また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388787 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

氷漠の雲竜渓谷

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り 気温−5℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雲竜渓谷登山口P
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
1時間0分
合計
4時間40分
S雲竜渓谷入口07:1009:10雲竜渓谷10:1011:50雲竜渓谷入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
11.8km 4h40m 23000歩
コース状況/
危険箇所等
トレース有
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

雲竜渓谷登山口Pまで無事到着したが、最後にスリップでチェーン装着に手間取り、若干スタートに遅れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜渓谷登山口Pまで無事到着したが、最後にスリップでチェーン装着に手間取り、若干スタートに遅れた
1
砂防堰堤が有形文化財
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防堰堤が有形文化財
1
河原歩き
土管の中を河が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原歩き
土管の中を河が
右岸に渡りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸に渡りました
アイゼンを付けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンを付けました
1
河原歩きが始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河原歩きが始まります
何度か渡渉がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渡渉がありました
トレースがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースがあります
ステップが埋もれた階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステップが埋もれた階段
氷柱が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷柱が見えました
岩の切れ間から
雲竜漠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の切れ間から
雲竜漠
1
斜面にトレースが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面にトレースが
岩壁をトラバース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩壁をトラバース
雲竜漠
アイスクライミングしてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲竜漠
アイスクライミングしてました
注意して下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意して下りました
下りは右岸の林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは右岸の林道歩き
日向砂防ダム展望台
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向砂防ダム展望台
日向砂防ダム
日本一の砂防ダム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向砂防ダム
日本一の砂防ダム
登山口に戻りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻りました
1

感想/記録
by moge

前から見たかった雲竜渓谷の氷漠、道の駅日光で車中泊。
早朝に雲竜渓谷入口Pに無事到着したが、駐車しようとした時スリップした為、タイヤチェーン装着。
登りは左岸の林道歩き、南西斜面の為雪は無し。
日向砂防ダムの河原を横切り右岸の林道から雪あり、河原歩きが始まったところでアイゼン装着。
何度か渡渉して雲竜渓谷に到着。
左岸の斜面にトレースがあり、注意ながら登ると雲竜漠の下に出た。
雲竜漠では3人がアイスクライミング中だった。
日曜にもかかわらず早い時間に氷柱見物が出来て、貸切状態で雪中ハイクを堪能した。

訪問者数:375人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ