また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384602 全員に公開 アルパインクライミング槍・穂高・乗鞍

西穂高岳西尾根、今回も途中敗退・・

日程 2018年02月17日(土) 〜 2018年02月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候2/17 雪時々曇り
2/18 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は新穂高登山指導センター向かいにある登山者専用無料駐車場(冬期)に止めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間44分
休憩
0分
合計
9時間44分
S新穂高登山指導センター06:4509:30西尾根取付き14:13P194616:29宿泊地
2日目
山行
3時間55分
休憩
8分
合計
4時間3分
宿泊地08:5011:20西尾根取付き11:2812:53新穂高登山指導センターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・西穂高岳西尾根は冬期バリエーションルートです。
気軽に登れるルートではないのでしっかり計画準備して登りましょう!
 
・天気、風、雪の質や量などで難易度は変わると思います。
 自己責任で事故のないよう登りましょう。
 ご安全に!!

★2/18現在の状況
 ・穂高平小屋まではスキーヤーのトレースがありますが締まってなく若干潜ります。
  (行きはノートレースの夏道ショートカットをラッセルして登りました。)
 
 ・穂高平小屋からはノートレース。
  (翌日、下山時には前日のトレースは消えてました。)
 
 ・標高1946m少し手前から落とし穴地獄(ツリーホールや岩場のせいで)が始まりなかなか前に進めませんでした。

 ・西尾根は日があるうちは小鍋谷から柳谷の方へ日没直前から朝までは柳谷から小鍋谷のほうへ風が吹き抜けてました。

 ・2/17は5〜10cmぐらいのパウダー状の新雪が根雪に乗ってて傾斜のきついところでラッセルしていると上層だけ崩れる嫌な感じの雪でした・・・
  2/18の下山時には上下の雪の層はちゃんと結合している感じでした。
その他周辺情報下山後は『ひらゆの森』で汗を流しました。
http://www.hirayunomori.co.jp
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

2/17
新穂高登山指導センターで登山届を提出し登山スタート
2018年02月17日 06:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2/17
新穂高登山指導センターで登山届を提出し登山スタート
2
ノートレースの夏道ショートカットをラッセルして登っていきます!
2018年02月17日 08:26撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノートレースの夏道ショートカットをラッセルして登っていきます!
6
黙々と2人でラッセルしていると槍ヶ岳へ行く5人PTが追いついてきてラッセルを代わってもらいました。
2018年02月17日 08:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と2人でラッセルしていると槍ヶ岳へ行く5人PTが追いついてきてラッセルを代わってもらいました。
4
今回西尾根への取付きは前回の時のよう尾根を回り込んで東から取付かず西側から取付きました。
2018年02月17日 09:30撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回西尾根への取付きは前回の時のよう尾根を回り込んで東から取付かず西側から取付きました。
最初しばらくは急登・・
今回同行のTさんは雪山にめっぽう強くてラッセルもガンガンこなします!
2018年02月17日 10:52撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初しばらくは急登・・
今回同行のTさんは雪山にめっぽう強くてラッセルもガンガンこなします!
4
ようやく前回の撤退地点・・
いい加減疲れてきたなー(-_-;)
2018年02月17日 11:45撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく前回の撤退地点・・
いい加減疲れてきたなー(-_-;)
急登が終わって平らなところにでましたが、登りはまだまだ終わらない・・
2018年02月17日 13:39撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が終わって平らなところにでましたが、登りはまだまだ終わらない・・
標高1954m
この少し手前から落とし穴ゾーン突入でツリーホールや岩場のいせいで踏みぬいて穴に落ちるのでなかなか前に進めません・・
2018年02月17日 14:13撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1954m
この少し手前から落とし穴ゾーン突入でツリーホールや岩場のいせいで踏みぬいて穴に落ちるのでなかなか前に進めません・・
ゴロゴロ岩場を通過。
この後時間切れでこの日の目的地標高2400mまで登れず途中標高2100m付近でテントを張る
2018年02月17日 15:10撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴロゴロ岩場を通過。
この後時間切れでこの日の目的地標高2400mまで登れず途中標高2100m付近でテントを張る
1
2/18
朝食は餅入りきつねうどん
2018年02月18日 07:34撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2/18
朝食は餅入りきつねうどん
4
テント幕営跡地。
朝、テントの外に出てみると予想に反して晴天でしたが昨夜の時点で登頂は諦めていたのでテキパキとテントを撤収して下山します。
2018年02月18日 08:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント幕営跡地。
朝、テントの外に出てみると予想に反して晴天でしたが昨夜の時点で登頂は諦めていたのでテキパキとテントを撤収して下山します。
1
雪煙舞う西穂高岳・・
2018年02月18日 08:59撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪煙舞う西穂高岳・・
4
槍までの稜線♫
2018年02月18日 09:01撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍までの稜線♫
7
昨日のトレースは消えてました。
何回か間違った方向へ下りましたが、すぐにおかしいと気付きその都度GPSで現在地を確認し方向修正しながら下りました。
2018年02月18日 10:57撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日のトレースは消えてました。
何回か間違った方向へ下りましたが、すぐにおかしいと気付きその都度GPSで現在地を確認し方向修正しながら下りました。
1
尾根を真っすぐ突ききって下山!
2018年02月18日 11:28撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を真っすぐ突ききって下山!
1
新穂高登山指導センターで下山届を提出し下山完了
2018年02月18日 12:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高登山指導センターで下山届を提出し下山完了
2

感想/記録

西穂西尾根再チャレンジ・・・前回ソロで途中敗退したので今回は所属山岳会メンバーで雪山にめっぽう強い&体力有り余る健脚のTさんを誘って計画を立てました。
今回はTさんと2人で行くので登頂は何の問題ないと思ってましたが天気予報は悪いみたいです・・・
ま、なんとかなるだろう(笑)
クライム・オン!

ヾ響

・駐車場に着くと止まっている車が私の他に1台のみ・・・また誰とも会わずラッセルしっぱなしの登山になるのか?と不安がよぎりましたが見事的中。。穂高平小屋までの夏道ショートカットで会った槍ヶ岳へ行く5人PTに一時だけラッセルを代わってもらえましたが最初から最後までラッセル登山になりました(-_-)
 (2/18に西尾根を下山し終えたところでソロの男性に会いました。)

・標高1954mの少し手前から落とし穴ゾーン突入・・・
 ツリーホールや岩場のいせいで踏みぬいて穴に落ちるのでなかなか前に進めませんでした(-_-;)

・前回と同様、初日に2400m付近まで登ってテントを張る予定でしたが時間切れで標高2100m付近で幕営しました。
 
・朝暗いうちに出発して初日の遅れを取り戻すことも考えましたが、落とし穴地獄にメンタルをやられ、翌日の天気予報もいまいちで稜線上は強風予報ということなので今回もおとなしく途中敗退することにして明日朝から下山することにしました。。

・翌朝明るくなるまでぐっすり寝ててゆっくり朝ごはん・・・
 撤収して下山するのにテントの外に出ると青空・・・
 『しまった!』と思っても後の祭り・・・
 今から登ってもロープウェイ最終便までに西穂高口駅まで行けないのでおとなしく下山しました・・・

・前日のトレースは完全に消えていて途中何回か間違った方向へと下りましたが、すぐにおかしいと気付きその都度GPSで現在地を確認し方向修正しながら下りました。
 (だいぶ下ってから間違いに気付いた箇所が1個所あり、その時の登り返しがきつかった・・)

・今回も途中敗退になった西穂西尾根・・・いつか登れる日が来るのかなー?


反省

・25kg程度の荷物を背負って楽々ラッセルできればいいんでしょうが今の体力じゃ無理・・・複数人で行く場合は荷物を分担して軽量化をシビアに実践しよう。。

・次回再チャレンジするならもう1人加えた3人PTで終始ラッセル登山のタイムスケジュールで登る計画を立てよう。。
訪問者数:413人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/29
投稿数: 944
2018/2/19 20:21
 Tさん❗
凄い🎵お疲れさまでした✨
登録日: 2012/12/12
投稿数: 1367
2018/2/20 12:26
 Re: Tさん❗
その凄いTさんが『ninesさんのほうが数倍強いです!』と言ってましたよ(笑)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 急登 GPS テン 撤退 ロープウェイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ