また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389321 全員に公開 ハイキング東海

多度山

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ポケットパーク駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間39分
休憩
29分
合計
3時間8分
Sポケットパーク駐車場14:3015:18多度山15:2915:49多度峡分岐17:04多度大社駐車場17:2117:29健脚コース登山口17:37ポケットパーク駐車場17:3817:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
◆多度山の前に登った藤原岳
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1389320.html
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

ポケットパーク駐車場を起点に、「眺望満喫コース」を歩き始めます。
2018年02月25日 14:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポケットパーク駐車場を起点に、「眺望満喫コース」を歩き始めます。
「のんびりコース」が分岐する第1見晴台の付近には、紅梅が咲き始めています。この先はクネクネと伸びる道を進み、
2018年02月25日 14:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「のんびりコース」が分岐する第1見晴台の付近には、紅梅が咲き始めています。この先はクネクネと伸びる道を進み、
1
東屋のある第2見晴台に達すると、眼下に広がるのは木曽三川の眺め。
2018年02月25日 14:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋のある第2見晴台に達すると、眼下に広がるのは木曽三川の眺め。
続いて第3見晴台へ。曇り空のため遠望は利きませんが、多度の街並みを見下ろします。
2018年02月25日 14:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて第3見晴台へ。曇り空のため遠望は利きませんが、多度の街並みを見下ろします。
その先の第4見晴台は木々に遮られて眺望は今ひとつ。屈曲を繰り返しながら徐々に登る道を辿って、
2018年02月25日 15:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先の第4見晴台は木々に遮られて眺望は今ひとつ。屈曲を繰り返しながら徐々に登る道を辿って、
多度山上公園に達します。ゲートをくぐってひと登りで、
2018年02月25日 15:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多度山上公園に達します。ゲートをくぐってひと登りで、
多度山の頂上に到着します。
2018年02月25日 15:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多度山の頂上に到着します。
1
展望台に進み出で、眼下をたゆたう木曽三川の雄大な眺めを見渡します。曇り空のため名古屋市街や彼方の中央、南アルプスの山並みを見通すことはできませんが、
2018年02月25日 15:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に進み出で、眼下をたゆたう木曽三川の雄大な眺めを見渡します。曇り空のため名古屋市街や彼方の中央、南アルプスの山並みを見通すことはできませんが、
目を凝らすと、揖斐川と長良川を分かつ千本松原。宝暦治水の総奉行、平田靱負の苦難を偲びます。
2018年02月25日 15:26撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を凝らすと、揖斐川と長良川を分かつ千本松原。宝暦治水の総奉行、平田靱負の苦難を偲びます。
帰路は「瀬音の森コース」へ。電波塔の先に伸びる道は細くなり、
2018年02月25日 15:35撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は「瀬音の森コース」へ。電波塔の先に伸びる道は細くなり、
わずかに雪が残るところも。
2018年02月25日 15:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかに雪が残るところも。
1
植林の中を緩やかに登っていくと、火消しリスさんが目を光らせる、
2018年02月25日 15:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林の中を緩やかに登っていくと、火消しリスさんが目を光らせる、
多度山縦走コース分岐点を通過します。
2018年02月25日 15:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多度山縦走コース分岐点を通過します。
ほどなく「海の見える展望所」に達し、電波塔が建つ多度山越しに木曽三川が注ぎ込む伊勢湾を眺めます。
2018年02月25日 15:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく「海の見える展望所」に達し、電波塔が建つ多度山越しに木曽三川が注ぎ込む伊勢湾を眺めます。
この先は杉・檜の植林の中を下っていきます。
2018年02月25日 16:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は杉・檜の植林の中を下っていきます。
やがて西谷川に出合うと、コース名どおり瀬音を聞きながら進みます。
2018年02月25日 16:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて西谷川に出合うと、コース名どおり瀬音を聞きながら進みます。
河鹿橋を渡って、
2018年02月25日 16:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河鹿橋を渡って、
多度峡に差し掛かり、左手に天然プールを、
2018年02月25日 16:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多度峡に差し掛かり、左手に天然プールを、
右手にはみそぎ滝を眺めながら先に進みます。
2018年02月25日 16:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にはみそぎ滝を眺めながら先に進みます。
1
続いて多度山をご神体とする多度大社に向かいます。こちらは毎年5月4日、5月5日に行われる上げ馬神事で、人馬が駈け上がる坂。お馬さんもなかなか大変です。
2018年02月25日 17:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて多度山をご神体とする多度大社に向かいます。こちらは毎年5月4日、5月5日に行われる上げ馬神事で、人馬が駈け上がる坂。お馬さんもなかなか大変です。
厳かな雰囲気を漂わせるたそがれ時の参道を進みます。於葺門をくぐれば、
2018年02月25日 17:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳かな雰囲気を漂わせるたそがれ時の参道を進みます。於葺門をくぐれば、
別宮の一目連神社と斜めに向き合う本宮に導かれます。清々しい気分となって参拝を済ませると、
2018年02月25日 17:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別宮の一目連神社と斜めに向き合う本宮に導かれます。清々しい気分となって参拝を済ませると、
その先は街並みを外れて「のんびりコース」へ。愛宕神社を過ぎて道なりに進むと、起点のポケットパークに導かれます。
2018年02月25日 17:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は街並みを外れて「のんびりコース」へ。愛宕神社を過ぎて道なりに進むと、起点のポケットパークに導かれます。

感想/記録

 藤原岳に続く本日2座目は多度山へ。「眺望満喫コース」で登って「瀬音の森コース」を下る周回ルートとし、距離だけ見れば藤原岳よりもこちらの方が長い計算です。「眺望満喫コース」はその名に相応しく眺めの良い道で、晴れて遠望が利く日にまた訪れたいと思った次第です。
訪問者数:232人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ