また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1392442 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

東西御荷鉾山〜くしゃみとともに

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間21分
休憩
1時間6分
合計
3時間27分
S御荷鉾山駐車場11:1011:38西御荷鉾山11:4612:15投石峠12:2312:45釜伏山12:4713:03東御荷鉾山13:4013:52釜伏山13:5314:06投石峠14:1014:30御荷鉾山駐車場14:3614:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪はほぼなしですが、凍結箇所はたくさんあり。落ち葉の下に凍結箇所が隠れてることもあったので油断はできません
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

御荷鉾山駐車場に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御荷鉾山駐車場に到着
駐車場を囲む木々のすき間から八ヶ岳が見えた…気がする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を囲む木々のすき間から八ヶ岳が見えた…気がする
駐車場から道を挟んだ登山口からスタート。トイレもありましたが…多くは語りますまい(-_-)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から道を挟んだ登山口からスタート。トイレもありましたが…多くは語りますまい(-_-)
積雪はないですが、凍結箇所が結構ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はないですが、凍結箇所が結構ありました
しかもかなり急坂です…たちまち息が上がりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかもかなり急坂です…たちまち息が上がりました
開けた場所に出ましたが、やはり急坂で息も絶え絶え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所に出ましたが、やはり急坂で息も絶え絶え
1
振り向くと好展望。これは山頂からの眺めが楽しみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと好展望。これは山頂からの眺めが楽しみ
ヒーヒーいいながら稜線に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒーヒーいいながら稜線に到着
山頂直下の急傾斜をよじ登りますと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急傾斜をよじ登りますと
西御荷鉾山の山頂に到着〜ッ(^^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御荷鉾山の山頂に到着〜ッ(^^)/
山頂スペースは結構広い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂スペースは結構広い
1
南側の展望。おおぉ奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山と奥武蔵の面々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の展望。おおぉ奥武蔵のジ・アンダーテイカーこと武甲山と奥武蔵の面々
長沢背稜から雲取山まで奥多摩のメインロースターたち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜から雲取山まで奥多摩のメインロースターたち
どっしりとした姿は和名倉山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっしりとした姿は和名倉山かな
手前は二子山。その奥は両神山。そしてその奥は甲武信ヶ岳。この眺めはすごいなぁ( ゜д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は二子山。その奥は両神山。そしてその奥は甲武信ヶ岳。この眺めはすごいなぁ( ゜д゜)
金峰山とかですかね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山とかですかね
北側の眺めも素晴らしい。ひときわ目立つ浅間山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の眺めも素晴らしい。ひときわ目立つ浅間山
ウオッ(゜Д゜) 北アルプスは後立山の峰々がこんなにくっきり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウオッ(゜Д゜) 北アルプスは後立山の峰々がこんなにくっきり
草津白根山方面でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山方面でしょうか
榛名山と谷川岳方面かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名山と谷川岳方面かな
武尊岳とか赤城山とか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武尊岳とか赤城山とか
西御荷鉾山を後にします。日当たりの悪い斜面は凍結してます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御荷鉾山を後にします。日当たりの悪い斜面は凍結してます
舗装路を少々歩いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路を少々歩いて
東御荷鉾山への登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東御荷鉾山への登山口
登山口から直ぐは、あり得ないでしょ! と思うくらいの急斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から直ぐは、あり得ないでしょ! と思うくらいの急斜面
雪が残ったトラバース。シビれます(||゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が残ったトラバース。シビれます(||゜Д゜)
雪がないとこでも、何気に凍結した路面が隠れており、油断がなりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がないとこでも、何気に凍結した路面が隠れており、油断がなりません
道はしばらく稜線の南側をトラバースしてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はしばらく稜線の南側をトラバースしてます
稜線上に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上に出ました
何やら見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何やら見えてきました
東御荷鉾山の山頂でした。不動明王様がいらっしゃいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東御荷鉾山の山頂でした。不動明王様がいらっしゃいました
昼食のラーメン。アタシは基本は袋麺派。塩派
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食のラーメン。アタシは基本は袋麺派。塩派
東御荷鉾山からの眺めは南側がよい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東御荷鉾山からの眺めは南側がよい感じ
さて戻りましょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて戻りましょうか
舗装路まで戻ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路まで戻ってきました
投げ石峠からは舗装路を歩きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
投げ石峠からは舗装路を歩きます
駐車場まで戻ってきました。駐車場近くには立派な東屋とかあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきました。駐車場近くには立派な東屋とかあります

感想/記録

えーとひな祭り山行ですww

ま、ひな祭りは関係ないですが、群馬の西毛エリアに出かける用事がありまして、ちょっとだけ時間があったのでどこかサクッと登れる山はないかと調べて見ますと…お、御荷鉾山が近い。
御荷鉾山は奥武蔵から上州方面を眺めた際によく見かけており、いつか登ってみたいと思っていた山です。これはチャンス! と出かけた次第です。

国道462号線から西御荷鉾山駐車場に向かう道には雪は残ってませんでした。
しかしこの道は、事前に調べていてわかっていたことではあるのですが、かなり急傾斜でかつ道幅も細く、なかなかシンドかったですねぇ。

駐車場から西御荷鉾山まではほんの直ぐです。
しかし、この日は関越道が事故渋滞をしており、それを避けてここまで延々と一般道を数時間運転してきたためでしょうか? 登り始めでちょっと気分が悪くなってしまいました。しかもびっくりするくらいの急坂で…文字どおり息も絶え絶えになって西御荷鉾山の山頂にたどり着きました…orz

ですが、山頂からの風景を眺めると気分の悪いのなどふっとんでしまいました…かなりの好展望です。
北側と南側の展望がそれぞれ開けておりまして、南側がワタクシのホームグラウンドである奥武蔵から、奥多摩、長沢背稜から奥秩父主脈縦走路の峰々がズラリと見渡せます。
二子山、両神山、甲武信ヶ岳が重なるように見えたのはかなり圧巻です(゜Д゜)

北側の眺めでまず目につくのは浅間山。
その左手に連なる白い峰々は…え? これって後立山? ここまでくるとこんなにくっきり見えるんだ! と感動してしまいましたよ。

そのほか草津白根山、榛名山、谷川岳、武尊岳、赤城山、日光白根山、男体山など、長野から上越国境、奥日光までスコーンと見渡せました。

この日の空の様子は、すっかり春っぽく霞んでいる感じでしたが、それでもコレだけの遠くの峰々が見えるというのはかなり凄いです…空気がクリアが時期にも来てみたいと思わせましたね(*^_^*)

あまりに素晴らしい眺めなので、もっと長く山頂にいたかったのですが…なにせ時間がありません。泣く泣く西御荷鉾山の山頂を後にします。

お次に向かったのは東御荷鉾山。石投峠までは…こちらも結構な急傾斜orz しかも日陰は雪が残って凍結しておりましたので、へたれハイカーのアタイはへっぴり腰でヨレヨレと下ります。

石投峠まで下ってくるとさすがに凍結はなくなりました。
ほんのちょっと舗装路を歩いて、東御荷鉾山登山口に着くと…え? 目を疑うような急傾斜です。ホントにコレを登るの( ゜д゜) と思いましたが、道標もあるしロープも張ってあるし間違いないもよう。シブシブとその急斜面をよじ登ります。
ま、実際にはその急傾斜はすぐにゆるみましたが、その先は今度は凍結路orz しかも落ち葉に隠れるように凍結箇所があったりするので、油断がなりませんでしたね。

ともあれ、道はしばし尾根の南側をトラバースしています。釜伏山を巻くと稜線上を歩くことになり、東御荷鉾山の山頂に着きます。こちらは西御荷鉾山ほどの眺望はありませんでしたが、それでも南側が開けてました。
ここで昼食にした後は、来た道を戻り、石投峠から舗装路を歩いて駐車場に戻った次第。

このように好展望に恵まれた、いい山行でしたが…天気がよかった分、花粉はヒドかったもようで、歩いている最中はくしゃみの連発で難儀しましたorz
対策はしていたのにもかかわらずかなりシンドかった…今年は花粉が多いとは聞いてましたが、この状態では、しばらく山行はキツイかもしれませんなぁ(*´Д`*)

訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 東屋 道標 クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ