また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 139849 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳(猿倉〜白馬尻〜白馬大雪渓〜村営頂上宿舎)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2011年10月05日(水) ~ 2011年10月07日(金)
メンバー
天候雨、曇り、雪、晴、あられ。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

猿倉8:00‐9:15白馬尻9:40-11:15大雪渓取り付き11:40-岩室跡13:00-13:50避難小屋14:00-15:00村営頂上宿舎
村営頂上宿舎10:40-12:20大雪渓上部12:40-13:40白馬尻14:10-15:00猿倉
コース状況/
危険箇所等
猿倉〜大雪渓は、特に危険な場所はなかった。

雪渓〜岩室〜頂上宿舎はガレ場&急登。
所々狭い箇所もあり、一歩誤ると岩だらけの斜面で
数十メートルの滑落もありうる。無傷でいるのは難しいであろう。

下りの2700m〜2000mあたりは、完全に雪山でした。


過去天気図(気象庁) 2011年10月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録
by estril

事前に天気予報を確認し、回復傾向に向かうと判断しスタート。

しかし、やはり山の天気は別物。一向によくならず、風は強くなるばかり。
元々テント泊の予定でしたが、強風のため設営すらできず小屋や避難する。

小屋のオーナーの好意により、天気情報や談話室の利用など快適に過ごせた。
#貸切状態だったっていうのもあるが・・・・。

ぜひお礼を言いに、また、リベンジのために、白馬岳にチャレンジしたい。

雪山の厳しさも意図せず体感できた。

残念ながら、下山中に足を滑らせ、右足首の靭帯を伸ばしてしまった。
そんな状態でよく下山できたものだと、後から自分でも驚いた。

かつてない重量のザックを担ぎ、往復10時間も歩く山行は初めてだったので
体力不足を痛感。日々のトレーニングが必要だ。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:934人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/14
投稿数: 1
2013/10/13 21:59
 参考
参考になりました

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ