また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1396197 全員に公開 雪山ハイキング北陸

『復帰ハイクは故郷の地で...』荒島岳

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
 gg_
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
勝原スキー場跡駐車場 
30台以上駐車可能(だと思う) 
冬期使用不可のトイレあり
電話BOX内に登山届あり



経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
49分
合計
5時間8分
S勝原スキー場05:4506:49トトロの木08:54荒島岳09:4310:09シャクナゲ平10:53勝原スキー場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログは他のレコから転用
コース状況/
危険箇所等
当日はスタートから山頂までトレースあり
ワカン、スノーシュー等は必要なかった
『もちが壁』の急斜面が難所。後は特に危険箇所なし
とてもコンディションの良い雪質だった
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場から闇夜のスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から闇夜のスタート
2
明るい月光の中を歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい月光の中を歩く
東の空が明るくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空が明るくなってきた
まだ序盤だが既に絶景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ序盤だが既に絶景
2
やっぱ太陽はありがてぇな...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱ太陽はありがてぇな...
2
「トトロの木」らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「トトロの木」らしい
2
この案内なかったら分からなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この案内なかったら分からなかった
1
向かう頂がとても美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう頂がとても美しい
2
まだまだ登りが続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ登りが続く
1
もちが壁を上がったところ
なかなか難儀な箇所だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちが壁を上がったところ
なかなか難儀な箇所だった
2
真白の美しい稜線が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真白の美しい稜線が続く
2
まるでアルプスの稜線のような景色。まぁまだ歩いたことないけど...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでアルプスの稜線のような景色。まぁまだ歩いたことないけど...
3
白山!
今年もお花見ハイクに行きますよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山!
今年もお花見ハイクに行きますよ
3
薄いけど御嶽山と乗鞍岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄いけど御嶽山と乗鞍岳
1
風も穏やかで絶好の日和
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も穏やかで絶好の日和
1
テント泊の若者たち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント泊の若者たち
3
素晴らしい白銀の稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい白銀の稜線
1
下山途中から見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中から見上げる
2

感想/記録
by gg_

※過去の記録を引っ張り出してきた備忘録レコです





当初ヤマレコにはアップしないでおこうと思っていたが、思いのほか素晴らしい山行だったので忘備録として残すことにした。

母が長年の闘病生活を経て先月他界した。バタバタしていたのでハイクもしばらくお休み。やっと心身と状況が落ち着いてきたので、気晴らしがてら山に行こうと思う。そろそろ低山の雪も終盤となってきた。当初はどこか近場でお手軽にと考えていたが、やっぱり最後に雪山を堪能しておきたい。

母は福井県大野市の出身。もう少し詳細を言うならば、集中豪雨で廃村となってしまった西谷村中島というところで育った。たいそう自然豊かな所で、採れたての山菜と川魚が食卓に並び、川で泳ぎ 野山で遊んだらしい。いつも故郷の想い出を愛しむように語っていた。かく言う私も、何度か大野を訪れ大自然を楽しませてもらった。

そう言えば、その福井県で唯一の百名山:荒島岳は雪山でも有名だったような気がする。ちょっと調べてみたところ、「なかなか素敵じゃないのぉ♡」という事で、母の思い出とともに我がルーツの地へと向かうことにした。

今年は福井でも雪が凄かったらしい。さすがにこの時期なので、スタート地点である旧勝原スキー場までのドライブは問題なしだった。それでも、道路脇にそびえ立つ雪の壁が豪雪の凄さを物語っている。思いのほか早く到着したので、ぼんやり車内で日の出を待っていた。月が明るいので見通しが利きそうだし、スキー場のトップまではトレースもあって問題なく登れそうなので、前倒しで出発することにした。

月光の中、雪の斜面を歩いていく。空は澄んでおり、遠方の峰々のシルエットも薄っすらと確認できる。うんうん、今日は期待できそうだ。とはいえ、今までにも途中天候が急変すること度々...幾度と裏切られてているので過度な期待はしないようにする(期待値と現実のギャップで心折れてしまうから)。

しばらく登ればすぐに峰々望める絶景。日も昇り、朝日と雪に乱反射する光を浴びながら心地よい雪歩きだ。尾根に上がればブナの木々が出迎えてくれた。締まった雪は歩きやすくトレースがずっとあるので有難い。

途中でテントがあった。その後山頂直下でそのグループに出会ったのだが、メンバーに紅一点の山ガールさんもいらっしゃった。華奢な体で大きなザック背負い、山男に囲まれて雪山テン泊とは...恐れ入りました。

もちが壁の急斜面を登り切るとそこからは別天地。迫力満点の尾根歩きが待っていた。「ちょっと大野までは遠いなぁ」などと躊躇したが、本当に来てよかった。白山を中心に名だたる峰々を望む。山座同定がままならないのが残念だが、美しい奥美濃の山々もよく見える。幸い風も穏やかで気温も高め。程なく山頂に到着し、結局一時間近く滞在した。やはり雪山の美しさは筆舌に尽くしがたい。でも、夏山の緑豊かな姿も少し恋しくなってきたかな...

山頂から眺める大野の町並み。まだまだ沢山雪が残っていた。亡き母が愛した故郷だ。残念ながら、体が不自由になってからはなかなか訪れることも叶わかった。はhの面影を想いながら、澄み渡る大空を静かに眺めていた。


【荒島岳稜線から】





素晴らしい景観を存分に堪能して下山開始。途中では本当に多くのハイカーさんとすれ違った。皆に愛されるお山だということを実感。予定時間を短縮して下山完了できたので、夜の予定にも十分間に合いそうで一安心。

白山が近いだけに中々足が向かなかった荒島岳。こんなタイミングでなければ訪れるのはもっと先だったかもしれない。予想以上の素晴らしい雪山ハイクとなった。この機会を与えてくれた母に感謝しつつ帰路へと向かうのであった。
訪問者数:81人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ