また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393675 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

不老の山と成長しないオジサンたち(^^;(^^;

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り のち 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【往路】
 自宅 〜 道の駅やまきた(自分の車両はデポしてkatsuhi88さんと合流)〜 寺ノ沢駐車場
   
【復路】
 道の駅・やまきた 〜 寺ノ沢駐車場(katsuhi88さんの車両回収)〜 丹沢湖記念館(空いてる時間に初訪)〜 さくらの湯 〜 松田山(次の山行へ)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
1時間3分
合計
6時間34分
Sスタート地点06:2908:28六郎小屋山(日影山)08:3408:50栗ノ木日蔭山08:5109:07番ヶ平09:1009:21降雨山09:36不老山10:2110:24不老山南峰10:2711:28大久保山11:3313:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【寺ノ沢駐車場〜世附大橋〜登山口<車道>】
 車道歩き。
 橋を渡り切ったゲート手前の右側階段が登山口。
  
【〜六郎小屋山(日影山)<VR>】
 コンクリ階段はすぐに終わり、コンクリで固めた細尾根を過ぎると、明瞭な作業道を登る。
 植林帯の踏み跡は薄くなり、最初の水源標識あたりから間伐材の間に薄い踏み跡が見える程度になるが、特有のジグザグがあるので問題はない。
 ただし、最初の尾根縛りで行くとかなり困難な傾斜となるので、東側へトラバース(途中ザレ面注意)して屈曲する支尾根(これも急傾斜)の鹿柵沿いを登る。
 途中で鹿柵を潜って北東に伸びる尾根&鹿柵に合流したら、その尾根を登り、鹿柵に跨る仰け反った脚立を越え、やがて雑木林との境になったら、雑木に包まれた南西方向に六郎小屋山のピークが見える。
 ピーク(山頂標ナシ)は大野山方面に眺望があり、静かなパーティーをするにはちょうど良い。
  
【〜栗ノ木日蔭山<VR>】
 尾根上の縦走路は植林帯の中で低めの藪を漕ぐが、迷うような心配は無い。
 この区間は、VRであるにも関わらず、缶や瓶等の新旧のゴミが多い。
 ハイキングをするにせよ、作業をするにせよ、山や森が好きな者なら、環境への影響を考慮しながら、モラルを持った行動をしてもらいたい。
 
【〜登山道合流<VR>】
 ゆったりとした雑木の尾根を歩く。
  
【〜番ヶ平<登山道>】
 ハッキリとした登山道。
 林道との交差する所が番ヶ平。
  
【〜降雨山(ふりあめやま)〜不老山〜不老山南峰<登山道>】
 一部の斜面で踏み跡が緩くなるが、全体的によく整備された道。
  
【〜生土山分岐〜大久保山分岐<登山道>】
 植林帯の中で、階段の急斜面&柔らかめの緩斜面が続く一方的な下り。
 途中の新秦野線の鉄塔位置からは、富士山の眺望がすばらしい。
  
【〜塩沢<VR>】
 所々で踏み跡が消えるので、ビギナーは踏み心地(硬さ)を確認しながら歩くことをお勧めする。
 (ルート上には送電線の鉄塔があるので、東電職員が巡検路として歩いてるため)
 迷ったときは送電線を目印にするとよい。
 塩沢への下降ルートは急斜面のザレ場なので、チェーン装着をお勧めする。
 (我々は装着しなかったので、一層、そう思う)
  
【〜塩沢の最奥の集落<VR:崩壊した渓谷内の道>】
 沢への下降点(右岸)は、昔、何かの施設があった整地があり、石垣で補強された3段状の敷地を下って沢を渡渉する。
 対岸(左岸)も石垣補強の幾重もの狭い整地であり、岸沿いに左への湾曲を巻くと、すぐに右へ湾曲するので右岸へ渡渉する。
 蛇行=渡渉しながら進むと、補強された路肩だけが沢の真ん中に取り残されており、山津波か水流での崩壊を物語っている。
 最初の堰堤は右岸に林道の名残で容易く下りることができ、その先に人家が見えたら右岸の石垣(ここから成型ブロック)を登って集落に入る。
 
【〜道の駅やまきた<車道>】
 新東名の工事現場を見ながら、昔ながらの山村の細い生活道を歩く。
 公益工事ではあるが、削られていく丹沢を見るとせつなくなる。
その他周辺情報【丹沢湖記念館】
 珍しく会館時間内に通過するので初入館(無料)。
 丹沢湖になる前の写真や工事にまつわる記録等が展示されている。
 さらに、三保ダム・玄倉ダム・熊木ダムのダムカードがもらえる(写真●)が、平日はダム管理事務所での配布とのこと。
  
【さくらの湯】
 西丹沢帰りのワンパターン(^^;
 400円で極楽気分!
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック:ガレナ30 靴:ツォロミーブーツ2

写真

【世附大橋】
 ココを渡った先の尾根が本日の登山口(^^)
 途中、ワカサギ釣りのオジサン愛嬌を振りまきながら(^^)
2018年03月04日 06:35撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【世附大橋】
 ココを渡った先の尾根が本日の登山口(^^)
 途中、ワカサギ釣りのオジサン愛嬌を振りまきながら(^^)
【丹沢湖〜六郎小屋山への取付き】
 いかにも林業作業道って階段から取付く。
 立入禁止の看板は無く、自己責任で登攀開始!(^^)!
2018年03月04日 06:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山への取付き】
 いかにも林業作業道って階段から取付く。
 立入禁止の看板は無く、自己責任で登攀開始!(^^)!
2
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 丹沢湖・西南岸に切り込む尾根は初踏!
 エメラルドカラーの湖面を見ながら気分高揚―
 早く行こうようー(^O^) 
2018年03月04日 06:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 丹沢湖・西南岸に切り込む尾根は初踏!
 エメラルドカラーの湖面を見ながら気分高揚―
 早く行こうようー(^O^) 
3
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 最初の水源看板を見つけたら、なるたけ尾根の東側を歩こう。
2018年03月04日 07:01撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 最初の水源看板を見つけたら、なるたけ尾根の東側を歩こう。
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 薄―い踏み跡は巡検のためのだけのルートと思しき。
 ザレザレの急斜面をオッサンコンビがトラバースしていく!!
 ・・・ってな言い方すると、ちょいとカッコよく思えるね(^^)
2018年03月04日 07:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 薄―い踏み跡は巡検のためのだけのルートと思しき。
 ザレザレの急斜面をオッサンコンビがトラバースしていく!!
 ・・・ってな言い方すると、ちょいとカッコよく思えるね(^^)
2
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 ここで東側の尾根に合流し、コースの屈曲点になる。 
2018年03月04日 07:23撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 ここで東側の尾根に合流し、コースの屈曲点になる。 
1
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 脹脛が伸びる急斜面を登り終えると、散弾銃の薬莢を拾う・・・
 なんだか、katsuhi88さんがハンターに見えるなー(~_~;)
2018年03月04日 07:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 脹脛が伸びる急斜面を登り終えると、散弾銃の薬莢を拾う・・・
 なんだか、katsuhi88さんがハンターに見えるなー(~_~;)
2
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 手前に仰け反るような脚立を乗り越えてホッと中〜
2018年03月04日 07:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【丹沢湖〜六郎小屋山<VR>】
 手前に仰け反るような脚立を乗り越えてホッと中〜
1
【六郎小屋山ピーク】
 雑木に囲まれた静かな山頂だね(^^)
2018年03月04日 08:11撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【六郎小屋山ピーク】
 雑木に囲まれた静かな山頂だね(^^)
1
【六郎小屋山〜日蔭山<VR>】
 あまり密生していないスズタケの尾根。
 国定公園との境界だが、ちょくちょくゴミが落ちているのが残念・・・
 今日は拾いきれないので断腸の黙認・・・
2018年03月06日 20:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【六郎小屋山〜日蔭山<VR>】
 あまり密生していないスズタケの尾根。
 国定公園との境界だが、ちょくちょくゴミが落ちているのが残念・・・
 今日は拾いきれないので断腸の黙認・・・
2
【日蔭山ピーク】
 これと言って特徴は無いけど静かだよ(^^)
2018年03月06日 20:06撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【日蔭山ピーク】
 これと言って特徴は無いけど静かだよ(^^)
2
【日蔭山〜番ヶ平】
 VRを終えて一般登山道に合流!
 歩いてきた道側にはロープが張ってて立入禁止看板は無いけど、行くときは読図と地形読みができる人と一緒に自己責任でね(^^)
2018年03月04日 08:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【日蔭山〜番ヶ平】
 VRを終えて一般登山道に合流!
 歩いてきた道側にはロープが張ってて立入禁止看板は無いけど、行くときは読図と地形読みができる人と一緒に自己責任でね(^^)
【番ヶ平】
 さてさて、ここから仕上げのコース! 
2018年03月04日 09:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番ヶ平】
 さてさて、ここから仕上げのコース! 
【不老山ピーク】
 ココは「不」良な「老」人ジュニアの「山」?(^^;
 僕らも30年前は純朴な青年だったのだが(^▽^;)
2018年03月04日 10:18撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【不老山ピーク】
 ココは「不」良な「老」人ジュニアの「山」?(^^;
 僕らも30年前は純朴な青年だったのだが(^▽^;)
5
【不老山ピーク】
 ネギ入りカップ麺を間違って買ってしまい、除去作業に苦心する私・・・(;´Д`)
 このメニューは各社共通でネギ無し仕様がスタンダードなのだが・・・(^-^)
 うーん、弘法にも筆の誤り!
2018年03月06日 20:07撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【不老山ピーク】
 ネギ入りカップ麺を間違って買ってしまい、除去作業に苦心する私・・・(;´Д`)
 このメニューは各社共通でネギ無し仕様がスタンダードなのだが・・・(^-^)
 うーん、弘法にも筆の誤り!
【不老山南峰】
 駿河小山は坂田金時さんの生まれ故郷!
 ココから神奈川県と静岡県との県境尾根を一気に下る!(^O^) 
2018年03月04日 10:24撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【不老山南峰】
 駿河小山は坂田金時さんの生まれ故郷!
 ココから神奈川県と静岡県との県境尾根を一気に下る!(^O^) 
【相駿国境尾根】
 不老の活路と呼ばれる道は、時々、ガイドのような道標が表れる!
 かの人が作ったのだよね(^^)
2018年03月04日 10:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相駿国境尾根】
 不老の活路と呼ばれる道は、時々、ガイドのような道標が表れる!
 かの人が作ったのだよね(^^)
【相駿国境尾根】
 県境の尾根道が開けた時、秀麗な御山は朝雲を吹き飛ばし、オッサンたちに午前の春霞の中に美しき全貌を見せてくれた
 \(^o^)/
2018年03月04日 10:53撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相駿国境尾根】
 県境の尾根道が開けた時、秀麗な御山は朝雲を吹き飛ばし、オッサンたちに午前の春霞の中に美しき全貌を見せてくれた
 \(^o^)/
8
【相駿国境尾根】
 濃緑色の鉄塔とは珍しいね〜(^^)
2018年03月04日 10:58撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相駿国境尾根】
 濃緑色の鉄塔とは珍しいね〜(^^)
【相駿国境尾根】
 半次郎さんの木彫像!
 口角の上がった幸せな顔にあやかりたいねぇ〜(^^)
2018年03月04日 11:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相駿国境尾根】
 半次郎さんの木彫像!
 口角の上がった幸せな顔にあやかりたいねぇ〜(^^)
2
【相駿国境尾根】
 このルートを「不老の活路」、サンショウバラの名所に「樹下の二人」等々、印象深い名称を付け、登山者の安全のために、相駿国境エリアに数々のアートな名物道標を作ってきた岩田澗泉(いわたたにいずみ)翁※は、昨秋に92歳の天寿を全うされたとのことです。
 偉大な功績に敬意の念を捧げ、ご冥福をお祈り致します。
 また、岩田翁の努力と遅まきながらも自らの過ちを認めた小山町に対し、その潔さと翁の意思継承に尽力されることを応援します!
※澗=本名は日が月の旧字ですが、変換できないためご無礼を承知しながらも新字を使用いたしました。
2018年03月04日 11:20撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【相駿国境尾根】
 このルートを「不老の活路」、サンショウバラの名所に「樹下の二人」等々、印象深い名称を付け、登山者の安全のために、相駿国境エリアに数々のアートな名物道標を作ってきた岩田澗泉(いわたたにいずみ)翁※は、昨秋に92歳の天寿を全うされたとのことです。
 偉大な功績に敬意の念を捧げ、ご冥福をお祈り致します。
 また、岩田翁の努力と遅まきながらも自らの過ちを認めた小山町に対し、その潔さと翁の意思継承に尽力されることを応援します!
※澗=本名は日が月の旧字ですが、変換できないためご無礼を承知しながらも新字を使用いたしました。
2
【大久保山〜塩沢<VR>】
 岩田氏の「道標完成」の道標は残念ながら失われていたが、そこから分岐した尾根は、その優しさを表すかのような木漏れ日で温まっていた(^^)
2018年03月04日 11:36撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 岩田氏の「道標完成」の道標は残念ながら失われていたが、そこから分岐した尾根は、その優しさを表すかのような木漏れ日で温まっていた(^^)
1
【大久保山〜塩沢<VR>】
 ミツマタたちが「今や遅し!」と蕾を弾かせる日を待ちわびているようだ(^^)
2018年03月04日 11:40撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 ミツマタたちが「今や遅し!」と蕾を弾かせる日を待ちわびているようだ(^^)
4
【大久保山〜塩沢<VR>】
 スッキリなピークは大野山(^^ゞ
 ココは迷いやすいので、送電線の方向に安全な尾根を巻こうねー
2018年03月04日 11:48撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 スッキリなピークは大野山(^^ゞ
 ココは迷いやすいので、送電線の方向に安全な尾根を巻こうねー
【大久保山〜塩沢<VR>】
 広い尾根は、時折、道をロストする。
 踏み心地が柔らかくなったらルーファイしてね(^^)
2018年03月04日 11:51撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 広い尾根は、時折、道をロストする。
 踏み心地が柔らかくなったらルーファイしてね(^^)
【大久保山〜塩沢<VR>】
 そして、道は再び現れる(^^)
2018年03月06日 20:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 そして、道は再び現れる(^^)
【大久保山〜塩沢<VR>】
 ザレザレの急斜面で頑張るkatsuhi88さん!
 オッサンは、まだまだわけぇもんには負けないぜ!(^^)
2018年03月04日 12:06撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 ザレザレの急斜面で頑張るkatsuhi88さん!
 オッサンは、まだまだわけぇもんには負けないぜ!(^^)
【大久保山〜塩沢<VR>】
 沢への下降点に向かって、道なき道を勇ましく下りるkatsuhi88さん!
 迷彩服がマッチしてカッコイイじゃん(^O^)
2018年03月04日 12:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 沢への下降点に向かって、道なき道を勇ましく下りるkatsuhi88さん!
 迷彩服がマッチしてカッコイイじゃん(^O^)
2
【大久保山〜塩沢<VR>】
 沢に出るあたりで、森の樹々は夏色になっていた(^O^)
2018年03月04日 12:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 沢に出るあたりで、森の樹々は夏色になっていた(^O^)
1
【大久保山〜塩沢<VR>】
 そして、その木は河岸を守るかのように巨大だった(^-^)
2018年03月06日 20:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大久保山〜塩沢<VR>】
 そして、その木は河岸を守るかのように巨大だった(^-^)
3
【塩沢<VR>】
 河原は整地されていた痕跡があり・・・
2018年03月06日 20:08撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 河原は整地されていた痕跡があり・・・
【塩沢<VR>】
 建造物と何かの装置の残骸があり・・・
2018年03月04日 12:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 建造物と何かの装置の残骸があり・・・
【塩沢<VR>】
 忘れ去られた地には、ちょっと昔の人たちの生活痕が窺える名残がある(*_*)
2018年03月04日 12:15撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 忘れ去られた地には、ちょっと昔の人たちの生活痕が窺える名残がある(*_*)
1
【塩沢<VR>】
 まずは、渡渉して歩けそうな左岸へ。
2018年03月04日 12:17撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 まずは、渡渉して歩けそうな左岸へ。
【塩沢<VR>】
 左岸にも、幾重もの整地の名残・・・
 畑だったのろうか? それとも山葵田?
2018年03月04日 12:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 左岸にも、幾重もの整地の名残・・・
 畑だったのろうか? それとも山葵田?
【塩沢<VR>】
 沢の真ん中に、林道だっただろう路肩の名残り・・・(+_+)
2018年03月06日 20:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 沢の真ん中に、林道だっただろう路肩の名残り・・・(+_+)
【塩沢<VR>】
 次々のアドベンチャーに満足なkatsuhi88さん!
 渡渉後、下流に見える堰堤は右岸から降りる。
2018年03月04日 12:30撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢<VR>】
 次々のアドベンチャーに満足なkatsuhi88さん!
 渡渉後、下流に見える堰堤は右岸から降りる。
【塩沢の集落】
 数軒の人家は、人の気配はいっぱいだが、誰とも会わなかった(^^;
2018年03月04日 12:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢の集落】
 数軒の人家は、人の気配はいっぱいだが、誰とも会わなかった(^^;
【塩沢の集落〜道の駅やまきた】
 昔の山村の景色は、新東名の工事で様変わりが進んでいるようだな・・・
2018年03月04日 12:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【塩沢の集落〜道の駅やまきた】
 昔の山村の景色は、新東名の工事で様変わりが進んでいるようだな・・・
【道の駅やまきた】
 ゴール!
 本日のシメは現地にて!( ^^) _□
2018年03月04日 13:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【道の駅やまきた】
 ゴール!
 本日のシメは現地にて!( ^^) _□
【永歳橋】
 スタート地点の車を回収した後、丹沢湖記念館にて、三保ダム・玄倉ダム・熊木ダムのカードをゲット!
 営業時間内に通ったことがなかったからねぇ(^^)
 ちなみに、玄倉・熊木のは、ダム施設を背景にしたジドリ写真が必要だが、意外な局面でkatsuhi88さんの自撮り習慣と多量な記録が役にたった(^○^)
2018年03月04日 13:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【永歳橋】
 スタート地点の車を回収した後、丹沢湖記念館にて、三保ダム・玄倉ダム・熊木ダムのカードをゲット!
 営業時間内に通ったことがなかったからねぇ(^^)
 ちなみに、玄倉・熊木のは、ダム施設を背景にしたジドリ写真が必要だが、意外な局面でkatsuhi88さんの自撮り習慣と多量な記録が役にたった(^○^)
2

感想/記録

 3/4(日)、急激な陽気に浮かれたオッサン2人は、丹沢湖・西南岸からバリルートを這い上がり、「不老長寿の活路の道」と呼ばれる道で、いつまでも精神年齢が進化しない自分たちに気が付いたのでした(^^)
  
 ミツマタ開花見物は直近情報で、未踏ルート踏破へ方針転換!
<プロローグ>
 湖上の橋でフィッシャー・オジサンズからニコヤカに見送られ(^^)/
<オンタイム>
 山中に1人もいないザレ・ガレ・急斜面でニギヤカに爆笑続き(^○^)
<エピローグ>
 湖畔の入り江でバードマン・オジサンズとニコヤカな山旅物語\(^^)
  
【山行記】
 深々とした湖面は幸運の翠色
 釣人たちが静かに時を楽しんでいる(^^)
  
 森々とした奥山は生命の緑色
 樹々たちが刻んだ時を見つめてみる(^^)
 
 信々とした言伝は情熱の暖色
 偉人たちが作った時が感じてとれる(^^)
  
 津々とした川面は遺構の透色
 先人たちが残した時に思いを馳せる(^^)
  
 清々とした湖畔は昔日の空色
 鳥人たちが憧憬の時を空へ向けてる(^^)
訪問者数:581人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/5
投稿数: 617
2018/3/7 22:02
 岩田翁。
はじめまして。
FBで拝見しておりまして、最近はヤマレコの方もフォローさせていただいております^^
普段人が通らない辺りを行くと、以前は人がいた痕跡というか、息吹というか…色々残されているのですね。勉強になります('◇')ゞ

岩田さん、ご冥福をお祈りいたします。
数年前に、岩田さんの道標が見たく、不老山に行った際に、ご本人にお会いしました。訃報を本日初めて知り、風人社さんのサイトで確認いたしました。
きっと今も、今年のサンショウバラは綺麗に咲くかな?と天国で楽しみにしているんじゃないかと思います。
毎年、またサンショウバラ見に行きたいな〜、と思いつつ、機会を逃していましたが、今年こそは、、と思っています。

ありがとうございました<(_ _)>
登録日: 2012/12/31
投稿数: 338
2018/3/9 0:02
 Re: 岩田翁。
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
私の拙い山行記をFBでも読んでいただいてたとは、とてもうれしく存じます(^^)
 
丹沢は奥が深いですね。
広大な山域に、明媚な尾根筋や、静山が満載なエリア、幾筋もの谷や沢など、すっかりハマっています(^^)
豊富な山林と脆い山容は、江戸期から昭和中期の遺構や忘れられた古道も多いので、往時に触れながら歩くことも大好きです。

岩田翁にお会いになられたのですね。
私は、初夏に西丹沢エリアを周回した時に、三国峠〜世附峠で魅入る道標をいくつも見かけ、その思いが伝わる言伝に癒され、後に作者を知って「いつか会いたい」の思いながらも、その機を逸してしまったことが残念でなりません。
今年は、サンショウバラの最盛の期に「樹下の二人」を訪ね、偲んでみようと思います(^^)


masa25さんのヤマレコを拝見させていただきました。
丹沢loverなのですね!
機会をいただければ、一緒にサンショウバラを訪ねたいです(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ