また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1383076 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

雪の丹沢山(塩水橋スタート)

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
橋本駅でピックアップしてもらい塩水橋まで。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間50分
休憩
9分
合計
7時間59分
S塩水橋07:5308:21天王寺橋08:2208:44天王寺峠08:4709:42モチゴヤノ頭(蜘蛛ヶ淵ノ頭)10:27檜ノタツマ10:43天王寺尾根分岐10:55大崩ノタツマ(大クドレ)10:5811:33丹沢山12:13みやま山荘12:49丹沢山13:12大崩ノタツマ(大クドレ)13:23天王寺尾根分岐13:2414:29雨量計14:3015:40塩水橋15:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・丹沢山山頂手前の鎖場は、道が荒れてるので注意。
・下りの分岐から堂平へ向かう下りが急。アイゼンしてても慎重に。
・下りの山道が終わったあとの林道が凍っているので、適宜アイゼンを着け外しして歩いた。
その他周辺情報宮ヶ瀬湖畔のホテル「みはる」で日帰り入浴。露天もなく、温泉ではないが空いてて貸切状態。入浴後は名物「ダムカレー」をいただいた。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

登山道スタート!
2018年02月17日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道スタート!
ここまで50分くらい
2018年02月17日 08:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで50分くらい
さるのこしかけ。これが取り付くと木の養分が吸い取られて、朽ちていくらしい。思ったより硬かった。
2018年02月17日 10:29撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さるのこしかけ。これが取り付くと木の養分が吸い取られて、朽ちていくらしい。思ったより硬かった。
丹沢三峰からの道と合流。ここまでくればあとひといき。
2018年02月17日 11:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢三峰からの道と合流。ここまでくればあとひといき。
山頂到着。富士が見えた!
2018年02月17日 11:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。富士が見えた!
標識の間に富士を入れてみました
2018年02月17日 11:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識の間に富士を入れてみました
山頂の雪の様子はこんな感じ
2018年02月17日 12:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の雪の様子はこんな感じ
みやま山荘の温度計は1℃だった。
2018年02月17日 12:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みやま山荘の温度計は1℃だった。
名物ダムカレー
2018年02月17日 17:27撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物ダムカレー
撮影機材:

感想/記録

赤城山に行く予定が悪天候のため、中止に。せっかくだから、どこか行こう、ということで雪の丹沢山へ。
往路は天王寺峠経由で天王寺尾根を歩いた。標高800mを過ぎたあたりで道の状況を見つつ軽アイゼンを装着。軽アイゼンが初めての同僚は、義父からもらったというカジタックスを丁寧に装着し、その雪の感触に歓声をあげていた。(初めのうちは)
天気がよく、風もそれほどない穏やかな週末の雪山ハイクを楽しみながら、山頂に向けて歩いた。

山頂ではランチの後、10万円のドローン飛行が披露され、新しい山行の楽しみの扉が開く予感がした。

復路の分岐からの急な下りで膝に負荷がかかり、林道をショートカットする破線ルートの下りが少しキツかった。林道にでてからもアスファルトを歩けるかと思いきやそうはいかず所々で凍った道があらわれ、軽アイゼンを付けたり外したりしながら下りた、最後の最後にコケたりしないように注意しながら。

適度な雪歩きが出来て、翌週の赤岳に向けていい練習となった。

帰りの日帰り風呂は、宮ヶ瀬湖のホテル「みはる」。施設は古かったが、空いていてのんびりと疲れを癒すことができた。

次回の丹沢は、登りで歩いている時に右に見え続けていた丹沢三峰に登ってみたい。
訪問者数:304人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ