また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1386687 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

雨巻山〜三登谷山、鶏足山〜焼森山、etc.

日程 2018年02月21日(水) 〜 2018年02月22日(木)
メンバー
 005Harry(記録)
, その他メンバー2人
天候晴れのち雪。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間27分
休憩
2時間31分
合計
5時間58分
S安善寺スタート08:2608:31芳賀富士登山道入口08:41芳賀富士09:0609:14芳賀富士登山道入口09:1609:19車移動(買い出し)〜雨巻山スタート10:4112:00雨巻山12:2313:30三登谷山13:4914:24宿泊地
2日目
山行
2時間34分
休憩
3時間29分
合計
6時間3分
宿泊地09:0409:04車移動〜高館山スタート09:2809:32高館山09:4709:57車移動〜鶏足山スタート11:0211:38鶏足山11:4412:05焼森山12:4613:10車移動〜友部富士山スタート14:0815:07ゴールG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
焼森山へ向かう途中に気を遣う岩場あり。その他は特に危険な箇所はなし。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 登山靴 靴下 手袋 防寒着 レインウェア ザック 昼食 補給食 飲料 地形図 コンパス ヘッドランプ 常備薬 スマホ 手ぬぐい ストック カメラ 携帯三脚 熊鈴 予備バッテリー バーナー CB缶 クッカー

写真

先月に引き続き叔父さんに誘われて、益子焼が有名な栃木県益子町方面へ向かった。天気予報は良くなかったけれど、晴れ間も時々出てくれて一安心。東北道を北上中に日光三山も観られた。
2018年02月21日 06:52撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先月に引き続き叔父さんに誘われて、益子焼が有名な栃木県益子町方面へ向かった。天気予報は良くなかったけれど、晴れ間も時々出てくれて一安心。東北道を北上中に日光三山も観られた。
東北道から北関東道に入り、北東側に加波山〜筑波山が近付いて来た頃、真岡ICから降りて益子町で叔父さんの友人(以下料理長)と待ち合わせ。今回は計4名での山行。
2018年02月21日 07:21撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東北道から北関東道に入り、北東側に加波山〜筑波山が近付いて来た頃、真岡ICから降りて益子町で叔父さんの友人(以下料理長)と待ち合わせ。今回は計4名での山行。
買い出し予定のスーパーがまだ開店してなかったので、まずは足慣らしで芳賀富士(大平山)に登ってみる事にした。安善寺で安全祈願してから路面凍結の坂を登って登山口へ。
2018年02月21日 08:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
買い出し予定のスーパーがまだ開店してなかったので、まずは足慣らしで芳賀富士(大平山)に登ってみる事にした。安善寺で安全祈願してから路面凍結の坂を登って登山口へ。
階段を登って石の鳥居、さらに階段を登ると熊野神社。
2018年02月21日 08:37撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登って石の鳥居、さらに階段を登ると熊野神社。
芳賀富士山頂。標高271.66m。あっという間に1座登頂だと盛り上がった(笑)。
2018年02月21日 08:47撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳賀富士山頂。標高271.66m。あっという間に1座登頂だと盛り上がった(笑)。
1
山頂から南側にこれから登る雨巻山が観られた。その右方に霞んだ筑波山がチラッ。山頂から北側は防風林の様になっていて日光三山などは観られなかった。
2018年02月21日 08:50撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から南側にこれから登る雨巻山が観られた。その右方に霞んだ筑波山がチラッ。山頂から北側は防風林の様になっていて日光三山などは観られなかった。
改めてスーパーでお酒や食料など買い出しを済ませ、本日メインの雨巻山へ移動。林道の奥にある17番の分岐からスタート。間もなく15番の分岐からは沢コースへ進んだ。
2018年02月21日 11:03撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めてスーパーでお酒や食料など買い出しを済ませ、本日メインの雨巻山へ移動。林道の奥にある17番の分岐からスタート。間もなく15番の分岐からは沢コースへ進んだ。
沢コースというだけあって滑り易い岩場が少し歩き難い。鎖場もあった。凍結している箇所もチラホラ。この画像はアクションカムの自動撮影。
2018年02月21日 11:11撮影 by ContourRoam3, Contour
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢コースというだけあって滑り易い岩場が少し歩き難い。鎖場もあった。凍結している箇所もチラホラ。この画像はアクションカムの自動撮影。
北側斜面なので余計に寒さを感じる。ところどころにつららも出来ていた。
2018年02月21日 11:31撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面なので余計に寒さを感じる。ところどころにつららも出来ていた。
1
滑り易い急登での鎖がとても有難い。
2018年02月21日 11:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑り易い急登での鎖がとても有難い。
9番の分岐に到着。尾根に出てホッ…。
2018年02月21日 11:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9番の分岐に到着。尾根に出てホッ…。
ピッタリ12時に雨巻山山頂に到着。標高533.3m。今回の山行の2座目。ポストの中にはイラストマップがあって、それによると沢コースは下山に向かないと記されていた。ええ、その通り。
2018年02月21日 12:03撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピッタリ12時に雨巻山山頂に到着。標高533.3m。今回の山行の2座目。ポストの中にはイラストマップがあって、それによると沢コースは下山に向かないと記されていた。ええ、その通り。
1
山頂には沢山のベンチとテーブルがあったのでランチタイム。買い出し時にスーパー内のパン屋さんで購入した桜とうぐいす豆のパン。美味しかった。それとドーナツも。美味しかった。
2018年02月21日 12:08撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には沢山のベンチとテーブルがあったのでランチタイム。買い出し時にスーパー内のパン屋さんで購入した桜とうぐいす豆のパン。美味しかった。それとドーナツも。美味しかった。
雨巻山からは三登谷山へ寄ってみる事にした。適度なアップダウンがあってニセピーク?もあったりして縦走している感を味わえた。
2018年02月21日 12:55撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨巻山からは三登谷山へ寄ってみる事にした。適度なアップダウンがあってニセピーク?もあったりして縦走している感を味わえた。
三登谷山の山頂。標高433m。今回3座目。こちらの山頂にもベンチとテーブルがあった。
2018年02月21日 13:30撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三登谷山の山頂。標高433m。今回3座目。こちらの山頂にもベンチとテーブルがあった。
山頂から北側。画像左の高館山にこれから出向いて今回4座目にしようかと皆で話したけれど、早くお酒を飲みたい欲が勝って明日に持ち越し(笑)。
2018年02月21日 13:31撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北側。画像左の高館山にこれから出向いて今回4座目にしようかと皆で話したけれど、早くお酒を飲みたい欲が勝って明日に持ち越し(笑)。
午前中に足慣らしで登った芳賀富士も観られた。独立峰で確かにミニ富士山と思える綺麗な山容だった。
2018年02月21日 13:31撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中に足慣らしで登った芳賀富士も観られた。独立峰で確かにミニ富士山と思える綺麗な山容だった。
1
南側には加波山〜筑波山。山頂から大川戸方面へ少し降りたところから観られた。
2018年02月21日 13:35撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には加波山〜筑波山。山頂から大川戸方面へ少し降りたところから観られた。
少し休憩して下山開始。このあと16番の分岐からは東側に向かい、スタート地点の17番の分岐に無事下山。そこからテント泊が出来そうな場所まで車で移動。
2018年02月21日 13:50撮影 by ContourRoam3, Contour
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩して下山開始。このあと16番の分岐からは東側に向かい、スタート地点の17番の分岐に無事下山。そこからテント泊が出来そうな場所まで車で移動。
料理長が持って来てくれた4名寝られる大きなテントを張り、タープを建ててブルーシートで壁を作って寒さ対策。この時点で気温は2〜3℃。まだ明るいうちから早速飲み会。
2018年02月21日 16:16撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
料理長が持って来てくれた4名寝られる大きなテントを張り、タープを建ててブルーシートで壁を作って寒さ対策。この時点で気温は2〜3℃。まだ明るいうちから早速飲み会。
2
料理長は餃子も焼いてくれた。美味しかった。キャンプ時にはお世話になりっ放し。過去の燧ヶ岳登山では焼き蕎麦も振舞ってくれた。ありがたやー。
https://goo.gl/iB5Mua
2018年02月21日 16:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
料理長は餃子も焼いてくれた。美味しかった。キャンプ時にはお世話になりっ放し。過去の燧ヶ岳登山では焼き蕎麦も振舞ってくれた。ありがたやー。
https://goo.gl/iB5Mua
2
そして焚き火も開始。どんどん冷え込む。オリンピックが気になるけれど圏外なのでスマホでは観られず。でも料理長がラジオを出してくれた。
2018年02月21日 17:17撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして焚き火も開始。どんどん冷え込む。オリンピックが気になるけれど圏外なのでスマホでは観られず。でも料理長がラジオを出してくれた。
1
ラジオでオリンピックを聴きながらお酒が進む。
2018年02月21日 17:29撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラジオでオリンピックを聴きながらお酒が進む。
ベロベロに酔っぱらってしまった。飲み過ぎた。
2018年02月21日 17:42撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベロベロに酔っぱらってしまった。飲み過ぎた。
1
シメはカレーうどん。お餅入り。食べ終わって寒空の下でウトウト。結局、楽しみにしていたパシュート決勝を聴く余力なく就寝。
2018年02月21日 19:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シメはカレーうどん。お餅入り。食べ終わって寒空の下でウトウト。結局、楽しみにしていたパシュート決勝を聴く余力なく就寝。
1
翌日まだ暗いうちにテントの外へ出ると雪が降っていた。森の中は驚くほどの静寂。非日常。
2018年02月22日 05:57撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日まだ暗いうちにテントの外へ出ると雪が降っていた。森の中は驚くほどの静寂。非日常。
1
朝御飯は目玉焼きと納豆で御飯。味噌汁付き。料理長は本日の昼食も予め用意してくれた。
2018年02月22日 07:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝御飯は目玉焼きと納豆で御飯。味噌汁付き。料理長は本日の昼食も予め用意してくれた。
2
気温マイナス2℃。テントを片付けて焚き火休憩してから出発。
2018年02月22日 08:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温マイナス2℃。テントを片付けて焚き火休憩してから出発。
まずは持ち越しにされてしまった高館山に寄り道。薄っすら雪の登山道。
2018年02月22日 09:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは持ち越しにされてしまった高館山に寄り道。薄っすら雪の登山道。
山頂がどこだか判らず少しウロウロしつつ高館山山頂。標高301.8m。山頂近くに駐車場があったので簡単にピークハント。今回4座目だと変に盛り上がった(笑)。
2018年02月22日 09:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂がどこだか判らず少しウロウロしつつ高館山山頂。標高301.8m。山頂近くに駐車場があったので簡単にピークハント。今回4座目だと変に盛り上がった(笑)。
1
吹けば飛ぶよな…雪。サラサラ。
2018年02月22日 09:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹けば飛ぶよな…雪。サラサラ。
そして本日メインの鶏足山へ移動。林道を進むと登山口があった。ファミリーコースという案内板に少しホッとした僕。
2018年02月22日 11:04撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして本日メインの鶏足山へ移動。林道を進むと登山口があった。ファミリーコースという案内板に少しホッとした僕。
藤井川の源流。
2018年02月22日 11:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤井川の源流。
地蔵岩。ここから数分で弛み峠。
2018年02月22日 11:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岩。ここから数分で弛み峠。
雪道。弛み峠から北東へ向かう。
2018年02月22日 11:28撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道。弛み峠から北東へ向かう。
1
鶏足山山頂。標高430.5m。ココが5座目という事で6座目の焼森山へ向かったけれど、手前の標識には「伝説の鶏足山まで260m」という表記。
2018年02月22日 11:39撮影 by ContourRoam3, Contour
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鶏足山山頂。標高430.5m。ココが5座目という事で6座目の焼森山へ向かったけれど、手前の標識には「伝説の鶏足山まで260m」という表記。
1
弛み峠まで戻ってきた。止むだろうと思っていた雪はまだ降り続いていた。気温はマイナス1℃〜0℃くらい。
2018年02月22日 11:53撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弛み峠まで戻ってきた。止むだろうと思っていた雪はまだ降り続いていた。気温はマイナス1℃〜0℃くらい。
1
焼森山へ向かう途中、鶏足山を振り返る。やはりあの尖ったところが本当の山頂だったのではないかと皆で疑い始める(笑)。
2018年02月22日 12:03撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山へ向かう途中、鶏足山を振り返る。やはりあの尖ったところが本当の山頂だったのではないかと皆で疑い始める(笑)。
画像は霧氷ではないけれど少しだけ霧氷っぽく感じられた風景。
2018年02月22日 12:05撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
画像は霧氷ではないけれど少しだけ霧氷っぽく感じられた風景。
落ちたら大ケガしてしまいそうな箇所。つまづかない様に慎重な足運びで。ドキドキ。
2018年02月22日 12:06撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちたら大ケガしてしまいそうな箇所。つまづかない様に慎重な足運びで。ドキドキ。
1
焼森山山頂。標高423m。程良い広さというか狭さというか居心地が良く、雪はサラサラと降り続いていたけれどココでランチタイム。
2018年02月22日 12:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼森山山頂。標高423m。程良い広さというか狭さというか居心地が良く、雪はサラサラと降り続いていたけれどココでランチタイム。
2
スーパーで購入したお惣菜や野菜、料理長が作ってくれたサンドウィッチ用の玉子などなど。雪が舞っているのでトマトに塩が振ってあるのかと勘違いしたりしつつ皆でランチを楽しんだ。
2018年02月22日 12:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スーパーで購入したお惣菜や野菜、料理長が作ってくれたサンドウィッチ用の玉子などなど。雪が舞っているのでトマトに塩が振ってあるのかと勘違いしたりしつつ皆でランチを楽しんだ。
2
誰も来ない雪の降る山頂を満喫。熱々の珈琲も楽しんでから下山開始。
2018年02月22日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も来ない雪の降る山頂を満喫。熱々の珈琲も楽しんでから下山開始。
2
大変お世話になった料理長とは下山後に鶏足山駐車場付近でお別れ。
2018年02月22日 12:52撮影 by ContourRoam3, Contour
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大変お世話になった料理長とは下山後に鶏足山駐車場付近でお別れ。
帰路に就いて南下している際、笠間市の友部IC付近で富士山という山を見つけた。何となく最後に7座目に登ってから帰ろうかという事になった(笑)。
2018年02月22日 14:12撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に就いて南下している際、笠間市の友部IC付近で富士山という山を見つけた。何となく最後に7座目に登ってから帰ろうかという事になった(笑)。
登山道が判らないので適当に尾根を目指す。
2018年02月22日 14:21撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が判らないので適当に尾根を目指す。
藪漕ぎの嵐。倒木の嵐も。地形図にある登山道らしき尾根に辿り着くも藪の中だった。
2018年02月22日 14:26撮影 by SH-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪漕ぎの嵐。倒木の嵐も。地形図にある登山道らしき尾根に辿り着くも藪の中だった。
ついにヒト1人も通れなくなるくらいの藪。それでも無理矢理突き進んで行くと…。
2018年02月22日 14:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにヒト1人も通れなくなるくらいの藪。それでも無理矢理突き進んで行くと…。
何となく山頂らしい雰囲気の場所に辿り着いたので、7座目はこのピークいう事で富士山山頂へ行かずに下山開始(笑)。
2018年02月22日 14:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となく山頂らしい雰囲気の場所に辿り着いたので、7座目はこのピークいう事で富士山山頂へ行かずに下山開始(笑)。
下山も藪漕ぎ。藪漕ぎに次ぐ藪漕ぎ。どうせ藪漕ぎならばと最短距離で林道へ向かう。既に帰路に就いた料理長も僕らが最後にこんな事をしているとは思わないだろうな…と何だか笑えてきた。
2018年02月22日 14:56撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も藪漕ぎ。藪漕ぎに次ぐ藪漕ぎ。どうせ藪漕ぎならばと最短距離で林道へ向かう。既に帰路に就いた料理長も僕らが最後にこんな事をしているとは思わないだろうな…と何だか笑えてきた。
藪を漕ぎまくって涸沼川沿いの林道に出た。年に何回か生物を観察しに出掛ける涸沼へと繋がっている川の上流。
2018年02月22日 15:01撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪を漕ぎまくって涸沼川沿いの林道に出た。年に何回か生物を観察しに出掛ける涸沼へと繋がっている川の上流。
2
そして無駄に泥汚れて帰路に就く(笑)。最後の最後に藪漕ぎという、しかも山頂に辿り着けないという、変な冒険感も味わった楽しい山行だった。次回は1日じっくり1つの山に登りたいかな。
2018年02月22日 15:28撮影 by DRV-610, KENWOOD
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして無駄に泥汚れて帰路に就く(笑)。最後の最後に藪漕ぎという、しかも山頂に辿り着けないという、変な冒険感も味わった楽しい山行だった。次回は1日じっくり1つの山に登りたいかな。
1

感想/記録

恒例となりつつある行き先は叔父さん任せの山行。2日間かけて幾つかの山を楽しみました。1日目メインの雨巻山は沢コースを歩きましたが、変化に富んでいて適度なスリルもあって楽しめました。2日目の鶏足山は帰宅後に調べると2つのピークがあるらしく、僕らが登ったのは南ピーク。現地で確認した地形図上では鶏足山でしたが、赤沢山という消え掛かった標識もあって少し判り難かったです。北ピークにも行っておけば良かったかなと後になって皆で話しました。そして、最後の最後に勢いで突入した笠間市の友部IC付近にある富士山(標高128m)、僕らは辿り着けませんでしたがヤマレコに登頂している方が居たので(https://goo.gl/BZxNXU )何となく気が済みました(笑)。テント泊の飲み会がメインとも言える楽しい山行でした。車移動の時間はコースタイム内の休憩時間として設定しました。
訪問者数:384人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ