また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392340 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

谷川岳でアイゼンデビュー

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
谷川岳ロープウェイ駐車場(千円)まで積雪ナシ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間53分
休憩
53分
合計
4時間46分
S天神平10:3810:56田尻尾根上10:5811:15熊穴沢ノ頭11:27熊穴沢避難小屋11:3512:13天狗の留まり場12:1912:41天神ザンゲ岩12:5113:14谷川岳(トマノ耳)13:1613:29谷川岳13:4613:58谷川岳(トマノ耳)14:0214:14天神ザンゲ岩14:27天狗の留まり場14:42熊穴沢避難小屋14:4414:58熊穴沢ノ頭15:13田尻尾根上15:1515:24天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
写真を撮りながら、度々立ち止まりながらのコースタイムです。
コース状況/
危険箇所等
柔らかすぎず固すぎず、踏みぬきもなくアイゼンのみでも歩きやすかったです。スノーシューやわかんを背負っている人もたくさん見かけましたが、出番はなかったようです。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

天神平に着くと、テントが立ち並び、イベントの真っ最中!
大音量でラジオDJ風のおしゃべりも流されてました。うるさいので、アイゼンを出してサッサと出発準備をします。
2018年03月03日 10:24撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神平に着くと、テントが立ち並び、イベントの真っ最中!
大音量でラジオDJ風のおしゃべりも流されてました。うるさいので、アイゼンを出してサッサと出発準備をします。
妻は初めての12本爪アイゼンを装着。いよいよ出発です。
2018年03月03日 10:39撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻は初めての12本爪アイゼンを装着。いよいよ出発です。
雪面からの照り返しがサングラスをしていても眩しい。振り返れば、イベント会場の人だかりが小さくなっていきます。
2018年03月03日 10:42撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面からの照り返しがサングラスをしていても眩しい。振り返れば、イベント会場の人だかりが小さくなっていきます。
朝日岳方面も雲一つない快晴です。
2018年03月03日 10:43撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳方面も雲一つない快晴です。
急斜面を見上げれば、谷川ブルーの空が最高にきれい!
2018年03月03日 10:53撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を見上げれば、谷川ブルーの空が最高にきれい!
急斜面を登り切り田尻尾根に乗りあげると、視界に谷川岳が飛び込んできました。
2018年03月03日 10:55撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切り田尻尾根に乗りあげると、視界に谷川岳が飛び込んできました。
1
しかし、ふと気が付くと沢山の連なる点が…
アップで見ると、登山者の列! 天神尾根は大混雑のようです。
2018年03月03日 10:55撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、ふと気が付くと沢山の連なる点が…
アップで見ると、登山者の列! 天神尾根は大混雑のようです。
1
田尻尾根上では、皆さんすでにひと汗かいてしまったのか、上着を脱いでいます。私も暑いので上着を脱ぎました。
2018年03月03日 10:58撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田尻尾根上では、皆さんすでにひと汗かいてしまったのか、上着を脱いでいます。私も暑いので上着を脱ぎました。
天神尾根に乗っかり、踏み固められて歩きやすいトレースをたどっていきます。振り返れば、後ろには白い武尊山。真正面の奥辺りが袈裟丸山でそのちょっと左のとんがりピークは皇海山です。
2018年03月03日 11:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神尾根に乗っかり、踏み固められて歩きやすいトレースをたどっていきます。振り返れば、後ろには白い武尊山。真正面の奥辺りが袈裟丸山でそのちょっと左のとんがりピークは皇海山です。
熊穴沢ノ頭を行くと、間もなく急な下りがあります。雪の付き方次第で嫌な下りになる場所です。
2018年03月03日 11:15撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢ノ頭を行くと、間もなく急な下りがあります。雪の付き方次第で嫌な下りになる場所です。
今回は雪もたっぷりで、急ではあってもしっかりとした道になってました。よかった。
2018年03月03日 11:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は雪もたっぷりで、急ではあってもしっかりとした道になってました。よかった。
カッコイイ爼瑤鮓ながらしばらく進むと。
2018年03月03日 11:25撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコイイ爼瑤鮓ながらしばらく進むと。
熊穴沢避難小屋に着きます。でも、完全に入り口が埋もれ、中には入れませんでした。今日は土曜日なので、この後誰かが頑張って掘り起こすかも?
2018年03月03日 11:27撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊穴沢避難小屋に着きます。でも、完全に入り口が埋もれ、中には入れませんでした。今日は土曜日なので、この後誰かが頑張って掘り起こすかも?
この後がしばらく急で細い尾根になります。
2018年03月03日 11:31撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後がしばらく急で細い尾根になります。
休み休み登っていきます。が、急なのと尾根が狭いのとで、止まっても気が休まりません。
2018年03月03日 11:39撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休み休み登っていきます。が、急なのと尾根が狭いのとで、止まっても気が休まりません。
ようやく少しなだらかになり、一息つけました。
2018年03月03日 12:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく少しなだらかになり、一息つけました。
また急な登りになりますが、道が広くなった分、精神的にはだいぶ楽です。上に見える岩、天狗のたまり場を目指します。
2018年03月03日 12:07撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また急な登りになりますが、道が広くなった分、精神的にはだいぶ楽です。上に見える岩、天狗のたまり場を目指します。
上からボーダーが滑ってきました。目の前に来たので話をしてみると、本日2回目の滑降だとか。お疲れ様です。
2018年03月03日 12:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からボーダーが滑ってきました。目の前に来たので話をしてみると、本日2回目の滑降だとか。お疲れ様です。
1
天狗のたまり場に着きました。荷物を置いてゆっくり休みます。右奥に赤城山も見えてきました。
2018年03月03日 12:19撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗のたまり場に着きました。荷物を置いてゆっくり休みます。右奥に赤城山も見えてきました。
俎瑤カッコいい!
2018年03月03日 12:24撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎瑤カッコいい!
2
妻もアイゼンに慣れてきたのか、少し余裕が出てきたようです。
2018年03月03日 12:25撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻もアイゼンに慣れてきたのか、少し余裕が出てきたようです。
1
横を見ると相変わらずの急傾斜。斜面にクラックができてます。
2018年03月03日 12:51撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横を見ると相変わらずの急傾斜。斜面にクラックができてます。
肩の小屋が見えてきました。もう山頂から戻ってきた人たちでいっぱいです。
2018年03月03日 13:04撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋が見えてきました。もう山頂から戻ってきた人たちでいっぱいです。
1
西黒尾根の分岐道標が、拾い斜面にポツンとそびえています。この辺はホワイトアウトしたら方向がわからないからでしょうね。
2018年03月03日 13:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根の分岐道標が、拾い斜面にポツンとそびえています。この辺はホワイトアウトしたら方向がわからないからでしょうね。
皆それぞれに、景色を堪能しています。左奥には苗場山が見えてます。
2018年03月03日 13:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆それぞれに、景色を堪能しています。左奥には苗場山が見えてます。
2
主稜線が真っ白でカッコイイ!
2018年03月03日 13:08撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線が真っ白でカッコイイ!
2
主稜線をアップで。現地では気が付きませんでしたが、写真をよく見ると右奥に北アルプスが写っていました。白馬三山のようです。
2018年03月03日 13:10撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線をアップで。現地では気が付きませんでしたが、写真をよく見ると右奥に北アルプスが写っていました。白馬三山のようです。
3
茂倉岳の頭だけが少し覗いています。その奥の左の平らな所は新潟の上越市方面です。カシミール3D調べでは、海が見えるようですが。
2018年03月03日 13:10撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳の頭だけが少し覗いています。その奥の左の平らな所は新潟の上越市方面です。カシミール3D調べでは、海が見えるようですが。
1
やった!トマの耳です。
2018年03月03日 13:14撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった!トマの耳です。
1
山頂はまだ混んでいたので、すぐにオキの耳に向かいます。見事な雪庇です。
2018年03月03日 13:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はまだ混んでいたので、すぐにオキの耳に向かいます。見事な雪庇です。
1
振り返ると、カッコイイ!トマの耳。
2018年03月03日 13:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、カッコイイ!トマの耳。
氷の芸術その1。
2018年03月03日 13:23撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の芸術その1。
もうひと踏ん張りでオキの耳です。
2018年03月03日 13:29撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひと踏ん張りでオキの耳です。
1
到着です!写真を撮っていただきました。
2018年03月03日 13:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着です!写真を撮っていただきました。
主稜線と爼堯その向こうに浅間山です。
2018年03月03日 13:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線と爼堯その向こうに浅間山です。
1
岩と雲と青空を背景に主稜線。
2018年03月03日 13:40撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩と雲と青空を背景に主稜線。
武尊山と左奥に日光白根山。
2018年03月03日 13:42撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊山と左奥に日光白根山。
1
苗場山をアップで。
2018年03月03日 13:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山をアップで。
氷の芸術その2。
2018年03月03日 13:47撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の芸術その2。
氷の芸術その3。
2018年03月03日 13:59撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷の芸術その3。
トマの耳に戻ってきました。人も少なくなったので、記念撮影。
オキの耳の右側は、平らな巻機山とちょこんと二つ飛び出した、越後駒ケ岳&中ノ岳です。
2018年03月03日 14:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳に戻ってきました。人も少なくなったので、記念撮影。
オキの耳の右側は、平らな巻機山とちょこんと二つ飛び出した、越後駒ケ岳&中ノ岳です。
1
同じような写真ですが何回も撮ってしまいます。
2018年03月03日 14:04撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じような写真ですが何回も撮ってしまいます。
関東平野の方には、子持山が大きく見えます。
2018年03月03日 14:05撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関東平野の方には、子持山が大きく見えます。
小屋の近くまで戻ってきました。小屋には寄らずに下ります。
2018年03月03日 14:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の近くまで戻ってきました。小屋には寄らずに下ります。
こうして横からみると、恐ろしく急なことがわかります。腰が引けてる分、カメラも少し傾いてるようですが。
2018年03月03日 14:10撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうして横からみると、恐ろしく急なことがわかります。腰が引けてる分、カメラも少し傾いてるようですが。
1
避難小屋まで下りてきました。平らなところに来るとホッとします。
2018年03月03日 14:44撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋まで下りてきました。平らなところに来るとホッとします。
1
土曜日なので、雪洞を掘っているグループが結構います。
2018年03月03日 15:03撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土曜日なので、雪洞を掘っているグループが結構います。
こちらでは、イグルーを作っています。
2018年03月03日 15:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらでは、イグルーを作っています。
1
振り返ると谷川岳があんなに遠くなりました。
2018年03月03日 15:08撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると谷川岳があんなに遠くなりました。
ゲレンデが見える所まで来ました。ボブスレーのコースのような溝の中をボードで滑っていく大会?をしているようです。
2018年03月03日 15:14撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデが見える所まで来ました。ボブスレーのコースのような溝の中をボードで滑っていく大会?をしているようです。
1
この急斜面を下れば楽しかった一日もおしまいです。
2018年03月03日 15:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急斜面を下れば楽しかった一日もおしまいです。
最後の締めくくりは、ソフトクリーム!
2018年03月03日 15:50撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の締めくくりは、ソフトクリーム!
1
&コーヒーゼリー(ソフトクリーム付き)。
2018年03月03日 15:50撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
&コーヒーゼリー(ソフトクリーム付き)。
ゴンドラの中から谷川岳に別れを告げます。
2018年03月03日 16:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラの中から谷川岳に別れを告げます。
帰りの関越にて。榛名山の後ろが夕焼けで赤く染まってきれいでした。帰りは渋滞もなく、快適でした。
2018年03月03日 17:51撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの関越にて。榛名山の後ろが夕焼けで赤く染まってきれいでした。帰りは渋滞もなく、快適でした。
2

感想/記録

天気図を見て新潟も晴れると分かったので、妻のアイゼンデビューを兼ねて、谷川岳に行ってきました。
スキー車で混雑するのを想定し、5時には家を出たのですがそれでもちょっと遅かったみたいです。関越に乗るまでの一般道ですでに渋滞気味。しかし、その後の関越ではナビを見ると数か所で事故発生!
最初の事故現場では右側車線が塞がれており、なんと8台もの車がずらっと並んで追突事故を起こしていました。他の事故現場は途中高速を降り迂回して再び高速に戻ったりし、結局ロープウェイ乗り場に着いたのは9時半を回っていました。疲れました。。。

それでもロープウェイに乗り込み天神平まで上がると、テントが立ち並びスノボイベントの真っ最中。目の前には真っ白な谷川岳とその上にきれいな谷川ブルーの空。そよ吹く風が心地よい位の暖かい日差しにテンションはすっかり回復。
妻に初アイゼンを着けて、歩き出しました。

その後は、順調だったかというとそうでもなく、アイゼンの重さもあって途中の急傾斜で二人とも足がやばくなりました。渋滞で出発が遅くなったのが気になっていて、気持ちは焦っていたのですが、天気が1日持ちそうなので気持ちを切り替え、休みをこまめにとって水分とカロリーを補給しながら登って行ったら、何とか無事にトマの耳にたどり着くことができました。そこまで来てしまえば、オキの耳は目の前。最後の力を振り絞ってオキの耳も制覇できました。

それにしても、冬山なのにこんなの人が来ているのにびっくり、と妻が言うぐらい人が多かったです。それだけ絶好の谷川日和だったのでしょう。下りでは足の指やモモの筋肉がつりそうになるなど、かなり足が疲れましたが、大満足の一日になりました。
訪問者数:217人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ