また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395434 全員に公開 ハイキング大峰山脈

静かな笠捨山 賑わう金剛山

日程 2018年03月03日(土) 〜 2018年03月04日(日)
メンバー
 DCT
天候両日とも 晴れ 気温も両日とも10℃(笠捨山頂・金剛山山頂売店前)
アクセス
利用交通機関
3日 大阪→五條より168号にて十津川方向へ南下。工事による片側交互通行あるが問題箇所はありません。ほぼ、快走路です。
十津川村で国道425号に乗り換えれば狭小な道、これでも国道?酷道だろ!?で曲がりの多い道を20km弱進み、483ポスト近くの路肩に駐車させて頂いた。
奈良県南部は工事・通行止め等(↓参照)多く事前調査が必要
http://www2.wagamachi-guide.com/3kenhp/
白谷トンネル、今週末まで冬季閉鎖中です。

4日 金剛山千早登山口、さわやかトイレ前駐車場に駐輪(この日はバイク)。車/600円、バイク/200円。バイクは路肩等に止められていますが…。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間10分
休憩
33分
合計
5時間43分
Sスタート地点07:4008:54東屋岳08:5608:57四阿之宿09:19地蔵岳09:2109:56葛川辻10:31笠捨山10:5211:15葛川辻11:53地蔵岳11:5512:23四阿之宿12:2912:30東屋岳13:23ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
3日 国道425号、482と483ポストの中間に新宮山彦ぐるーぷさんの設置された登山口標識がある。東屋岳山頂まで勾配強く、9割がスギ植林の中を進む。登山道はスギの落葉が積もり、少々歩き難いコースだった。
大峯奥駈道に合流すればそこは修行の道、新宮山彦ぐるーぷさんの優しさで開かれ、その手厳しさで概ねピークを踏む鍛えられる縦走路が続いている。
昨年の春、行仙宿をあとに笠捨へ向かった大阪の男性がまだ見つかっていない(と思われる)、ゆる〜いハイキングコースではないだろう(?)、特に地蔵岳一帯のクサリの連続はアスレチックが一杯だった!
出会った人 0名 目撃にょろ 0にょろ(冬季警戒解除中)

4日 金剛山、GPSルート未採取未記載、↑カトラ谷・千早本道↓
カトラ谷は昨年10月の連続台風で大荒れとの事だったが、雪解けも進んでるだろうと行ってみた。被災から半年近くが過ぎるが「お山は落ち着ていない感じ」歩きながらも上からポロポロと小石が崩れてきたりしていた。
賑わう山頂を後に、千早本道を下山した。
出会った人 多多多数名(カトラ谷では3名) 目撃にょろ 0にょろ(冬季警戒解除中)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

突発でやってきました十津川村へ、酷道425号、483〜482ポストの間に駐車。
2018年03月03日 07:34撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突発でやってきました十津川村へ、酷道425号、483〜482ポストの間に駐車。
6
ずーっっっと以前通りかかって気になっていた登山口。ヤマレコ内ではn女子(wさんとも呼んでいた旧ユーザー、伝説の方)が下りで使われていた。
2018年03月03日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずーっっっと以前通りかかって気になっていた登山口。ヤマレコ内ではn女子(wさんとも呼んでいた旧ユーザー、伝説の方)が下りで使われていた。
5
いきなり崖です、ロープは苔が付いてるし…、
2018年03月03日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり崖です、ロープは苔が付いてるし…、
8
トラバース多めで積もったスギを踏んでいく、
2018年03月03日 07:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース多めで積もったスギを踏んでいく、
2
疲労する登りが続く、ケルンや古いテープが散見される。
2018年03月03日 08:00撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲労する登りが続く、ケルンや古いテープが散見される。
2
植林帯にちょと飽きるが明るい陽射しに気分も変わる。ただ、登りはヒタヒタと続く、、、
2018年03月03日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯にちょと飽きるが明るい陽射しに気分も変わる。ただ、登りはヒタヒタと続く、、、
3
足元に錆びたワイヤーや索道の部品(?)が見える。かなり以前の林業の名残だろうなぁ。
2018年03月03日 08:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に錆びたワイヤーや索道の部品(?)が見える。かなり以前の林業の名残だろうなぁ。
1
何か…、、、先が明るく開けてきたじょっ!
2018年03月03日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何か…、、、先が明るく開けてきたじょっ!
1
ホッ、東屋(あずまや)岳に到着、
2018年03月03日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッ、東屋(あずまや)岳に到着、
5
三角点は無いけろ、山彦ぐるーぷさんの標識にたっちぃ。
2018年03月03日 08:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は無いけろ、山彦ぐるーぷさんの標識にたっちぃ。
13
少し南進し、木々の向こう、手前に地蔵岳、奥に笠捨山が重なって見える。
2018年03月03日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し南進し、木々の向こう、手前に地蔵岳、奥に笠捨山が重なって見える。
5
東屋岳から30m程で大峯奥駈道、第16靡 四阿ノ宿(あずまのしゅく)、Wikipediaでは「しあのしゅく」と書かれている。
2018年03月03日 08:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋岳から30m程で大峯奥駈道、第16靡 四阿ノ宿(あずまのしゅく)、Wikipediaでは「しあのしゅく」と書かれている。
5
さぁ、ここから奥駈道、稜線のアップダウンのはじまりです!
2018年03月03日 08:57撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、ここから奥駈道、稜線のアップダウンのはじまりです!
2
手を添えて「ヨッコラショ」な所も出できますので、手袋装着です。
2018年03月03日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手を添えて「ヨッコラショ」な所も出できますので、手袋装着です。
3
標識があつても、「えっとお〜、こっちかな?」な場所も在ります。
2018年03月03日 09:02撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識があつても、「えっとお〜、こっちかな?」な場所も在ります。
2
開けた先、(ズームで)中央に釈迦ヶ岳、その右に孔雀岳・仏生嶽が続きます。
2018年03月03日 09:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた先、(ズームで)中央に釈迦ヶ岳、その右に孔雀岳・仏生嶽が続きます。
17
標高1200m、残雪は少々、正面に地蔵岳が現れます。
2018年03月03日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1200m、残雪は少々、正面に地蔵岳が現れます。
2
そして、連続クサリ場の始まりなのなっ、
2018年03月03日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、連続クサリ場の始まりなのなっ、
4
上がって下がってを繰り返し、、、越えた先に。。。
2018年03月03日 09:13撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がって下がってを繰り返し、、、越えた先に。。。
3
地蔵岳、一番険しい、斜度80度7mほどの岩登りです。岩は手掛かり・足掛かりもしっかりあるので登りはさほど難しくにゃい。
2018年03月03日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳、一番険しい、斜度80度7mほどの岩登りです。岩は手掛かり・足掛かりもしっかりあるので登りはさほど難しくにゃい。
12
地蔵岳ピークに到着、狭い山頂で展望も無し。大峰山脈には「地蔵岳」が3つある不思議、ここは一番南の地蔵岳なのな。
2018年03月03日 09:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳ピークに到着、狭い山頂で展望も無し。大峰山脈には「地蔵岳」が3つある不思議、ここは一番南の地蔵岳なのな。
7
立ち枯れと青空。引きで写すと真ん中の釈迦ヶ岳のサイズが…、位置関係分かるかなぁ?
2018年03月03日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れと青空。引きで写すと真ん中の釈迦ヶ岳のサイズが…、位置関係分かるかなぁ?
13
木の根の橋の奥駈道、クサリ付き。
2018年03月03日 09:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根の橋の奥駈道、クサリ付き。
4
大峯にもある「槍ヶ嶽」、岩のピークだが、地蔵岳の下でむしろ…、地蔵岳の前衛峰「ジャンダルム」なのではなかろうか?と思ふ、。
2018年03月03日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯にもある「槍ヶ嶽」、岩のピークだが、地蔵岳の下でむしろ…、地蔵岳の前衛峰「ジャンダルム」なのではなかろうか?と思ふ、。
7
大きく下って、送電鉄塔の広場に出る。
2018年03月03日 09:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく下って、送電鉄塔の広場に出る。
再び、静かな森を進み、、、
2018年03月03日 09:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、静かな森を進み、、、
1
「葛川辻」となる、50mほど共有して下北山北浦と十津川村上葛川を結ぶ古道とクロスする。古道は明治の頃まで逓信(現在の郵便)道で手紙や物資が運ばれたいにしえの道だった。
2018年03月03日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「葛川辻」となる、50mほど共有して下北山北浦と十津川村上葛川を結ぶ古道とクロスする。古道は明治の頃まで逓信(現在の郵便)道で手紙や物資が運ばれたいにしえの道だった。
3
辻の標識は賑やかだった、山彦ぐるーぷさんの時間表記はちょっとタイトだが近い時間を表示している。
2018年03月03日 09:56撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辻の標識は賑やかだった、山彦ぐるーぷさんの時間表記はちょっとタイトだが近い時間を表示している。
6
第一葛川辻・第二葛川辻から笠捨山へアタックとなる。
2018年03月03日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一葛川辻・第二葛川辻から笠捨山へアタックとなる。
1
比較的新しい倒木を幾つか見る、左右に回避しつつ登って行く。
2018年03月03日 10:03撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比較的新しい倒木を幾つか見る、左右に回避しつつ登って行く。
こちらはクサリは無いけろ、ひたすら登りが続き、且つ勾配が徐々に強くなるのな。
2018年03月03日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはクサリは無いけろ、ひたすら登りが続き、且つ勾配が徐々に強くなるのな。
途中、2度ほど休んだのは内緒だっ、。喋るなよっっっ!
2018年03月03日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、2度ほど休んだのは内緒だっ、。喋るなよっっっ!
4
急登を終えて、笠捨山(西峰)に到着。先ずはスルーで、
2018年03月03日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を終えて、笠捨山(西峰)に到着。先ずはスルーで、
8
無線反射板の2基立つ笠捨山東峰に到着。ロープはこの先、茶臼山・蛇崩(だぐえ)山通行止めの標示。
2018年03月03日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無線反射板の2基立つ笠捨山東峰に到着。ロープはこの先、茶臼山・蛇崩(だぐえ)山通行止めの標示。
5
そう、笠捨山は2つの山頂を持つ双耳峰なのな。ここで帰路分のカロリー補給と休憩。
2018年03月03日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう、笠捨山は2つの山頂を持つ双耳峰なのな。ここで帰路分のカロリー補給と休憩。
21
笠捨山東峰は北が広角に開けている、
2018年03月03日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠捨山東峰は北が広角に開けている、
11
台高山脈最高峰の大台ヶ原はのっぺりな地形で同定しにくい。
2018年03月03日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台高山脈最高峰の大台ヶ原はのっぺりな地形で同定しにくい。
7
地蔵岳あたりからも眺めた釈迦・孔雀・仏生の山峰。釈迦は大峰の秀峰の一つとされる、日本二百名山。
2018年03月03日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳あたりからも眺めた釈迦・孔雀・仏生の山峰。釈迦は大峰の秀峰の一つとされる、日本二百名山。
10
仏生嶽の右(東)にピラミダルな大普賢岳(右に小普賢岳)が見えていた!(写真左の)白い部分は水太覗、その左の小ピークは弥勒岳だろう。
2018年03月03日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏生嶽の右(東)にピラミダルな大普賢岳(右に小普賢岳)が見えていた!(写真左の)白い部分は水太覗、その左の小ピークは弥勒岳だろう。
23
足元は池原ダム、バス釣りで有名。但しボート釣りのみOKで、湖岸から釣り糸を下ろすと警察に通報されるのなっ。
2018年03月03日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は池原ダム、バス釣りで有名。但しボート釣りのみOKで、湖岸から釣り糸を下ろすと警察に通報されるのなっ。
8
J-Powerさんの電波反射板、まだ使われてるのかな?
雲は、高かったぁ〜、、、好天で気温も10℃ほどでした。
2018年03月03日 10:43撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
J-Powerさんの電波反射板、まだ使われてるのかな?
雲は、高かったぁ〜、、、好天で気温も10℃ほどでした。
3
笠捨山西峰に戻る、ここにある祠が好まない(個人的意見です)のであまり長居したくない山頂です。
2018年03月03日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠捨山西峰に戻る、ここにある祠が好まない(個人的意見です)のであまり長居したくない山頂です。
6
さくっと三角点にたっちぃの儀。
2018年03月03日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さくっと三角点にたっちぃの儀。
18
北に延びる大峯奥駈道、(白い建物が見える)中央のピークが行仙岳、三角点名は「大峰山」あそこが大峰の中心かも!?
2018年03月03日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北に延びる大峯奥駈道、(白い建物が見える)中央のピークが行仙岳、三角点名は「大峰山」あそこが大峰の中心かも!?
7
さぁ、ピストンで帰りだけろ、ヒメシャラは特異な形状が多い木な気がするけろ。この木に何が起こったのだろう?
2018年03月03日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、ピストンで帰りだけろ、ヒメシャラは特異な形状が多い木な気がするけろ。この木に何が起こったのだろう?
12
風も弱く静かなお山をテクテクでした、。
2018年03月03日 11:22撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も弱く静かなお山をテクテクでした、。
3
鉄塔まで戻り、左のピークが地蔵岳だっ。
2018年03月03日 11:27撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔まで戻り、左のピークが地蔵岳だっ。
2
徐々に勾配が強まり、そろそろクサリが出るので手袋装着。
2018年03月03日 11:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に勾配が強まり、そろそろクサリが出るので手袋装着。
1
写真では今一伝わらないが、かなり急で深いキレットです。
2018年03月03日 11:44撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では今一伝わらないが、かなり急で深いキレットです。
3
おかげ様で奥駈修験体験をさせていただいております…、
2018年03月03日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おかげ様で奥駈修験体験をさせていただいております…、
2
写真を撮るフリをしつつ休んでるっ、北に中八人山を眺める、大峰派生尾根にある寂しくも秀峰だと思ふ。
2018年03月03日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮るフリをしつつ休んでるっ、北に中八人山を眺める、大峰派生尾根にある寂しくも秀峰だと思ふ。
10
地蔵岳南の山頂下に錫杖(しゃくじょう)と奥にお地蔵さん。このお地蔵さんは葛川集落の方が置かれたと記憶してるが…。
2018年03月03日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵岳南の山頂下に錫杖(しゃくじょう)と奥にお地蔵さん。このお地蔵さんは葛川集落の方が置かれたと記憶してるが…。
9
クサリ場は続く…、怖いと思えば「怖い」、楽しもうと思えば「楽しい」。
2018年03月03日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場は続く…、怖いと思えば「怖い」、楽しもうと思えば「楽しい」。
3
メインの急角度!下りは足場探しがあって難しいよなぁ。。。
2018年03月03日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインの急角度!下りは足場探しがあって難しいよなぁ。。。
6
最後の登り返しは四阿ノ宿への登りなのな、、、
2018年03月03日 12:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り返しは四阿ノ宿への登りなのな、、、
1
ホッ、着いたけろ、、、
2018年03月03日 12:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッ、着いたけろ、、、
大峯奥駈道とお別れなので暫しここで給水休憩とした。今日は水分消費が多い、下山までで1.5L消費したなぁ。
2018年03月03日 12:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯奥駈道とお別れなので暫しここで給水休憩とした。今日は水分消費が多い、下山までで1.5L消費したなぁ。
2
30m程だが、ここまで来ると奥駈道を外れてる。間違いやすいポイントのようです。
2018年03月03日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30m程だが、ここまで来ると奥駈道を外れてる。間違いやすいポイントのようです。
3
後は下るのみ、登りはつま先ばかり見ながらだったので、こんな景色あったかなぁ?と思いながら下山する。
2018年03月03日 12:39撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は下るのみ、登りはつま先ばかり見ながらだったので、こんな景色あったかなぁ?と思いながら下山する。
4
100m程下に道路が見えてきた、暫くトラバースで道路まで時間がかかるんだけろ。
2018年03月03日 13:15撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100m程下に道路が見えてきた、暫くトラバースで道路まで時間がかかるんだけろ。
2
ここを落ちれば、登山口に帰着だぁ。(落ちる?)
2018年03月03日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを落ちれば、登山口に帰着だぁ。(落ちる?)
3
久しぶりの十津川村でしたので源泉かけ流しの温泉へ。
2018年03月03日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの十津川村でしたので源泉かけ流しの温泉へ。
13
湯量不足で露天風呂は使えませんでした。通常600円、JAF会員は半額だって。
2018年03月03日 14:10撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯量不足で露天風呂は使えませんでした。通常600円、JAF会員は半額だって。
12
さて、ここから4日、日曜日。イザ、金剛山へっ!
2018年03月04日 09:01撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここから4日、日曜日。イザ、金剛山へっ!
6
マジックアイゼンのピノさん、今日も百ヶ辻(もまつじ)で営業かなぁ?この先で女性がお一人下山され、ツツジオに入って2時間程彷さまよったらしい。
2018年03月04日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジックアイゼンのピノさん、今日も百ヶ辻(もまつじ)で営業かなぁ?この先で女性がお一人下山され、ツツジオに入って2時間程彷さまよったらしい。
8
林道ゲートで、「そっち行くの?通行止め?」とお声をいただき「通行困難なので、慎重に行ってみます」とお話し、。
2018年03月04日 09:16撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲートで、「そっち行くの?通行止め?」とお声をいただき「通行困難なので、慎重に行ってみます」とお話し、。
4
道が川?川が道?ですね。先輩方のレコで拝見しちょりましたっ。
2018年03月04日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が川?川が道?ですね。先輩方のレコで拝見しちょりましたっ。
4
沢が土砂で完全に埋もれて水の流れが道路にあふれたのですね…、
2018年03月04日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が土砂で完全に埋もれて水の流れが道路にあふれたのですね…、
1
林道上に(ザックはサイズ目安で)1m以上の大岩がどんぶらこどんぶらこっだったのですね!
2018年03月04日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道上に(ザックはサイズ目安で)1m以上の大岩がどんぶらこどんぶらこっだったのですね!
14
カトラ谷入口の連続堰堤の最上部、沢筋が4m程えぐられていました。
2018年03月04日 09:34撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトラ谷入口の連続堰堤の最上部、沢筋が4m程えぐられていました。
2
カトラ谷、最初の小滝、以前は左に梯子があったが…、岩登り沢登りコースに変わってしまいましたね。
2018年03月04日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトラ谷、最初の小滝、以前は左に梯子があったが…、岩登り沢登りコースに変わってしまいましたね。
3
登山路は沢の脇でしたが、川幅が大きく広がって道は消えていましたぁ、
2018年03月04日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山路は沢の脇でしたが、川幅が大きく広がって道は消えていましたぁ、
3
難しそうに見える倒木、実は跨ぐだけでスルー、
2018年03月04日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しそうに見える倒木、実は跨ぐだけでスルー、
2
調査はされてるようですね。まだ、崩れてる所も多く復旧は暫く先でしょう、、、
2018年03月04日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
調査はされてるようですね。まだ、崩れてる所も多く復旧は暫く先でしょう、、、
2
沢中を進みつつ、ここで立ち止まる、あっ、ここ、階段があった高巻きの始まるところだなっ、中央の木の脇にトラロープがあった。
2018年03月04日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢中を進みつつ、ここで立ち止まる、あっ、ここ、階段があった高巻きの始まるところだなっ、中央の木の脇にトラロープがあった。
2
沢を高巻きしつつ進むが、ここは以前と同じぐらいの荒れっぷり、この先に10m程の斜瀑があったが土砂の堆積で消えている。
2018年03月04日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を高巻きしつつ進むが、ここは以前と同じぐらいの荒れっぷり、この先に10m程の斜瀑があったが土砂の堆積で消えている。
1
ここの階段も以前と変わらずだか、越えてから…、
2018年03月04日 09:55撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの階段も以前と変わらずだか、越えてから…、
滝の上段でゴロ石の広場だった所、谷の形が大きく変わっていた、この先を左に登ればカトラの水場です。
2018年03月04日 09:59撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上段でゴロ石の広場だった所、谷の形が大きく変わっていた、この先を左に登ればカトラの水場です。
3
そして、水場でお一人…、カトラで…、いやこの週末お山入り延べ6時間30分程で初めてお会いした方。暫し、お話しし、、、「ひこ贈呈の儀」。
2018年03月04日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、水場でお一人…、カトラで…、いやこの週末お山入り延べ6時間30分程で初めてお会いした方。暫し、お話しし、、、「ひこ贈呈の儀」。
22
後続の男性お二人も来られ、再スタート。この女性、ヤマレコ・メンバーにも詳しく、、、アハハッ、「山バナナ」まさ吉会長さんの奥さんだったのなっ!
2018年03月04日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の男性お二人も来られ、再スタート。この女性、ヤマレコ・メンバーにも詳しく、、、アハハッ、「山バナナ」まさ吉会長さんの奥さんだったのなっ!
20
私は、コースアウトでクリンソウの谷の調査に向かうことに…、
2018年03月04日 10:21撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は、コースアウトでクリンソウの谷の調査に向かうことに…、
2
直ぐにクリンソウの群生地ですが、全体の30〜40%(写真左側)が流されています。残った地下茎と昨年に落ちた種があれば、やや減ってもお花は見えると思われます。
2018年03月04日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐにクリンソウの群生地ですが、全体の30〜40%(写真左側)が流されています。残った地下茎と昨年に落ちた種があれば、やや減ってもお花は見えると思われます。
7
カトラのメインルートに復帰、ここから上は以前と同じ状態のようです。
2018年03月04日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カトラのメインルートに復帰、ここから上は以前と同じ状態のようです。
1
ニリンソウのお花畑、変わっていません!
2018年03月04日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウのお花畑、変わっていません!
5
最後の急登の階段は圧雪でチュルチュルでした、慎重に登ることに、
2018年03月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登の階段は圧雪でチュルチュルでした、慎重に登ることに、
3
ホッ、間もなく山頂だ…、ロープの向こうのお二人に「ドコから?」。「カトラを登ってきました、下はかなり荒れてます。以前のように子どもさん連れでは歩けないぐらいです」とお話し。
2018年03月04日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッ、間もなく山頂だ…、ロープの向こうのお二人に「ドコから?」。「カトラを登ってきました、下はかなり荒れてます。以前のように子どもさん連れでは歩けないぐらいです」とお話し。
3
山頂にてお決まりショット、piccho-aichinさんと母上(良くお会いする)、そしてumesoy38takiさん、後にannyonさんご一行とお会いする。
2018年03月04日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂にてお決まりショット、piccho-aichinさんと母上(良くお会いする)、そしてumesoy38takiさん、後にannyonさんご一行とお会いする。
14
11時の定時カメラに並ばれる皆さんを眺めながらumesoy38takiさんに、暫し無駄話にお付き合いいただく。
2018年03月04日 10:58撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時の定時カメラに並ばれる皆さんを眺めながらumesoy38takiさんに、暫し無駄話にお付き合いいただく。
19
30分近く山頂広場で過ごしてました。少しずつ枯れてきた金剛山カマクラ(モドキ)、映り込みのお子さんは無関係ですが…。
2018年03月04日 11:24撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分近く山頂広場で過ごしてました。少しずつ枯れてきた金剛山カマクラ(モドキ)、映り込みのお子さんは無関係ですが…。
7
葛木神社への登りはアイスバーンらしいので、今日のお参りは割愛させていただく。転法輪寺の境内はまだまだ白かったっ。
2018年03月04日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛木神社への登りはアイスバーンらしいので、今日のお参りは割愛させていただく。転法輪寺の境内はまだまだ白かったっ。
4
広場前の温度計は10℃だった、昨日と同様暖かい。下山は千早本道へ、
2018年03月04日 11:31撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場前の温度計は10℃だった、昨日と同様暖かい。下山は千早本道へ、
2
カメラを構えると、飼い主さんを伺うお犬様、
2018年03月04日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラを構えると、飼い主さんを伺うお犬様、
6
私の脇を「こいつは見なかったことにしよぉ〜うっっっ」とスルーするお犬様。無視かよっ!グスン。
2018年03月04日 11:32撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の脇を「こいつは見なかったことにしよぉ〜うっっっ」とスルーするお犬様。無視かよっ!グスン。
11
本道(新道コース)の脇、妙見谷も大きく崩れていました。カトラもここもマサ土の地質で大雨でキャパを越えた水量で大崩れしたようですね。「平成26年広島市豪雨土砂災害」に同じですね。
2018年03月04日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道(新道コース)の脇、妙見谷も大きく崩れていました。カトラもここもマサ土の地質で大雨でキャパを越えた水量で大崩れしたようですね。「平成26年広島市豪雨土砂災害」に同じですね。
4
あっ!その妙見谷の崩落下に動く…、果敢にアタックされていた勇者!いや、本コースはこっちじゃないと思うのだが…、。
2018年03月04日 11:33撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ!その妙見谷の崩落下に動く…、果敢にアタックされていた勇者!いや、本コースはこっちじゃないと思うのだが…、。
9
本道なので、五合目のお二人、、、
2018年03月04日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道なので、五合目のお二人、、、
7
なんで、お供えがマツボックリなんだ!?リスくんなら喜ぶかも?
2018年03月04日 11:50撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんで、お供えがマツボックリなんだ!?リスくんなら喜ぶかも?
7
最後の七曲りを下れば登山口は近い、
2018年03月04日 12:04撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の七曲りを下れば登山口は近い、
2
無事に2日の山旅を終えました。
2018年03月04日 12:14撮影 by Canon PowerShot SX620 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に2日の山旅を終えました。
3
週末のお山の後はカロリー補給。担担「面」、海鮮炒「面」を次は頼んでみよう!「担々(麺)」とも少し違うのなっ(?)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
週末のお山の後はカロリー補給。担担「面」、海鮮炒「面」を次は頼んでみよう!「担々(麺)」とも少し違うのなっ(?)。
16

感想/記録
by DCT

3日の南奥駈は、一言も話さなかった、当然だ…、どなたともお会いしなかったのだから。(但し、不意な独り言などは呟いてるだろう「あ〜、ちんどいわぁぁぁ〜」「怖ぇ〜ぇ〜っ」等。)
翌4日の金剛山は、カトラの水場でお会いした「山バナナ」まさ吉会長さんの奥様にはじまり出会った方々、そして複数のヤマレコユーザーさんとお話し。登山道ですれ違った沢山の方との「こんにちは!」のご挨拶、お犬様には「こんにちワン!」。対照的な二日間だったにょ。
訪問者数:720人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/29
投稿数: 873
2018/3/6 21:03
 笠捨山
3日はやまびこグループの方は私が参加した奥駈のサポートをしてくださいました。
4日には行仙から笠捨山の道の整備をされたそうです。
1日違ったら会えたかも知れませんね。
奥駈道の南部は人が少なくていかにも修行の山の雰囲気で好きです。
以前上葛川から笠捨山を周回しました。
山では誰にも会いませんでした。
大阪方面からは遠いいからでしょうかね。
登録日: 2014/9/10
投稿数: 1006
2018/3/6 21:19
 お元気そうで何よりです。
DCTさん、こんばんは〜。
南奥駈のこんな山奥でも、積雪はほとんどなかったようですね。私も今年は南奥駈を歩いてみようと思っているのですが、なんせ登山口まで遠いのでなかなか気軽に行けないなぁと…。十津川温泉はぜひ入ってみたいです
登録日: 2016/2/6
投稿数: 42
2018/3/6 23:09
 念願の再会でした〜
DCTさん、こんばんわ。先日は、お話しさせていただき有り難うございました。ヒコにゃんのお礼を伝えたいと、ずーっと思っていたので、再会出来て嬉しかったです😄 教えていただいた釈迦ヶ岳のシロヤシオ、キレイな時期に再訪してみたいです! いよいよ春山シーズン突入ですね🗻✨またお山でお会い出来たら、よろしくお願いします。お疲れ様でした〜
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2195
2018/3/7 8:02
 Re: 笠捨山
mayutsuboさん、こんにちは。
南奥駈、静かで良いですよねぇ!仏教用語、涅槃・転法輪・地蔵などの名がつけられた山並を新宮山彦ぐるーぷさんのご尽力で歩かせていただけることに感謝です。
確かに、大阪からだと距離があり頻繁に向かうには難しいです。でも、何度も再訪したい山域です。
山彦ぐるーぷさん、川島世話人代表さん(達)とは昨年、釈迦ヶ岳の山頂でお会いしました。その時はカモシカご夫婦さんともお会いして、楽しい山行でした。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2195
2018/3/7 8:09
 Re: お元気そうで何よりです。
shi9056 さん、こんにちは。
太古の辻より北の奥駈道は沢山の方が歩かれ、「楽しいハイキングコース」ですが南奥駈は修行の道です。山彦ぐるーぷさんの優しい整備で、ほぼピークを踏みに行く、なかなか巻道で通過させていただけない手厳しい修験道です。
一気に山泊縦走も良いでしょうが、日帰りでの赤線繋ぎも良いですよ。「山と高原地図」の表記時間で何度も計算機を使ってましたよ…、それはそれで楽しかったなぁ。
十津川「源泉かけ流し」の温泉をお楽しみください。施設によって石鹸・シャンプーがあったり無かったり。価格もまちまちですねぇ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2195
2018/3/7 8:20
 Re: 念願の再会でした〜
umesoy38takiさん、こんにちは。
再会は突然に!ですね、あぁ、出逢いも突然かっ?寒さも和らぎ心地よい金剛山頂広場でした、暫しお付き合い頂きありがとうございました。
弥山・八経ヶ岳も良いですが、山上ヶ岳を南に向かい小笹の宿〜阿弥陀ヶ森、他にも行者環岳周辺の縦走路なども良い雰囲気ですよ。良き情報源のヤマレコさんを活用して、楽しいお山が続きますように…。
そして、また、どこがでお会いできますようにっ!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 1797
2018/3/7 19:32
 笠捨山ってKWDから遠くない?
DCTさん 久々のレコ(日帰り2連チャン)お疲れ様でぇす。
笠捨山とか八人山とか、大峰の北部からは遠くに見えててなんかTKSから遠いなぁ〜となかなか足が向きません、機会あったらご一緒させてくださいな(^^。 打ち合わせ? 山で逢えたら・・・ ネ
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 2195
2018/3/8 8:14
 Re: 笠捨山ってKWDから遠くない?
cicsさん、こんにちは。
十津川方面、遠いと思えば…、ですが、今回の登山口までGoogleさんにうかがえば3時間弱、実際早朝の移動ではコンビニ・トイレ休憩1度つずつ立寄って2時間40分でした。っまぁ、帰り道は交通量も増えるためゆっくりとなりますが、。
この辺りで、行仙岳と行仙宿の間(かな?)に秘行場で「継の窟」という洞窟があるようで興味を抱いておりますが、ネットでは情報が少なくて、、、です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ