また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1396710 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

大和葛城山・金剛山(一寸ロングで二山を・・・) 18018

日程 2018年03月07日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴後薄曇り
風:0〜2m/s、時々3〜5m/s
気温:出発時・−1℃、葛城山山頂・0℃、金剛山山頂・4℃
   下山時・9℃
積雪・路面凍結:
 積雪は両山ともなし、葛城山山頂は一面の霜柱≒5cm
 路面凍結は金剛山山頂周辺の一部にあるがアイゼンなしで歩行可能
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 6:46 発 青崩駐車地 7:33 着
復路:青崩駐車地 13:44 発 泉北 14:30 着 延走行距離:57.8km

駐車場:
 青崩公衆便所近くに7〜8台駐車可能な空地あり(先客1台)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:44 青崩駐車地出発 ー(29分)ー 天狗谷道水場 8:26 ー(48分)ー 大和葛城山 9:24 ー(46分)ー 水越峠 10:15 ー(28分)ー カヤンボ 10:44 ー(2分)ー サネ尾取付 10:48 ー(41分)ー ダイトレ出合 11:38 ー(6分)ー 一ノ鳥居 11:44 ー(9分)ー 国見城跡 12:05 ー(8分)ー 大日岳 12:15 ー(9分)ー 六道ノ辻 12:24 ー(11分)ー 太尾塞跡 12:37 ー(20分)ー 太尾 12:59 ー(26分)ー 青崩駐車地帰着 13:26

歩行時間:4時間43分(7:44〜13:26)
歩行距離:14.6km
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 両山とも危険個所はありません。
 大和葛城山の天狗谷道は昨秋の台風21号により各所で崩壊し、水場までの登山道が寸断されています。復旧は出来ていませんが、順路を示すピンク色のテープ表示が各所に設置されているので、初めて登る人でも道迷いの心配はありません。水場まではガレた沢の中を歩くことも多いので足元に注意が必要です。水場から上部は従来の登山道があります。
 金剛山のサネ尾は急登と痩せ尾根が連続しますが、特に問題になるところはありません。太尾道は急坂の下りが数ヶ所あり、木の根での躓きに注意が必要です。太尾から西へ下る途中に一ヶ所崩落地があります。路肩に注意して下さい。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 駐車地付近には当該施設はありません。茶店は長期休業中です。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

水越トンネル大阪方入口です。左手側溝の中には昨秋の台風21号で流れ込んだ石が堆積したままです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越トンネル大阪方入口です。左手側溝の中には昨秋の台風21号で流れ込んだ石が堆積したままです。
2
2番目の崩壊地は左へ高巻きします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2番目の崩壊地は左へ高巻きします。
1
沢の中を歩いたり、登山道へ戻ったりを繰り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の中を歩いたり、登山道へ戻ったりを繰り返します。
1
小滝の右手に丸太階段が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝の右手に丸太階段が見えています。
2
左斜面が大崩落して谷を塞いでいます。右手のリボン表示に従って倒木を潜り抜けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左斜面が大崩落して谷を塞いでいます。右手のリボン表示に従って倒木を潜り抜けます。
1
ガレた沢から右手の階段へ・・・。間もなくクサリ場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレた沢から右手の階段へ・・・。間もなくクサリ場です。
1
クサリ場は健在です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場は健在です。
3
右奥に小滝があります。V字の手前樹木あたりに水場がありましたが消失しています。ここを左手に進みますが、以降の登山道は健在です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右奥に小滝があります。V字の手前樹木あたりに水場がありましたが消失しています。ここを左手に進みますが、以降の登山道は健在です。
2
霜柱を踏みながら、花芽を付け始めたショウジョウバカマ群生地を進むと・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱を踏みながら、花芽を付け始めたショウジョウバカマ群生地を進むと・・・、
1
山頂は一面の霜柱です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は一面の霜柱です。
8
地面から飛び出た霜柱はあと何時間の命でしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面から飛び出た霜柱はあと何時間の命でしょうか?
5
金剛山の遥か向こうの大峰山系は霞んで見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山の遥か向こうの大峰山系は霞んで見えません。
6
水越峠の奈良県側はまだ通行止めが続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠の奈良県側はまだ通行止めが続いています。
1
右にモミジ谷、左にカヤンボ谷を分けて、中央のサネ尾の急登に取付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右にモミジ谷、左にカヤンボ谷を分けて、中央のサネ尾の急登に取付きます。
1
第1ロープ場・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1ロープ場・・・、
第2ロープ場・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ロープ場・・・、
第3ロープ場です。第3ロープ場は古いロープがトラロープに換わっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第3ロープ場です。第3ロープ場は古いロープがトラロープに換わっていました。
ロープ場最上部の標識です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場最上部の標識です。
2
痩せ尾根の右はモミジ谷、左はカヤンボ谷です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根の右はモミジ谷、左はカヤンボ谷です。
1
三叉路はモミジ谷ルートを右に分けて左上へ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三叉路はモミジ谷ルートを右に分けて左上へ・・・。
左・カヤンボ谷ルート、右・一ノ鳥居へのトラバース道の四差路を直進すると・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左・カヤンボ谷ルート、右・一ノ鳥居へのトラバース道の四差路を直進すると・・・、
10分ほどでダイトレ丸太階段最上部に出合います。左・カヤンボへ、右・一ノ鳥居へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどでダイトレ丸太階段最上部に出合います。左・カヤンボへ、右・一ノ鳥居へ。
2
裏参道から大和葛城山を遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏参道から大和葛城山を遠望。
3
葛木神社に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葛木神社に到着。
1
白馬に願掛けしたが・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬に願掛けしたが・・・、
1
なんだか危うげな卦が・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか危うげな卦が・・・、
4
泥沼化しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥沼化しています。
3
崩壊が進行中です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊が進行中です。
1
石ブテ谷右岸林道に出合いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ブテ谷右岸林道に出合いました。
1

感想/記録

 以前はトレーニングコースとして年に数回歩いていた大和葛城山・金剛山の二山歩きを1年余振りに実行した。昨秋の台風21号直後以来4ヶ月振りに天狗谷道を歩いたところ、登山道は各所で寸断されたままであったが、歩行順路を示すリボン表示が各所に設置されていた。ツツジの時期には多数の登山者がこのルートを通ると思われるが、ガレ場歩きは多いものの道迷いなく歩けることに一安心することができた。前回はサネ尾の急登に積もった新雪に手を焼いたが、今回は積雪も路面凍結もなかったので、およそ30分ほど短い歩行時間で歩くことができた。
                           fukuchi36
訪問者数:342人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ