また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1387961 全員に公開 アルパインクライミング剱・立山

岩メイン剱岳(八ツ峰Aフェース・Cフェース・Dフェース、チンネ左稜線、源次郎尾根喫側壁上部成城大)

日程 2017年09月06日(水) 〜 2017年09月15日(金)
メンバー , その他メンバー2人
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9/6 雨 雷鳥沢キャンプ場(5:30)剣沢野営場(9:30)=C1
 雷鳥沢キャンプ場で現地集合してC0する。翌日の悪天が見込まれたため、停滞を1日増やして入山。剣御前小屋までは重荷と冷風で消耗。小屋で30分ほど休憩して体を温める。剣沢小屋でここでのStayを勧められ、警備隊の方が不在であることと明日までの悪天を考えてここまでとする。訓練から帰ってきた警備隊の方にアプローチの情報をお聞きする。概ね大丈夫そうだ。

9/7 雨 停滞C1=C2
 雨で停滞。突風でフライが剝がされる。

9/8 雨のち曇り C2(6:30)熊の岩(12:10)=BC=C3
 雨が弱まるのを待って出発。近藤出発後間もなくザックの中のウィスキーを割る。平蔵谷出合いから夏道が雪渓に消えEP。長次郎谷を登っていくとガスが晴れてきて2日ぶりのお日様に迎えられる。八ツ峰機Ν曲間ルンゼの付近は雪渓が薄く途切れている箇所もあるため右岸捲き。あとは雪渓に乗って熊の岩まで。時間が微妙なのでこの日は取り付きへの偵察に留めた。妻のフェースが眺められる素晴らしいテンバでようやく入山を祝う。

9/9 快晴 BC(5:30)Cフェース剣稜会取付き(5:45)終了(8:45)5・6のコル(9:15)Aフェース中大取付き(9:45)終了(11:30)5・6のコル(12:10)BC(13:00)=C4
 快晴の日の出に迎えられてBCを発つ。
 Cフェース剣稜会 固い岩で快適そのもの。
1p 供銑掘40m 吉田 フェース〜バンド〜リッジ上のテラス。
2p 掘40m 吉田 凹角〜ハイ松混じりのフェース。ハイ松テラスまで。
3p 掘40m 笠井 リッジ右のスラブを左上してリッジまで。お日様にあたる。
4p 供20m 笠井 リッジ歩き。熊の岩を見下ろしながらの登攀。
5p 供20m 笠井 リッジをCフェースの頭まで。
 頭から八ツ峰縦走路を慎重にcdして5・6のコルまで。概ね階段状だが部分的に卦蘢度のcd。
 Aフェース中大
1p + 40m 近藤 凹角に沿ったクラックからフェースを左上。
2p + 40m 近藤 左の浅いチムニーからカンテ。カムがバシバシきまる。
3p 掘25m 近藤 ブッシュ混じりの岩を頭まで。
 下降は頭からcdして5・6のコルへ40mab。

 酒量の危機を感じ始めた。

9/10 晴 BC(4:20)チンネ左稜線取付き(6:20)終了(13:30)BC(15:30)=C5
 チンネを目指して長次郎谷右俣を登る。BCからEP。朝方は雪が固い。できるだけ雪渓を詰めて、上部は不安定なザレとガレを慎重に進む。池の谷乗越直下は雪渓が詰まっていたため再度EP。急である。池の谷ガリーはガレガレ。三の窓に出ると朝日とチンネがお出迎え。チンネ取付きまでは雪渓上端のザレと岩場を進む。直後にもう1パーティが続き、最後までご一緒することとなった。
 チンネ左稜線
1p 検30m 吉田 岩棚に上がってフェース〜バンドまで。
2p 検40m 吉田 バンド左端から縦に溝の入ったフェースをテラスまで。
3p 掘20m 吉田 段状をピナクル基部まで。
4p 掘20m 吉田 ピナクルと岩の間をつっぱりを交えて登り、リッジに出る。
5p 40m コンテ
6p 掘50m 近藤 リッジ裏側のハイ松混じりのフェース〜リッジ左の凹角。
7p 掘25m 近藤 リッジに出てピナクルの前まで。
8p 検40m 近藤 目の前のピナクルは上を行き、リッジをT5まで。
9p 后40m 近藤 核心。リッジ〜ハングを2つ超えてリッジ左の凹角。
10p 掘30m 笠井 凹角〜カンテ。コルまで。
11p 掘30m 笠井 リッジ。
12p 掘25m 笠井 リッジ。
13p 供40m 笠井 リッジをチンネ頭まで。握手を交わす。
 下降は八ツ峰との間にcdしてab2pで池の谷ガリーに降りる。BCに戻るべく池の谷ガリーを登っていると、八ツ峰からガリーを走り抜ける大きな落石があり肝を冷やす。池の谷乗越からの下りは雪渓の脇の岩場をcdして通過。あとは来た道をBCまで。
 時間がかかったので夜は反省会。笠井が酒量の危機を救い、酔った頭で神経衰弱をする。

9/11 晴のち曇り BC(6:30)Dフェース富山大取付き(6:45)終了(9:45)BC(11:00)=C6
 昨日の疲れもありのんびり起きる。
 Dフェース富山大
1p + 20m 笠井 ハングを左から捲き、フェースを登る。上部張り出しが核心。
2p 掘30m 笠井 凹角〜左のもろいフェース。
3p 検25m 近藤 右寄りの凹角を登って草付き混じりのフェース〜ハング下のバンドまで。トポより右を登ってしまったようで+もなく肩透かし。
4p 掘40m 近藤 バンドを左に行きリッジまで。
5p 検40m 近藤 高度感のあるリッジ。
6p 供50m 近藤 リッジを頭まで。
 八ツ峰縦走路を下ってAフェース直前でab25mで5・6のコルへ下降。

9/12 雨 停滞C6=C7
 前線を伴った低気圧の影響で雨。吉田の足元がウォーターベッドになった。「どうしたらいいんだぁ〜〜」
 翌日は天気の状況によって源次郎尾根側壁を登るか剱沢へBCを移すかを考えることにする。

9/13 雨のち晴 BC(8:50)剱沢野営場(13:00)C7=C8
 起きると雨なので二度寝。雨が止んでから熊の岩を去る。久々の重荷にあえぎながら剱沢野営場まで。夜はまさかの雨。

9/14 曇のち晴 C8(4:15)源次郎尾根取付き(5:10)成城大取付き(7:50)終了=源次郎尾根縦走路(12:30〜13:00)本峰(14:40)C8(17:00)=C9
 夜明け前からデッパ。平蔵谷出合いまで夏道、そこからEPで源次郎尾根取付きへ。源次郎尾根縦走路は踏み跡明瞭。1回ザック手渡し、1回クレッターに履き替える。いずれも部分的に卦蕕隆篥个蝓1βΔらルンゼが合流するコルで登攀準備して中央バンドへ向かう。踏み跡は所々不明瞭でたまに藪をこぐ。成城大ルートの取付きは中央バンドを登ってカンテの裏側にある凹角。取付きの洞穴には昨夜の雨で水が滴っている。
 源次郎尾根喫側壁上部成城大ルート
1p 掘25m 吉田 ブッシュ混じりの凹角を登る。
2p + 30m 近藤 凹角からカンテを右に回り、凹角基部のテラスまで。
3p 検30m 近藤 凹角〜クラック〜凹角に戻る。テラスを過ぎてからのフェースがびしょびしょに濡れている。スラブ状なのでピンが取れずいやらしい。これを直上してバンドを左へ行き、クラック基部まで。元蕕覆ら本山行中最もいやらしいリードとなった。
4p +A0 40m 近藤 クラック直上〜左へトラバース〜クラック〜小さいレッジまで。全員A0。白くて快適な花崗岩の壁を横切る良いピッチ。
5p 后40m 近藤 左のカンテを登って上部フェースを右上。ブッシュに突っ込む。
6p 掘50m 近藤 リッジ上の岩とハイ松を行く。
7p 供25m 近藤 リッジ上のハイ松を縦走路まで。
 ここからは源次郎尾根を本峰へ向けて進む。曲の下りでab30m。その後は急登を剱岳本峰まで。9日目にして初のピーク、感動を胸に夏道を下山。剱岳の夏道は鎖があるものの意外と高度感があって侮れない。丸一日よく動いた日だった。テンバで犯罪的に美味いビールを飲む。

9/15 晴 C9(7:40)雷鳥沢キャンプ場(9:20)
 夏道を下山。ヘリコプターが剱沢のショベルカーを持ち上げる様を目撃した。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

熊の岩より八ツ峰妻
2017年09月08日 15:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の岩より八ツ峰妻
登攀初日の朝
2017年09月09日 05:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登攀初日の朝
朝の長次郎谷
2017年09月09日 05:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の長次郎谷
Cフェース剣稜会
2017年09月09日 06:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cフェース剣稜会
Cフェース剣稜会
2017年09月09日 06:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cフェース剣稜会
Cフェース剣稜会上部リッジ
2017年09月09日 08:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cフェース剣稜会上部リッジ
池の谷ガリー
2017年09月10日 05:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の谷ガリー
三の窓に出る
2017年09月10日 05:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の窓に出る
朝日に照らされるチンネ
2017年09月10日 05:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に照らされるチンネ
チンネ左稜線1p目
2017年09月10日 06:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チンネ左稜線1p目
チンネ左稜線より三ノ窓雪渓(三ノ窓氷河?)
2017年09月10日 08:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チンネ左稜線より三ノ窓雪渓(三ノ窓氷河?)
チンネ左稜線核心の「鼻」
2017年09月10日 10:52撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チンネ左稜線核心の「鼻」
チンネ左稜線上部リッジ
2017年09月10日 13:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チンネ左稜線上部リッジ
下降ルート
2017年09月10日 14:19撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降ルート
熊の岩に帰り着く
2017年09月10日 14:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の岩に帰り着く
Dフェース富山大1p目
2017年09月11日 06:45撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Dフェース富山大1p目
熊の岩を後にする
2017年09月13日 08:59撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の岩を後にする
翌日登るルートを確認
2017年09月13日 11:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日登るルートを確認
源次郎尾根
2017年09月14日 06:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根
中央バンドから上部岩壁へ
2017年09月14日 07:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央バンドから上部岩壁へ
成城大取付き
2017年09月14日 07:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成城大取付き
源次郎尾根喫に出る
2017年09月14日 13:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根喫に出る
最終日の剱岳
2017年09月15日 07:39撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日の剱岳

感想/記録

ずっと行きたかった岩メインにようやく行くことができた。
白くて快適な剱岳の岩は、質が高くてとても楽しかった。景色も美しくて充実の10日間。
訪問者数:558人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雪渓 登攀 氷河 チンネ バンド
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ