また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389320 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
藤原岳登山口休憩所駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間38分
休憩
56分
合計
4時間34分
S藤原岳大貝戸休憩所08:2608:57藤原岳表登山道五合目08:5809:31藤原岳八合目09:4009:50藤原岳九合目09:5110:10藤原山荘10:1510:29藤原岳10:3510:46藤原山荘10:4711:13天狗岩11:4512:07藤原山荘12:17藤原岳九合目12:1812:25藤原岳八合目12:40藤原岳表登山道五合目13:00藤原岳大貝戸休憩所G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

大貝戸道で藤原岳へ。身支度を整えて休憩所を出発します。
2018年02月25日 08:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大貝戸道で藤原岳へ。身支度を整えて休憩所を出発します。
3
石灰岩が積み上がった二合目を通過し、
2018年02月25日 08:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩が積み上がった二合目を通過し、
1
四合目を過ぎると現れる雪はほどなく姿を消し、
2018年02月25日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四合目を過ぎると現れる雪はほどなく姿を消し、
3
地肌がむき出しとなった五合目から六合目にかけては、足下が泥濘状です。
2018年02月25日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地肌がむき出しとなった五合目から六合目にかけては、足下が泥濘状です。
1
六合目の先から雪が繋がるようになり、七合目を通過。足下は踏み固められてカチコチに凍結しています。
2018年02月25日 09:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六合目の先から雪が繋がるようになり、七合目を通過。足下は踏み固められてカチコチに凍結しています。
1
八合目に達しひと息つくと、この先は冬道へ。
2018年02月25日 09:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目に達しひと息つくと、この先は冬道へ。
3
急斜面に取り付きます。梢越しに鈍く輝く陽が差してきました。
2018年02月25日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に取り付きます。梢越しに鈍く輝く陽が差してきました。
1
明るい雰囲気の九合目手前。カレンフェルトは分厚い雪の下。フクジュソウもまだ春の寝覚めというわけにはいかないようです。
2018年02月25日 09:48撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい雰囲気の九合目手前。カレンフェルトは分厚い雪の下。フクジュソウもまだ春の寝覚めというわけにはいかないようです。
3
再び急斜面に差し掛かり、
2018年02月25日 09:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び急斜面に差し掛かり、
2
いなべ市の街並みを背にしながら進むと、
2018年02月25日 10:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いなべ市の街並みを背にしながら進むと、
9
藤原山荘に達します。心もち空が明るくなった雰囲気がします。
2018年02月25日 10:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に達します。心もち空が明るくなった雰囲気がします。
4
展望丘を目指して頂上台地を進みます。
2018年02月25日 10:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望丘を目指して頂上台地を進みます。
5
縦横無尽にトレースが刻まれた展望丘北東面のスロープに取り付きます。
2018年02月25日 10:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦横無尽にトレースが刻まれた展望丘北東面のスロープに取り付きます。
4
登り切って展望丘の頂上に到着します。
2018年02月25日 10:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切って展望丘の頂上に到着します。
9
南側に目を向けて、鈴鹿山脈の山並みを眺めます。
2018年02月25日 10:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側に目を向けて、鈴鹿山脈の山並みを眺めます。
6
目を凝らすと、竜ヶ岳の白い山肌の彼方には、御在所岳と雨乞岳がシルエットとなって薄雲りの空に浮かび上がります。
2018年02月25日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を凝らすと、竜ヶ岳の白い山肌の彼方には、御在所岳と雨乞岳がシルエットとなって薄雲りの空に浮かび上がります。
7
振り返ると、見渡す限り雪原と化した頂上台地を一望します。
2018年02月25日 10:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、見渡す限り雪原と化した頂上台地を一望します。
1
展望丘を後にすると、藤原山荘を見定めながら雪のスロープを下り始めます。
2018年02月25日 10:38撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望丘を後にすると、藤原山荘を見定めながら雪のスロープを下り始めます。
3
藤原山荘に戻ると、今度は天狗岩を往復します。雪が疎らとなったカレンフェルトを通過して、
2018年02月25日 10:52撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に戻ると、今度は天狗岩を往復します。雪が疎らとなったカレンフェルトを通過して、
1
見晴らしの良い県境稜線に乗ると、彼方には霊仙山と伊吹山の白い稜線が見えてきます。
2018年02月25日 10:56撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしの良い県境稜線に乗ると、彼方には霊仙山と伊吹山の白い稜線が見えてきます。
3
踏み跡に導かれて、緩やかに起伏する道を進み、
2018年02月25日 11:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡に導かれて、緩やかに起伏する道を進み、
1
天狗岩に到着します。こちらは稜線の南面に張り出しているため眺めは申し分なく、
2018年02月25日 11:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩に到着します。こちらは稜線の南面に張り出しているため眺めは申し分なく、
5
突端に進むと、先ほど訪れた展望丘は言うに及ばず、鈴鹿山脈の主稜線をぐるりと見渡します。
2018年02月25日 11:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突端に進むと、先ほど訪れた展望丘は言うに及ばず、鈴鹿山脈の主稜線をぐるりと見渡します。
3
展望丘をズームアップ。頂上を目指す登山者が豆粒のように見えます。
2018年02月25日 11:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望丘をズームアップ。頂上を目指す登山者が豆粒のように見えます。
5
右手に目を移し、鈴鹿山脈の核心部分を見定めます。
2018年02月25日 11:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に目を移し、鈴鹿山脈の核心部分を見定めます。
3
北方に少し進むと、御池岳のテーブルランドが間近に迫りますが、今日はここまで。
2018年02月25日 11:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方に少し進むと、御池岳のテーブルランドが間近に迫りますが、今日はここまで。
4
来た道を引き返して藤原山荘に戻ってくると、先ほどに増して大勢の人が展望岩を目指して雪のスロープを登っています。
2018年02月25日 12:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を引き返して藤原山荘に戻ってくると、先ほどに増して大勢の人が展望岩を目指して雪のスロープを登っています。
1
帰路に就きます。九合目を過ぎ、麓を見下ろしながら下り、
2018年02月25日 12:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路に就きます。九合目を過ぎ、麓を見下ろしながら下り、
2
八合目を通過し、樹林帯の中をジグザグに下る道を下降します。
2018年02月25日 12:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目を通過し、樹林帯の中をジグザグに下る道を下降します。
1
七合目との間の分岐点で道案内をしてくれる雪だるま。このような完成度の高い作品を見ていると、ますます創作意欲が搔き立てられるというものです。
2018年02月25日 12:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七合目との間の分岐点で道案内をしてくれる雪だるま。このような完成度の高い作品を見ていると、ますます創作意欲が搔き立てられるというものです。
4

感想/記録

 夕方から下り坂と聞いていたので、もとよりお天気には期待せず登り始めた藤原岳でしたが、曇りといっても薄曇り程度で、風もなく穏やか。昼前には陽も差してきて満足のいく山行となりました。
訪問者数:630人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ