また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395714 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

南面の採石場跡から445m峰周回

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
お墓の駐車場に停めた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間35分
休憩
26分
合計
3時間1分
Sお墓の駐車場08:5509:16林道分岐左折09:17第1採石場跡09:2109:24林道分岐に戻り、直進09:33第2採石場跡09:39廃屋09:43第3採石場跡09:59採石場の看板10:05第4採石場跡10:09踏み跡の終点、岩混じりの急登始まる。10:18P310:2810:32P3の下のご神体の岩10:36P110:4510:51池を望む展望台10:58踏み跡を辿り、林道に合流11:03廃屋11:24第2採石場跡の下11:2711:56お墓の駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(注意)このコ-スは迷いやすい藪や岩を含む上級者向けのコ-スです。
    登り:445m峰まで古い採石場跡を辿り、
      最後は藪と岩の急登で稜線に抜けます。
      岩壁をすり抜けるル-トなので、
      危険と隣り合わせであることに留意する
      必要があります。
    下り:廃道と化した藪の林道を下ります。
      迷わないように注意が必要です。

道に迷いそうになっても、廃屋や古いドラム缶などを見つければ
過去に林道であったことを示す良い目印となります。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) 予備電池 GPS 時計 カメラ 筆記用具 ハンディタイプのHFアマチュア無線機

写真

真壁の街から、今日の目的地、445m峰のP1、P2、P3、第2採石場跡(仮称)を仰ぐ。
なお、2月24日の記録は今回の呼称に統一のため改訂した。
2018年02月17日 14:33撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真壁の街から、今日の目的地、445m峰のP1、P2、P3、第2採石場跡(仮称)を仰ぐ。
なお、2月24日の記録は今回の呼称に統一のため改訂した。
今日の目的地、445m峰。真壁町長岡付近で撮影。
2018年03月04日 07:38撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の目的地、445m峰。真壁町長岡付近で撮影。
いつものお墓の駐車場
2018年03月04日 07:53撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつものお墓の駐車場
林道を登る。車の通行は無理だが、歩きやすい。
ル-トの表示注意。GPSの誤差が大きいが、登下降とも同じ林道を辿っている。
2018年03月04日 08:05撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を登る。車の通行は無理だが、歩きやすい。
ル-トの表示注意。GPSの誤差が大きいが、登下降とも同じ林道を辿っている。
林道の左に廃屋
2018年03月04日 08:13撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の左に廃屋
二股を左折。
2018年03月04日 08:16撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股を左折。
第1採石場跡を仰ぐ。2月17日は左からこの岸壁の上を巻いて辿った。今日は二股まで引き返す。
2018年03月04日 08:18撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1採石場跡を仰ぐ。2月17日は左からこの岸壁の上を巻いて辿った。今日は二股まで引き返す。
二股に戻り、林道を直進。コンクリ-トの道がある。
2018年03月04日 08:25撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股に戻り、林道を直進。コンクリ-トの道がある。
第2採石場跡の大岩壁、踏み跡は断崖の上に続く。(注)2月10日撮影
2018年02月10日 13:01撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2採石場跡の大岩壁、踏み跡は断崖の上に続く。(注)2月10日撮影
第2採石場跡の岩壁の上を左から回り込んで登ると廃屋がある。
2018年03月04日 08:40撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2採石場跡の岩壁の上を左から回り込んで登ると廃屋がある。
突き当りの沢は切れ落ちている。林道は左に伸びる。
2018年03月04日 08:52撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当りの沢は切れ落ちている。林道は左に伸びる。
採石許可の古い看板
2018年03月04日 09:00撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
採石許可の古い看板
昭和46年の表記
2018年03月04日 09:00撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昭和46年の表記
林道にとおせんぼうの古い柵。今日はこれを抜けていく。
2018年03月04日 08:59撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道にとおせんぼうの古い柵。今日はこれを抜けていく。
古いバスの残骸。
2018年03月04日 09:05撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古いバスの残骸。
筑波山と真壁の街並みを見る。
2018年03月04日 09:07撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山と真壁の街並みを見る。
今日の核心部の入口
2018年03月04日 09:09撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の核心部の入口
岩混じりの急登
2018年03月04日 09:11撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩混じりの急登
P3からP2方向を望む。
2018年03月04日 09:30撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3からP2方向を望む。
P3のすぐ下にあるご神体の岩
2018年03月04日 09:32撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P3のすぐ下にあるご神体の岩
筑波山を望む。
2018年03月04日 09:42撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筑波山を望む。
南面の、特徴のある白い岩
2018年03月04日 09:42撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南面の、特徴のある白い岩
燕山を望む。電波塔が2基見える。
2018年03月04日 09:45撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山を望む。電波塔が2基見える。
P1からは痩せ尾根が派生する。
2018年03月04日 09:46撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1からは痩せ尾根が派生する。
花の入公園入口の池を望む。
2018年03月04日 09:49撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花の入公園入口の池を望む。
尾根上の薄い踏み跡を降りると、林道に合流する。
2018年03月04日 09:59撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上の薄い踏み跡を降りると、林道に合流する。
再び林道を降りる。廃屋が現れる。
2018年03月04日 10:04撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道を降りる。廃屋が現れる。
マイクロバスの残骸がある。
2018年03月04日 10:19撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイクロバスの残骸がある。
第2採石場跡に戻る。
2018年03月04日 10:24撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2採石場跡に戻る。
再び林道を下る。ル-トの表示注意。GPSの誤差が大きいが、登下降とも同じ林道を辿っている。
2018年03月04日 10:46撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道を下る。ル-トの表示注意。GPSの誤差が大きいが、登下降とも同じ林道を辿っている。
お墓の駐車場に戻る。
2018年03月04日 10:56撮影 by u790SW,S790SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お墓の駐車場に戻る。

感想/記録

445m峰に登るのは、これで5回目。
今回は、多くの採石場跡を辿り、最後に岩の混じる急登で、ご神体の岩から近いP3に躍り出る最もダイナミックなコ-スを登った。
林道や踏み跡に藪が濃いが、廃道にしてはましなほうかもしれない。
なお、445m峰付近は、今回のコース以外にも、採石場の跡や古い林道を辿る人知れぬル-トが眠っているように思われる。
藪と岩のコースに興味ある方にはお勧めできる山域だと思う。
訪問者数:140人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 GPS 廃道 クリ 簡易標識
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ