また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384278 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳

日程 2018年02月16日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴⇨高曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中の湯温泉旅館 駐車場 前日電話予約 500円

コースタイム [注]

登山開始(中の湯温泉)6:20
広場(2037m)    8:37〜8:49
偽コル(ルート間違い)10:47
頂上直下       11:19〜11:29 
頂上(北峰)     11:42〜11:53
頂上直下       12:00〜12:11
広場         12:52〜13:08
登山終了       14:23

総行動時間     8:03
休憩時間       1:00
実行動時間    7:03(登り5:00+下り2:03)
コース状況/
危険箇所等
全ての区間で20〜40cmの積雪
頂上直下までスノーシュー使用
(最後の5分はクランポン・スノーシューでも行けたかも?)
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けと雲海・・・綺麗。いい日になりそう。
2018年02月16日 07:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けと雲海・・・綺麗。いい日になりそう。
2
広場からのツインピーク。
2018年02月16日 08:37撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場からのツインピーク。
3
広場までのスノーシュー跡。これからも続きます。
2018年02月16日 08:49撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場までのスノーシュー跡。これからも続きます。
1
北峰頂上。標識と笠ヶ岳。クラスト無し。雪深し!
穂高・槍・乗鞍・白山など360度の展望台!
ボッチでした・・・。
2018年02月16日 11:42撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰頂上。標識と笠ヶ岳。クラスト無し。雪深し!
穂高・槍・乗鞍・白山など360度の展望台!
ボッチでした・・・。
5
落盤(?)の跡・・・怖かった。
(登頂後に撮影)
2018年02月16日 12:00撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落盤(?)の跡・・・怖かった。
(登頂後に撮影)
落盤回避の為に頂上直下の噴煙孔の地面を直登。
右側の岩の辺りが要注意です。
(登頂後に撮影)
2018年02月16日 12:13撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落盤回避の為に頂上直下の噴煙孔の地面を直登。
右側の岩の辺りが要注意です。
(登頂後に撮影)
1
時間切れで南峰は次回のお楽しみ。
全くの一人旅。トレース跡を誰も使ってくれなくて残念・・・。
左手に延びているのは、行きにルートミスした偽のコルへのトレースです。トホホ・・・。
2018年02月16日 12:21撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間切れで南峰は次回のお楽しみ。
全くの一人旅。トレース跡を誰も使ってくれなくて残念・・・。
左手に延びているのは、行きにルートミスした偽のコルへのトレースです。トホホ・・・。
1
中の湯温泉まであと少し。小鳥のえさ小屋付きの露天風呂が楽しみです。(日帰り入浴700円)
2018年02月16日 14:17撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の湯温泉まであと少し。小鳥のえさ小屋付きの露天風呂が楽しみです。(日帰り入浴700円)

感想/記録
by flhtc

1970mまでトレース有り。その後は時々の赤テープと動物の足跡が頼り。
全ての区間20〜40cmの積雪でスノーシュー三昧でした。(泣)

一つ東側のコルの方が乗り越えやすいと判断。しかし北峰の取り付きまでの下りがいやらしく、夏道ルートでコルに再進入しました。

北峰直下の噴気孔の地点でスノーシュー終了、クランポン装着。
5歩目に踏み抜き、危うく全身が落ちそう(落盤の危険性!)で暫く動けませんでした。雪の下は地熱でかなり雪が溶けています。怖かった〜。

噴気孔の上部の地面を直登、最後の斜面もパウダー状の積雪で難儀しました。
ルートを選べばスノーシューでも行けたかも・・・

好天に恵まれてどうにかこうにかの冬の焼岳でした。
次回は今回時間切れの南峰を考えます。
訪問者数:258人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ