また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1393710 全員に公開 雪山ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

箕輪山〜鉄山(箕輪スキー場コース)

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
箕輪スキー場Cリフトを利用して登りました(600円)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間21分
休憩
1時間10分
合計
4時間31分
Sスタート地点08:4909:41箕輪山09:5510:21笹平10:42鉄山避難小屋10:4811:02鉄山11:5212:01鉄山避難小屋13:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
スノーシューが最適のコースでしたが、鉄山周辺は地形的な影響のためか爆風が吹き荒んでおり、ピッケルでないと耐風姿勢をとるのが難しかったです。それ以外の場所も強風地帯のようですので、強風時には注意が必要です。
Cリフト終点から箕輪山までは標高差が少なく、簡単に登ることができます。
箕輪山〜鉄山避難小屋は若干急な場所もありますが、視界が確保できれば難しくはありません。
鉄山避難小屋から鉄山は目と鼻の先ですが、沼ノ平から恐怖を感じるほどの爆風が吹き上げるので、強風時には無理に近づかない方がよいです。
鉄山山頂には火山監視カメラが設置されており、その周辺だけ雪が解けているので、風除けとして利用できます。
鉄山避難小屋からはAリフト方面に向かってショートカットしましたが、Aリフト終点に下りるのは難しそうに見えたので、西に伸びる尾根を下りました。途中スノーシューには厳しい斜度でしたので、一時的にツボ足でキックステップしながら下りました。

チケット売場の登山ポストの有無は未確認です。
トイレはリフト下施設で利用できます。
携帯電話(au)は全域で通じます。
その他周辺情報ゲレンデ至近の横向温泉のマウント磐梯は泉質が最上です(650円)。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

ゲレンデ下から目指す箕輪山を見上げます。
2018年03月04日 08:29撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ下から目指す箕輪山を見上げます。
1
リフト終点から仰ぎ見るこんもりとした箕輪山です。
2018年03月04日 08:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト終点から仰ぎ見るこんもりとした箕輪山です。
3
途中隣の鬼面山の背後に蔵王連峰が重なりました。
2018年03月04日 09:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中隣の鬼面山の背後に蔵王連峰が重なりました。
6
山頂手前の最後の登りです。リフト終点からほぼ一定の斜度を登り詰めました。
2018年03月04日 09:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の最後の登りです。リフト終点からほぼ一定の斜度を登り詰めました。
2
エビの尻尾状態の山頂標識です。
2018年03月04日 09:42撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビの尻尾状態の山頂標識です。
4
平坦な山頂です。
2018年03月04日 09:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な山頂です。
2
福島東部の稜線が望めます。
2018年03月04日 09:43撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島東部の稜線が望めます。
1
安達太良山へと続く稜線が初めて確認できました。
2018年03月04日 09:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山へと続く稜線が初めて確認できました。
3
広大な平原を進むような感じです。
2018年03月04日 09:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な平原を進むような感じです。
2
前日西吾妻山から格好よく見えた磐梯山が、今日も角度を変えて凛々しく見えます。
2018年03月04日 09:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日西吾妻山から格好よく見えた磐梯山が、今日も角度を変えて凛々しく見えます。
3
右手には飯豊連峰も浮かんでいます。この時点ではまだ全貌を捉えることができましたが、徐々に怪しい雲が湧き出してしまいました。
2018年03月04日 09:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には飯豊連峰も浮かんでいます。この時点ではまだ全貌を捉えることができましたが、徐々に怪しい雲が湧き出してしまいました。
2
飯豊連峰と吾妻連峰の眺めです。前日登った西大巓と西吾妻山は左端の二つのピークでしょうか。
2018年03月04日 09:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰と吾妻連峰の眺めです。前日登った西大巓と西吾妻山は左端の二つのピークでしょうか。
2
吾妻連峰東部と蔵王連峰の眺めです。吾妻小富士まで見えています。
2018年03月04日 09:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰東部と蔵王連峰の眺めです。吾妻小富士まで見えています。
3
目指す鉄山を中心に、安達太良山と船明神山をアップで。
2018年03月04日 09:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す鉄山を中心に、安達太良山と船明神山をアップで。
3
少々霞んでいますが、那須連峰をアップで。
2018年03月04日 09:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少々霞んでいますが、那須連峰をアップで。
2
どこから見ても格好いい磐梯山をアップで。
2018年03月04日 09:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこから見ても格好いい磐梯山をアップで。
8
白さが際立つ飯豊連峰をアップで。
2018年03月04日 09:49撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白さが際立つ飯豊連峰をアップで。
4
吾妻連峰西部をアップで。今日も西吾妻山は大賑わいなことでしょう。
2018年03月04日 09:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰西部をアップで。今日も西吾妻山は大賑わいなことでしょう。
4
吾妻連峰東部をアップで。こちらもぜひ登ってみたいです。
2018年03月04日 09:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰東部をアップで。こちらもぜひ登ってみたいです。
2
蔵王連峰をアップで。今日もよく見えています。
2018年03月04日 09:52撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蔵王連峰をアップで。今日もよく見えています。
3
コルまで下りると、夏道の分岐標識がありました。後方が箕輪山です。
2018年03月04日 10:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルまで下りると、夏道の分岐標識がありました。後方が箕輪山です。
鉄山避難小屋が見えてきました。
2018年03月04日 10:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山避難小屋が見えてきました。
2
避難小屋手前から振り返る箕輪山です。どこから眺めてもこんもりとした山容です。
2018年03月04日 10:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋手前から振り返る箕輪山です。どこから眺めてもこんもりとした山容です。
2
分岐標識はやはりエビの尻尾です。
2018年03月04日 10:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐標識はやはりエビの尻尾です。
2
沼ノ平が望めるようになりました。
2018年03月04日 10:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ平が望めるようになりました。
3
鉄山が目の前ですが、この短い区間が爆風でかなり危険でした。
2018年03月04日 10:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山が目の前ですが、この短い区間が爆風でかなり危険でした。
1
箕輪山を背景にして建つ避難小屋です。
2018年03月04日 10:50撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕輪山を背景にして建つ避難小屋です。
4
鉄山を目指して進みます。
2018年03月04日 10:53撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山を目指して進みます。
1
振り返ると、箕輪山の右肩に蔵王連峰が浮かぶ位置関係になりました。
2018年03月04日 10:58撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、箕輪山の右肩に蔵王連峰が浮かぶ位置関係になりました。
鉄山まであとわずかですが、爆風のため一歩一歩が必死です。
2018年03月04日 11:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山まであとわずかですが、爆風のため一歩一歩が必死です。
鉄山山頂の火山監視カメラです。この陰に入ると風がしのげます。
2018年03月04日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄山山頂の火山監視カメラです。この陰に入ると風がしのげます。
4
真っ白な稜線の先に安達太良山が望めます。
2018年03月04日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な稜線の先に安達太良山が望めます。
2
船明神山を見据えます。
2018年03月04日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船明神山を見据えます。
1
圧巻の沼ノ平の眺めです。背後には那須連峰が浮かんでいます。
2018年03月04日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧巻の沼ノ平の眺めです。背後には那須連峰が浮かんでいます。
2
磐梯山と沼ノ平です。
2018年03月04日 11:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山と沼ノ平です。
4
飯豊連峰にはだいぶ雲が湧いてきてしまいました。
2018年03月04日 11:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊連峰にはだいぶ雲が湧いてきてしまいました。
1
吾妻連峰も視界良好です。
2018年03月04日 11:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻連峰も視界良好です。
1
東側が切れ落ちています。爆風に吹き飛ばされないかと不安でした。
2018年03月04日 11:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側が切れ落ちています。爆風に吹き飛ばされないかと不安でした。
東方の平野部の眺めです。
2018年03月04日 11:05撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方の平野部の眺めです。
安達太良山をアップで。一昨年10月に登りました。
2018年03月04日 11:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安達太良山をアップで。一昨年10月に登りました。
5
もう一段アップで。山頂にたくさんの人影が確認できます。
2018年03月04日 11:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一段アップで。山頂にたくさんの人影が確認できます。
4
真っ白な沼ノ平をアップで。
2018年03月04日 11:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な沼ノ平をアップで。
2
磐梯山も入れてみました。
2018年03月04日 11:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磐梯山も入れてみました。
5
白い輝きに圧倒されます。
2018年03月04日 11:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い輝きに圧倒されます。
これがたぶん鉄山の山頂標識ではないかと思います。必死になって避難小屋まで戻りました。
2018年03月04日 11:55撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがたぶん鉄山の山頂標識ではないかと思います。必死になって避難小屋まで戻りました。
3
スキー場方面にショートカット中に振り返ると、スキーには最適そうな斜面でした。
2018年03月04日 12:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場方面にショートカット中に振り返ると、スキーには最適そうな斜面でした。
大平原を下ります。
2018年03月04日 12:08撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大平原を下ります。
箕輪山はひたすら真っ白です。ここからだと三角錐に見えます。
2018年03月04日 12:18撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箕輪山はひたすら真っ白です。ここからだと三角錐に見えます。
5
Aリフト終点近くまでトラバースしてきました。中央に見える建物が登りで使ったCリフトです。
2018年03月04日 12:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aリフト終点近くまでトラバースしてきました。中央に見える建物が登りで使ったCリフトです。
1
ゲレンデに下りるには斜度がきつそうでしたので、Aリフトと並行して西に伸びる尾根を下りました。
2018年03月04日 12:38撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデに下りるには斜度がきつそうでしたので、Aリフトと並行して西に伸びる尾根を下りました。
1

感想/記録
by Kitara

日曜も好天が続く予報が出ていましたので、安達太良連峰最高峰の箕輪山に登り、ついでに鉄山まで足を伸ばしました。
前日登った吾妻連峰を、前日クリアに望めた安達太良連峰から眺めるのが爽快で、前日に負けず劣らず素晴らしい眺望を堪能することができました。
鉄山まで進むと安達太良山や沼ノ平の豪快な眺めが楽しめますが、山頂周辺の爆風は本当に身の危険を感じましたので、強風時はピッケルの持参を推奨します。
訪問者数:382人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

コル キックステップ 耐風姿勢
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ