また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395417 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走栗駒・早池峰

須賀倉山 −紫波町の最高峰にチャレンジ−

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県道1号沿いの大村集落より東に入り込み、林道を除雪終点地点まで進み車をデポしました。除雪終点にはとくに何もないので、なぜここまで除雪されているのか不思議ですが、この除雪の進捗によって車で入り込める場所が違ってくるようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間7分
休憩
37分
合計
5時間44分
Sスタート地点 除雪終点09:5213:44須賀倉山14:2115:36ゴール地点 除雪終点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません。
その他周辺情報トイレなどの設備は一切ありません。大村集落に自販機くらいはあったかも。温泉は鶯宿温泉・沢内銀河高原などが最寄となります。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

除雪終点より入山です。
まずは、この高く積みあがった雪を越えねば…。
2018年03月03日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪終点より入山です。
まずは、この高く積みあがった雪を越えねば…。
2
雪の壁を超えると誰も踏み荒らしていない一面のバージンスノー。試しにツボ足で踏み込んでみたら股下までもぐりました。
2018年03月03日 09:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の壁を超えると誰も踏み荒らしていない一面のバージンスノー。試しにツボ足で踏み込んでみたら股下までもぐりました。
スキーを履いて出発!
まずは林道歩きから。
2018年03月03日 09:51撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを履いて出発!
まずは林道歩きから。
1
小川にかかる橋を超えていきます。
うっかり落ちないように注意。
2018年03月03日 09:51撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川にかかる橋を超えていきます。
うっかり落ちないように注意。
シミ一つない雪面!
2018年03月03日 10:07撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シミ一つない雪面!
畑平放牧場の標柱がありました。ここは林道を通っても画面奥の放牧地を通っても同じ場所へ通じています。
2018年03月03日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑平放牧場の標柱がありました。ここは林道を通っても画面奥の放牧地を通っても同じ場所へ通じています。
1
登りは林道のほうが傾斜が緩くていいんじゃないでしょうか。
下りは放牧地を滑り降りるのが速そう。
2018年03月03日 10:15撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは林道のほうが傾斜が緩くていいんじゃないでしょうか。
下りは放牧地を滑り降りるのが速そう。
この大カーブで合流します。
2018年03月03日 10:29撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大カーブで合流します。
天然の雪まくり発見!
2018年03月03日 10:44撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然の雪まくり発見!
2
ゆるゆると高度を上げていきますが、この林道区間が思ったより長かったです。正直、ちょっと疲れました。
2018年03月03日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるゆると高度を上げていきますが、この林道区間が思ったより長かったです。正直、ちょっと疲れました。
畑平放牧地に着きました。ようやく林道歩きから開放されます。
2018年03月03日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
畑平放牧地に着きました。ようやく林道歩きから開放されます。
1
気持ちの良い青空♪
2018年03月03日 11:48撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちの良い青空♪
2
振り返ると大荒沢の山塊が眼前に。ここからの眺めが一番良かったです。
2018年03月03日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると大荒沢の山塊が眼前に。ここからの眺めが一番良かったです。
1
前方に見える尾根に取り付こうと思います。
2018年03月03日 12:00撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に見える尾根に取り付こうと思います。
こっちの斜面も魅力ですが、いまいちこの先がどうなっているのかわからないので無難に…。
2018年03月03日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちの斜面も魅力ですが、いまいちこの先がどうなっているのかわからないので無難に…。
を…。近くで見るとけっこう樹木の密度が…。
2018年03月03日 12:10撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
を…。近くで見るとけっこう樹木の密度が…。
樹林帯に突入!
このへんはまだ樹木がまばらで帰りはツリーランかなぁ?なんて思ってましたが…。
2018年03月03日 12:05撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に突入!
このへんはまだ樹木がまばらで帰りはツリーランかなぁ?なんて思ってましたが…。
尾根上部は密度の濃い樹林帯に…。
こんなところ、滑って下りてこられるんだろうか…。
2018年03月03日 12:13撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上部は密度の濃い樹林帯に…。
こんなところ、滑って下りてこられるんだろうか…。
1
しかし、針葉樹林帯を過ぎるとまた平穏な森が戻ってきました。
2018年03月03日 12:41撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、針葉樹林帯を過ぎるとまた平穏な森が戻ってきました。
立派なぶなの木。
2018年03月03日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なぶなの木。
1
青空に映えます。
2018年03月03日 12:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に映えます。
ここまでくれば、須賀倉岳へは緩い登りのみ。
2018年03月03日 12:55撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくれば、須賀倉岳へは緩い登りのみ。
1
山頂に近づくにつれて雪が深くなっていきます。
2018年03月03日 13:14撮影 by Canon PowerShot D20, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づくにつれて雪が深くなっていきます。
木々が一方向だけ雪化粧してますね。昨日あたりの吹雪で着雪したのでしょうか。
2018年03月03日 13:27撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が一方向だけ雪化粧してますね。昨日あたりの吹雪で着雪したのでしょうか。
山頂直下、潅木帯を少しだけ急な登りで通過します。
2018年03月03日 13:42撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下、潅木帯を少しだけ急な登りで通過します。
あれ? 山名票がないなぁ。
2018年03月03日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ? 山名票がないなぁ。
雪に埋もれたか着雪によって隠されているのか…。
2018年03月03日 13:53撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれたか着雪によって隠されているのか…。
この小高い部分が真の山頂…ということでよろしいでしょうか?
2018年03月03日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小高い部分が真の山頂…ということでよろしいでしょうか?
3
山頂からの眺望はあまり良くなく、雫石方面に開けたこの方角が一番眺望が良かったようです。
2018年03月03日 13:55撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺望はあまり良くなく、雫石方面に開けたこの方角が一番眺望が良かったようです。
1

感想/記録

てっきり紫波の最高峰は東根山だと思っていた私ですが、数年前実は須賀倉山というのが紫波の最高峰だと知り、そのうち登ってみたいと計画を温めていました。とはいえ、それほど多く登られているわけでもなく須賀倉山?どこの山それ?という感じのところからのスタートだったので実行に移すまで数年かかりました(笑

林道の除雪終点から畑平放牧場まで延々と林道歩きが続きます。見晴らしは良く、斜度も緩いためきつくはないのですが精神力が試されます。
放牧場に着くと広々とした雪の斜面が広がり、振り返ると大荒沢山塊のパノラマを堪能できます。ここが一番景色が良い場所です。
放牧場を過ぎ尾根に取り付くとそこがこのコース最難所。急で木々の密度が濃い斜面が始まります。スキーだと登りより下りで苦労することでしょう。
その難所を過ぎれば、あとは尾根伝いに緩やかな登りとなります。ゆるゆると歩いていけば須賀倉岳山頂に至ります。

登山道がないため積雪期限定ルートのようですが、雪の着き方で状況はまったく異なるものになるようです。今回は積雪後に気温が上がりシールや金具に雪が固着する嫌な状態で、下りの滑走もストップ雪や重雪に悩まされ爽快感は皆無でした。残念。
雪の状態がよければ、山スキー初心者向けのコースかなぁと思います。
訪問者数:255人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/6/29
投稿数: 830
2018/3/7 21:10
 こんばんは
cha-teaさん

すっかりご無沙汰しております。(2015年11月の烏帽子岳以来。)

須賀倉は2度行きましたが、1回目は林道歩きでバテて途中で撤退
昨年はs_fukuchanさんの山スキールートを真似て、畑平放牧地の小屋手前から右手に入りました。藪も薄くなかなか快適なルートでした。

復路はcha-teaさんたちと同じ尾根をたどりましたが、南西方面に曲がるところを、イケイケドンドン真っ直ぐ降りすぎて遠回りしてしまいました。
最終的には放牧地手前はイバラだらけのヤブヤブで、gogo55さんと「痛ぇ!」と叫びながら突破しました。

そういう「痛い思い」をしているので、cha-teaさんのトラックログを拝見して、ルートファインディング完璧だなぁ!と思いました。

それにしても最終除雪地点の雪の多いこと!!
放牧地の小屋付近までクルマで行ければ良いのですが・・・林道歩きもお疲れ様でした。
登録日: 2011/4/11
投稿数: 70
2018/4/9 21:40
 Re: こんばんは
すいません、業務繁忙期につきしばらく放置してました(汗
小屋手前から右手に行くのは私も考えたのですが、ルート取りに自信がなくやめましたった。やっぱり行けるんですね。
あそこの尾根上はルートわかりやすくていいんですが木が密でほとんど滑走できないのが玉に瑕でしょうか。もっと楽にまっすぐ下りることも考えたのですが、これもやはり自信がなく木々に体を擦りながら下りてきましたった。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ