日程 2018年02月14日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー22人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間32分
休憩
55分
合計
4時間27分
Sスタート地点09:3410:43宮地山10:5011:11タコチバ山11:1211:32高圧送電線鉄塔11:3912:15シダンゴ山12:5513:31水場14:01宇津茂の大きなしだれ桜14:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
一部雪解けのぬかるみはあるが、気になる程ではない。
滑って転んでもさほど危険はなく、園児でも歩行可能です。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

総勢23名。宮地山経由シダンゴ山へ。
素晴らしい天候です。
同じバスで『新座山の会』も多数の方が同じコースを歩きます。
2018年02月14日 10:00撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
総勢23名。宮地山経由シダンゴ山へ。
素晴らしい天候です。
同じバスで『新座山の会』も多数の方が同じコースを歩きます。
1
田代向の方から進んできて、宮地山・シダンゴ山方面へ進みます。
2018年02月14日 10:04撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代向の方から進んできて、宮地山・シダンゴ山方面へ進みます。
1
麓の大寺集落の人々が建てたと思われる石仏があります。明治の元号しか判読できませんでした。
2018年02月14日 10:10撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麓の大寺集落の人々が建てたと思われる石仏があります。明治の元号しか判読できませんでした。
1
ここまでは軽車両が侵入可能です。
地図では一本線から鎖線に変わります。
2018年02月14日 10:25撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでは軽車両が侵入可能です。
地図では一本線から鎖線に変わります。
1
宮地山まで10分。
距離や時間が書いてあると助かります。
2018年02月14日 10:34撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮地山まで10分。
距離や時間が書いてあると助かります。
1
宮地山山頂(512m)です。標識通り10分で到着しました。
2018年02月14日 10:43撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮地山山頂(512m)です。標識通り10分で到着しました。
2
新座山の会の皆さんも20人くらいの大勢です。
抜きつ抜かれつでしたが、この後はシダンゴ山頂で昼食中に追いつくのがやっとでした。
『新座山の会』のHPもご覧ください。
会員募集は60歳までだから、若いはづです。
2018年02月14日 10:46撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新座山の会の皆さんも20人くらいの大勢です。
抜きつ抜かれつでしたが、この後はシダンゴ山頂で昼食中に追いつくのがやっとでした。
『新座山の会』のHPもご覧ください。
会員募集は60歳までだから、若いはづです。
1
タコチバ山(588m)
山名の由来が思いつきません。
2018年02月14日 11:11撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコチバ山(588m)
山名の由来が思いつきません。
2
タコチバ山から50mちょっと下ってからシダンゴ山への上りとなります。所要時間30分。
団体のため、途中で休憩が入り、頂上までは45分かかりました。
2018年02月14日 11:28撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコチバ山から50mちょっと下ってからシダンゴ山への上りとなります。所要時間30分。
団体のため、途中で休憩が入り、頂上までは45分かかりました。
1
「ミヤマシキミ」だそうです。”億両”の異名があるそうです。”千両””万両”はポピュラーだが、知らなかったです。一両(アリドオシ)、十両(ヤブコウジ)、百両(カラタチバナ)、千両(センリョウ)、万両(マンリョウ)、億両(ミヤマシキミ)はすべて赤い実がなる縁起ものです。
2018年02月14日 11:29撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ミヤマシキミ」だそうです。”億両”の異名があるそうです。”千両””万両”はポピュラーだが、知らなかったです。一両(アリドオシ)、十両(ヤブコウジ)、百両(カラタチバナ)、千両(センリョウ)、万両(マンリョウ)、億両(ミヤマシキミ)はすべて赤い実がなる縁起ものです。
3
0.3Kmに元気づけられます。
2018年02月14日 12:01撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0.3Kmに元気づけられます。
1
女坂を登ります。
2018年02月14日 12:05撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女坂を登ります。
1
まだ5分あるのか。
2018年02月14日 12:07撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ5分あるのか。
1
シダンゴ山に到着です。
丁度お昼時で、多くの人で賑わっていました。
2018年02月14日 12:14撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴ山に到着です。
丁度お昼時で、多くの人で賑わっていました。
2
ベンチは一つしかなく、地面は少し濡れていて敷物がないと座れない状態でした。
2018年02月14日 12:14撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチは一つしかなく、地面は少し濡れていて敷物がないと座れない状態でした。
2
大山、伊勢原、厚木方面
2018年02月14日 12:15撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山、伊勢原、厚木方面
3
肩富士が見えます。
2018年02月14日 12:15撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩富士が見えます。
3
祠の傍にシダンゴ山の由来が記されていました。
仏教を伝えた中国の仙人に由来するようです。
2018年02月14日 12:16撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の傍にシダンゴ山の由来が記されていました。
仏教を伝えた中国の仙人に由来するようです。
1
山頂の標識。横板も良いが、一本棒も好きです。
2018年02月14日 12:39撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の標識。横板も良いが、一本棒も好きです。
3
雪をかぶった左端が蛭ヶ岳だろうか。
手前の右側は鍋割山、左は雨山だろう。
2018年02月14日 12:39撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪をかぶった左端が蛭ヶ岳だろうか。
手前の右側は鍋割山、左は雨山だろう。
4
大山から塔ノ岳へ続く丹沢の表尾根。
2018年02月14日 12:47撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山から塔ノ岳へ続く丹沢の表尾根。
3
シダンゴ山からは、登り返しがない下り一途です。
下りが苦手の人には苦痛です。
2018年02月14日 13:12撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴ山からは、登り返しがない下り一途です。
下りが苦手の人には苦痛です。
1
獣除けを漸く下界に出ました。
2018年02月14日 13:46撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣除けを漸く下界に出ました。
1
茶畑の向こうに春を感じます。
2018年02月14日 13:54撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑の向こうに春を感じます。
2
ろうばいが山腹を飾っています。
2018年02月14日 14:00撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ろうばいが山腹を飾っています。
1
ろうばい祭りは2/12までですが、花はまだまだ盛りで”満開”と表示されていました。
私は入園せずに直帰しました。
2018年02月14日 14:07撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ろうばい祭りは2/12までですが、花はまだまだ盛りで”満開”と表示されていました。
私は入園せずに直帰しました。
1

感想/記録
by adoppo

今年初めて楽笑山歩会に参加した。
23名の大集団である。特別親しく会話する人はいないが、時折話しながら歩く。中には始終、話を楽しそうにしている女性もいる。
私は子供時代の肺結核の影響で登りが極端に苦手である(肺年齢は95歳)。すぐに息が上がり苦しくなる。長く歩いていると呼吸が整って来て、調子が出てくるのである。
ところが、大集団だと、ペースを合わせるために度々小休憩をとる。
私には、これが苦手なのである。ゆっくりでもよいから進んで欲しいと思いながら、素直に従っている。再び歩き始めると、苦しくなるからである。
自分としては一番遅い人のペースに合わせて進めば、休まなくても良いはづなので、ゆっくり進もうと思っているが、いつしか、一番遅い人よりも速いペースで歩いている。困ったものである。
訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ